2017年 05月 28日

<Episode #327> Sea running rainbow trout(or Steelhead?)

f0317993_15203165.jpg



濃淡の乏しい淡い灰色に染まった渚滑川の空に、一日を通して何かしらの変化が訪れることはなかった。
野鳥の声を掻き消すような風の存在もこの日は特に薄かったように思う。
それでも朝にはこの日の運動会の開催を告げる花火の音が遠くから聞こえてきただろうか。

まるでそんな空の淡い灰色をそっと流し込んだような雪代が混じった渚滑川本流の流れが僕の目の前をとうとうと流れ続けている。
浮島峠にはまだ残雪が残っていたぐらいだから気温、それに水温ともまだまだ低く、早朝のフィールドは6℃前後とかなり低い。
フリースのジャケットを着たくなるぐらいに肌寒かった。


f0317993_15344440.jpg



f0317993_1535824.jpg



f0317993_15352298.jpg



Meiserの13フィート、5/6番のMKSにFarlexの3 3/4" S-handleのリールの組み合わせは、僕にとってお気に入りの組み合わせ。
まだまだ放流されて間もないレインボー達だけれど、雪代混じりの速い流れに乗れば、リールの心地良い逆回転音を奏でてくれる。
それでも今シーズンは水温がまだまだ低いこともあり、そんなレインボーたちも活性がそれほど高くはなかったようだ。

ABUさんMoriさんとC&R区間の大雄橋から渚滑川を釣り下ってみることにする。
相変わらず気温は低いけれど風は穏やかで、いつもの春ゼミではなく野鳥の囀りと本流の奏でる川音に包まれているだけで気持ちが良かった。


f0317993_163846.jpg



f0317993_1632560.jpg



f0317993_164434.jpg



C&R区間から離れて、さらにその下流域を久しぶりに訪れてみることにした。
一番上流にいた僕が釣り下り始めて、まだ数歩しかステップダウンしていなかった頃だったと思う。
僕のiPhoneが突然鳴り始める。
ABUさんからの電話に何事かと出てみると、
ABUさんが興奮した声で「76、76」と連呼している。
そしてその声の向こうでMoriさんが「何だこれ?ニジ?もしかしてスチールヘッド?」と叫んでいる。
さっぱり状況がつかめないのでとにかく電話を切り、リールにラインを巻いて100mほど下流にいる彼らの方へと向かう。


f0317993_16184174.jpg



f0317993_16185312.jpg



ギラギラとシルバーメタリックに輝く大きな鱗がまるで鎧のようなボディ、そして灰色がかった頭部の色が印象的だった。
天塩川で目にすることがあるLLや3Lサイズのグラマーでメタボリックな本流レインボーともまた雰囲気が違って、
まるで海から遡上してきたばかりのサーモンのよう無駄がない流線型のボディ。
とにかく言葉を失うぐらい美しいレインボーだったことに違いない。
サイズは76cm、おそらく海に降りたレインボートラウトなのだろう。
過去にC&R区間よりも下流域で何度か僕も本流レインボーには出合ったことはあるけれど、
20年以上も毎年のように渚滑川に足を運んでいるけれど、
このエリアでこのサイズ、さらにこのタイプのレインボーを見たのは初めて。

ABUさん、素晴らしい出合い、おめでとうございます。
素敵な魚を見せていただきました。
出合える確率は宝くじ並みでしょうか。
しばらくは思わずニヤッとしてしまいそうな余韻に浸れますね・・・笑。

おそらくこんな海からの遡上タイプと思われる本流レインボーにはお目にかかれないと思うので、僕も自分のタックルを横に置いて記念写真を一枚。
                                          36.12


f0317993_1641891.jpg






Today'sBGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-05-28 16:43 | Fishing Reports | Comments(6)
Commented by mooly at 2017-05-28 23:16
Yunさん、こんばんは
土曜日は、お疲れ様でした。
いやはや、いろいろと濃厚な1日になりましたね。
これだから釣りはやめられません。
特に本流は・・・
久々の釣行お誘い、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
※あと私事ですが、ブログ復活しました。
Commented by abu-z4 at 2017-05-29 12:52
Yunさん、こんにちは。
土曜日は、お疲れ様でした。
魚のことは良くわからない女房ですが、何か特別な事があったことは理解したらしく「いつも煮え切らない返事ばかりしているのに、毎週誘ってくれるYunさんには感謝しなくちゃいけないよ」と言われました。
僕もその通りだと思っています。
ありがとうございます。
興奮が覚めないせいかなかなか眠れなく、日曜は体調を崩してしまいました(笑)
また、いやこれからもよろしくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-29 21:22
moriさん、こんばんは。
土曜日は、お疲れさまでした。きっと久しぶりの釣りで、翌日は心地良い疲労感だったのではと…笑。
それにしてもABUさんにとっても、私たちにとっても、メモリアルな一日でしたね。
様々な要素が上手く重なり合っての出合いだったのではないかと思っています。
帰りの「よし乃」も、なぜかしらいつもよりも一層おいしく感じられました。
最近はあまりご一緒出来ていませんでしたが、また宜しくお願いいたします。
P.S.iPhoneのアプリ情報、ありがとうございました。次はキャンプ場でステーキですね(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-29 21:29
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れさまでした。
まさか土曜日があんなメモリアルな一日になるなんて、全く予想もしていませんでした(笑)。
それにしても素晴らしいレインボーとの出合い、おめでとうございます。
いえいえこちらこそ、いつもご一緒していただき、ありがとうございます。
それにしても本流の釣りはいいですね。
ABUさんが本当に楽しそうに夢中になっているのが伝わってきました。
こちらこそ、また宜しくお願いいたします。
P.S.ゴルフのホールインワンではありませんが、「よし乃」の味噌チャーシュー、ごちそうさまでした。
Commented at 2017-05-31 09:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-31 20:58
鍵コメのタッドさん、こんばんは。
予想もしなかった展開だったのですが、とても印象に残る一日でした。
あの状況を言葉で表現するのがなかなか難しくって、もどかしくなってしまいます(笑)。
でも我が事のように感動的でしたよ。
天塩川や湧別川、尻別川や静内川、それに釧路川などではなく、渚滑川というところがまた素晴らしかったです(笑)。


<< <Episode #32...      <Episode #32... >>