カテゴリ:Slow Fishing( 55 )


2018年 08月 27日

<Episode #410> パタゴニア・オレンジ(Cusco Orange)と僕のレコード・コレクション

f0317993_21423054.jpg






まるで中南米のアンデスやペルー、それにインカなどの民族衣装にでも使われていそうなこの鮮明なパタゴニア・オレンジ(Cusco Orange)がとにかく僕は好きなのである。
以前購入したヒップパックはショルダースタイルにモディファイしてフィールドで愛用しているけれど、夏のセールでパタゴニア・オレンジ(Cusco Orange)のスリングの方もプライスタグがお安くなっているのをセールを知らせるメールで知り、このチャンスを逃してはなるものかとさっそくオーダーすることにしたのは先週末の話だった。
これからはヒップパックにストリング、どちらからもこの鮮やかなパタゴニア・オレンジ(Cusco Orange)が残念だけれどカタログから消えることになったようだ。

ヒップパックの方はチューブフライなどがたくさん収納できる厚みのあるフライケースを3~4個ぐらいは入れることが出来たけれど、おそらくスリングの方はそこへさらに替えのリールやペットボトルのドリンクなども入れられるに違いない。
先に購入したヒップパックは一応防水仕様の謳い文句だったけれど、防水ジップにトラブルは発生しなかったものの、他のシーリング部分からこれまでに2ヶ所ほど水漏れしたことがあって、結局のその水漏れ箇所はカスタマーセンターには相談せず自分でアクアシールを使って修理した。
新しいスリングの方もどうか水漏れしないことを心底願うばかり。






f0317993_21405528.jpg





最近は雨の週末が続くものだから少しずつ書棚を整理していて、今回は80年代から90年代初めにかけて僕がコレクションしていた輸入盤のレコードを約500枚近く売ることにした。
ノイズアバンギャルド、インダストリアル、EBM、90年代初期のテクノ・ハウスなどのダンス系、ダブ、アンビエント系などなど、今となってはかなりレアなレコードだと思っているのだけれど、いろいろと悩んだ末に東京の専門店に買取をしてもらうことにする。
本当は一枚一枚ヤフオクなどに出品するのが良いのだろうけれど、何しろレコードの枚数が多いものだからね…笑。
手放すのはちょっと寂しい気はするけれど、次のオーナーの下で時々レコードに針を落としてもらいつつ、大切に扱ってもらえたらなと思う次第。
それにしても当時のアルバムジャケットは、本当にアート作品といっても過言ではないぐらい美しいと思った。





f0317993_21405772.jpg



Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-08-27 22:39 | Slow Fishing | Comments(5)
2018年 08月 20日

<Episode #409> リールのポリッシュとシムスオレンジ

f0317993_21404053.jpg






ホームセンターの工具コーナーで通りすがりの店員さんにPiKAL(ピカール)という研磨剤はどこに置いていますかと尋ねると、生活雑貨の漂白剤などが置かれているコーナーにありますよという返答に僕はいささか意表を突かれた。
てっきり並んでいるのは専門的な工具コーナーだと予想して売り場を2周もしたのだけれどのだけれど、どうやらすっかり的が外れてしまったようだ。

Barny Reels Henshaw Perfect 3 3/4" Alloy Face and Silver Spitfire FinishをPiKALでさらに研磨(ポリッシュ)してみることにする。
指が汚れないようにプラスチックグローブをはめて作業することにした。
少し曇り始めていたアロイフェイスにみるみると本来の金属的な輝きが蘇ってくる。
どうやらあまり磨きすぎるとMirror Finish(鏡面仕上げ)になってしまうから、このあたりで止めておくのが良さそうだ。

PiKAL(ピカール)、価格もお手頃なので僕はすっかり気に入ってしまった。





f0317993_21404331.jpg




この僕にとってちょっと嬉しいニュースを聞いたのは、確か先週の初めだっただろうか。
仕事帰りにテムズに立ち寄り店長とカウンター越しに立ち話をしていた際に、話題がSIMMSの2018年度版のカタログの話になる。
そんな中で店長から近々SIMMSのガイドジャケットにシムスオレンジが復活するという話を聞いた。
数年前にSIMMSのラインナップからシムスオレンジが消えてちょっと残念な気持ちだったけれど、これでしばらくはジャケットの色で悩まなくて済むかと思うと、僕にとってはとても嬉しいニュースに他ならないね(笑)





f0317993_21404821.jpg




Today's BGM :









[PR]

by slowfishing-yun | 2018-08-20 22:24 | Slow Fishing | Comments(2)
2018年 04月 11日

<Episode #386> 7回目の車検

f0317993_22382367.jpg





札幌の積雪量がゼロとなり、とうとう今年の秋には7回目の車検を迎えるエリーゼのカバーを外した。
エンジンキーを回すと一瞬の間をおいて不安定なアイドリング音が薄いシート越しに背中から響いてくる。
ガレージから車を出して、冷たい水で冬のホコリをひと流しした。
今回は最近お気に入りのテムレスを使って洗車をしたから、これまでのように水の冷たさで手の感覚がなくなるということもなく快適に洗車を終えた。





f0317993_22382025.jpg





僕が歳を重ねたと同じようにこの車と過ごすようになってかれこれ15年もの年月が流れようとしている。
もちろん15年前に手に入れた時のような初々しい輝きはすっかり消え失せ、どこか枯れた感じすら漂うライトウェイトスポーツカーになってしまったけれど、それでもまだまだエンジンを回すと現役そのもので、着座位置の低いシートに座り径の小さなハンドルを握ると緊張感にも似た不思議な感覚を覚えることがある。
ハンドルを握る機会が次第に減ってくると何度か手放そうかという考えがこれまでに脳裏によぎらなかったと言えばまったくウソになるのだけれど、やっぱりもう少しハンドルを握る愉しみを味わっていたいものだ。
今年も機会をみてまたサイドシートにお気に入りのロッドを積み込みまたフィールドへとロングドライブしてみようと思っている。





f0317993_22382641.jpg






Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2018-04-11 23:05 | Slow Fishing | Comments(2)
2018年 02月 13日

<Episode #374> 懐かしい写真

f0317993_21555037.jpg





もしもHardyがこんないかしたデザインのSハンドルを作ってくれていたとしたら、
きっと僕はHardyのリールの事がもっと好きになっていたに違いないと思う今日この頃。





f0317993_21560275.jpg





これを便利になったと言っていいのかよく分からないけれど、2年ほど前に僕の携帯電話がいわゆるガラケーというものからスマホというものに変わった。
スマホに変わると、今度はFBだけでなくLINEやインスタグラムも始めてしまっていて、ふと立ち返るとちょっと驚いたりもする。
それにしても写真も簡単にやり取りできるようになったものだと思う。

そして先日もMoriさんから古い写真が懐かしいでしょとLINEに添付されて送られてきた。
そんな画像を無造作に何の躊躇もなくスマホに保存している。
そして時間を見つけてはインスタグラムで写真を加工してみたりする。
もちろん1回の写真加工では全く面白くないから、2回、3回と何度も写真を加工するのがいつもの工程。

今回も今シーズン用のチューブフライをタイイングする合間に、懐かしい天塩川バブルの頃(すでにピークは過ぎていたけれど)の写真を加工してみた。





f0317993_21555366.jpg





f0317993_21554113.jpg





f0317993_21555887.jpg





f0317993_21554559.jpg


Today's BGM :





[PR]

by slowfishing-yun | 2018-02-13 22:21 | Slow Fishing | Comments(2)
2018年 01月 24日

<Episode #372> Maintenance, Modification and Repair

f0317993_20252023.jpg





写真のロッドはどれも僕にとって思い入れのあるロッドだったりする。

年末にロッドのクリーニングをことさら丁寧に施しながら、それぞれに独特の形状というか個性のあるグリップをじっくりと眺めていると、僕はやっぱりロッドをオレゴンにあるマイザーの工房に送ることを決めた。
これまで修理とメンテナンス、それにグリップのモディファイのために2本のロッドをまとめてEMSで送ったことはあるけれど、オフシーズンにこれだけ大量のロッドを一度にまとめて送ったのは初めてだと思う。
4ピースのロッドをすべて送ると送料だけでもとんでもない金額になりそうだったから、今回は修理とモディファイ、それにメンテナンスを施すロッドのピースだけを送ることにした。
それでもバットセクションが9本、ティップセクションが2本、それに2ndセクションが1本の合計12本のピースを送ることになる。
重量はおおよそ6.3kgとなり、結局送料は11200円もかかってしまった。

外れてしまったスネークガイドの修理は特に問題はないと思う。
すべてのグリップのアクリルコーティング化とグリップのブランクギリギリまでのさらなるシェイプアップ仕様へのモディファイ。
さてBobさんとNickさんが僕の意図をどのくらい汲んでくれるのか、それは修理とメンテナンスを終えたロッドが届くまでのお楽しみということになりそうだ。




f0317993_20252439.jpg





年が明けてから職場近くの東急ハンズでSuper Lubeというアメリカ製の合成グリースを買ってみた。
これはFarlexのTimさんがリールのメンテナンスの動画でも使っていたから、以前から気になっていたグリースのひとつ。
それにしてもなかなか格好いいパッケージデザインではないだろうか。
僕は個人的にアメ車のデザインは好きではないけれど、こういう商品のデザインは本当にシンプルで格好いいと思う。
あとは近所のホームセンターでウレアベースでモリブデン配合のグリースも購入してみた。
僕の個人的な感想として、グリースの粘度によってラチェットサウンドの音色が多少変化しているように感じている。
少し甲高い硬質なサウンドではなく、どこか丸みのあるこもったようで透明感のある音色が好きかな。
きっとスプールの回転数によって音色も変わるのだろうけれど…笑。
そんな訳でグリースと一緒にパーツクリーナーも購入したから、1月中にリールのメンテナンスもしっかりと施しておこうと思っている。

テムズの新春セールでTIEMCOのハックルセパレーターというものを初めて購入してみた。
実は年末にmasaさんから、今年はDee wingのフライのタイイングにトライしてみようと、備前さんのタイイングDVDをお借りしたものだから、ついついDVDの影響を受けて新春セールで買ってしまったという次第。
でもこれ、なかなか面白くってチューブフライのタイイングにもしっかりと使えると思った。





f0317993_20252707.jpg





Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-01-24 22:28 | Slow Fishing | Comments(2)
2018年 01月 03日

<Episode #370> New Year 2018


f0317993_18240837.jpg





年末にHardyの新しいCascapediaをヤフオクで手放し、他にもタックルを少し整理したこともあって、何とか目途が立ったのでSaracioneにメールを送ることにした。
なぜかJoeさんからすぐに返事か来なかったというのもあるだろうけれど、Messengerで何とか連絡が取ると予定よりも少し値引きした値段でSaracioneからインボイスが送られてくる。
シャンパンゴールドがメインカラーとなるスペシャルカラーでオーダーしたリールが届くのは、おそらく早くても1月末から2月初めになるに違いない。
おかげでちょっと楽しみなオフシーズンの時間を過ごすことが出来そう。





f0317993_18244154.jpg






f0317993_18242331.jpg





FBをみていると、少し前にFarlexのウェブサイトがリニューアルしたとのお知らせがあった。
以前は少し分かりにくいウェブサイトだったけれど、内容が変更されて少しだけ見やすくなったかもしれない。
エボナイトをサイドプレートに使ったモデルやユニークなスタイルのリールもあるからのぞいてみるだけでも楽しめると思う。


僕はこれまで14フィート前後の長さのロッドをメインに愛用していたけれど、最近は12フィート前後のロッドがとても扱いやすく感じるようになった。
特にバックスペースが十分に取れないポイントに足を運ぶようになって、さらに使用頻度が高くなっているかもしれない。
これまではロッドの長さにマッチしたラインのバリエーションも少なかったと思うけれど、最近はスイッチ系やOPSTなどの短いヘッドも豊富にあり、スカンジ系も選択肢に入れるとシンクレートも意外と選べるから、これからさらに面白くなるかも。



テムズの新春セールでまたも格安マテリアルを大量購入してきたのだけれど、その際に以前から気になていたEchoのSWINGというシリーズのロッドを見る機会があった。
ブルーのブランクと何よりもそのプライスがとても気になるロッドだろうか。
さすがにプライスからしてもコルクのグレードはとても低くて、少し使ったらすぐに虫食い状態になりそうだけれど、グリップを自分でモディファイ出来たらきっと面白いロッドになりそうな予感がした。
ブランクのみの販売がしてもらえるなら、このブランクで一度はロッドビルディングにトライしてみたいかな。






f0317993_13324576.jpg






Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2018-01-03 14:28 | Slow Fishing | Comments(2)
2017年 12月 19日

<Episode #368> SIMMS G3 GUIDE BOOT

f0317993_21473269.jpg




SIMMS社のG3 Guide Bootがモデルチェンジするということで、ちょうど廃番セールをしていた米国のSIMMS本社のHPからは予想通り購入することが出来ず、同時期に廃番セールをしていた米国のショップから初めてウェーディングブーツを購入してみることにした。
ニューモデルのG3 Guide Bootはデザインにカラーと、まだどうしても見慣れることが出来なかったりするから、僕としては悪くない選択のタイミングだったと思う。
それに2年以上も愛用した僕にとっては3代目となるG3 Guide Bootも、もうそろそろ修繕を施すのにも限界に近かったからね。
とにかく樹脂パーツがすぐに壊れてしまうのが残念だろうか。きっともっと革製のパーツの使用頻度が高ければさらに長持ちするとは思うのだけれど…。
少々送料が高くて予定していたよりも値段は若干高くはなったけれど、それでもヤフオクの最安値よりも安く購入できたから僕としてはまんざらでもない気がしている次第。




Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2017-12-19 21:31 | Slow Fishing | Comments(4)
2017年 12月 13日

<Episode #367> 2代目のRearth ネオプレーンウェーダー

f0317993_22544934.jpg






湖などの止水や本流の下流域で愛用していたRearth社のネオプレーン製ウェーダー(グリーン)が、少しずつ補修の跡が目立つようになるなどかなりくたびれてきたこともあり、今回新たに発売されたRearth社のネオプレーン製のブーツタイプのウェーダー(チャコールグレー)を新調することにした。
厳冬期にソックスを何枚かでもレイヤーするとブーツの中で足が窮屈になり血行不良になることや、股下のサイズが長くてブーツの上でネオプレーン製のウェーダーがたわんでしまうことなどを、商品開発部にしっかりと届いたかどうかは分からないけれど、以前にRearth社へ報告したこともあっただろうか。





f0317993_22545983.jpg





届いたばかりの新しいウェーダーをさっそく試着してみることにする。
ゴム製のブーツも甲のあたりが少し幅広となり、さらにブーツのくるぶしの辺りをゴム製からネオプレーン製に変更した事もあって、厳冬期にユニクロのヒートテックのソックスを何枚かレイヤーしてもおそらくブーツの中でそれほど窮屈に感じないのではと思ってしまった。
また、私にはかなり長かった股下のサイズもちょうどいい長さに変更されていて、ブーツの上でネオプレンがたわむということもなかったかだろうか。
おそらくこれ以外にも様々な点に改良が施されているようで、これからも止水や本流の下流域などではお世話になると思う。




f0317993_22550413.jpg




Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-12-13 23:15 | Slow Fishing | Comments(11)
2017年 12月 03日

<Episode #364> 半田ごてを使ったフライラインの熱溶着

f0317993_18492484.jpg





ヒートガンを使ったフライラインの熱溶着の事は知っていけれど、半田ごてを使ったやり方を知ったのは今回が初めて。
十勝川でご一緒した際にsugiさんもティップの先端ループの自作について、嘘みたいに面白いからとお勧めされていたので、僕もT-14やT-11などのティップやランニングラインの先端ループの自作にさっそくトライしてみることにする。

家にあった随分と昔の半田ゴテをクリップに挟んでタイイングバイスに固定。
(半田ごてが動かないようにしっかりと何かに固定することが大切なポイントだと思う)
今回はT-11の両端に内径1.5mmの熱収縮チューブを使って半田ごてによる熱溶着でループを作ってみた。
ラインを通した熱収縮チューブは、温度の高い半田ごての先端ではなく、温度の低い根元の太い方に押し当てるようにする。
熱溶着したラインの長さは、4~5cmぐらいにした。
結果的に僕としては事前に予想していたよりも満足のいく仕上がりとなったと思う。
sugiさん、素敵な情報をありがとうございました。

P.S. 収縮チューブは1.5mmのチューブと2mmのチューブを使用した。
   ダメージを受けたランニングラインの修復にも使えると思う。





f0317993_18492804.jpg







先日は1.5mmの熱収縮チューブを使ってタックルマックのリッジランニングライン(30lb)にもループを作ってみた。
こちらも問題なく使えると思う。





f0317993_21271942.jpg






Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-12-03 19:19 | Slow Fishing | Comments(0)
2017年 11月 19日

<Episode #361> ChartreuseとChampagne gold

f0317993_21421622.jpg




Conehead tube fly "Interaction" variant / Chartreuse 2017

昨年に巻いたフライだけでなくこれまでに巻いたてきたフライが、100円ショップのピルケースを利用した2個のチープなプラスチック製のフライケースの中にまだまだたくさん残っているにもかかわらず、久しぶりにチャートリュースカラーのマテリアルを取り出して、今度の週末にでも十勝川でスイングさせたいチューブフライを巻くことにした。
十勝川の下流域がサンドカラーに濁っているのは毎年のことだけれど、例年よりも水位が30cmほど高いことや、昨年の台風によるダメージからどれぐらいフィールドが回復しているのかも心配なところ。

とりあえずチャートリュースだけでなく黒とオレンジやピンク、それにブルーも少しだけ用意しておくと気持ちに少しだけ余裕が出来るかな。
今回はMeiserの12'6" 7/8wtのMKSにSA社のAtlantic Salmon SH Short 8/9 S3/S4(520gr)の組み合わせも試してみようと思っている。




f0317993_21424492.jpg





海外のeBayというサイトを見ていて、どういう訳か偶然目にしたこのリールのカラーが僕の頭から離れなくなってしまって困っている(笑)。

シャンパンゴールドのボディとブラックのハンドルやノブ、それにカウンターバランスの組み合わせ。

どこか嫌味じゃない上品さがあって、実は最近僕がとても気になっているリールの色の組み合わせだったりする。

もちろんオリジナルのBogdanというリールは高価すぎて全く手が出ないのだけれど、海外のeBayなどのサイトを見ていると、このBogdan Model 200Mというモデルは同じBogdanのリールの中でも、この特徴的なカラーのためか比較的手に入れやすいリールのようだ。

スケルトンの高級腕時計にあまり気持ちが向かないように、Bogdanのあのメカニカルなブレーキシステムに僕はそれほど魅了されないのだけれど、このカラーの組み合わせだけはちょっと面白いと思ってしまう。


色々と調べていてたどり着いたAnglers ParadaiseさんのHPによると、過去にSaracioneにオーダーしてこの特注カラーでリールを製作してもらったことがあるということ。

トラウトサイズのリールのみのオーダーだったようだけれど、Joeさんもなかなか粋な事をするものだと思う。

そういえば僕がまだシングルハンドのロッドを愛用していた頃、Saracioneのリールといえばボディがシャンパンゴールド、Peerlessのリールといえばボディがシルバーという印象だったのを思い出してしまった。


P.S.今回のリールの写真はこちらの海外のサイトから拝借させていただいた。






f0317993_21423080.jpg




Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-11-19 22:40 | Slow Fishing | Comments(4)