<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 28日

<Episode #310> フライ健忘録・・・6 / Willie Gunn 2017

f0317993_14262821.jpg



最近も少しずつだがフライを巻きためている。
とにかく飽きっぽいからけっしてたくさんの数を一気に巻くことが出来ず、あくまでも少しずつである。
とりあえずは"Interaction"から。
次にブラスパイプを使った"Snaelda"、そしてマラブーをメインに使った"Fascination"と続く予定。

このところの僕のお気に入りは、"Interaction"のWillie Gunn 2017。
サンバーストイエローのソフトハックルと数年前に買ったブラック&オレンジのヘンサドルハックルの組み合わせが特にお気に入り。
多くの方が巻かれるクラシックなサーモンフライを遠くから眺めてみると、さまざまなマテリアルでイエローが使われているのに気付く。
これまでイエローをタイイングの際にあまり使うことはなかったけれど、最近は使う頻度が増えたかもしれない。
実際に効果的なのか同化は、今シーズンの本流で検証してみようと思っている。
ブラック、オレンジ、イエローの組み合わせは、なかなか悪くはないように思う。

あとは"Interaction" Willie Gunn (Chartreuse mix)やB.B.R(Black,Blue,Red)もお気に入りのフライのひとつ。


f0317993_14463899.jpg



f0317993_1446594.jpg



f0317993_14473132.jpg



f0317993_14474978.jpg



f0317993_1448084.jpg



f0317993_14484043.jpg



派手な色合いのフライを巻いていると、何気なくふと、よりナチュラルな色合いのフライを巻きたくなるものなのかもしれない。
オリーブグレーとブラックのゾンカーストリップを使って、本流で一番結びそうな"Interaction"を巻いてみた。
今シーズンはグレーオリーブやライトオリーブの"Interaction"を本流でスイングさせてみようと思う。
特に岸際や岩盤のエッジにウグイの稚魚の姿を見た時にはスイングの最後まで丁寧にターンさせてみたいと思っている。

タックルマックのコーンヘッドを油性マジックで黒に塗り、オールブラック仕様の"Interaction"も巻いてみた。
予想よりもかなり個性的で、本流の中ではかなり目立つかもしれない。


f0317993_1459299.jpg



f0317993_14591335.jpg



最近のお気に入りは東邦産業(TOHO)のケイムラ(蛍光ムラサキの略?)仕様のフラッシャブー。
お値段はかなり格安で、サイドに取り付けると非常にアピール度が増すように思う。
ABUさんが好まれるオレンジピンクの小さなスプーンのように、僕もケイムラのフラッシャブーを多めにして巻いてみた。
確かに水に濡らすとパールカラーの輝きが一段と増すようだ。
ABUさんに習って、本流の流れをゆっくりとスイングさせてみようかなと思っている次第。


f0317993_1553657.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-01-28 15:06 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(0)
2017年 01月 15日

<Episode #309> フライ健忘録・・・5 / Green HighlanderとBlack&Blue

f0317993_12493833.jpg



最近は外径2.1mmのブラスパイプを使った"Snaelda"といったコーンヘッド仕様のチューブフライを巻くことが多かったけれど、
テムズの新春セールや東京出張の際に立ち寄った渋谷のSANSUIや水道橋のHERMITで購入したマテリアルを使って、
久しぶりに"Interaction"スタイルのチューブフライを巻いてみることにした。

真冬の寒波が居座る北海道ではフィールドへの道のりがさらに遠く感じられるから、しばらくはタイイングシーズンが続くことになりそうな予感。


f0317993_12584129.jpg



f0317993_1259796.jpg



まずは以前から一度はチューブパターンにアレンジして巻いてみたいと思っていた"Green Highlander"から。

(1) ゾンカーストリップはTackle Macの虎縞(イエロー・オレンジ・ブラック)

(2) ボディはお好みのグリーンとイエロー(今回はゴールドを使用)のマテリアルでスリムに仕上げる。

(3) ゴールドのUVポーラーシェニールとチャートリュースのラージクリスタルハックルをそれぞれ2回転ずつハックリング。

(4) ゴールデンフェザントティペット1枚をハックリング。

(5) HERMITで購入したハイランダーグリーンのシルバーフェザントを2回転ハックリング。

(6) 渋谷のSANSUIで購入したMETZのソフトハックル・サンバーストイエローをハックリング。

(7) テムズの新春セールで購入したチャートリュースのシルバーフェザントを2回転ハックリング。

(8) 最後にテムズの新春セールで購入したピンテールを2回転ほどハックリング。


f0317993_13212127.jpg



f0317993_13214626.jpg



本流レインボーがグリーン&イエロー系のフライを好んでくれるかどうかは分からないけれど、今シーズンは少し試してみようかなと思っている。
本来の"Green Highlander"とはあまり似ていないかもしれないけれど、そのあたりは自己満足ということでご容赦を。

年末にテムズで購入したHARELINE社のPolar Reflector Flash Blueというシェニール系のマテリアルは、
ブルー系のマテリアルが市場にそれほど出回っていない中でなかなか使えるマテリアルだと思う。
そこでテムズの新春セールでSpirit River社のUV2 グリズリー・ソフトハックルのキングフィッシャーブルーを購入したこともあり、
それらのマテリアルを使ってブラック&ブルーの"Interaction"を巻いてみた。

今回の2つのフライはどちらもダビングループでツイストしたマラブーをカラーにハックリングすることを省略することにした。
フライ自体が少しスリムになることを期待してのことだけれど、フィールドテストを通してもしも必要性を感じたら、
マラブーを付け足した別バージョンをまたタイイングしてみようと思う。


f0317993_1411998.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-01-15 14:09 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(0)
2017年 01月 09日

<Episode #308> 足りないマテリアル

f0317993_14115100.jpg



1年ぶりに仕事関係の研修会で東京に行った。
気温が氷点下の札幌からほんのりと暖かなプラス気温の東京へ。
もしもここがフィールドだったらグローブもはめずに気持ちよく釣りが出来るのにと、つい思ってしまうのはやっぱり釣り好きの性だろうか。

行き交う人の多さに相変わらず戸惑ってしまう。
立ち寄った吉野家や深夜のコンビニで流暢な日本語を話されるアジア系ではない外国籍の方が働いているのには、ちょっと驚いてしまった。

やすこうさん、KAZUYAさんと夜にはちょっとした釣りミーティング。
やすこうさんが案内してくれた中野のバー&レストラン「」というお店は、なかなかいかしたお店だったかな。


f0317993_142434100.jpg



ミーティング前には3人でショップ巡りを2軒ほど。
そんな訳で渋谷のSANSUIと水道橋のHERMITに足を運んでみた。
ちょうど1年前に渋谷のSANSUIで買ったホットオレンジのソフトハックルがコストパフォーマンスもよく、
タイイングの際には重宝したので今回も見つからないかと探したけれど、どうやらホットオレンジは欠品中の様子。
結局渋谷のSANSUIではホットピンクとイエローのソフトハックルを買い、HERMITでは3色のシルバーフェザントを購入した。
これでまたちょっとカラフルなチューブフライが巻けるんじゃないかと思っている。


f0317993_14382258.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-01-09 14:39 | Slow Fishing | Comments(4)
2017年 01月 01日

<Episode #307> Conehead&Brasspipe Tube Fly / Snaelda variant

f0317993_15233697.jpg



f0317993_15243296.jpg



f0317993_15244463.jpg



年末年始はタイイングバイス周りの掃除や整理もしないで、のんびりとフライタイイングに勤しんでいた。
こういう時間の過ごし方も僕にとってはある意味贅沢な時間の過ごし方だったりする。

最近は東急ハンズで購入した外径2.1mmのブラスパイプを使うことが多い。
カッターナイフでコロコロと傷をつけてポキっと折り、100円ショップのダイヤモンドやすりでエッジの角を研磨する。
インナーには釣具量販店で購入した0.6mmの硬質プラスチックパイプ。
タイイングを始める前に挿入すると、チューブフライ用のアタッチメントのニードルが入らないので、こちらはタイイング終了後の最後の工程として。
コーンヘッドはタックルマックのブラス製の直径5mmの極薄軽量のコーンヘッド。
重量がそれほどないのでフライの沈下速度にはほとんど影響がなく、ただ単に苦手なヘッドの処理をごまかしているためのものかな。


f0317993_15403793.jpg



f0317993_1540567.jpg



f0317993_15412050.jpg



タイイングするチューブフライはもっぱら"Snaelda"のバリエーションが最近の僕の中での流行。
テイルにはバックテイルを広げて、フラッシャーを両サイドに取り付けたあと、マラブーを3回転ほどハックリング。
ボディにはシェニールで下地を作り、スペイコックやサドルハックルをハックリングしたあとに、ワイヤーでカウンターリブ。
フロントカラーにはポーラーシェニールや最近お気に入りのHARELINEのメタリックなシェニールなどを組み合わせて。
あとはギニアやコックフェザントランプ、それにソフトハックルなどで最後の微調整。

もっぱらのメインカラーはやはりブラック&オレンジだけれど、なんだかグレーオリーブも良いよという話も聞こえてくるから、
近いうちにグレーオリーブのマラブーが手に入ったら、またいくつか試行錯誤しながら巻いて見ようと思っている。


f0317993_15551165.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-01-01 15:58 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(4)