2018年 05月 28日

<Episode #393> 向かい風の中の朱鞠内湖MAX

f0317993_21064713.jpg





f0317993_21062363.jpg





西北西の風が吹くとちょうど出し風になる朱鞠内湖の前浜で、湖は濃い紺色に染まりながらこのうえなく穏やかな表情をしていたように思う。
前浜に係留されている何艘もの貸出ボートが静かに打ち寄せる波に揺られてガタゴトと音を立てていた。
東の空がゆっくりと明るくなり始めているけれど、渡船の出船時間は朝の4時の予定。
まだ日の出前だというのにキャンプ場の木立の方からは野鳥のさえずりが賑やかに聞こえ始めようとしていた。

当初の予定ではmasaさんとオホーツクを流れる2つの本流を巡る予定でいたのだけれど、フィールドのコンディションから金曜日の夜に朱鞠内湖へと急遽土曜日の行き先を変更することにした。
そんな中、いつもお世話になっている幌加内町のあじよし食堂でジンギスカンを初めて注文してみるというのも、今回の楽しみのひとつだっただろうか。





f0317993_21063250.jpg





f0317993_21063675.jpg




先週と同様に今回も北大島に渡してもらうことにする。
早朝のうちはまだ青空もところどころで顔を出してくれていたけれど、ほぼ向かい風が吹き続ける中、朱鞠内湖の空は次第に厚い雲に覆われていくようになっていった。
いつもなら5月の空の鮮やかなアズールブルーと新緑のグリーン、そして白樺の幹のオフホワイトとが印象的な朱鞠内湖だけれど、この日はグレーの空とモスグリーン色の湖水の色とが不思議なぐらいに印象的な朱鞠内湖だった。
西北西や西からの向かい風が強くなると、やがて北大島の前の湖面は白波が立つぐらいうねりが強まり始める。
向かい風の中でひたすらキャストを繰り返すことで疲労感が蓄積し、冷たい風で体感温度が徐々に下がり始めると僕の釣りへの集中力も次第に保てなくなる。
そんな中でsugiさんが淹れてくれた野幌珈琲のフレンチローストのコーヒーが体の芯から温めてくれるようで、冷え切った身体にはこのうえなくありがたかった。
湖畔で気持ちの良い昼寝をしていても、寒さで何度もお昼寝から目覚るという朱鞠内湖MAXは、僕にとって久しぶりかもしれない。





f0317993_21064104.jpg





f0317993_21064350.jpg




とてもラッキーなことなんだろうけれど、たまたまタイミングが良かったこともあってか、この日は2尾のイトウに出合うことが出来た。
まだまだ若いイトウだけれどメタリックカラーの頬が印象的なイトウで、とてもイトウらしくないスピード感に溢れた元気なイトウ達だったかな。

普段はフライを飲み込まれないようになるべく速いリトリーブを心掛けているのだけれど、最初のイトウにはフライを喉の奥までしっかりと飲み込まれてしまった。
もちろんフライはバーブレスだけれど、フォーセップでフライを挟んでいるうちにイトウがバタバタ、グルグルと大暴れして、フライを外す際に少し出血させてしまったようだ。
リリース時にはとりあえず元気に湖に戻っていったけれど、今でも湖で元気に泳いでくれていることを心から願うばかり。

イブニング近くになれば風や波も収まり、今日も穏やかな表情の朱鞠内湖の一面が見れるかなと期待したけれど、イブニングを迎えても風は一向に収まることはなく、朱鞠内湖の空は雲で閉ざされたまま。
そしてMAXを無事に終えた僕らを載せた迎えのボートが、夕闇が迫ろうとしている前浜の桟橋にスルスルっと滑り込むように到着する。
ボートから降りて釣り人の車がたくさん並んだ前浜に立ってみるとハッと何かに気がついた。
そこは北大島で見た朱鞠内湖とはまるで別世界のような静かで穏やかな表情をした朱鞠内湖が目の前に広がっていたのだった。





f0317993_21063464.jpg





f0317993_21063899.jpg





Today's fishing movie :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-05-28 22:13 | Fishing Reports | Comments(4)
Commented by sugi-51 at 2018-05-28 22:51
yunさん、こんばんは。
先日も朝も早くから、夕暮れまで一生懸命遊びましたね。お互いにお疲れ様でした。
5月も末なのに早春のような寒さにはいささか参ってしまいました。
先週に引き続き、今回は2匹のイトウに出会うことが出来楽しまれたのでは?。
正直ちょっぴり悔しいけれど、仲間の釣り上げたイトウを見る事も、本人の喜んだ表情を見るのも喜ばしいことです。
どうしてそんなに釣ってしまうんでしょうかね?。うらめしや~(笑)
今週末は川の予定との事ですが、状況次第では朱鞠内でお待ちしております。
Commented by slowfishing-yun at 2018-05-28 22:58
sugiさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
今シーズンも3回目のMAXともなると、体の方もだいぶ慣れてくるようです。もちろんそれはウソですよ(笑)
フィールドを吹き抜ける風の冷たさが早春のベカンを思い出させてくれました。
お昼寝をしていて寒さで目が覚めたのは久しぶりかもしれません。
sugiさんはあと2回ぐらい朱鞠内湖に行かれると思いますから、きっとその内に素敵な出合いが待っていると思いますよ。
また宜しくお願いいたします。
Commented by masa1st1956 at 2018-05-29 09:07
Yunさん、こんにちは。
土曜日はお疲れ様でした。
まずは朱鞠内イトウ2本おめでとうございます。流石です。
何が違うのか試行錯誤してました(笑)。
今週末はいよいよ本流スタートできそうですね、その時は宜しくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2018-05-29 20:03
masaさん、こんばんは。
こちらこそ、土曜日はお疲れ様でした。
向かい風に気温の低さと、なかなかのタフコンディションでしたね。
今回は何とかイトウの顔を見ることが出来て、本当にラッキーでした。
どうしてかが分かったら、もう釣りはやめていると思います(笑)
またどうしても朱鞠内湖からのの帰りにジンギスカンが食べたいと思ったら、あじよしに寄ってみましょう。
「たこや」や「三幸」の味を知っていると、ちょっともの足りないかもしれませんからね。
本流シーズンでもまた宜しくお願いいたします。


<< <Episode #39...      <Episode #39... >>