2017年 10月 17日

<Episode #351> Hardy The Cascapedia 8/9

f0317993_11260918.jpg





f0317993_21595587.jpg



f0317993_21595166.jpg



ディスクレーキやワンウェイクラッチなどの機構がこれまでのCascapediaと同じ構造なら、おそらく僕はもうこのリールを購入することはなかったと思う。
でも9月に発売された今回ブレーキなどの機関が全く新しくリニューアルされたHardyのCascapedia 8/9に思わず触手が伸びてしまった。
外観もかなりリニューアルされていて、これまでよりもさらにクラシカルな雰囲気が強まっただろうか。
どこか安っぽくて軽薄感を醸し出していたアルミ素材にも、控えめな光沢に抑えられていて僕には好感が持てたし、両サイドプレートの黒の塗装にも若干光沢が抑えられる加工が施されていて、落ち着いた雰囲気がしっかりと出ているように感じる。
もちろんオリジナルのCascapediaとは全てにおいて比べようもないのだけれども、アルミの光沢を控えめにした3つのメダルも案外悪くはないように思う。
オリジナルのニッケルシルバーの渋い輝きを知っているだけに、やはりこれは別物として考えた方が良いに違いない。



f0317993_20073124.jpg



f0317993_20072148.jpg



今回の新しいCascapediaはこれまでのCascapediaと比べてもかなり丁寧な作りになったような気がする。
ハンドルノブの支柱が真鍮製?のように見えるのも、やはりリールからよりクラシカルな雰囲気を漂わせたいのだろう。
おそらくそれは非常に功を奏しているようで、今回のCascapediaはこれまでのCascapediaが醸し出してきたネオ・モダンな雰囲気とはまたっく違った雰囲気を醸し出すことに成功しているようだ。
ただ僕として残念なのは、Sハンドルのデザインが太いこととピカピカとした鏡面仕上げなこと。
おそらくもう少し霞んだ艶消しの仕上がりだとさらにクラシカルで重厚な雰囲気が増すと思うのだけれども…笑。




f0317993_21592489.jpg




f0317993_21593066.jpg



あとは出来ればラチェット音がもう少し派手だったと思ってしまう。
ディスクブレーキなどの内部構造がSovereignとほとんど同じ構造なので、ラチェットもおそらく小さなトング?が使われているだろうと予想していたけれど、リールを開けてみると目の細かいギヤの形状などやはり予想通りの構造で、音色そのものはとても上品で高域のピーキーなサウンドだった。
もしもあまりサウンドが好みでなければサイレント仕様にもノブを移動させれば簡単に出来るようだ。

以前のCascapediaではリールが水に濡れるとディスクブレーキがあまり効かなくなるということが頻繁にあったけれど、おそらく今回のSovereignと同様のブレーキシステムだとトラブルは少ないのではないかと予想している。
それにはもう少しフィールドでのテストが必要になるだろうか。

Hardy The Cascapedia 8/9 : AirfloのSkagit Switch G2 480grを巻き込んだ状態でリールの重量は423gだった。
またカタログ上のライン容量は、WF9+190m(30lb Dacron)。スプールの形状から、ライン容量はそれほど多くはないことが予想できる。

今回は初めてebayでUKから直接このリールを購入してみたけれど、国内の流通価格よりもかなり安く手に入れることが出来て、僕としては実際にリールが届けられるまで心配だったけれど、最後にはとてもいい経験になったと思っている。




f0317993_21593502.jpg




f0317993_21594020.jpg



f0317993_21594473.jpg


Today's BGM :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-10-17 23:07 | My Favorite Reels | Comments(0)


<< <Episode #35...      <Episode #35... >>