<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 18日

<Episode #423> 初雪

f0317993_16343781.jpg





最初はごくごく小さな白い粒状の塊だった。
それが時間共に真綿のように広がっていき、まるでパラシュートのようにユラユラと空から降り落ちてくるスピードがゆっくりとしたものとなった。
土曜日はmasaさんとの日帰りでの天塩川釣行だったけれど、帰りの美深峠は日中から降り始めた雪が数cmほどシャーベット状になって積もっていて、車のヘッドライトが昨夜よりも一段と明るくなったような気がした。
日中のフィールドが降り積もった雪で白一色に彩られることはなかったけれど、もしかしたら今回が今シーズン最後の天塩川になるのかも、と僕は思った。
水温は5~6℃を推移する。
それにしてもウェーディングシューズを履かず、ブーツタイプのウェーダーを履いて本流で釣りをするのは、ブーツの中の足もとが不安定で本当に疲れるなあ(笑)





f0317993_16343930.jpg




f0317993_16343332.jpg




釣りの方はというと、もしかしたら今シーズン最後になるのかもしれないのに特に予想外のサプライズが起こったわけでもなく、いつものようにフライをスイングさせながらワクワクはしたものの、結果的には概ね穏やかな釣りとなった。

それにしてもシーズン中は毎週のように天塩川を訪れながら、道内には他にもたくさんの魅力的な本流があるというのに、どうして僕はこれほどまでに天塩川に魅了されているのかなと、なかなかその答えを言葉にできないでいる。
そういえば20年以上も前に3~4年ほど仕事で名寄に住んでいたことがあったけれど、その時は全くそんな魅力には気づきもしなかったのに。
もしかしたらハラハラするような大きな鱒に出合えるかもしれないという魅力だけではないのは、もちろん確かなこと。
おそらく本流の規模、渓相、適度な深度と流速、パノラマチックな視界の広さ、視界に入る本流・空・河畔林の割合のバランス?などといろいろと考えを巡らせたりする。
どれもそうだし、どれもそれだけではないのかもしれない。

やはりその答えを言葉にすることは簡単にできないようだし、どうやら言葉にする必要すらもなさそうだ。
何しろその答えが見つけられなくても、シーズン中は毎週のように足を運んでいるのだから…笑
                                  68.00



f0317993_16343507.jpg




f0317993_16344115.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-11-18 21:24 | Fishing Reports | Comments(4)
2018年 11月 15日

<Episode #422> Goodbye My Hardy Reels and Film Nostalghia

f0317993_21162515.jpg





先日のことだけれど、僕がフライフィッシングを始めた頃からその道具としての魅力にどっぷりとハマり、ふと気が付くとその数は10数台にもなっていたこともあるHardyのリールを、オークションなどでとうとうその全てを手放してしまった。
もちろんそれぞれのリールに思い出や愛着があるけれど、不思議と手放したことに特に後悔というものはなくって、なぜだか気分はすっきりとしていたりする。
僕としては手放したリール達が次のオーナーさんの下で、また素敵な音色を奏でてくれることを密かに願うばかりである。

Hardyのリールの魅力といえば、おそらく何といってもそのシンプルな飽きのこないデザインと官能的で心地良いクリックサウンドに他ならないだろうと思う。
もしもたくさんあるHardyのリールの中からたった1台を選べと言われたら、おそらく僕はSt.Johnと答えるだろう。
特に3スクリューの黒鉛塗装のSt.Johnの音色はというと、角が取れた重厚感のあるとても素晴らしい音色だったと記憶する。
もしかしたらビンテージサウンドというのがピッタリの表現なのかもしれないけれど、どうも僕にはビンテージという言葉に何かしらの付加価値をつけてその商品を少しでも高く売ろうとする商売的な意図を感じてしまうから、本当はあまり使いたくなくないフレーズなんだけれどもね(笑)

魅力的なリールの音色と関連するかどうか僕にはよく分からなくって、話題を繋げるにはちょっと強引すぎるかなと思うのだけれど、通勤の時や車でフィールドに向かう際にカーステレオののNHKFMで聞く女性の番組ナビゲーターの声でちょっと素敵だなあと思う声がいくつかある。
特にクラシックカフェの粕谷紘世さんの声とミュージックラインの南波志帆さんの声が素敵で印象的かな。
もう少し耳元で聞いていたい声とでも表現するのが、もしかしたら適切な表現かもしれないと思う。

おそらく声質や周波数的なものもあるかもしれないけれど、女性ミュージシャンでも特にユーミンこと松任谷由実さんやドリカムの吉田美和さんの歌声は、僕は生理的にどうしても好きになれない声質だったりする。
洋楽だったら、ケイト・ブッシュさんの歌声だけはどう頑張っても生理的にどうしても受けつけないかな。


話は変わるけれど、最近また映画を観たいなあと思うことがある。
僕はハリウッド映画は全くダメで、タルコフスキー監督やデレクジャーマン監督、ヴィムヴェンダース監督といったどちらかというとセリフに間があり、静かで動きが激しくない作品が好きだったけれど、また機会があれば若い頃に観た映画をゆっくりと鑑賞してみたいと思うこの頃だったりする。



Today's BGM :





[PR]

by slowfishing-yun | 2018-11-15 22:09 | Slow Fishing | Comments(6)
2018年 11月 13日

<Episode #421> 11月の天塩川 / アメマスの日

f0317993_22125507.jpg





f0317993_22131126.jpg




f0317993_22131502.jpg




札幌近郊のR275のアスファルトはというと夕方から降り始めた晩秋の小雨に濡れて黒々と光り、おまけに僕の車や対向車のヘッドライトに照らされてギラギラと眩しく輝いていた。
深夜のR275を北上するにつれて雨は上がり、やがてアスファルトは遠目のヘッドライトに照らされて白く光り始め、人工の光が乏しい夜空には雲の隙間からいくつもの星が輝きだしただろうか。
ロングドライブで少し気が緩んでしまったのか、そんな星空にちょっとよそ見をして何気にふと視線を前方にやると、数10m先に立派な2本の大きな角が印象的なオスのエゾ鹿がヘッドライトに照らされているものだから、まどろんだ雰囲気から僕は一瞬にして全身に緊張が走るのを覚えた。
フィールドでは夕暮れや夜にになると鹿の鳴き声を何度も耳にすることがあるから、おそらく彼等の繁殖の時期でもあるのだろう。
それにしても、もしもあの大きなオスのエゾ鹿とぶつかって車のフロントガラスを突き破って車内に入ってきていたらと考えただけで、僕は思わずゾッとしてしまう。
めったに対向車に出合わない深夜のR275を運転する際は、スピードとヘッドライトに照らされる前方には十分注意が必要なようだ。




f0317993_22133531.jpg




f0317993_22133910.jpg




f0317993_22134139.jpg




f0317993_22134470.jpg




週末の天塩川はフィールドのコンディション的にも釣りをするにはちょっと厳しいかなと思っていたけれど、天気予報の降雨量予想が少ない方にシフトしてくれたので、シーズン終盤のフィールドで過ごすことにする。
土曜日はエアフロのスカジットスイッチのフローティングと15フィートのT-11を使い、日曜日はフライのスイングスピードを少し遅らせたくって、スカジットiショートと15フィートのT-11の組み合わせとした。
水温は8℃台を推移し、テレメーターの濁度計は相変わらず機能していないけれど、印象的に透明度は80cmといったところだろうか。
金曜日の夕方から上流の岩尾内湖からの放水が始まり、本流の水位は少し上がったのは当然だけれど、おそらく濁度の方も少し上がったのではないかと僕は勝手に予想する。

何となく遡上してきたサーモン達の産卵時期らしく今日はアメマスの日になるかなと思っていたら、やはり予想通りアメマスの週末となった。
でも、一度だけアメマスに交じってMサイズのレインボーが予想外に顔を出してくれたのはちょっと驚きだったことと、右岸の護岸された深瀬でLサイズのレインボーにバッキングラインまでリールから一気にラインを引き出されたのも予想外だったかな。
あのアディオスはしかたがなかったとはいえ、欲を言えばやはり少しだけでも触れたかったかなと思う。

雨上がりのフィールドは、それにしても美しすぎた。
山肌から立ち昇る水蒸気というか朝霧がとても印象的である。
フィールドに吹く風は、その存在を思わず忘れてしまうぐらい穏やかだったと思う。
今年は初雪の便りが2週間ほど遅れているのだそうだ。
おそらくもうすぐ北のフィールドにも冬の訪れを知らせる白い便りが届くに違いない。
                                          68.07




f0317993_22141923.jpg




f0317993_22142543.jpg




f0317993_22143327.jpg




f0317993_22143569.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-11-13 21:29 | Fishing Reports | Comments(6)
2018年 11月 06日

<Episode #420> 暖かな晩秋

f0317993_21350076.jpg





f0317993_21351923.jpg




f0317993_21352887.jpg




f0317993_21353695.jpg




仕事帰りに車の中で聞いたNHK-FMの女性アナウンサーが、今年の11月前半は気温が例年よりもかなり高めに推移するでしょうと話していた。
先週には思わず居間のストーブに火をつけるぐらい気温が下がって、とうとう中山峠にも初雪が積もって路面は圧雪アイスバーンとなったようだし、遠くに見える手稲山の頂にはすっかり白い雪化粧が施されていただろうか。
確かに深夜のR275を北上していて朱鞠内湖の取水埼付近のクネクネと曲がるカーブを通っていると、車の遠目のヘッドライトに照らされた路肩や斜面にはシャーベット状の雪が数cmほど積もっていた。
少し開けた車の窓から入ってくる外気に気温の下がった深夜の鋭角的な冷たさが感じられないことから、明日の気温の高さが容易に想像がついた。
例年の今頃になると、すっかり白一色となった冬景色のフィールドが僕を出迎えてくれるのだけれども、今年はまだまだ晩秋の気配に満ちたフィールドだった。
iPhoneの天気予報のアプリでは、明日の最高気温は16℃前後だろうか。
アラームは6時にセットする。
遠くから響いてくるエゾジカの鳴き声を聞きながら、僕は朝まで車の荷室にひいたシュラフの中に包まって眠ることにした。





f0317993_21354123.jpg




f0317993_21354425.jpg




f0317993_21360802.jpg




f0317993_21361793.jpg




早朝の水温は7℃前後だけれど、午後にもなると8℃近くまで水温は上がったように思う。
本流の濁度を示すテレメータはすっかり壊れているようだけれど、少し濁りが入って透明度は80cm~1mぐらいといったところだろうか。
濁度は一桁の後半というぐらいが妥当な数字のような気がする。
上流の岩尾内湖からの放水は止まっているから、本当はもう少しクリアーで青味がかった本流の色を期待したのだけれど、先日降った雨量のことを考えると贅沢なことは言えないのかもしれない。

広葉樹の紅葉はほとんど終わったようで、それに代わって針葉樹の山吹色をした紅葉が秋日に照らされて見事なぐらいに美しかった。
風に吹かれて枯れ葉がフィールドの上を舞い、いくつもが川面の上を秋風に吹かれて軽やかに滑っていった。
木々の葉が落ちて見晴らしがよくなったこともあってか、少しだけフィールドが寂しくなったような気がする。

例年なら水温もある程度下がり、グッドコンディションの天塩川のアメマスに出合えてもよさそうなんだけれど、このいかにも11月らしくない暖かな天気のせいか、アメマスではなくレインボーが顔を出してくれたのは、僕にとってちょっと嬉しい誤算だったかなと思う。
                                         68.15→68.05




f0317993_21363628.jpg




f0317993_21364321.jpg




f0317993_21365228.jpg




f0317993_21365420.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-11-06 00:11 | Fishing Reports | Comments(8)