カテゴリ:Fishing Reports( 192 )


2019年 03月 22日

<Episode #443> Airport River

f0317993_22222811.jpg





とても3月とは思えないような気温の高い暖かい日が続くと、すっかり寒いのが苦手になってしまったアングラーの勘のようなものを鈍らせてしまうのかもしれない。
春分の日は尻別川に足を運ぶ予定でいたけれど、ここ最近の暖気のせいで前日の午後から水位が少しずつ上がり始め、深夜には勘が鈍ったアングラーですらこれは無理だと思うような水位にまで上がってしまった。

早朝にお会いしたmasaさんから開口一番に出たフィールドの名前は、やはり僕が考えていたフィールドの名前と寸分の違いはなかったようだ。
一応支笏湖での釣りも考えた道具を用意して、のんびりとした時間に札幌を発つことにした。





f0317993_22223312.jpg





僕が以前に千歳川を訪れたのは、直ぐに即答できないぐらいないぐらいずいぶんと前のことだと思う。
ブログの古いエントリーをさかのぼると、やはりこの地を訪れたのは2007年の3月のことだった。

春分の空は濃淡のほとんど見当たらない淡いトーンのグレーカラー一色に染まっていたけれど、冷たい乾燥した風が吹いていた。
羽を休める白鳥たち、頭上を低空で飛んでいく飛行機たち、名も知れぬ野鳥たちの群れ、あとは時折聞こえてくるヒバリの囀り、どれもこのフィールドを僕に印象付ける要素なのかもしれない。

まだ僕がシングルハンドロッドを振って釣りを楽しんでいた頃の記憶を辿ると、さらに上流ではトルクのある流れが印象的だった気がするけれど、今回足を運んだエリアではそれ程流れが強いという印象は感じなかった。

ビーズヘッド仕様のオリーブ・ウーリーと15フィートのT-11の組み合わせで、一見フラットのように見えるけれど何かしら川底に変化がありそうなポイントへとフライを送り込んだりする。
もう少ししたら鮭稚魚も下り始めて、水面は賑やかになるのだろうけれど、今回はユスリカにライズするトラウトの姿を3回ほど見ただけだった。

それでもスイングのほとんど終わりかけに今年初めての躍動感をロッドから感じたけれど、残念ながらそのコンタクトはたったの2,3秒続いたぐらいで、あっけなくアディオスしてしまった次第。

また機会があればこの地を訪れることがあるかもしれないけれど、それよりも久しぶりに飛行機の底面をじっくりと見ることが出来た春分の日だったような気がする。
                                                       2.86→2.80




f0317993_22223115.jpg





Today's fishing movie :


Today's BGM : あまり詳しくはないけれど、William Basinskiという人はテープループを使うアンビエント音楽として名前が知られているのだろう。抑え気味のトーンのサウンドは心地良い眠気を誘ってくれるような気する。そんな飽きのこないサウンドはベッドサイドミュージックとしても効果的だろうか。







by slowfishing-yun | 2019-03-22 23:11 | Fishing Reports | Comments(0)
2019年 03月 11日

<Episode #440> Swan under the snow

f0317993_22092281.jpg





f0317993_22092435.jpg




僕が今年最初に訪れたフィールドは、例年よりも降雪量が少ないように感じる尻別川だった。

もう少し早い時間に札幌を発つという選択肢もあったけれど、日の出の時間が6時ということや天気予報が伝える早朝の気温が低かったこともあり、街灯の明かりが消える6時を目安に札幌を発つことにする。

フィールドに描かれた空の青さと雪の白さとが織り成すコントラストが美しかった。
スノーシューを履かずに雪原を歩くと、キュッキュッと足元で奏でられる音色がさらに心地良さを増してくれたように感じる。
様々な流速から奏でられる川面の音色が僕の周りのいたるところから響き、そこに張り出した氷から滴る水滴が奏でる音色も加わる。
ちょっとした不意の違和感すらも何事もなかったかのようにゆっくりと内包されていき、まるで全てがシンフォニーのように調和がとれていたように僕には感じられた。

雪の間から顔を出した河川敷に置かれた遊具の白鳥さんの顔からも、春が訪れるのを首を長くして待ち望んでいるかのように感じられた。




f0317993_22091877.jpg




f0317993_22092694.jpg




f0317993_22091907.jpg




ABUさんにはレインボーが、そしてsugiさんにはアメマスの躍動感が微笑んだけれど、僕の新しいマイザーのロッドには川底のストラクチャーへの根掛り以外何も起こることはなかった。
かなり期待はしていたのだけれど、こればかりはしょうがない(笑)
新しいロッドはカタログにはない12フィート6インチ、6/7番のMKXというロッド、その軽さとキャストフィールの軽快さから、僕にとってはこれからのお気に入りのロッドになりそうなことは十分に感じ取れた。

久しぶりに雪で覆われたフィールドを、普段の運動不足を後悔するぐらい、たくさん歩いたと思う。
重い腰を上げて数ヶ月ぶりに訪れたフィールドだったけれど、やっぱりまた来たいなと僕に思わせてくれるぐらい心地良くって魅力的だった。
                                                    8.99




f0317993_22092878.jpg




f0317993_22093412.jpg




f0317993_22093289.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM : アンビエント・ミュージックといえば僕の中ではこれまでお決まりのようにBrian Enoだったけれど、最近はアルゼンチン在住のFederico Durandをよく好んで聴いている。アンビエント・ミュージックにはどこかスペーシーというか空間的な広がりを感じさせてくれるイメージの曲が多い印象だけれど、この幼少期に聞いたようなノスタルジックで牧歌的な雰囲気がどこか気持ちをゆったりとリラックスさせてくれるように僕には感じられて好きかな。そんな訳で最近は寝入る前にベッドサイドで聴くことが多い僕のおススメ(笑)





by slowfishing-yun | 2019-03-11 22:51 | Fishing Reports | Comments(4)
2018年 12月 24日

<Episode #429> 雪のフィールド

f0317993_17012054.jpg





f0317993_17012246.jpg





僕にとって今年のシーズンラストとなるフィールドは、風の存在も忘れてしまいそうなぐらい穏やかな静寂さに包まれたフィールドだった。
おそらく降り積もった雪が、ウェーダーのブーツで踏みしめた時の感触のように柔らかくいろんな音を吸収してくれているからに違いない。
ただただ胸下を流れていく透明感に溢れた尻別川の冷たい流れの音色だけが幅の狭い強弱をつけながら僕の耳に響いてくるのだった。
朝からずっと淡いグレーの曇り空が頭上に広がり、遠くに連なる山々の稜線はとにかく曖昧で、それが一段と僕の気分を穏やかなものにさせてくれた。
ブーツの中の僕の足先は、雪代の混じった尻別川の冷たさで午後からもずっと痺れっぱなし。

残念ながらオーダーしていた新しいロッドはこの日になってもオレゴンの工房から届くことはなかった。
新しいロッドのフィーリングをフィールドで試したかったのだけれど、こればかりは仕方がない。
そんな気持ちが伝わったのか、ご一緒させていただいた友人達にはレインボーにアメマスと顔を出してくれるのだけれど、僕には何の違和感も訪れない。
午後になって僕がスイングさせるオリーブゾンカーにやっと白点の美しい小さなアメマスが顔を出してくれる。
そんなアメマスも恥ずかしがり屋さんなのか僕がiPhoneのカメラを向けると、ササーっと蜘蛛の子でも散らすかのように目の前から逃げていった。

苦笑いと共に一瞬身体が暖かくなったような気がしたけれど、日が陰ると一気に気温が下がってまた寒さに包まれた。





f0317993_17012651.jpg




f0317993_17012473.jpg




Today's fishing movie :




by slowfishing-yun | 2018-12-24 17:37 | Fishing Reports | Comments(6)
2018年 11月 25日

<Episode #424> 十勝の風

f0317993_20544592.jpg





風上になる十勝の山々の頂をすっぽりと薄い灰色をした雪雲が覆っていた。
数日前には札幌にもとうとう今年最初の雪が積もり、占冠からトマムにかけての深夜の道東道ではmasaさんの車のヘッドライトに照らされた11月らしい雪が降り続いていた。
フィールドに着くと十勝川の下流に向かってやや右側の水平線から、明るいオレンジ色に輝く大きな太陽がゆっくりと昇る。
そして僕の頭上には天気予報通りに、いかにもこの時期らしい十勝晴れの青空がどこまでも広がった。
1年ぶりに訪れる茫洋としたフィールドには、一日を通して吹き下しのカラっカラに乾いた冷たい初冬の風が吹き続ける。
そんな風音や幾重にも重なる波音に交じって時折渡り鳥の鳴き声や羽音がフィールドには響くのだった。
目の前には僕の脳裏に焼き付いている十勝川下流域のイメージそのものが広がる。




f0317993_20544857.jpg




f0317993_20545450.jpg




11月の2回の連休、十勝川の下流域におよそ1年ぶりに足を運んでみた。
おそらく2年前のあの台風までは、この初冬の時期と早春のシーズン中には何度もこの地に足を運んでいたと思う。
やはり2年前のあの大きな台風を境にして、フィールドの雰囲気はすっかり変わってしまったかもしれない。
お気に入りだった下流域のいくつかのポイントはすっかり遠浅になってしまい、釣りをするにはあまり魅力を感じないものになってしまったような気さえする。

そんな十勝川で過ごした2日間だったけれど、茂岩橋よりも下流で釣り人の足跡や車のタイヤの跡は見たものの、釣り人の姿を僕が見かけることは一度もなかった。
そのことが物語るように、アメマスからのコンタクトもほとんど皆無に近かったりする。
それでもフィールドの雰囲気だけは、これまでと何一つ変わらなかったように思う。
ただ、訪れる釣り人の数が少ない分だけポイントまでへのアプローチが、厚着したのを後悔するぐらい大変になったぐらいだろうか。
やっぱり僕にとって、1年に1度は訪れたいフィールドのひとつかな。
ヒリヒリとした風の冷たさが、やっぱり十勝らしいと僕は思った。
                                          2.24




f0317993_20545785.jpg




f0317993_20550390.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :




by slowfishing-yun | 2018-11-25 22:48 | Fishing Reports | Comments(4)
2018年 11月 18日

<Episode #423> 初雪

f0317993_16343781.jpg





最初はごくごく小さな白い粒状の塊だった。
それが時間共に真綿のように広がっていき、まるでパラシュートのようにユラユラと空から降り落ちてくるスピードがゆっくりとしたものとなった。
土曜日はmasaさんとの日帰りでの天塩川釣行だったけれど、帰りの美深峠は日中から降り始めた雪が数cmほどシャーベット状になって積もっていて、車のヘッドライトが昨夜よりも一段と明るくなったような気がした。
日中のフィールドが降り積もった雪で白一色に彩られることはなかったけれど、もしかしたら今回が今シーズン最後の天塩川になるのかも、と僕は思った。
水温は5~6℃を推移する。
それにしてもウェーディングシューズを履かず、ブーツタイプのウェーダーを履いて本流で釣りをするのは、ブーツの中の足もとが不安定で本当に疲れるなあ(笑)





f0317993_16343930.jpg




f0317993_16343332.jpg




釣りの方はというと、もしかしたら今シーズン最後になるのかもしれないのに特に予想外のサプライズが起こったわけでもなく、いつものようにフライをスイングさせながらワクワクはしたものの、結果的には概ね穏やかな釣りとなった。

それにしてもシーズン中は毎週のように天塩川を訪れながら、道内には他にもたくさんの魅力的な本流があるというのに、どうして僕はこれほどまでに天塩川に魅了されているのかなと、なかなかその答えを言葉にできないでいる。
そういえば20年以上も前に3~4年ほど仕事で名寄に住んでいたことがあったけれど、その時は全くそんな魅力には気づきもしなかったのに。
もしかしたらハラハラするような大きな鱒に出合えるかもしれないという魅力だけではないのは、もちろん確かなこと。
おそらく本流の規模、渓相、適度な深度と流速、パノラマチックな視界の広さ、視界に入る本流・空・河畔林の割合のバランス?などといろいろと考えを巡らせたりする。
どれもそうだし、どれもそれだけではないのかもしれない。

やはりその答えを言葉にすることは簡単にできないようだし、どうやら言葉にする必要すらもなさそうだ。
何しろその答えが見つけられなくても、シーズン中は毎週のように足を運んでいるのだから…笑
                                  68.00



f0317993_16343507.jpg




f0317993_16344115.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :




by slowfishing-yun | 2018-11-18 21:24 | Fishing Reports | Comments(6)
2018年 11月 13日

<Episode #421> 11月の天塩川 / アメマスの日

f0317993_22125507.jpg





f0317993_22131126.jpg




f0317993_22131502.jpg




札幌近郊のR275のアスファルトはというと夕方から降り始めた晩秋の小雨に濡れて黒々と光り、おまけに僕の車や対向車のヘッドライトに照らされてギラギラと眩しく輝いていた。
深夜のR275を北上するにつれて雨は上がり、やがてアスファルトは遠目のヘッドライトに照らされて白く光り始め、人工の光が乏しい夜空には雲の隙間からいくつもの星が輝きだしただろうか。
ロングドライブで少し気が緩んでしまったのか、そんな星空にちょっとよそ見をして何気にふと視線を前方にやると、数10m先に立派な2本の大きな角が印象的なオスのエゾ鹿がヘッドライトに照らされているものだから、まどろんだ雰囲気から僕は一瞬にして全身に緊張が走るのを覚えた。
フィールドでは夕暮れや夜にになると鹿の鳴き声を何度も耳にすることがあるから、おそらく彼等の繁殖の時期でもあるのだろう。
それにしても、もしもあの大きなオスのエゾ鹿とぶつかって車のフロントガラスを突き破って車内に入ってきていたらと考えただけで、僕は思わずゾッとしてしまう。
めったに対向車に出合わない深夜のR275を運転する際は、スピードとヘッドライトに照らされる前方には十分注意が必要なようだ。




f0317993_22133531.jpg




f0317993_22133910.jpg




f0317993_22134139.jpg




f0317993_22134470.jpg




週末の天塩川はフィールドのコンディション的にも釣りをするにはちょっと厳しいかなと思っていたけれど、天気予報の降雨量予想が少ない方にシフトしてくれたので、シーズン終盤のフィールドで過ごすことにする。
土曜日はエアフロのスカジットスイッチのフローティングと15フィートのT-11を使い、日曜日はフライのスイングスピードを少し遅らせたくって、スカジットiショートと15フィートのT-11の組み合わせとした。
水温は8℃台を推移し、テレメーターの濁度計は相変わらず機能していないけれど、印象的に透明度は80cmといったところだろうか。
金曜日の夕方から上流の岩尾内湖からの放水が始まり、本流の水位は少し上がったのは当然だけれど、おそらく濁度の方も少し上がったのではないかと僕は勝手に予想する。

何となく遡上してきたサーモン達の産卵時期らしく今日はアメマスの日になるかなと思っていたら、やはり予想通りアメマスの週末となった。
でも、一度だけアメマスに交じってMサイズのレインボーが予想外に顔を出してくれたのはちょっと驚きだったことと、右岸の護岸された深瀬でLサイズのレインボーにバッキングラインまでリールから一気にラインを引き出されたのも予想外だったかな。
あのアディオスはしかたがなかったとはいえ、欲を言えばやはり少しだけでも触れたかったかなと思う。

雨上がりのフィールドは、それにしても美しすぎた。
山肌から立ち昇る水蒸気というか朝霧がとても印象的である。
フィールドに吹く風は、その存在を思わず忘れてしまうぐらい穏やかだったと思う。
今年は初雪の便りが2週間ほど遅れているのだそうだ。
おそらくもうすぐ北のフィールドにも冬の訪れを知らせる白い便りが届くに違いない。
                                          68.07




f0317993_22141923.jpg




f0317993_22142543.jpg




f0317993_22143327.jpg




f0317993_22143569.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :




by slowfishing-yun | 2018-11-13 21:29 | Fishing Reports | Comments(6)
2018年 11月 06日

<Episode #420> 暖かな晩秋

f0317993_21350076.jpg





f0317993_21351923.jpg




f0317993_21352887.jpg




f0317993_21353695.jpg




仕事帰りに車の中で聞いたNHK-FMの女性アナウンサーが、今年の11月前半は気温が例年よりもかなり高めに推移するでしょうと話していた。
先週には思わず居間のストーブに火をつけるぐらい気温が下がって、とうとう中山峠にも初雪が積もって路面は圧雪アイスバーンとなったようだし、遠くに見える手稲山の頂にはすっかり白い雪化粧が施されていただろうか。
確かに深夜のR275を北上していて朱鞠内湖の取水埼付近のクネクネと曲がるカーブを通っていると、車の遠目のヘッドライトに照らされた路肩や斜面にはシャーベット状の雪が数cmほど積もっていた。
少し開けた車の窓から入ってくる外気に気温の下がった深夜の鋭角的な冷たさが感じられないことから、明日の気温の高さが容易に想像がついた。
例年の今頃になると、すっかり白一色となった冬景色のフィールドが僕を出迎えてくれるのだけれども、今年はまだまだ晩秋の気配に満ちたフィールドだった。
iPhoneの天気予報のアプリでは、明日の最高気温は16℃前後だろうか。
アラームは6時にセットする。
遠くから響いてくるエゾジカの鳴き声を聞きながら、僕は朝まで車の荷室にひいたシュラフの中に包まって眠ることにした。





f0317993_21354123.jpg




f0317993_21354425.jpg




f0317993_21360802.jpg




f0317993_21361793.jpg




早朝の水温は7℃前後だけれど、午後にもなると8℃近くまで水温は上がったように思う。
本流の濁度を示すテレメータはすっかり壊れているようだけれど、少し濁りが入って透明度は80cm~1mぐらいといったところだろうか。
濁度は一桁の後半というぐらいが妥当な数字のような気がする。
上流の岩尾内湖からの放水は止まっているから、本当はもう少しクリアーで青味がかった本流の色を期待したのだけれど、先日降った雨量のことを考えると贅沢なことは言えないのかもしれない。

広葉樹の紅葉はほとんど終わったようで、それに代わって針葉樹の山吹色をした紅葉が秋日に照らされて見事なぐらいに美しかった。
風に吹かれて枯れ葉がフィールドの上を舞い、いくつもが川面の上を秋風に吹かれて軽やかに滑っていった。
木々の葉が落ちて見晴らしがよくなったこともあってか、少しだけフィールドが寂しくなったような気がする。

例年なら水温もある程度下がり、グッドコンディションの天塩川のアメマスに出合えてもよさそうなんだけれど、このいかにも11月らしくない暖かな天気のせいか、アメマスではなくレインボーが顔を出してくれたのは、僕にとってちょっと嬉しい誤算だったかなと思う。
                                         68.15→68.05




f0317993_21363628.jpg




f0317993_21364321.jpg




f0317993_21365228.jpg




f0317993_21365420.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :




by slowfishing-yun | 2018-11-06 00:11 | Fishing Reports | Comments(8)
2018年 10月 28日

<Episode #419> 秋の色と月明り

f0317993_17452346.jpg





f0317993_17452526.jpg




世の中には言葉に言い表せないぐらいたくさんの色があるけれど、おそらく僕が一番惹かれる色はマクラーレンという英国のスポーツカーメーカーのオレンジかもしれない。
おそらく僕がまだ幼かった頃に見たMcLarenのM8AというのCAN-AMカーのイメージが強いからだと思う。
イエローよりも少しオレンジがかっていて、どこか山吹色にも色の感じが似ていて、追い越し禁止のセンターラインのオレンジにもう少しイエローを加えたような色とでも表現すればいいだろうか。
1週間ぶりに訪れたSalty Heaven Riverのフィールドだったけれど、今にも空から真っ直ぐに雨粒が落ちてきそうな濃淡のない空が頭上に広がる中、ブラウンとイエローそしてオレンジといったオータムカラーにフィールドは溢れていたように思う。




f0317993_17451830.jpg




f0317993_17451779.jpg




ポツポツと存在感の薄い雨が降る中、けっして暖かいといったわけではないけれど、すっかりくたびれてしまった僕のフリース地のSIMMSのグローブも、それほど必要と感じない朝だった。
雨雲の動きを時折iPhoneでチェックしながら、ちょっと慌ただしくフィールドを巡ることにする。
晴れの日が続いたせいだろうか、フィールドの濁度もほとんど気になることがないぐらい天塩川としてはとてもクリアーな方だったように思う。

OTの岩盤ポイントのラストでアメマスらしいアタリが数度ほど訪れたけれど、本流レインボーらしい衝撃は僕の指先になかなか訪れてはくれない。
やがて頭上の空は厚い雲にすっぽりと覆われ、大粒の雨が勢いよく暗い秋空からいくつも落ち始めた。
本流の川面はたくさんの降り落ちる雨粒の飛沫でよりいっそうシルバーに輝く。

とうとうこの日のために巻いておいた4本のコーンヘッド仕様のE.S.Lをすべて根掛りでロストしてしまった。
それと同時に何とも言えない疲労感のようなものをじわじわと感じられるようになり、僕のモチベーションもそれに伴って少しずつトーンダウン。
当然のように車中泊の用意はしてきたけれど、無理はせずに今日はフィールドを離れることにした。
帰り道のR275、思わず車を路肩に止めてしまうぐらい、のぼったばかりの月がきれいだった。
そして、なぜか帰りのハイウェイから見た札幌の街の明かりがいつもよりもとにかく明るく見えたのが僕にはとても印象的だった。
                                     67.89→67.93




f0317993_17451389.jpg




f0317993_17450677.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :




by slowfishing-yun | 2018-10-28 18:29 | Fishing Reports | Comments(16)
2018年 10月 21日

<Episode #418> Autumn vacation


f0317993_17441683.jpg





毎年恒例の僕にとっての秋休み。
今年は何とか天気が大崩れすることなく、大好きなSalty Heaven Riverのフィールドで4日間を過ごすことが出来た。
早朝の気温は-2℃までグッと冷え込む。
秋の始まりのフィールドはいつもキラキラと輝いていたように僕には感じられた。




Day 1/4




f0317993_17444125.jpg




f0317993_17444845.jpg




f0317993_17445194.jpg




f0317993_17445619.jpg




f0317993_17450349.jpg




Day 2/4




f0317993_17451980.jpg




f0317993_17452209.jpg




f0317993_17452409.jpg




f0317993_17452792.jpg




f0317993_17453060.jpg




Day 3/4





f0317993_17455519.jpg




f0317993_17455926.jpg




f0317993_17460155.jpg




f0317993_17460347.jpg




f0317993_17460612.jpg




Day 4/4





f0317993_17461634.jpg




f0317993_17462198.jpg




f0317993_17462364.jpg




f0317993_17462604.jpg




f0317993_17462924.jpg




長いようで短かった、思ったよりもあっという間に過ぎ去ってしまった4日間だった。
これまでに何回も秋休みと称して数日間にわたりフィールドにステイしたことがあるから、4日間なんてあっという間に過ぎ去っていくことは最初から分かっていたんだけれど、フィールドから離れてしまうと、やっぱりもう少しフィールドで過ごしていたかったなあと思ってしまう。
1日の中での気温差が大きいから、釣りの方は相変わらず厳しいのに変わりはないけれど、フィールドに立っているだけで、周りのすべてが変化し続けているから、おのずといろんなことを僕自身も感じてしまうものかもしれない。
海水温の影響なのか、今年は第1陣は早かったけれど本格的なサーモンの遡上がどうやら少し遅れ気味な感じがする。
それでも気温の寒暖差が大きいから、日を追うごとにフィールドの色彩が少しずつ変化しているのが感じられた。
また来年の今頃、フィールドにロングステイするのが今から楽しみだったりする。
                           67.89→68.01→67.86



Today's fishing movie :



Today's BGM :




by slowfishing-yun | 2018-10-21 18:14 | Fishing Reports | Comments(6)
2018年 10月 15日

<Episode #417> Autumn field

f0317993_21192386.jpg





f0317993_21192707.jpg





一桁という気温の低さのせいか、やや鋭角的に僕の皮膚をなぞっていく秋の風がゆっくりとではあるがフィールドには吹いていた。
真冬ほどではないけれど、しばらくするとジンジンとフリース地のグローブをはめていない指先が感覚を失い始める。
水温がまだ11℃前後ということもあって、この日も幻想的な朝霧がフィールド全体をベールのように覆っていた。
どうやら昨夕からまた岩尾内湖の放水が始まったようだけれど、今日も天塩川は何事もなかったかのように流れていた。
しばらくもすると、頭上の空はきっと濃淡のない淡いグレーからいくつかの雲がぽっかりと浮かんだ清々しい秋空へと変わっていくのだろう。





f0317993_21193378.jpg




f0317993_21193691.jpg




f0317993_21194414.jpg




ABUさんには素敵なLサイズの本流レインボーが2尾も微笑んだようだけれど、僕には冬に向けて本流の水温が少しずつ下がってきていることを感じさせるアメマス達とアベレージサイズのレインボーが顔を出してくれただけ。
そういえば雪虫が飛んでみるのを見かけると、数週間のうちに雪が降るという話は聞いたことがあるけれど、アメマスの白い斑点を見ても、数週間後にはフィールドに雪が降ったりはおそらくしないと思う。

イタドリの葉が山吹色に色付くとともに、盛夏の深い緑は徐々に色褪せていき、フィールドには赤やオレンジといった熱量の乏しい暖色系の色彩が今年も増えていく。
それにしても日中の気温が安定していたこともあり、フィールドにウェーディングしているだけでも気持ちが良くって、「それにしても、なんて気持ちがいいんだろう」とフライラインの軌跡を目で追いながらスイングするフライをイメージしつつ、僕は何度も独り言のようにつぶやいてしまった。

いつもならお昼のサイレンを耳にするとフィールドをあとにする準備を始めるのだけれど、この日はあまりもフィールドで過ごす居心地が良かったので、ABUさんがLサイズの本流レインボーに出合ったというポイントでチューブフライをひと流ししてみる。
もちろんそんんな簡単に出合えないのは十分承知の上でのことだけれど、やっぱりスイングしているフライをイメージしているだけれども気持ちが良かったかな。
不意に訪れるかもしれない突然の衝撃に淡い期待を抱きながら…笑
                                     68.09→68.00




f0317993_21194752.jpg




f0317993_21195025.jpg





f0317993_21195223.jpg




Today's fishing movie :


Today's BGM :





by slowfishing-yun | 2018-10-15 21:56 | Fishing Reports | Comments(4)