2018年 07月 09日

<Episode #403> Muddler style

f0317993_20374807.jpg
White Muddler Tube Zonker & White Muddler Zonker variant




f0317993_20375209.jpg





フライのデザインとして、実はあまり好きな方ではないというのも正直な感想だったりする。
フライフィッシングを楽しむようになってかれこれ20数年も経ち、これまでたくさんのパターンのフライを巻いてきたけれど、それだけはおそらく何一つ変わっていないような気がする。
でも本当の一番の理由はタイイングデスクの周りが刈り込んだ毛で散らかって掃除がとても面倒なことかな。
やはりデザインよりもそちらの方があまり巻かない理由の一番の大きな要因なのだろうと思う。

それがいわゆる、ディアヘアを使ったマドラースタイルのフライ。

道北の本流が好きな友人達との間で今シーズン、一番ホットな話題がマドラーミノーなどマドラースタイルのフライだろうか。
特にこのフライで大きなLLサイズのレインボーに誰かが出合ったという訳ではないのだけれど、ヒゲナガのシーズンに友人達から僕が頻繁に耳にしたフライの名前がマドラーミノーだったという訳。
セッジなどのウエットスタイルよりもヘッドが大きいので、もしかしたら表層や水面直下ではこちらの方がアピール力が強いのかもしれないけれど。

以前はヘッドを大きく巻いた方がアピール力が強いように思えたのだけれど、僕にはとても不格好なフライにしか見えなかったので、ついタイイングを敬遠していたのだけれど、海外の方のFBなどを見ているとヘッドの小さなマドラーミノーの画像も出てくるので、僕もこのパターンならと最近になって少しずつ巻き始めた次第。
フックはもっぱらSAWADA Black Spey #4番かVARIVAS Streamer #4番を使うことが多いけれど、ここ最近はチューブフライにもアレンジして巻いたりしている。

でも、相変わらずタイイングバイスの周りが刈り込んだ毛で散らかるというのは一向に解消していないのだけれども…笑。




f0317993_20380508.jpg
Muddler CDC Sedge / SAWADA Black Spey #4




f0317993_20380262.jpg
Black Muddler CDC Sedge / SAWADA Black Spey #4




Today's fishing movie :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-07-09 21:37 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(4)
Commented at 2018-07-15 12:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2018-07-15 20:59
鍵コメの越沼さん、こんばんは。
丁寧なコメント、ありがとうございました。
8月のアメマス、確かになかなか難しいですね(笑)。
湖であれば、水温が低そうな大雪湖インレット、岩尾内湖インレット、金山湖インレット、阿寒湖などが思い浮かびます。
おそらく阿寒湖ならボートからの深場を探る釣りになるのでしょうね。
道東河川の遡上アメマスというのもありますが、あまり詳しくなかったりします。
これぐらいしか情報提供できませんが、ぜひ楽しまれて下さい。
Commented by 越沼武志 at 2018-07-16 22:19 x
早速のお返事頂きありがとうございます。
御推薦のインレットでの釣り
や道東の遡上マス
これらを中心にに考察していきたいと思います
釣りができるのは8/13午後から8/15の昼まで
どこかで行き会えたら光栄です
顔はわかりませんが竿でわかるような気がします。
有難う御座いました‼️
Commented by slowfishing-yun at 2018-07-16 23:53
越沼さん、どういたしまして。
確かに顔よりもロッドの方が分かるかもしれませんね(笑)
思い出しましたが、岩尾内湖のさらに上のポンテシオダムもチャンスがあるかもしれません。
ただ、ヒグマにはくれぐれも気をつけられて下さい。


<< <Episode #40...      <Episode #40... >>