<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 25日

<Episode #312> Snaelda 2017 / チューブフライのタイング・・・2

f0317993_19451128.jpg



f0317993_19452737.jpg



f0317993_19453891.jpg



f0317993_19454954.jpg



f0317993_1946746.jpg



年明けに東京へと足を運んだ際にお会いしたKAZUYAさんからブログで"Snaelda"のタイイングを紹介して欲しいというリクエストがあった。
だから今回のポストはKAZUYAさんからのそんなリクエストに応えたものになるのかもしれない。

僕が"Snaelda"という名前のチューブフライをネット上で見かけたのは随分と前の話になるのだけれど、
確か主にアトランティックサーモンを釣るのに使うフライだったと思うし、かなりユニークと思えるような形状をしたフライだったかな。
そんな"Snaelda"がなかなか面白くって、僕なりにアレンジを加え"アメマスロケット"という名前のフライを以前に巻いたこともある。
アメマスには思いのほか好評だったけれど、テイルの素材にスードゥーヘアを使っていたので、スードゥーヘアがフックに絡みやすく、
結局しばらく使ったあとにだんだんと巻かなくなっていっただろうか。

昨年からSNSのひとつであるFBを始めるようになり、海外のタイヤーがアップするフライの写真を毎日のように目にするようになった。
そんな中でやはり頻繁に僕が目にするチューブフライのひとつが"Snaelda"だったかもしれない。

昨シーズンから北海道内でのさまざまな本流でも、この"Snaelda"をアレンジしたパターンを結ぶことが多くなった。
実は僕自身、オリジナルの"Snaelda"を手にとって見たことがないので、あくまで僕なりのアレンジを加えたバリエーションのひとつとなる。
本家の"Snaelda"にもさまざまなバリエーションが存在するようだから、いろんな楽しみ方があってもよいのではと思っている。

本家の"Snaelda"はさておき、僕が巻く"Snaelda 2017"はどちらかというと、
コーンヘッド仕様のウーリーバガーをチューブフライにアレンジしたパターンの延長上のイメージでとらえていただけると分かりやすいかな。
どちらにしても、"Interaction 2017"と同様に今回もマテリアルのボリュームを極力控えめにして、
シンプルかつスリムをテーマに、さらにマテリアルの動きの良さがフライに表現できればと思っている。


f0317993_20441577.jpg



テムズやタックルマックで購入したチューブフライタイイング用の安価(700円前後?)なアタッチメント(インド製?)をバイスにセット。
東急ハンズで購入した外径2.1mm×内径1.5mmのブラスパイプをカッターナイフで1インチにカットし、アタッチメントにセッティングする。
カットしたブラスパイプのエッジのバリは、100均のダイヤモンドやすりなどであらかじめ整えておく。
このアタッチメントはオリジナルのままだとタイイング中にブラスパイプがクルクルと回転してしまうので、
こちらのように100均のダイヤモンドヤスリなどでV字にカットし、3点でホールドしてからは、
タイイング中にパイプがクルクルと回転してしまうトラブルは皆無となりストレスが減っただろうか。
ちなみにブラスパイプはニードルのストッパーとの間に数mmほどのスペースを取ってホールドすると最後のフィニッシュが楽になる。


f0317993_2124918.jpg



8/0のスレッドで簡単に下巻きを施す。
フックとなる管付きチヌ針5号とのジョイントに使用するシリコンチューブをブラスパイプの後端に装着するので、
ブラスパイプの後端の5~7mm程度のスペースを空けておく。
ちなみにシリコンチューブは外径2.5mm×内径1.5mmのものをこちらで購入している。


f0317993_21121968.jpg



シェニールを取り付け、2回転させてスレッドで固定し、ダビングボールとする。
今回はアングルのフローセント・オレンジ、503、サイズ#0のシェニールを使用した。
いろいろと試行錯誤した結果、このサイズのシェニールは2回転が一番バランスが良かったと思う。
フライのカラーリングによっては、他の色のシェニールを使ってもよいだろう。
もちろんお好みのダビング材でダビングボールを作るという方法もある。


f0317993_21194941.jpg



Spirit River社のパルマーシェニールを1回転させる。
今回は黒を使ったが、ピーコック、パール、オレンジ、ホットピンク、チャートリュースを使うこともある。
個人的にあまりパルマーシェニールの巻き数は増やさない方がよいと思う。
経験的に1回転がベストのバランスだっただろうか。


f0317993_2122594.jpg



一つまみ(おおよよ爪楊枝2本分ぐらい?)のバックテイルを切り出して先端を整え、
先ほどのシェニールで作ったダビングボールの前方でフレアさせながらスレッドで固定する。
今回は黒のバックテイルを使用したが、お好みの色のバックテイルも使用可能。
ホントオレンジやイエローなど数色をミックスしてみるのも面白い。
また軽くスレッドで数回巻き留めたあとに爪や指先を使うと、比較的均等にバックテイルをフレアさせやすいかも。


f0317993_21465640.jpg



両サイドに4本ずつのフラッシャーを取り付ける。
多過ぎてもバランスがよくないが、2~4本程度がバランス的にはいいように思う。
今回はTOHO社の超!ケイムラ・ホワイトのツイストタイプを使用した。
フライによってはシルバーやオレンジのフラッシャーを使うこともある。


f0317993_21512330.jpg



マラブーを先端から巻き留め、ファイバーを後方へ倒しながら、3回転ハックリングさせる。
今回は黒のマラブーを使用しているがお好みのカラーで。
またダビングループにマラブーを挟んでツイストすることもあるけれど、その場合もハックリングは3回転までとしている。
マラブーもボリュームが多くなり過ぎるとかえって動きが悪くなる印象が強い。
またマラブーのファイバーが長すぎて整える場合も、決してシザースは使わず、指で不均一にちぎるようにしている。


f0317993_21553144.jpg



片側のファイバーを取り除いたファイバーが長めのマラードフランク(ホットオレンジ)を先端から巻き留め、2回転ハックリング。
各色に染められたシルバーフェザントボディフェザーやソフトハックル、コックフェザントランプ、ピンテイル、ギニアを使うこともある。
ただしこの場合もハックリングの回数を多くし過ぎてボリュームを増やし過ぎないように心掛けている。


f0317993_220884.jpg



ファイバーが長めの黒のコックフェザントランプを先端から巻き留め、3回転ほどハックリングする。
こちらも各色に染められたシルバーフェザントボディフェザーやソフトハックル、ピンテイル、ギニアを使うこともある。
ただしこの場合もハックリングの回数を多くし過ぎてボリュームを出し過ぎないように心掛ける。
ボリュームが増えそうな時は、巻き数を減らすか、あらかじめ片側のファイバーを取り除いてからハックリングする。


f0317993_2251885.jpg



f0317993_227462.jpg



コパーもしくはゴールドのワイヤー(Mサイズ)を取り付ける。

片側のファーバーを取り除いたスペイハックル(シュラッペン)を根元から巻き留める。
フライの先端にいくほどハックルのファイバーを長くしたい場合は、ハックルを先端から巻き留めることもある。
今回はホットオレンジのスペイハックル(シュラッペン)を使用したが、各色のコックサドルハックルを使うこともある。
ファイバーを長くしたい場合はスペイハックル(シュラッペン)を使用し、
ファイバーをウーリーバガーのように短く張りのあるようにしたい場合はコックサドルハックルと、両者を使い分けている。
また鮭稚魚などをイメージした場合は、グリズリーのハックルを使うこともある。


f0317993_22345798.jpg



ボディとなるシェニールを幾分タイトに巻き留める。
今回はアングルのスペックルド・クリスタル・シェニール(フローセント・オレンジ、503/PL、サイズ#2)を使用した。
他にもブラック&ゴールド、100/GO、サイズ#2のシェニールも使用頻度が高いだろうか。
もちろんお好みのカラーのダビング材でボディを作ってもよいだろう。
カラー部分の作製のためにブラスパイプの先端には数mmほどのスペースを空けておく。


f0317993_22351134.jpg



f0317993_22353696.jpg



スペイハックル(シュラッペン)もしくはサドルハックルを等間隔に前方に向けてハックリングしていき、スレッドで巻き留める。
次にコパーもしくはゴールドワイヤーでカウンターリブ。
この際にワイヤーに巻き込んだハックルのファイバーはニードルや歯ブラシなどを使って丁寧に掻き出しておく。

オリジナルの"Snaelda"はボディハックルがなく、ラウンドティンセルがボディにリブされているだけの事が多い。
一方で僕が巻く"Snaelda 2017"の場合は、このボディハックルが欠かせないパターンとなっている。


f0317993_22512730.jpg



f0317993_2254715.jpg



f0317993_22555674.jpg



ファイバーが長めのコックフェザントランプを3回転ほどハックリング。
次にグリズリーソフトハックルをファイバーの長い根元側から2~3回転ハックリングする。
そして先端から巻き留めたピンテイルを2回転ほどハックリングしてフィニッシュ。
マテリアルの組み合わせや配色は、各人のお好みの組み合わせで。

別のアレンジとして、Polar Reflector FlashやSenyo's Aqua Vell、それにUVポーラーシェニールなどを
1〜2回転ハックリングするというのもアクセントとなって面白い。
タイイングの最中に残りのタイイング・スペースが少なくなってきたら、
指でグイグイとマテリアルを後方へと押し込むというか滑らせると、若干スペースが出来るかも。


f0317993_230137.jpg



f0317993_2302548.jpg



f0317993_230411.jpg



フライをアタッチメントから外し、ブラスパイプの先端からTOHO社の0.6mmのフィックスパイプを差し込む。
フィックスパイプの先端をライターであぶり、抜けないようにコブを作る。
先端からタックルマックの5mmのコーンヘッドを差し込み、3mmほどの長さで残したフィックスパイプの先端をライターの火であぶる。
0.6mmのフィックスパイプはライターであぶると穴が閉じたり細くなるので、
最後にフィックスパイプの両端にニードルを差し込み、ティペットが通りやすいように穴を広げておく。
ただしこの場合、ニードルを抜く際にはフィックスパイプが伸びないように爪で押さえるなど細心の注意が必要となる。


f0317993_2352645.jpg



f0317993_2355898.jpg



f0317993_2361454.jpg



f0317993_2374296.jpg



最近は"Snaelda 2017"のさまざまなバリエーションを巻いているけれど、やはり一番使用頻度が高くなりそうなのは、
ブラック、ブラック&オレンジ、オリーブ&ブラックなのかもしれない。
でもやはり少しぐらいはタイイングに何かしらの遊び心を加えたいものだと常々思っている。

そんな私は、鮭稚魚やワカサギをイメージした"Snaelda 2017"をタイイングしながら、次のアイデアを考えている次第。


f0317993_23142676.jpg



f0317993_23144074.jpg

[PR]

by slowfishing-yun | 2017-02-25 20:49 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(6)
2017年 02月 15日

<Episode #311> Interaction 2017 / チューブフライのタイング・・・1

f0317993_17505638.jpg



f0317993_213456100.jpg



f0317993_21351141.jpg



f0317993_17512745.jpg



f0317993_17514168.jpg



僕が本流でチューブフライをメインに使用するようになって、かれこれ10シーズン以上が経とうとしている。
もっぱらコーンヘッド仕様のプラスチックパイプを使ったチューブフライがメインだけれど、
ここ最近は外径2.1mmのブラスパイプを使ったコーンヘッド仕様のチューブフライも使うようになっただろうか。

本流のオフシーズンにはタイイングバイスの前に座り、これまでの経験を踏まえて新しいアレンジを考える毎日。
振り返ってみると、やはり僕が巻くチューブフライも少しずつバージョンアップというか変化してきているように感じる。

そこで僕自身の整理の意味も含めて、これから数回に分けて最近の僕なりのチューブフライのタイイングを紹介してみようと思う。
何かしらのお役に立てればよいのだが、あくまで我流のタイイングであることをくれぐれもご容赦いただきたい次第。

今振り返ると、これまで巻いてきたフライはどちらかというとデコレーションが多すぎたかなという感があるけれど、
最近の僕の中でのタイイングのテーマは、スリムかつシンプルというもの。
もちろんコストパフォーマンスは、タイイングに関しての最重要課題だったりするの変わりはない。
それらを踏まえて、"Interaction 2017"、"Snaelda 2017"、それに"Fascination 2017"を紹介していこうと思う。


f0317993_1815222.jpg



以前はテムズやタックルマックで購入した700円前後と安価なインド製(?)のチューブフライ専用の
アタッチメントを使っていたけれど、タイイング中にフライがクルクルと回転してしまうことがあり、
最近は主にこちらのテーパーの付いたニードル状のアタッチメントを使っている。
バイスにプロスポーツフィッシャー(デンマーク製)のプロ フレキシニードル(S)を挟み、
1インチにカットした1.5mmのフィックスパイプ(片側は斜めにカット)と
1.5cm程度にカットした0.8mmのフィックスパイプを差し込む。
フィックスパイプは基本的に赤が好みだけれど、黒もなかなか使えたりする。


f0317993_18213971.jpg



2つのフィックスパイプの接合部分をスレッドでしっかりと留めたあと、瞬間接着剤を数滴塗布する。
さらにその接合部分に0.25のリードワイヤーを5から7回転巻く(今回は6回転とした)。
リードワイヤーがずれないようにスレッドでしっかりと留め、スレッドを後端に移動させる。
フライが完成後にフィックスパイプの後端からフックを差し込むので、8mm程度の余裕を持たせる。


f0317993_18292854.jpg



後端にコパーもしくはゴールドワイヤー(Mサイズ)をスレッドで取り付け、次にボディを作る。
コストパフォーマンスを検討しながらボディ材にはいろんなものを使うけれど、今回はブラック/ゴールドのシェニールを使った。
ただ"Interaction"に関しては、ボディを出来るだけ太くしたくないので、シェニールのサイズは一番細いサイズ#0を使う。
ボディ材に使えるマテリアルにはさまざまなものがあるので、いろいろ探してみるのも面白い。
時には手芸店で購入した"にしきいと"を使うこともあるし、メタリックなフラットティンセルを使うこともある。


f0317993_18404789.jpg



ラビットストリップの先端をリードワイヤーの後半に巻き留める。
ラビットストリップのスキンが厚い場合は先端のスキン下面をシザースなどでカットして薄くしておくと、段差が少なくなるだろう。
ラビットストリップのファイバーを水で少し濡らし、ニードルでスプリットしやすくしておく。
ボディの後端でラビットストリップに後方へとテンションをかけながらコパーワイヤーを3回転させ、ラビットゾンカーを留める。


f0317993_18482466.jpg



ラビットストリップのファイバーをニードルでスプリットしながら、コパーワイヤーを等間隔でリブしていく。
そしてスレッドでしっかりとワイヤーを固定してカットする。
"Interaction"の一番の特徴はラビットゾンカーをボディに固定していることだろうか。
海外のアトランティックサーモン用のチューブフライには、頻繁にラビットストリップを使っているフライを見かけるけれど、
ほとんどのフライのラビットストリップは先端だけが留められたフリーの状態となっているようだ。
ストリーマーフックに巻いたゾンカーで、ラビットストリップをフリーにして巻かないのが一般的なように、
フライの沈下時にラビットストリップとボディとが離れてしまわないのは、とても重要なことのように僕には思えるのだが・・・。


f0317993_18585823.jpg



お好みのシェニールをスレッドで巻きとめ、2回転ハックリングさせたあとスレッドで留める。
今回はSenyo's Aqua Vell Chenille Chocolate Covered Cherryを使ってみた。
ちなみに他のカラーでは、Wild Raspberryも好きなカラーのひとつ。
最近はヘアライン社からさまざまなシェニール、特にキラキラしたメタリックなシェニールがたくさん出ているので、
それらのシェニールの組み合わせを楽しむのも面白いと思う。


f0317993_1941247.jpg



そのさらに前方にお好みのシェニールをスレッドで巻きとめ、2回転させたあとスレッドで留める。
今回はPolar Reflector Flash Olive Brownを使ってみた。
このPolar Reflector Flashはなかなか使えるマテリアルで、最近の僕の中での必須マテリアルとなりつつある。
特にこのOlive Brown以外に、Blue、Hot Orange、Oliveな使えるカラーだと思う。


f0317993_19111967.jpg



f0317993_1914585.jpg



ゴールデンフェザント・ティペット(今回は赤に染められたもの)を先端から巻きとめ、2から3回転ハックリング。
フライ全体をスリムにしたい場合は、2回転ぐらいのハックリングがお勧め。
今回は赤に染められたゴールデンフェザント・ティペットを使ったけれど、ナチュラルだけでなくホットオレンジ、ホットピンクもよく使う。
個人的にはナチュラルとホットオレンジの使用頻度が高いだろうか。


f0317993_191732.jpg



両サイドにTOHO社の超’!ケイムラ・ホワイトのストレートタイプのフラッシャーを数本ずつ取り付ける。
かなりコストパフォーマンスのよいフラッシャーで、少量でもとても良いアクセントとなるような気がする。
ここ最近のお気に入りマテリアルのひとつだろうか。

これまでのタイイングに際して、時折り巻き終えたマテリアルを水で濡らして後方に倒しておくと、
マテリアル同士が絡み合わず、タイイングがスムーズにいくようだ。


f0317993_20235716.jpg



f0317993_20241343.jpg



余分な根元のハックルを取り除いたスペイ・サドル・ハックルを根元側から取り付け、
数回転ハックリングさせた後、スレッドで巻き留める。

これまではマラブーを先端から取り付けて数回ハックリングしたり、
余っていたマラブーをダビングルールに挟んでツイスト後にハックリングしていたけれど、
今回はボリュームを控えたいので出番の少なかったスペイ・サドル・ハックルを使用してみた。
マラブーを使用した場合も、ボリュームを控えたい時は2回転ぐらいがベストかもしれない。
今のところスペイ・サドル・ハックルは黒とホットオレンジの出番が多い。
ファイバーが予想よりも長い場合は、シザースを使わず指でちぎったりしてファイバーの長さを調整している。


f0317993_20422471.jpg



f0317993_20424061.jpg



ファイバーが長めのコックフェザント・ランプの黒を先端から取り付け、3回転ほどハックリングする。
僕にとって黒のコックフェザント・ランプは一番使用頻度が高いマテリアルかもしれない。
コックフェザント・ランプには他にも色はあるけれど、黒とダークオリーブを使用することが多いかな。

この時点で別バージョンのフライでは各色に染められたシルバーフェザンド・ボディフェザーやソフトハックルにピンテール、
それにギニアなどを組み合わせることが多いけれど、あまり巻き数やマテリアルの数を多くするとボリュームが出過ぎるので、
全体のバランスを見ながらそれぞれのマテリアルのハックリングの回数を決めていくのがよいようだ。


f0317993_20512599.jpg



チューブの先端からタックルマックのブラス製のコーンヘッド(5mm)を差し込む。
ヘッドを黒くしたい場合はこの時点でマッキーなどの油性マジックの黒でコーンヘッドを塗りつぶしている。

これまでUOSO社や他メーカーの着色されたコーンヘッドをも使ったけれど、ボトムや岩盤のエッジにタッチすると、
塗料が欠けたり剥がれたりしてカッコウ悪いので、今では油性マジックを使用することがほとんど。
油性マジックは使用していると色が薄まることがあるので、釣行後にももう一度油性マジックで重ね塗りをしたりするとよいだろう。


f0317993_20562061.jpg



コーンヘッドを差し込んだ後、先端から出たプラスチックチューブを2mmほど残してカットする。
先端をライターで炙って溶かし、プラスチックチューブの先端の穴が細くなったら、ニードルを差し込んで穴を広げておく。

最後の処理として、テイルのラビットストリップの後端をシザースでくさび状にカットしておく。
この方がフライの後端のマテリアルのバランスがよくなるし、若干動きもよくなるようだ。
また後端のラビットストリップのスキンが厚い場合もシザースなどで薄くしておくと、さらに動きがよくなる。
こういう手間隙も大事なので、是非お試しされてみてはどうかと。


f0317993_2134494.jpg



f0317993_214497.jpg



上のフライはパープルのラビットストリップを使った"Interaction 2017"。
Senyo's Aqua Vell ChenilleのWild Raspberryとパープルのラージクリスタルハックルをそれぞれ2回転ずつ。
ピンクのゴールデンフェザント・ティペットとホットピンクのソフトハックル、
それに黒のスペイ・サドル・ハックルと黒のコックフェザント・ランプを使ったもの。

下のフライはオリーブのラビットストリップと黒に塗ったコーンヘッドを使った"Interaction 2017"でちょっとお気に入りのフライ。
ラスティコパーのUVポーラーシェニールとPolar Reflector Flashのオリーブブラウンをそれぞれ2回転ずつハックリング。
ナチュラルのゴールデンフェザント・ティペットとダークオリーブのコックフェザント・ランプ、
それに黒のスペイ・サドル・ハックルと黒のコックフェザント・ランプを使ったもの。

最近は派手な色彩のフライよりも、よりナチュラル系の色彩のフライのを好んで巻くことが多い。
もちろん定番のブラック&オレンジやWillie Gunnは外せないカラーだけれども。

最後に僕が巻く"Interaction 2017"の全長はおおよそ7cm前後と小型のミノーサイズといったところだろうか。
どちらにしても、最近はスリム&シンプルをテーマに巻いている。


f0317993_21202526.jpg

[PR]

by slowfishing-yun | 2017-02-15 21:22 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(2)