2017年 12月 03日

<Episode #364> 半田ごてを使ったフライラインの熱溶着

f0317993_18492484.jpg





ヒートガンを使ったフライラインの熱溶着の事は知っていけれど、半田ごてを使ったやり方を知ったのは今回が初めて。
十勝川でご一緒した際にsugiさんもティップの先端ループの自作について、嘘みたいに面白いからとお勧めされていたので、僕もT-14やT-11などのティップやランニングラインの先端ループの自作にさっそくトライしてみることにする。

家にあった随分と昔の半田ゴテをクリップに挟んでタイイングバイスに固定。
(半田ごてが動かないようにしっかりと何かに固定することが大切なポイントだと思う)
今回はT-11の両端に内径1.5mmの熱収縮チューブを使って半田ごてによる熱溶着でループを作ってみた。
ラインを通した熱収縮チューブは、温度の高い半田ごての先端ではなく、温度の低い根元の太い方に押し当てるようにする。
熱溶着したラインの長さは、4~5cmぐらいにした。
結果的に僕としては事前に予想していたよりも満足のいく仕上がりとなったと思う。
sugiさん、素敵な情報をありがとうございました。

P.S. 収縮チューブは1.5mmのチューブと2mmのチューブを使用した。
   ダメージを受けたランニングラインの修復にも使えると思う。





f0317993_18492804.jpg







先日は1.5mmの熱収縮チューブを使ってタックルマックのリッジランニングライン(30lb)にもループを作ってみた。
こちらも問題なく使えると思う。





f0317993_21271942.jpg






Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-12-03 19:19 | Slow Fishing | Comments(0)


<< <Episode #36...      <Episode #36... >>