2014年 02月 11日

<Episode #10> Classic and Modern

f0317993_1435060.jpg



自宅のPCのマイピクチャに「気になるフライ」というフォルダを作り、
夜な夜ないろんなサイトやブログを徘徊しながら、
おっ、これはなかなかいいんじゃないの、と何かしら今後のフライタイイングにヒントになりそうな面白いフライを見つけては、
そんな「気になるフライ」というフォルダに、コピー&ペーストする作業をずっと前から続けている。
悲しいことに、そんなことでもしておかないと、そういえばあのフライはどこのサイトで見つけたんだったかな、
とすぐに記憶の片隅から消えていてしまいそうだからね・・・笑。
画像のストックが結構増えてきたので、そろそろ「サーモンフライ」、「スティールヘッドフライ」、「ウエットフライ」、
「ストリーマー」、「イントルーダー」、「チューブフライ」とさらにフォルダで分類しておいた方が便利かも、と思う今日この頃。


f0317993_144187.jpg


f0317993_14251433.jpg



自宅にDAIICHIの2050、#5番のスペイフックのストックが数本だけあったので、
タイイングバイスの周りから使えそうなマテリアルをゴソゴソとかき集めてくる。
そして、「気になるフライ」というフォルダから、ヒントになりそうなフライの画像のいくつかを引っ張り出し、
僕なりに少しクラシックなサーモンフライの雰囲気が漂うフライをアレンジしながら巻いてみた。
モダンなテイストのアレンジとして、UVポーラーシェニールをほんの少し使ったりして・・・笑。
そういえば去年の今頃も、巻きためたコーンヘッド仕様のイントルーダーにアレンジを加えていたかな

ものぐさな僕には本気モード全開のクラシックなサーモンフライが巻けるようなテクニックもないし、
マテリアル・フェチというかマニアでもないから、ちょうどこれぐらいのものぐさフライがピッタリなのかもしれない。
くたびれたホイットレーのアルミボックスは、昨年に使えそうもないフライを整理したので、まだまだすき間はたっぷりとあるから、
「気になるフライ」のフォルダを開きながら、さて次はどのフライをどんな風にアレンジして巻いてみようかな、
と僕はまたまたイメージを膨らませながら迷うのであった(笑)。


予告 : 次回は、昨年の「私的・鮭稚魚イントルーダー・2013バージョン」に引き続き、
     「ラバーレッグを使ったコーンヘッド仕様の鮭稚魚チューブフライ」を予定。


f0317993_15104250.jpg


f0317993_15105410.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-02-11 15:19 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(4)
Commented by andieloop at 2014-02-11 18:07
Yunさん、こんばんは!
実は私も、いろいろな方の巻いたフライ画像をPCに保存しています。まだ、収集して1年も経ちませんが、結構な量になってきました。
当然、Yunさんのパターンもいつも即、右クリック→名前を付けて画像を保存です(笑)。
特にYunさんの”バックテイルのイエローに染まっていない茶色い部分を用いたマーチブラウン”は、まだまだ空きのある私のホイットレーの横一列を占める予定です(ありがたくイタダキマス)。
なお、次回の 「ラバーレッグを使ったコーンヘッド仕様の鮭稚魚チューブフライ」は、勝手ながら、とても楽しみにしています。
何故なら、私もラバーレッグを使って鮭稚魚パターンを試みましたが、小魚のデフォルメにすらならず、イカ?クモ?みたいな不気味な姿になってしまい、結局断念した経緯があるもので・・・(汗)。
Commented by slowfishing-yun at 2014-02-11 20:50
andieloopさん、こんばんは。
以前はPCのフォルダに保存して、さらに気に入ったフライは写真サイズにプリンアウトし、
タイイングの際は、いつでも見れるようにファイルにまでしていたのですが、
最近はすっかり億劫になってしまいました(笑)。
私のパターンは、チープでさらにお粗末ですから、あまり参考にならないかもしれませんよ。
私の場合は海外のサイトからでしょうか。結構イマジネーションを刺激してくれるフライが多いんですよ。
「ラバーレッグを使ったコーンヘッド仕様の鮭稚魚チューブフライ」、
現在写真を準備中で、仕上がりは個人的に気に入っていますが、
フィールドで試していないので、トラウトに好かれるかどうかは・・・笑。
Commented by やすこう at 2014-02-11 21:31 x
Yunさん、こんばんわ、いい感じのフライですね。
トラディショナルフライも、Yunさん流にクイルウィングを使わず、ほとんど同じイメージで仕上げるとは・・・
そもそも、多くの人がフライを始める動機は、「美しいフライ」でトラウトを釣るのが目的だと思います・・・
でも、鳥の羽を使ったウィングはほとんど形ができず、ほんとに難しくて・・・
是非、Yunさんの手法をまねさせていただきます。
フィールドが恋しいですね・・・
Commented by slowfishing-yun at 2014-02-11 22:21
やすこうさん、こんばんは。
9月のマイザーさんとの釣行は、お誘いしたにもかかわらず、キャンセルして申し訳ありませんでした。
また機会があると思いますので、その際は是非宜しくお願いいたします。
北海道も寒さが本番ですが、そろそろ私もフィールドが恋しくなりつつあります(笑)。
トラディショナルなサーモンフライを、レシピに忠実に巻くことは、私にはちょっと難しかったりします。
何しろマリードも苦手ですし、クイルウィングを上手く乗せることも苦手ですからね(笑)。
ものぐさなうえにせっかち。実に困ったものです・・・笑。
出来上がったフライは、やっぱりそれっぽくなるだけなんですよ。
でも、トラディショナルなサーモンフライって、本当に色合いが綺麗ですよね。


<< <Episode #11...      <Episode #9&... >>