2018年 05月 31日

<Episode #394> Farlex repair

f0317993_20514447.jpg





*スプリングを新しいものに交換
*T Pawlを新しいものに交換
*チェックのギアを新しいものに交換
*Lubeの合成グリースを新たに塗布

そんな修理内容が記されたメールが先週の水曜日に荷物の追跡情報と共にFarlexのTimさんからメールで送られて来て、ちょうど1週間たった木曜日に修理を終えたリールがFarlexから無事にUSPSで自宅に届けられた。
ちなみに修理費や向こうからの送料は請求されず、札幌からアメリカまでのリールの送料(EMSで2180円)だけはこちらで負担した。

修理を終えたリールの個性的なデザインのSハンドルをおもむろに回すと、不思議とこれまでよりもさらに心地良くって、より官能的なサウンドを奏でてくれているように僕には聞こえた。
フィールドでサウンドを聴くのが今から楽しみだろうか。





f0317993_20514682.jpg





Farlexはいつの間にか僕が所有しているお気に入りのリールの中でも、フィールドで一番使用する頻度が高いリールになっていたように思う。
何しろ構造がシンプルだし、軽量なので身体への負担が少ない。おまけサウンドも申し分ないとくれば、最近はこれまで酷使してきたSt.JohnやMarquis Salmon No.1といったHardyのG&Pのリールよりも使う頻度が高くなっていた。

でもこのところあまりにも頻繁に擁していたためか、テンションの違和感とリールのサウンドに少し変化を感じるようになっていた。
そこでメンテナンスとクリーニングで何度もリールは分解しているから、いつものように何気なくリールを分解してパーツクリーナーで清掃してみると、T Pawlの先端がすっかり摩耗していたことが判明する。
Timさんの予測する原因としては、おそらくT Pawlの焼き入れが不足していたのではないかとのこと。
2年近くハードに酷使してきたんだから、こんなことが起こっても仕方がないとは思うのだけれど…笑

とりあえずT Pawlはそもそも簡単には外れない構造になっていたので、Timさんに写真を添付しつつメールで問い合わせてみると、こちらからパーツを送るから細いドリルを使って自分で修理するか、もしくは修理のために工房へ送ってくれないかのどちらかの2者択一。
そんな訳で僕は後者を選択した次第。

無事にリールは修理を終え戻ってきたけれど、Timさんは再度同じことが起きた時の事ことを想定して、今回はT Pawlも簡単に外して交換可能な構造に変更しておいてくれたようだ。
これでまた安心してフィールドで酷使できると思うとちょっと嬉しいかな。





f0317993_20514961.jpg





Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-05-31 22:38 | My Favorite Reels | Comments(0)


<< <Episode #39...      <Episode #39... >>