<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

<Episode #55> のんびりアングラーのslowな釣り / 尻別川

f0317993_16424981.jpg



まずもって出だしからスローだった。
日はすでに高く昇り、すっかり寝坊した僕はまったくもってのんびりとした時間に行楽客の車に混じってゆっくりと中山峠を越える。
やがて幹線道路から逸れ、羊蹄山の麓のこのままどこまでも続いてきそうなストレートな脇道を車は時々大きくバウンドしながら走った。
途中で羊蹄山からの湧き水をペットボトルに汲み、渇いた喉にゴクゴクと流し込む。
冷たかったし気持ちが良かった。
さて、目指すフィールドまではあともう少し。頭上の空には夏空がどこまでも広がっていた。


f0317993_16555421.jpg



この時期に昆布から蘭越エリアの尻別川を訪れるのは僕にとって3年振りだろうか。
ここ最近は天塩川や十勝川に足を運ぶことが多いから、すっかり足が遠のいてしまっている。
田んぼの稲穂が黄金色に染まり始めていた。本格的な稲刈りはもう少し先だろうか。
数年の間に、本流へと続く砂利道にはアスファルトが敷かれ、蕎麦畑だったところは、かわりに稲が植えられていた。
昔の光景を懐かしく思い出しながら、記憶を頼りにしつつ、ロッドを片手にフィールドへの道を歩む。


f0317993_1764758.jpg



すでに時計の針は正午を回っていた。確かに夏の釣りでは厳しい時間帯。
ウェーダー越しに本流の冷たさを感じながら、誰もいない昆布エリアの第1から第3セクションをゆっくりと釣り下る。
このエリアの川底の地形は毎年のように変化するから、ステップダウンはことさら慎重に。
聞き覚えのある低周波のサウンドが、僕に遠い昔の記憶を思い出させてくれた。
なにしろ僕がスペイやスカジットを覚えたのはまさしくこのエリアだし、最初にスペイで出合えた素敵な本流レインボーだって・・・。
でも、一番の思い出はこのフィールドで友人達と過ごした時間だろうか。


f0317993_17191665.jpg



そんな事を考えながらゆっくりとステップダウンしていると、第1セクションの中間辺りでスイングしているフライに一瞬何かが触れた。
そしてさらにステップダウンを繰り返すと・・・。
目の周りにエメラルドグリーンのアイシャドーでも施したような、小振りなアメマスだった。
綺麗だなーと思いながらそっと流れに戻すと、背中から遠くの雷鳴に混じって夏ゼミの鳴き声が響いてきた。


f0317993_17293983.jpg



相変わらず流れの速い第3セクションをあとにして、蘭越エリアへと足を進める。
蘭越エリアのいくつかのポイントを巡り、鮎釣り師に混じってロッドも振った。
そして最後には蘭越エリアの栄橋付近の通称ヌカカポイント。
ラインをフローティングシステムに変更し、ティペットの先には大きなフォーム仕様のドライのチューブフライ。
ロッドティップを上下に振ってラインスラッグをつくり、さながらトップウォーターのスイングの釣りを試してみたけれど、
速い流れも加わって、これがなかなか難しい。
映像と違って目線が低くアングルが悪いし、波立つ水面でなにしろ視認性が・・・笑。
でも、やっぱり新しいことを試してみるのって案外楽しいのかもしれない。
そんな訳でさすがにヌカカポイントというだけあって、僕は手や顔を数ヶ所ヌカカに咬まれてしまい、
週明けからの仕事には少々難ありだろうか。それにしてもカユイったら(笑)。

街道にはコスモスの花が咲き、フィールドではススキの穂がさらに伸びようとしていた。
夏ゼミに混じって秋虫の羽音が響き始め、フィールドは徐々に秋モードへと。
                                                             9.43

f0317993_17502671.jpg






Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-31 17:55 | Fishing Reports | Comments(4)
2014年 08月 27日

<Episode #54> リッフルヒッチとドライのチューブフライ(ウェイキングスタイル)

f0317993_22501740.jpg



セミフライやカメムシフライを湖面に浮かべて、ナチュラルにドリフトさせる我慢や忍耐の釣りも面白いけれど、
最近は流れのあるフィールドで、ポッカリと浮かぶフライをスイングさせる動きの釣りも面白いと思えてしまう。
きっとフォームを背中にのせたフライは引き波を立てながら流れを横切り、
パワフルかつスピード感に溢れた本流レインボーの好奇心にスイッチを入れてくれるのかもしれない。
そんな事を十勝川のヒゲナガがワサワサとハッチするシーズンに僕は思ったのだった。

コーンヘッド仕様のチューブフライやイントルーダーなどを本流でスイングさせた際、
ロッドを少しだけ前後に動かしてラインのテンションに強弱をつけ、フライのバランスを強制的に崩すことは、
これまでも本流で僕がよくやるテクニックのひとつ。では、表層の釣りでは?

ラインシステムはフローティングのスカジットコンパクトにフローティングのティップの組み合わせか、フローティングのスカンジSH。
そしてその先から続くティペットにはフォームを乗せたフライを結び、
そのままウェーキングフライのように引き波を立てながら流れを横切らせるのもシンプルでもちろん面白いけれど、
ロッドティップを少しだけ上下に動かし、ラインにスラッグを作ったりしながら、ポコッ、ポコッとフライにアクションを加えてみるのも、
いきなり水面が盛り上がるといった、アングラーにとってはさらに刺激的な光景を生み出してくれるのかもしれない。

おそらくチューブフライの先端に熱したニードルで横穴を開け、そこからティペットを通してリッフルヒッチにしたら、
きっとフライはさらに予想不可能でトリッキーかつイレギュラーな動きをするのだろう。
僕の場合、立ち位置によってチューブの先端に開いた横穴のどちら側からティペットを通せばいいのか、迷ってしまいそうだ・・・笑。

今年のメインのヒゲナガのシーズンは終わってしまったけれど、海外のサイトに出ていたフライを参考に何本か巻いてみた。
でもやっぱりちょっと気が早すぎたかな(笑)。
ちなみにこちらはオリジナルのサイトの"FISHMADMAN"
コーンヘッドのミニチューブにリッフルヒッチを施すのも、案外面白いかも。


f0317993_23211345.jpg










[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-27 23:30 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(8)
2014年 08月 25日

<Episode #53> Shiretoko Peninsula / Pink Salmon

f0317993_1518334.jpg



遠くで雷鳴が響き、深夜のハイウェイのアスファルトが激しい雨で黒く光っていた。
夏の終わりに友人達とピンクサーモンに出合いに知床へと足を運んだ。
どうやら今年も昨年と同様にあまり天候には恵まれないようだ。
おまけに1週間ほど前に足を運んだ友人の話によると、今年は群れがほとんど岸寄りしていないという話。
まあ、それはそれで良いではないか。
なにしろ北の大地の辺境の地でのんびりとした時間を過ごすのが目的なのだから。
今年は何人かの友人達とスケジュールが合わず、東京からの友人を含めて5人という少人数のパーティとなった。


f0317993_15301273.jpg



知床のフィールドは右から吹き付ける風がめっぽう強く、海は若干のうねりを伴いながら少し波立っていた。
いつもなら海面すれすれを背びれを立てながらゆっくりと泳ぐカラフトマスの姿をたくさん見かけるのだけれど、
どうやら今年はそんな光景も見ることはなさそうだ。
苦手な風対策を兼ねて、シャンパンゴールドのティボーに巻き込んだフローティング(スティールヘッドオレンジ)のAFSを取り外し、
フローティングのスカジットコンパクトにインターミディエイトのティップの組み合わせに交換する。


f0317993_15454683.jpg



キャストとひと休みを何度か繰り返し、釣れない時間がずいぶんと長く続いただろうか。雨交じりの風は相変わらず強い。
面白いもので、ある時を境に風向きとは逆に潮が左から右へとゆっくりと流れ始めた。
キャストしたラインがゆっくりと潮に乗って右へと流れていく。
そのままフライをドリフトさせていると、ランニングラインを通してフッと言葉では表現しにくい違和感に続き、
グゥン、グゥンと海面下でピンクサーモンの白い魚体が躍動する。
岸寄りしたばかりのフレッシュなピンクサーモンは2度ほど回転するように跳躍すると、猛烈なスピードで沖へと疾走していった。


f0317993_1621391.jpg



どこかほのかに青白さも残ったプラチナシルバーに輝くオスのピンクサーモンだった。
そのあとも何度かフレッシュなピンクサーモンとのやり取りは訪れたけれど、僕にとっては長いやり取りの末、残念ながらフックアウト。
フックはバーブレスにしているから、こういうことももちろん織り込み済み・・・笑。

フライやラインが着水すると、それに驚いてパーッと逃げていくピンクサーモンの群れなんかを見ることは一度もなかったけれど、
それはそれとして、彼の地で過ごす時間はやはり僕にとって特別なものなのかもしれない。

さて、知床での釣りが終わると、僕にとっては秋の釣りがいよいよスタートする。


f0317993_1617275.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-25 16:24 | Fishing Reports | Comments(10)
2014年 08月 17日

<Episode #52> 真夏のロングドライブ

f0317993_13585531.jpg



重なり合ったいくつもの大きなイタドリの葉が穏やかな潮風に吹かれてゆっくりと揺れていた。
14フィートのツーハンドロッドを手に長い坂を下ると、目の前の視界がぱっと広がり、
穏やかな表情の夏の顔をしたオホーツクの海がそこにはあった。
すれ違いざまに挨拶交じりの言葉を交わした早朝の釣りを終えたばかりの釣人の表情は、どうもあまり芳しくはない。
なかにはこれから釣りをしようという方に申し訳なくってと笑いながら言葉を濁す人もいた。

記憶と経験を頼りに数ヶ所ほどのポイントを巡っただろうか。
オホーツクの海でのトータルのキャスト&リトリーブの回数は、およそ30ぐらい。
透明度の高い海の中を巻きたての赤いゾンカーが何事もなく僕のもとに舞い戻ってくる。

海面下のピンクサーモンの姿だけでなく、跳ね、モジリと何かしらの変化を見つけようと海面を凝視し続けたので、
何だかとっても目が疲れてしまったかな。
結局オホーツクの海では、一度も目の前を横切っていくピンクサーモンの姿を僕は見ることはなかった。


f0317993_13575612.jpg



帰りにオホーツクの山上湖に立ち寄ってみる。
僕としては1年ぶりに訪れる湖だったけれど、湖を囲む山々の緑はいっそう濃いものとなり、
それを映し出す湖面の緑はより深い色合いだった。
水面下でのリトリーブの釣りでは2度ほどショートバイトが訪れたのみ、湖水の冷たさに夏用のウェーダーではかなり我慢の釣りを強いられる。
ポイントを少し移動し、ラインをインターのアトランティックサーモンSHからフローティングのAFSに換える。
フライボックスから取り出した持ち合わせの中で一番大きなドライフライをてぃぺとの先に結び湖面に浮かべてみたものの、
一度ポコッとフライに反応はあったが、どうやらお相手のサカナが小さ過ぎたのか、残念ながら躍動感までには至らなかった。
でもやっぱり止水でのドライフライの釣りは苦手。
支笏湖でセミフライやカメムシフライをキャストし、じっとひたすら待ち続ける忍耐の釣りには、慣れたつもりでいたのだったけれど・・・。
そういえば、少し上流にいたSHUさんの方から、セントアイダンの甲高い逆回転音が長い間鳴り響いていた。
残念ながらランディング寸前で2.5号のティペットを切られてしまったそうだが、相変わらず僕のフライには何の異変も起こらない。

今回の真夏のロングドライブ、釣りをしたというよりも、どちらかというと車のハンドルばかり握っていたような気がする。
オホーツクのピンクサーモン、それに山上湖のレインボーには出合えなかったけれど、それはそれとしてやっぱり楽しかったかな。
さて、明日は夏用のウェーダーの水漏れでも修理することにしますか・・・笑。


f0317993_1432992.jpg


f0317993_18261086.jpg



Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-17 14:37 | Fishing Reports | Comments(4)
2014年 08月 10日

<Episode #51> CDCセッジ / クイルウィングのタイイングが苦手な貴方へ

f0317993_16563449.jpg


f0317993_1657546.jpg



本流の大きなトラウト達がヒゲナガに夢中になるシーズンに、いざ大きなサイズのウェットフライを巻こうと思っても、
ウィングに使うピーコッククイルやモットルドターキークイルなどにいたっては、近頃プライスタグがジワジワと上昇傾向で、
クイルウィングをシャンクの上に曲がったり反らさせず綺麗にかつ美しく巻くのがとにかく苦手な僕としては、
ショップで羽根の模様が美しいグレードの高いマテリアルを見つけてもなかなか手が出ないでいる。
ある程度の数を巻くとそれなりにコツのようなものをつかめるのだけれど、しばらく巻かないでいると、
やっとつかみかけたコツもどこへやらで、またまたタイイングバイスを前にして悶々とした時間が過ぎていく。

そこで最近はヒゲナガのシーズンともなると、ゴールデンフェザントセンターテイルと3枚のCDCを組み合わせた
CDCセッジというウェットフライを巻くことが多いだろうか。
ゴールデンフェザントセンターテイルは模様も素敵だけれど、プライスタグもお手頃だし、
何度失敗してもやり直せるから僕としてはとにかく重宝している。

ずいぶんと前に本流のヒゲナガのシーズンでCDCを使ったマーチブラウンやシルバーマーチブラウンが
結構いいんだよと教えてくれたのはhoriさんだったと思うし、
確かSHUさんもそれをアレンジしていい感じにセッジフライを巻かれていたと思う。
そういえば以前にSHUさんからタイイングの参考にと1本いただいたのだけれど、
あの白いウェットフライは、いったいどこへ行ってしまったのだろうか・・・笑。


f0317993_1742885.jpg



CDCセッジのタイイングは、← こちらから。

ヒゲナガが本流の川面を不規則に乱舞するシーズン。
きっと水面はいたるところでガボっ、ボシュっ、ガボっと、本流レインボーの作り出す水飛沫で落ち着かないのだろう。
対岸に向けてキャストをし、上流へのメンディングを繰り返しながらフライをナチュラルにドリフトさせるのも悪くはないけれど、
そんな時に僕なら、一直線に伸びたチャートリュースカラーのスカジットコンパクトを下流に向けて大きくメンディングする。
トルクフルな流れに乗り、下流へとさらに大きく膨らむスカジットコンパクト・フローティングに引かれて、
きっとCDCの中に気泡をためたウェットフライは、水面直下を結構なスピードで本流の流れを横切っているはず。
そろそろかと、ランニングラインをホールドする指先が、やがて訪れる衝撃に備えて緊張する瞬間がたまらなくスリリング。


f0317993_17221934.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-10 17:27 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(8)
2014年 08月 06日

<Episode #50> Pink Salmon Zonker

f0317993_21295246.jpg



今年もまだその声は小さいけれど、ショアからのピンクサーモン(カラフトマス)の便りが僕の耳にも届き始めた。
去年までに少しずつ巻きためていたけれどフィールドで使いきれずに余ったりして、
透明のジプロックに収納しておいた赤いフライのストックをチェックしてみると、
どうやら今年も少しは巻き足さないといけないのかもしれない。
なので、重い腰を上げて夜な夜な苦手なタイイングに勤しむ今日この頃。
今年はこれまでの赤いゾンカーのタイイングのやり方の手順に少しだけアレンジを加えて、
2014年バージョンとして巻いてみた。 ← タイイングはこちらから。


f0317993_21414371.jpg


f0317993_21415367.jpg



心地よい海風を感じていると、目の前の海をカラフトマスの群れが横切っていく。
逸る気持ちを抑えて、ラインニングラインをさらにスローにリトリーブ。
フッという何かしらの違和感のあと、手にしたロッドはバットからグンニャリと曲がり、
ソルト用のシャンパンゴールドのリールからは猛烈なコルクパッドのミュートサウンドが奏でられる。
今年もシーライスのついたフレッシュな銀鱗眩しいピンクサーモンに出合えるだろうか。
そんなことを考えながら、ご機嫌なリズムとメロディーを聴きつつフライを巻くことにした。
ちなみに僕の巻くフライはいたってシンプル(笑)。

次の気ままな私的フライタイイングの愉しみは、
最近お気に入りの、CDCセッジ/クイルウイングのタイイングが苦手な貴方へ/を予定(予告でした・・・笑)。


f0317993_21485819.jpg



Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-06 21:53 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(2)
2014年 08月 03日

<Episode #49> スイッチ

f0317993_17475340.jpg



スイッチ。といっても今回のテーマはスイッチロッドのことではないのであしからず(笑)。

さて、まるで何かのスイッチでも入ったかのように、北の大地の気温がグングンと上がっていく。
きっと今の時期が1年を通して北海道でも一番夏らしい暑さを感じる時期なのだろう。
今回も十勝のフィールドをたっぷりと歩いたので、シャツの下のTシャツはすっかり汗で重くなってしまった。
公園の木陰に車を止め、エアコンのノブをフルにまで回す。
きっとキンキンに冷えたビールが美味しいに違いないけれど、ここはグッとこらえて氷からとけ始めたカルピスウォーターで我慢だね(笑)。

f0317993_1757285.jpg


f0317993_175745100.jpg



早朝の上流域は、まだ気温も低く過ごしやすかった。
木々の葉についた朝露が滴り、時折り僕のシャツをシトっ、シトっと濡らしていく。
ヒゲナガの姿は先週ほどではなかったけれど、レインボー達の朝食の時間の川面は、何かのスイッチが入ったかのように賑やかだった。
2.5号のフロロカーボンのティペットの先にはCDCセッジ。
今回は何とかティペットが途中で切れるということもなく、相変わらず上流域のスプリンター達に僕のマイザーは翻弄されっぱなし。

ロッドもそうだけれど、それに装着するリールもクリック式、それにディスク式、カラーもゴールド、シルバー、それにブラックとさまざま。


f0317993_1758090.jpg


f0317993_18174723.jpg



容赦なく照りつける十勝の太陽の日差し、汗がいくつもの筋となって額を流れる中、楽しみにしていたポイント、それに新しいポイントと、
めぼしいと思わしき中流域のフィールドを友人達と彷徨った。
ここぞというポイントでとっておきのフライをティペットの先に結んでじっくりとと流す。
高めの水温、それに時間帯と、なかなか厳しいフィールドのコンディションだったけれど、期待に反して
やはり最後まで大きな本流レインボーの何かしらのスイッチがオンになることはなかったかな。
それでも北海道でも一番暑い時期に、たっぷりと夏の本流での釣りを堪能できたように思う。
                                                        60.01→60.02


f0317993_18324349.jpg


f0317993_18325539.jpg



Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-03 18:39 | Fishing Reports | Comments(14)