カテゴリ:My Favorite Reels( 28 )


2018年 04月 04日

<Episode #384> Henshaw Perfect

f0317993_20294327.jpg





それは、なかなか慣れることの出来ない苦手な英語でのメールを何度か交わした末の事だった。
そろそろリール製作からの引退が近づいていると話される1947年生まれのChrisさんのリール製作予定リストに、やっと僕の名前が載る。

Chris HenshawさんのリールはSpey Pagesなどで以前から何度か目にしたことがあって、ボールベアリング以外はすべてハンドメイドという、どことなく古いHardyのPefectの雰囲気に近いシンプルなデザインの素敵なリールで、Spey PagesではもっぱらHardy Perfectに対してHenshaw Perfectと呼ばれていたけれど、Websiteもないのでリールに関する情報量が極端に少なく、リールの仕様や価格についても全く調べようもなくって、これまで僕にとっては手にすることも叶わない写真や画像で眺めるだけのリールのひとつだったと思う。
確かにそんな密かに憧れを抱くリールが、車もそうだけれど、僕にはたくさんあるかな(笑)。

それが全くの偶然のことなのだけれど、ChrisさんのFB、つまりBarny Reels Henshawと繋がった事がきっかけで、おそらく断られる事を覚悟しながら不安でいっぱいになりつつChrisさんにリールについてMessengerで問い合わせたのが事の始まりで、それ以来すっかり僕の中でこのリールへの火がついてしまったという次第。

今回僕がオーダーしたリールのスペックは、
3 3/4" reel diameter, 1 1/4" spool width, Brass face, Silver frame, Line guide, Ribbed brass foot, Artificial ivory handleで、さらに1912スタイルのチェック。
ちなみに僕がオーダーしたのは写真のスピットファイアのアルミフェイスではなく、最後に残っていたブラスバーを使ったブラスフェイスだけれど、今回はChrisさんの了承を得て、サンプルとして送っていただいた4 1/4"のリールの写真を使わせていただいた。
ちなみに以前はブラックフレームなどの塗装も施されていたそうだけれど、アノダイズ処理をする機械が壊れてしまい、現在はアルミのスピットファイアのシルバーフィニッシュしか作れないそうだ。
アルミのスピットファイア仕様のシルバーフェイスとちょっと太めのアイボリーのハンドルとの組み合わせもなかなか素敵なのだけれど、今回は少しアップグレードして個性的なブラスフェイスをチョイス。

いくつかのまとまった数のオーダーも抱えているので、僕がオーダーしたリールを製作するのは夏以降になるそうだけれど、こんな美しいリールが届くのなら何とか我慢はすることが出来そう。
リールが届いたら、またこちらでレポートしようと思っている。





f0317993_20294651.jpg

Today's BGM :





[PR]

by slowfishing-yun | 2018-04-04 21:13 | My Favorite Reels | Comments(2)
2018年 03月 16日

<Episode #380> Saracione Mark V Salmon Reel 3 3/4" Gold&Black

f0317993_15551576.jpg
モノクロで撮ったこのリールの写真も、なぜか不思議としっくりとくる





f0317993_21472214.jpg
白文字が刻まれた黒のブレーキノブ





f0317993_21474180.jpg
左からBlack/Silver、All Black、Gold/Black






黄色みの強いゴージャスなゴールドよりも、僕はどちらかというと薄っすらと白みがかったぷらちのようなシャンパンゴールドの方が何となく上品な感じがして好きだろうか。
黄色みがかったゴールドは時々嫌味な感じがするから、僕としては出来れば避けたいカラーだったりする。さらにゴールドがメインカラーだったりすると尚更の事だったりする。HardyのSovereignのゴールドは僕の中でのギリギリのボーダーラインかな。いやすでに片足はアウトかもしれない(笑)

それは僕がネットサーフィンをしていてVintage Fly Tackleというサイトを徘徊していた際に、Bogdanリールのシャンパンゴールドのボディと黒のSハンドルを組み合わせたリールを偶然にも見てしまったのが、最初のきっかけだった。
第一印象は、もちろん「嫌味な色のリールだなぁ」というものだった。
でも、なぜがそのあとも僕の記憶の片隅に残り続けて、じわじわとネガティブな印象からポジティブな印象へと少しずつシフトし始める。
そして3月の中旬、昨年末にオーダーしていたサラシオーネのスペシャルカラー(カスタムオーダー)のリールがやっと届いたのだった。





f0317993_15550772.jpg
日中に写真を撮ると、ボディはしっかりとシャンパンゴールドに




f0317993_15551020.jpg
最初に手にしたSaracione Mark Vのシリアル番号は092
そして今回のリールのシリアル番号は557



f0317993_15550389.jpg




f0317993_15551215.jpg




今回はWeb上で見つけたBogdanリールの有名なカラーコンビネーション、A&F(Abercrombie&Fitch)サーモンリールの写真を添付して、カスタムカラーで初めてオーダーしてみる。
リールフット、ブレーキノブ、S-ハンドル、カウンターバランスはすべて黒。
フレームとサイドプレート、それにスプールはシャンパンゴールドと指定してカスタムオーダーしてみた。
Joeさん曰く、Mark Vシリーズでこの色の組み合わせは初めてなんだとのこと。

ちなみに以前のシリーズではトラウトサイズのリールでこのカラーコンビネーションのリールは製作したことがあるようだ。(Anglers Paradaiseさんのサイトを参照)

こちらはプランAで、実はもう一つのプランBも用意していた。

リールフット、ブレーキノブ、S-ハンドル、カウンターバランス、それにフレームとスプールはシルバー。
サイトプレートはシャンパンゴールドで、ハンドルはアイボリーというプランB。

JoeさんからはプランAを勧められて、さらにブレーキノブも黒にすることを提案される。

かなり以前にフォレストグリーンかイングリッシュレーシンググリーンとシャンパンゴールドの組み合わせでカスタムオーダーをお願いした事があったのだけれど、その時の返答は「工房ではシルバー、ゴールド、それにブラックは出来るけれどグリーンは出来ない」と丁寧に断られた経験があったので、今回のカスタムオーダーを受けてくれるかはとにかく不安だったけれど、実際に届いたリールを見てみると、シャンパンゴールドと黒とのコントラストがとにかく美しくて、やっぱりオーダーして良かったなと思う。

それにしてもこのブレーキノブのカラーリングは想定以上の美しさだった。
ちなみに今回のカスタム費用は100USDの加算と、今後の参考に。





f0317993_21474762.jpg
電球色の蛍光灯の下だとリールは少し黄色みがかったゴールドに




f0317993_21475635.jpg





f0317993_21472715.jpg




f0317993_21473279.jpg




Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-03-16 22:47 | My Favorite Reels | Comments(0)
2017年 12月 12日

<Episode #366> Water-based enamel paint : Red

f0317993_21521246.jpg





Water-based enamel paint
水性エナメル塗料のことを英語ではこのように表記するんだそうだ。

お気に入りのオールブラック仕様のFarlexのリールには、ハンドル側のプレートとシャフトのセンターにいくつかの刻印があるのだけれど、以前かやってみたかったその刻印に、今回も赤い塗料を流し込んでみることにする。
bolocyan流に言うと、これもRed Line Clubの儀式つ一つになるのかな(笑)





f0317993_21522104.jpg





今回も随分と前にホームセンターで購入した水性エナメル塗料の赤を使ってみることにする。
ST.JohnやMarquis Salmon、それBougleやSovereignで何度も経験しているからすぐにコツは思い出した。
でも、黒のボディに赤い塗料を流し込むのは初めてかもしれない。
真鍮製のシャフトのセンターと赤い塗料のコントラストはもう少し真鍮の光沢が曇ってきたらいい感じになると思うけれど、黒のボディに刻まれたFarlexという刻印に流し込んだ赤い塗料の方は、僕の予想以上の雰囲気に仕上がってくれたかもしれない。

とりあえずInstagramにも写真を載せてみたけれど、さっそくFarlexのオーナーのTimさんからコメントがあり、実はこういうことをやろうと思っていたんだよという内容が書き込まれていたからちょっとビックリだった(笑)
Bougleの4" Heritageもオールブラックに塗って赤いエナメル塗料でオシャレしてみたら、きっとさらにカッコよくなるんだと僕は思うのだけれどもね…笑。
でも、あれはアイボリーのハンドルだから黒が映えるのであって、ウッドのハンドルだったちょっとバランスが悪いかもしれないね。





f0317993_21521627.jpg




Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-12-12 22:10 | My Favorite Reels | Comments(2)
2017年 10月 17日

<Episode #351> Hardy The Cascapedia 8/9

f0317993_11260918.jpg





f0317993_21595587.jpg



f0317993_21595166.jpg



ディスクレーキやワンウェイクラッチなどの機構がこれまでのCascapediaと同じ構造なら、おそらく僕はもうこのリールを購入することはなかったと思う。
でも9月に発売された今回ブレーキなどの機関が全く新しくリニューアルされたHardyのCascapedia 8/9に思わず触手が伸びてしまった。
外観もかなりリニューアルされていて、これまでよりもさらにクラシカルな雰囲気が強まっただろうか。
どこか安っぽくて軽薄感を醸し出していたアルミ素材にも、控えめな光沢に抑えられていて僕には好感が持てたし、両サイドプレートの黒の塗装にも若干光沢が抑えられる加工が施されていて、落ち着いた雰囲気がしっかりと出ているように感じる。
もちろんオリジナルのCascapediaとは全てにおいて比べようもないのだけれども、アルミの光沢を控えめにした3つのメダルも案外悪くはないように思う。
オリジナルのニッケルシルバーの渋い輝きを知っているだけに、やはりこれは別物として考えた方が良いに違いない。



f0317993_20073124.jpg



f0317993_20072148.jpg



今回の新しいCascapediaはこれまでのCascapediaと比べてもかなり丁寧な作りになったような気がする。
ハンドルノブの支柱が真鍮製?のように見えるのも、やはりリールからよりクラシカルな雰囲気を漂わせたいのだろう。
おそらくそれは非常に功を奏しているようで、今回のCascapediaはこれまでのCascapediaが醸し出してきたネオ・モダンな雰囲気とはまたっく違った雰囲気を醸し出すことに成功しているようだ。
ただ僕として残念なのは、Sハンドルのデザインが太いこととピカピカとした鏡面仕上げなこと。
おそらくもう少し霞んだ艶消しの仕上がりだとさらにクラシカルで重厚な雰囲気が増すと思うのだけれども…笑。




f0317993_21592489.jpg




f0317993_21593066.jpg



あとは出来ればラチェット音がもう少し派手だったと思ってしまう。
ディスクブレーキなどの内部構造がSovereignとほとんど同じ構造なので、ラチェットもおそらく小さなトング?が使われているだろうと予想していたけれど、リールを開けてみると目の細かいギヤの形状などやはり予想通りの構造で、音色そのものはとても上品で高域のピーキーなサウンドだった。
もしもあまりサウンドが好みでなければサイレント仕様にもノブを移動させれば簡単に出来るようだ。

以前のCascapediaではリールが水に濡れるとディスクブレーキがあまり効かなくなるということが頻繁にあったけれど、おそらく今回のSovereignと同様のブレーキシステムだとトラブルは少ないのではないかと予想している。
それにはもう少しフィールドでのテストが必要になるだろうか。

Hardy The Cascapedia 8/9 : AirfloのSkagit Switch G2 480grを巻き込んだ状態でリールの重量は423gだった。
またカタログ上のライン容量は、WF9+190m(30lb Dacron)。スプールの形状から、ライン容量はそれほど多くはないことが予想できる。

今回は初めてebayでUKから直接このリールを購入してみたけれど、国内の流通価格よりもかなり安く手に入れることが出来て、僕としては実際にリールが届けられるまで心配だったけれど、最後にはとてもいい経験になったと思っている。




f0317993_21593502.jpg




f0317993_21594020.jpg



f0317993_21594473.jpg


Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-10-17 23:07 | My Favorite Reels | Comments(0)
2016年 12月 31日

<Episode #306> 手放せないリール

f0317993_15192975.jpg



15年以上も前に購入したTiborのEverglades、
おそらくこのリールも僕が手放せないリールのひとつになるだろう。

これまでたくさんのリールを手に入れたり、時にはその反対に僕のもとから旅立たせたりもしてきたけれど、
さまざまな理由で僕がどうしても手放せないリールがいくつかある。

シャンパンゴールドに輝くミッドアーバーのシンプルなデザインはお気に入りで、ショアからのサーモンフィッシングに活躍してくれた。
でも僕の扱いが荒っぽかったせいか、すっかりリールのエッジなどには消すことが出来ない傷がたっぷりと散りばめられている。
さすがにこれだけ傷だらけだと、いまさら手放すわけにはいかないし・・・笑。
しっかりとお手入れしておけば、きっとまたソルトウォーターで活躍してくれるんじゃないかと思う。


f0317993_1539747.jpg



f0317993_15392691.jpg



もうひとつの僕がどうしても手放せばいリールはHardyのSt.John。
僕がフィールドで転倒した際に手から離れたリールが岩の上に落下してリールの支柱とリムがそれぞれ1ヶ所ずつ折れてしまった。
今はアルミテープで補修して何とかリールとして使える状況にはなっているけれど、エナメル塗装も落としてかなり手のかけてきたリール。
最近はボディのくすみが目立ってきていたけれど、andieloopさんの鏡面仕上げのSt.Johnを見て、僕もピカピCANでゴシゴシと・・・笑。
曇ったボディの雰囲気も趣があって悪くはないけれど、鏡面仕上げもなかなか良い感じだったかな。
これでまたリールへの愛着がさらに沸いてきて、ますます手放せなくなりそうだ。


f0317993_15511237.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-12-31 15:55 | My Favorite Reels | Comments(0)
2016年 08月 28日

<Episode #226> Saracione Mk.V 3 1/2" All Black

f0317993_13565391.jpg



こんなにもオーダーが簡単だと、この先がちょっと心配になってしまうだろか(笑)。

これまでは海外のロッドやリールをオーダーするのに、郵便局での国際郵便為替とEMS(国際スピード郵便)を利用していたけれど、
今回初めてPaypalというものにアカウント登録して、SaracioneのHPからリールをオーダーしてみた。
限度額の設定と個人登録に少々手間どったけれど、思っていたよりも意外と簡単だっただろうか。

SaracioneのHPではシルバー&ブラックのリールしかオーダー出来ない事になっているけれど、
事前に伝えておけばゴールド&ブラックやオールブラックもオーダー可能との事。
今回は事前にJoeへオールブラック仕様でのオーダーと伝えて、HPからMk.V 3 1/2"のスタンダードモデルのボタンをクリック。
1時間もしないうちにJoeからオーダーありがとうのメールが届く。

予定通り3週間ほどで届いたリールは、相変わらず非の打ち所がないぐらいに美しかった。
高価なプライス以外、リールのデザイン、クリックサウンド、それにディスクブレーキの機能と僕にとって全てがパーフェクトなリールだと思う。
これまでにたくさんのS-handleのリールを見てきたけれど、僕にはSaracioneのS-handleのシェイプ・デザイン・形状が一番好きかな。

最近はスタンダードなシルバー&ブラック仕様よりもオールブラック仕様の方が、より引き締まった雰囲気が醸し出されていて好み。
でもリールのエッジも黒で塗装されているので、やはりハードに酷使しているとどうしてもエッジの塗装が欠けてしまうこともある。
もちろん、そんなことは一向にお構いなし。
いくら高価なリールといえども、所詮使ってこそ道具・ツールとしての価値が出るものだと思っているから。


f0317993_14342155.jpg



話題はちょっと変わるけれど、S-handleのリールやHardyのPerfectなど簡単にスプールが外せないリールを使っていると、
スプールの中でティペットやリーダーが同士が絡まったり、その先端が見つけられなくって困ることがある。
そんな中、FBでhataさんが素敵なアイデアを紹介されていたので、さっそく僕も試してみることにする。
釣具量販店の海釣り仕掛コーナーでタル型ハリス止の一番大きいサイズだった10号を購入。
リングに輪ゴムを通して留め、通した輪ゴムはリールフットに掛ける。
そしてハリス止の方にティペットやリーダーの先を止めておくというもの。
とにかく安価で素晴らしいアイデア。
これで光量の少ないフィールドのプライムタイム、ティペットの先がなかなか見つけることが出来なくってモヤモヤしているロウガンの僕には、
とってもありがたいアイデアだっただろうか。


f0317993_14473496.jpg

[PR]

by slowfishing-yun | 2016-08-28 14:49 | My Favorite Reels | Comments(4)
2016年 06月 23日

<Episode #206> Saracione repair

f0317993_23574061.jpg



本当なら、もう少し早く修理を終えて僕のもとへと戻ってきたのかもしれない。
Joeの体調不良もあり、2ヶ月近くの日数を要して、やっと修理に出していたリールが2台戻ってきた。

修理に出していたのは、
Saracione Mk.IV 3-3/4"とSaracione Mk.V 4"の2台。

Saracione Mk.IV 3-3/4"の方は、これまで何度も自分でメンテナンスしていたけれど、ハンドルのがたつきが目立ち始めたし、
Saracione Mk.V 4"の方はというと、初期ロットだったせいもあるけれど、ブレーキノブが空転してしまいブレーキ調節が不能になってしまった。

そんなトラブルを抱えてしまったので、Joeにメールを送り、リール2台を修理に出していたという次第。

さっそく戻ってきた2台のリールの修理箇所についてチェックしてみる。
Saracione Mk.IV 3-3/4"の方は、ハンドル側のプレートが交換されていて、ハンドルのがたつきもほとんど解消していた。
さらにラチェット周りやディスクブレーキ周辺のクリーニング&メンテナンスも施されていて、機能的には新品そのもの。
Saracione Mk.V 4"の方は、ディスクブレーキ側のプレートを含めたアッセンブリーがすべて後期ロットの新品に交換されていた。
おかげでブレーキの効き、それにラチェットサウンドもさらに快適かつ心地良いものになったと思う。

さすがにどちらのリールもフレームそのものは交換されなかったようで、僕がつけたエッジ周辺の沢山の傷は、もちろんそのままである。

どちらのリールにもたくさんの思い出がぎっしりと詰まっているのだけれど、
これでまた今シーズンの本流でしっかりと活躍してくれるんじゃないかと思っている。

ちなみに、今回の修理費用及び向こうからの送料はかからなかった。


Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-06-23 00:29 | My Favorite Reels | Comments(2)
2016年 06月 09日

<Episode #203> リールもいろいろ

f0317993_06432.jpg



最近はFBやInstagramに写真を残すことが多いけれど、そこはやはりSNSだけあって、その中だけで収束してしまうから、
こちらのblogにもメモリー的な意味合いをこめて写真だけはとりあえず残しておこうと思う。
でも、FBやInstagramでは、撮った写真をフィルターなどを使って加工するのが結構簡単で面白かったりするので、
今回アップする写真もそんなフィルターなどを使って簡単に処理したものだったりする。

写真を整理していて思ったのだが、フィールドで友人たちと集うと、ロッドに装着しているリールもさまざまで、
それぞれに個性があり、好みも分かれて、これは結構面白いなと思ってしまった次第。


f0317993_0182018.jpg



上のリールは、Saracione Mk.V 3 3/4"。
下のリールは、Farlex Tea Kettle 3 3/4" S-Handle。


f0317993_022665.jpg



右から、
Hardy Perfect 3 3/4"
Farlex Tea Kettle 3 3/4" S-Handle。
Hardy Bougle Mk.VII 4"。
Saracione Mk.V 3 3/4"。

さまざまなリールがあるけれど、共通点はどのリールも音色というかリールサウンドが魅力的だということだろうか。
僕としてはリール選びにおいて、決して外せない重要なポイントなのである。


f0317993_0263599.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-06-09 00:28 | My Favorite Reels | Comments(0)
2016年 05月 31日

<Episode #201> Farlex Reels

f0317993_2054880.jpg



Farlex 3 3/4" Tea Kettle S-Handle Direct Drive 2-way check in All Black
リール重量 : 297g

ハンドルフェイスのセンターに施された存在感のある円形のブラスから両サイドに伸びたS-Handle。
それにしても、かなりユニークで個性的なデザインのリールだと僕は思う。
ちなみにこのリールメーカーは、アメリカのワシントン州にあるFarlex Reelsという。


f0317993_2152911.jpg



f0317993_2154380.jpg



最初にFarlexのTea Kettle S-Handleのリールを見た時は、
正直に言うと、なんてダサいリールなんだろうというのが僕の最初の感想だった。
もしも僕がこのリールメーカーのリールをオーダーすることがあるとすれば、おそらくHardyのBougléのデザインに少し似た
Tea Kettle Platewindの方だろうなと密かに思っていたぐらいだから(笑)。

それから、北米のスカジット・スペイ関連のメディアでたびたび取り上げられるFarlexのS-Handleのリールの写真を目にするうちに、
僕の中で少しずつ変化が起こり始めたのは、おそらく1年前ぐらいだったと思う。
特にFacebookページでその写真を何度も見ているうちにかなりヒートアップしていったかな。
オリジナルはSiver&Blackだけれど、僕はAll Blackの方になぜか魅力を感じていく。


f0317993_2127762.jpg



f0317993_21271698.jpg



今年の1月から自分でもFacebookを始めたこともあり、さらにリールの写真や動画にさらされるうちに、
とうとうゴールデンウィークの終わりにFarlexのオーナーであるTimにオーダーを問い合わせるメールを送ることにした。
音楽活動をしていた当時の古い機材を処分し、Paypalではなく国際郵便為替でリール代金と送料を送金する。
ちなみに国際郵便為替で送金することを選択すると、Paypalの手数料分はリール代金から引いてくれた。

リール製作に必要な期間は2~3週間との知らせがあり、先週末とうとう僕のもとに国内第1号となるFarlexのリールが届けられる。


f0317993_1823979.jpg



f0317993_1825296.jpg



ギアやラチェット周りの写真は"Farlex"のHPから。おそらく2×のマルチプライヤーのものと思われる。

リールの何とも奇抜で個性的なデザインも、メディアでその写真をたくさん見た後では、まったく違和感というものは感じなかった。
それよりも印象に残るのは、独特の世界感を持つ美しさだろうか。
サイズは3 3/4"だけれどもピラーの部分を含んでいるので、印象的には3 1/2"のワイドスプールといった感じ。
肝心のクリック音も硬質で、レギュレーターをさらに絞っていくとそのボリュームが増幅されていく。
動画では何度も耳にしているけれど、やはり実際に耳にするとかなり官能的なサウンドだろうか。
フィールドでスクリーミングサウンドを耳にするのが今から楽しみだったりする。

僕が最初にMeiserロッドをguchiさんのHPで見た時に、こんな派手なカスタムロッドのコスメのどこがいいんだろうと、
今とはまったく異なる感想を持ったように、同じようなことを僕は今、Farlexのリールについて思っているのかもしれない。

お気に入りのSaracioneはどちらかというとデザインとしては主流の範疇に含まれるのかもしれないけれど、
一方でFarlexはどちらかというとデザインとしては異端になるのだろうか。
でも、そんなFarlexが僕としては結構お気に入りだったりする次第。
個人的にはAll Black仕様にして良かったと思っている。Milesのようなサウンドを響かせてくれないかとね・・・笑。


f0317993_21395116.jpg



f0317993_2271048.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-05-31 22:12 | My Favorite Reels | Comments(6)
2016年 03月 21日

<Episode #187> デュアル・ラチェット・システム

f0317993_1523767.jpg



これまでにHardyのMarquisやSt.John、それにSt.Aidanなどのクリック式のリールをを愛用してきたけれど、
奏でてくれる心地良いハーモニーのような音色は良いものの、どうしてもブレーキのテンションが緩くて、
フィールドでリールをロッドにセットする度に、この緩さがどうにかならないものかといつも思っていた。

本当はパーフェクトでモディファイするように、もう少し厚みのある鋼でスプリングを作ってもらうのがよりベターなのだろうけれど、
コストを掛けないでやるとしたら、やっぱりこれしかないかなと思い、軽快な音色の多少の歪は我慢、ガマン。

デュアル・ラチェット・システム。

つまり以前にもやっていたラチェットの爪を両方とも立てて効かせるというやり方。
発生するラチェット音が2倍になるから、かなりサウンドはうるさいけれど、多少はテンションの効きが良いようだ。
僕の場合は、さらにスプリングのテンションというかラチェットへのプレスを強めるために、
フライのフックケースから切り出したプラスチックバーを両側に2本ずつ差し込むようにしている。

かなりくたびれた僕のマーキスだけれど、まだまだ活躍してもらわないとね・・・笑。


f0317993_161328.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-03-21 16:09 | My Favorite Reels | Comments(2)