人気ブログランキング |
2019年 06月 10日

<Episode #458> 本流の濁りとその予兆

f0317993_21462762.jpg





それは僕にとって、とても不思議な感じがするというか、ある意味どこか腑に落ちない経験だったのではないかと思う。
週末は蝦夷梅雨に入る前の6月らしい清々しい気分で、さまざまな生命感に溢れた本流に佇めることを期待していたのだけれど、昼食をはさんだ土曜日の午後、友人からのグループLINEへの投稿で、状況が一変する。
僕たちが釣りを楽しんでいた天塩川のエリアでは、一粒たりとも頭上の明るい空から雨粒が降り落ちる気配というか予兆を感じることがなかったのだけれど、午後から少し上流のエリアに移動した友人から、フィールドがサンドベージュ色に濁っていて全く釣りどころのコンディションではないとの写真を添えたメッセージが届く。
やがて本流の水位はほとんど変わることはないものの、5前後だった濁度が一気に50ぐらいにまで上がっていった。
遠くの方からでも雷鳴が微かな振動を伴って響くことはなかったけれど、おそらく天塩川の支流の上流の方でかなりの雨量の雨が短時間で降ったようだった。
札幌へと戻る途中の幌加内周辺でも同じような状況になったものだから…。

結局のところ、この日のイブニングの釣りはプランの変更を余儀なくされてしまう。
そしてこの濁りではおそらく翌日の釣りは難しいだろうと思っていたのだけれど、どうやらエリア全体に雨が降ったようではないから、結局水位もそれほど上がることはなく翌朝には何とか釣りが成立するギリギリの濁度にまで本流のコンディションは落ち着いていた。

これまでも特に天塩川のイブニングの釣りで素敵な思いをしたというわけではないのだけれど、セッジをアレンジした新作のウエットフライを何本か巻いたものだから、出来れば本流レインボーの活性が上がりそうなポイントでそれらのフライをスイングさせたかったというのが僕の正直な本音だろうか。






f0317993_21464143.jpg





f0317993_21464423.jpg





f0317993_21464895.jpg





本流の周囲を彩る新緑がとにかく眩しく輝いていた。
水位が若干下がったせいか、先週よりも本流の流れの表情が少し穏やかになったように感じる。
早瀬をスイングするウエットフライに、コツコツとかカカカンとかグゥワンといった様々なカタカナの疑似語がつい浮かびそうなシグナルが訪れる。
僕はこの初夏のシーズンらしく一瞬ドキリとするのだけれど、結局一度も極限の緊張と意識の昂りを呼び起こすような不意の衝撃が僕のスイングさせるウエットフライに訪れるということはなかったかな。
それでもなんだかとっても気持ちがいいし楽しいものだから、時間が経つのも忘れてすっかりスイングの釣りに夢中になっていた。

土曜日は天塩川での釣りのシーンをMoriさんがドローンを使って撮影してくれた。
昨シーズンもMoriさんには何度か動画を撮ってもらったけれど、動画の編集だけでなくドローンの操作も随分と上達したんじゃないかと僕は密かに思ていたりする(笑)
                                              68.07→68.00





f0317993_21465589.jpg





f0317993_21465897.jpg





f0317993_21470091.jpg





Today's fishing movie:



Today's BGM :





by slowfishing-yun | 2019-06-10 22:36 | Fishing Reports | Comments(12)
Commented by sugi-51 at 2019-06-11 02:40
yunさん、こんばんは。
先日はお疲れ様でした。前回の流れから相当期待してたのですが…。
初日の午後、一変した濁度には愕然としてしまいました。稀なケースのようですが、経験値として積み上げることが出来ました。先日同様、週末も北海道らしい清々しい状況の中で釣りを楽しみたいですね。
また宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2019-06-11 08:45
Yunさん、おはようございます。
土日は、お疲れ様でした。
今春の天塩川は、例年よりも良いのじゃないかと淡い期待をいだいて臨みましたが、そう甘いものじゃなかったようです。
そんな中でもLサイズに出会えてる人がいるのですから、ポイントやタイミングの問題なのでしょうか。
突然の濁りには驚かされましたが、やはり天塩川で思い切りキャストをすることは、実に気持ちの良い事でした。
日曜日、諦めの早い僕は午前中で切り上げましたが、Yunさんは何時まで居られたのでしょうか?
時間が許されるなら、体力の続く限り川に立っていたいものですね。
また本流でお会いしましょう。
Commented at 2019-06-11 12:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sawayakasawade at 2019-06-11 12:51
YUNさん
先週はお疲れ様でした。
先日は突然の濁りにはびっくりしました。
たしかこの川に通い始めた7~8年前の6月にも同じ経験をした事があります。
その時は翌日には落ち着いていたのですが先日は少し濁りが残っていたようですね。
我々ももう少しでこの川に通って10年ですね。早かったような短かったような…
また宜しくお願い致します。
Commented by kawanami at 2019-06-11 19:41 x
ユンさん、こんばんは!先日はお疲れ様でした。ギリギリではありましたが何とか本流のコンディションが持ってくれて良かったですね。悪さをする支流によっては今回みたいにはいかないのでしょうが今後の参考になりました。深みのあるポイントで重たいラインやフライを使った釣り方に、どうも苦手意識があるので今度教えてください。笑
また宜しくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2019-06-11 21:27
sugiさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
いつも美味しいコーヒー、ご馳走様です。
ちょっと想定外の濁りでしたが、翌日は何とか釣りが出来るコンディションにまで回復してホッとしておりました。
また宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2019-06-11 21:31
ABUさん、こんばんは。
金曜日のグッドサイズは残念でしたね。
もちろん日曜日のお昼過ぎにはフィールドをあとにしましたよ。
とりあえず何ヶ所か是非見ておきたいポイントがあったものですから…笑
また宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2019-06-11 21:38
鍵コメのTADさん、こんばんは。
色々とあるんですね。
私ももちろん人のはが良く見えてしまうことがありますよ(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2019-06-11 21:42
サワデーさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
それにしても土曜日のグッドサイズのレインボー、羨ましい限りです(笑)
過去のブログをチェックしていたら、天塩川に本格的に通い始めたのが2010年の9月ぐらいからでした。
いろんなことがありましたが、最近はすっかり出合うのが難しい本流になってしまいました。
でも、あのロケーションは本当に素敵ですよね。
また宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2019-06-11 21:48
kawanamiさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
釣りの方はなかなか厳しかったですが、フィールドとしては一番気持ちの良い季節かもしれませんね。
水深のあるポイントでの重たいティップとフライを使った釣り、了解です。
とりあえず私はティップとして15フィートのT-17も用意していますが、メインは15フィートのT‐14ですね。
ちなみに釣れる保証は全くありませんが…笑
また宜しくお願いいたします。
Commented by masa1st1956 at 2019-06-12 09:44
Yunさん、こんにちは。
週末はお疲れ様でした。
目まぐるしい天塩でしたね夕方の濁度50から朝の濁度10は良い経験になりました。
Yunさんは次回も天塩ですね、私は所用で月末まで近場でお茶を濁してます(笑)。
週末の吉報お待ちしています。
Commented by slowfishing-yun at 2019-06-12 22:31
masaさん、こんばんは。
週末はお疲れ様です。
グッドサイズのレインボーでしたね。
なかなか厳しいと仰っていただけに、きっと出合えた嬉しさも…笑
それにしても、この時期は難しいですね。
表層か?それとも沈めるか?いつも迷ってばかりです。
また宜しくお願いいたします。


<< <Episode #45...      <Episode #45... >>