2018年 04月 09日

<Episode #385> 白い桜のように / Bekanbeushi river

f0317993_20584083.jpg





何となくそんな予感はしていたのだけれど、金曜日の夕方に友人からの連絡を受けて、土曜日に足を運ぶフィールドをヒバリの囀りが響いてきそうな春らしい南から、釧路よりもさらに遠い東へと急遽変更することに対して、やはり僕はまだ十分に心の準備が出来ていなかったんじゃないかと思う。
道東道の占冠SAを過ぎたあたりから、気温の低下と同時にみぞれ交じりの雪が降り始めた。
そして帯広を過ぎたあたりからは次第に湿った雪へと変わっていく。
空が明るくなり始めると、この時期の道東では珍しく白銀の雪景色の風景が目の前に広がっていった。
そして国道沿いに広がる木々の葉に被った湿った雪は、まるで白い雪でできた桜の花ようにも僕には見えた。
いつもなら不意に国道の脇から鹿が飛び出してきそうなんだけれど、この寒さではそんなハプニングも起こることはなかったかもしれない。
満潮となる朝の6時前後には、何とか無事にすでに何台かの車が止まっているフィールドにたどり着くことが出来たことに、ほっと安堵感に包まれると同時に柔らかい眠気がジワーっと押し寄せてくる。
でもそんな眠気もすぐ脇を通り過ぎていくトラックが雪解けのシャーベットをビシャーっと周りに飛ばしていくと、一気に覚めていくのだった。





f0317993_20581372.jpg
この地には珍しい雪景色






f0317993_20581685.jpg
シャーベット状の雪が早春のフィールドを包む






f0317993_20583425.jpg





f0317993_20582149.jpg





例年よりも数週早いこの時期にベカンを訪れるのは、僕にとって初めてのこと。
さらにこんな白一色に包まれたモノトーンの雪景色のベカンを訪れるのも、初めてだと思う。
明るい鉛色の道東らしい空が頭上を覆っていた。
乾いた葦の色や泥炭、それにタンニンの染み出した色など、ここ数年は毎年のようにこの地を訪れているからすっかり見慣れたと言ってもいいフィールドに抱く色彩に、たった白という色彩が加わるだけでこんなにも印象がガラッと変わるものかと驚いてしまった。

フィールドには北寄りの風が強く吹く。
少しずつ流れが出始めたのは8時頃だたかもしれない。
それが合図かどうかは分からないけれど、少しずつベカンのアメマス(通称クチグロアメマス)からのコンタクトが僕のロッドにも訪れるようになった。





f0317993_20581861.jpg





f0317993_20582423.jpg





f0317993_20583231.jpg
6/7番のMKXがバットから美しいベンディングカーブを描く






f0317993_20582772.jpg
無骨でワイルドなアメマスらしい大きな背びれ
この背びれの質感、どこか黒鯛(チヌ)に似ている?






干潮はおそらく午後の2時頃だったと思う。
その時間に向けてゆっくりと本流が本来の流れの勢いを取り戻していく。
満潮近くはまだ海水が混じっているので水温はそれほど低くはなかったけれど、時間とともに流れが出始めると今度は雪解け水が混じり始めて一気に水温が下がり、ウェーダーの中でユニクロのヒートテック・ソックス2枚重ねの僕の足先が急に冷えていくのが分かった。

久しぶりにパワフルなクチグロアメマスの躍動感を感じることが出来た一日だった。
それもスイングの釣りを楽しむことが出来て、僕としては足先の冷たさはなかなか厳しかったけれど、やはりあっという間に過ぎていった一日だった。
日帰りというかなりハードな釣り旅だったということもあるけれど、やっぱりちょっと無理をしてでもmasaさん、sugiさんと足を運んで良かったと思える一日になったと思う。
そして僕らがフィールドを離れる頃には、早朝にフィールド一面に咲いていた雪でできたひと時の白い桜はすっかり散ってしまっていたのだった。

P.S.あの色彩から使用することにとても躊躇していたテムレスというグローブが非常に機能的な商品だということに気づく。
14フィート、6/7wt、MKXにアトランティックサーモン・ショートSH、8/9(520gr)、S1/S2がとてもマッチしていたことも収穫のひとつだったかな。





f0317993_22242794.jpg
今回メインで使ったフライには、VARIVASの4番と6番フックを使用
マラブーよりもスードゥーヘアの耐久性が良かった





f0317993_20583767.jpg



Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2018-04-09 22:20 | Fishing Reports | Comments(4)
Commented by sugi-51 at 2018-04-10 01:17
yunさん、こんばんは。
先日は相当にハードな釣り、お疲れさまでした。急遽の予定変更は良い結果に結び付き、話には伺っていたパラダイスの名残りを彷彿するような釣りが多少出来たのかと思っています。
体には優しくない日程でしたが、何とも心地よいけだるさだったりと感じております。
今週も状況が変わってないと良いですね。
それではまた週末宜しくお願いします。
Commented by masa1st1956 at 2018-04-10 09:08
Yunさん、こんにちは。
土曜日はお疲れ様でした。
白い桜の別寒辺牛は流石にタフでしたが、次々とヒットされる姿は流石です。
今週末も爆発ヒットですね(笑)、宜しくお願いします。

Commented by slowfishing-yun at 2018-04-10 21:37
sugiさん、こんばんは。
こちらこそ、土曜日は大変ご苦労様でした。
この時期に訪れたのは初めてでしたが、予想以上のアメマスとの出合いもさることながら、雪景色のフィールドも印象深いものでした。
日曜日は自宅の壁や塀のペンキ塗り(オイルステン塗り)をしていたので、疲れを引きずった月曜日を過ごしていました(笑)
今週末もまた宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2018-04-10 21:45
masaさん、こんばんは。
土曜日は大変お疲れ様でした。
木の枝に積もった雪がまるで白い桜のように見えるベカンへの道は、本当に綺麗でした。
雪もそうですが、今回はテムレスの恩恵をすごく感じた週末でした。
見た目はあまりお勧めできませんが、本当に指先が冷たくならずに済むんですよね。
また今週末も宜しくお願いいたします。
テムレスが必要でないぐらいフィールドが春らしく暖かいといいですね。


<< <Episode #38...      <Episode #38... >>