2019年 02月 16日

<Episode #436> モニター・ヘッドホン

f0317993_22272003.jpg








最近はフィールドの動画だけでなく自作音楽の方もYouTubeの方にアップロードしていたけれど、音楽の方に関しては海外のSoundcloudというサイトにもアップロードするようにしている。
どうやらこちらの方がアップロード時の音楽データの圧縮率が低いのと、広告がほとんどないのことにも何となく好感が持てたので。
僕にはそれほど音質の違いが分からないのだけれど、とりあえず何となく気分でということにしておく(笑)


以前から左眼の白内障が少しずつ進行していて、去年あたりからはフライを巻くのにもかなり苦労するようになったので、とうとう1月の終わりに手術を受けることにした。
手術も無事に終わり、経過もおかげさまで順調のようだから、手術した左眼の視力が安定したら来月にでも眼鏡を作り直して、またフライ製作に取り組もうと思っている。
それにしても眼内レンズを入れて、これまでの霞みが掛かったような曇りが取れると、やっと本来の鮮明さが戻ってきて、こんなにも違うんだと僕自身も驚いた次第。


相変わらず左眼の調子も悪かったのでフライも巻かずに、年が明けても時間があるとヘッドホンを耳にしてノートパソコンやMIDIキーボードを操作しているのだけれど、これまではiPhoneに付属していたイヤホンだったり、息子が使っていたマイクがついたゲーム機用の安価なヘッドホンを使って音楽制作をしていた。
先日のことだけれど、同じ札幌に住む実弟からSONYのMDR-CD900STというレコーディングスタジオでは定番と言われているモニターヘッドホンを借りる機会に恵まれる。
実はそれほど期待はしていなかった。
でも、その感想は驚きというか驚愕の一言。
正直これほどまで一音一音が輪郭もはっきりと鮮明に聴こえるとは思ってもいなかったのである。
あまりにも僕には音が鮮明過ぎて情報量が多く、長時間のリスニング用には向かないとも思った。
そういえば20代の頃は今思うととても安価なヘッドホンを使って曲作りをしていたし…笑

まあ、ここまで鮮明でなくても、ほどほど音の輪郭が鮮明で、さらに掛け心地が良いヘッドホンがあればなと思った次第。
それでも一番聴く機会が多いのはおそらくイヤホンだから、やっぱりイヤホンでモニターしながら曲を作るのが一番なのかとも思いつつ、相変わらずどれにしようかと迷っている(笑)




Today's BGM :




# by slowfishing-yun | 2019-02-16 00:22 | Music | Comments(0)
2019年 02月 11日

<Episode #435> Daydream

f0317993_22271676.jpg





あとひと月もすれば、いつものようにフィールドで週末を過ごすことが何事もなかったかのように今シーズンもスタートするのだろう。
最初に足を運ぶフィールドが十勝川、後志利別川、尻別川、それとも千歳川のどこになるかは全く予想も出来ないけれど、いよいよだなと思うとちょっとワクワクもする。
そういえば、昨年からはフィールドの雰囲気を少しでも記録に残しておこうと、フィールドに足を運ぶ度にiPhoneのカメラで動画を撮り、YouTubeにアップするようにしてきた。
そんな動画に、今シーズンからは自分で作った曲を組み合わせみようと思っている。

僕が今取り組んでいるPCを使った曲作りのことをDTM(デスクトップ・ミュージック)と呼ぶんだそうだけれど、さらに曲作りのためにPCに取り込む音楽制作ソフトのことをDAW(Digital Audio Workstation)と呼ぶのだそうだ。
ちなみに僕が23年前にマッキントッシュのPCで使っていた音楽制作用のシーケンスソフトは今でも人気のあるCubaseという製品だったけれど、当時はデータを読み込むのにCDすらない時代だったから、フロッピーディスク数枚でプログラムを読み込んでいたのがちょっと懐かしいかな(笑)

昨年の12月から少しずつ音楽制作に取り組み始めて、今使っているMIDIキーボードに無料で付属してきたAbleton Live 10 Liteという簡易版のDAWにも、やっと少しずつ慣れてきたように思う。
それでも試行錯誤しながら、やっとこさ3%から8%ぐらいかな(笑)
イメージはあるのだけれど、思うようにいかなかくっていつもモヤモヤの連続なのは仕方がない。

それでも最近は古くからの音楽仲間の友人からYAMAHAのAudio Recという無料の録音アプリを教えてもらったから、このアプリを使ってフィールドのさまざまな音を録音し、今後の曲作りにサンプリング音源として活かそうという計画もしている。
もっぱら僕の中では、日中のぼんやりとした心地良い意識の中で聞こえてきそうな静かな曲を"Daydream"というシリーズで紹介しているのだけれど、そんな曲にも試行錯誤しながら少しずつ活かすようにしてみた。
さすがにリールのスプールが激しく逆回転するスクリーミングサウンドを使う予定は、反対に意識が覚醒してしまいそうなので、今のところないのであしからず…笑

Today's BGM :





# by slowfishing-yun | 2019-02-11 23:27 | Music | Comments(0)
2019年 02月 04日

<Episode #434> Tipの修理とMeiserのラインワレット

f0317993_17250429.jpg




f0317993_17250278.jpg






10月末の天塩川でのことだけれど、同じ日に2本のロッドのティップにトラブルを抱えてしまう。
マイザーさんにトラブルが発生したことを写真を添付したメールで簡単に伝えると、直ぐに送ってという返事が戻って来た。
今回は特に段ボールや緩衝材で梱包もせず、アルミケースにトラブルを抱えたティップを入れて、送り状を直接貼ったアルミケースむき出しのままオレゴンの工房へと里帰りさせる。
先日送られてきたロッドと一緒の荷物に梱包され、MKSとMKXのティップは今回も綺麗に修理されて戻ってきた。
どちらも思い入れのあるロッドだから、また今シーズンもフィールドで活躍してくれるだろう。

荷物の中にMeiserのイメージがプリントされたラインワレットも入っていた。
きっとこれもサプライズのひとつなのだろう。
同じラインワレットをかなり以前にマイザーさんからもらたことはあるけれど、それにはMeiserのイメージはプリントされていなかったので、仕様が変更されたのかもしれない。
これまでは14フィート前後のロッドでスカジット・コンパクトやアトランティック・サーモンSHを使うことが多かったけれど、最近は12フィート6インチから13フィートのロッドが好み。
それに応じてラインもより短いスカジット・スイッチやアトランティック・サーモンSHのショートを使うようになってきて、どうしてもフィールドでラインを交換することが多くなっていた。
そんな折にこのラインワレットはとても重宝していたから、もう一つラインワレットが増えて、僕としてはとてもありがたいサプライズだった次第。





f0317993_17250606.jpg




Today's BGM :





# by slowfishing-yun | 2019-02-04 23:52 | Slow Fishing | Comments(4)
2019年 02月 02日

<Episode #433> R.B.Meiser Rods S2H13068CX-6 Custom build

f0317993_15451296.jpg
このスレッドカラーを選択するセンスはとっても素晴らしいと思う





f0317993_15451688.jpg





オレゴンの工房からのサプライズ。

オレゴンの工房からのサプライズは僕にとってこれが初めてという訳ではないけれど、この個性的なグリップにはさすがにちょっと驚かされただろうか。
Black Burlというコルクの名称でMeiserのFBページなどでは事前にアナウンスされていて、僕もその個性的な雰囲気に魅了されたものだから、もしも次にロッドをオーダーすることがあるとしたらグリップはこのコルクの仕様でオーダーしてみようとは考えていたけれど、まさかサプライズでオレゴンの工房からこのコルクを使ったロッドが送られてくるとは思ってもいなかった。





f0317993_15463994.jpg





f0317993_15464541.jpg





f0317993_15465425.jpg





f0317993_15465774.jpg





f0317993_15465959.jpg





ロッドのスペックは、13フィート、6/7/8番、CXの6ピースのカスタム仕様。
CXは以前のHighlander Classicの後継モデルとなるもので、さらに軽量化されたブランクを使用している。
ちなみにこのロッドのスペックは、マイザーさんがBC州に釣りに行く際に一番使用する頻度が高いスペックなんだとか。
あと、4ピースよりも6ピースの方が好きだとか、スカジットSHよりもフルシンクのスカンジSHの方をよく使うと個人的な好みまでをメールで知らせてきたりだとか…笑
フェザーインレイやグリップ、それにスレッドワークなどのコスメに関しては、今回は工房のNickさんが担当したという。
フェルール周りのスレッドワークもなかなか落ち着いた雰囲気で、僕としてはとっても好み(笑)

次に、昨年末にオレゴンの工房から届いた12フィート6インチ、6/7番、MKXと一緒に比較がてら写真を撮ってみる。
両ロッドともフロントグリップはツートンカラーの仕上がりとなっていた。
欲を言えば、新しいロッドのフロントグリップのBurl corkも明るいものではなく、MKXと同様の暗い色調のBurl corkを選んで欲しかったなあと思う。






f0317993_15470707.jpg





f0317993_15471072.jpg





f0317993_15471528.jpg





f0317993_15472468.jpg





f0317993_15472705.jpg





f0317993_15473136.jpg





f0317993_15473488.jpg





f0317993_15473619.jpg





f0317993_15473944.jpg





それにしても、何度手に持っても個性的な雰囲気を醸し出したロッドだとつくづく思う。
おそらくこのBlack Burlというコルクは、その雰囲気からアングラーによって好みの分かれるコルクだと思うのだけれど、僕の中ではこれが好きと嫌いのギリギリのところかな。
何となく僕としては視覚的に木目を感じることが出来るギリギリのところだと思っているからね(笑)

とにかく今回はサプライズと言いながらもこんな素敵なロッドをオレゴンの工房から送ってきてもらえて、僕としては嬉しい限りなのである。
今シーズンの天塩川で使うのが、今からとても楽しみだったりする次第(笑)






f0317993_15474513.jpg
リールはSaracione、サイズは3 3/4"





f0317993_15474793.jpg





f0317993_15474995.jpg




Today's BGM :




# by slowfishing-yun | 2019-02-02 16:53 | Custom Spey Rods | Comments(0)
2019年 01月 23日

<Episode #432> Tokushi Yun (A.K.A. Dossa Yun, 2nd Communication, The Autopoietic Dub Sound System)

f0317993_20364940.jpg




"Tokushi Yun"

これまでは"2nd Commnunication"、"The Autopoietic Dub Sound System"、それに"The Autopoietic Dub Soundscape"など、いくつかの名前で20代の頃から音楽活動を続けてきたけれど、これからは"Tokushi Yun"という名前で音楽活動を続けていこうと、年が明けてすぐだっただろうか何気にふと思った。

もしかしたら、また時間が経つにつれてふと気が変わるかもしれないけれど、とりあえず当面の間はこの名前を使って音楽活動を続けていくつもり。

長年練習もしていないものだからキーボードを前にしても思ったように指が動かないのは当たり前のことだし、最近のハードウェアにソフトウェア、どちらに関してもまだまだ分からないことだらけでYouTubeの動画検索などから勉強することが日常茶飯事だけれども、それでも23年以上も前に経験した曲作りに関することが今になって少しは活かされているかなと思うこともあったりするから、これはこれでなかなか面白ったりする(笑)

時々当の僕自身ですら、これから続けていこうと思っている音楽活動の内容や目的、それに方向性がふと分からなくなることがあるけれど、それが結局のところどちらに進むというか転ぶかはそれとして、すべては僕というフィルター(システム?)を通して生成されるものとして甘受しようと思っている次第。

それにしても、曲作りの手法が23年以上前とすっかり変わってしまったと感じる。
システム及び機材環境の進化のせいなのか、今では曲作りというよりも昔はなかったトラックメイキングという言葉がどうやら主流のようなのである。










# by slowfishing-yun | 2019-01-23 20:58 | Music | Comments(2)