2017年 10月 02日

<Episode #348> 秋の訪れとオホーツクの流れ

f0317993_21245454.jpg




今年になって初めて北海道を縦断していった台風が過ぎ去ると、それを境にして季節が夏から秋へと移り変わり始めたように思う。
秋らしい寒波と共に気温がグッと下がり、大雪山系には紅葉と共に初雪が観測されたともラジオから聞こえて来た。
イタドリの緑色だった大きな葉が少しずつ山吹色に染まり始め、草むらから聞こえてくる秋虫の羽音が以前よりも幾分勢いづいているようにすら感じられる。
フィールドに吹く風は少し冷たいものとなり、一日の中での寒暖の差が大きくなっているから、季節的にもアングラーはレイヤリングに少し頭を悩ませるのかもしれない。
夏用の透湿ウェーダーではなくネオプレーン製のウェーダーを履いて河原をたっぷりと歩くと、やっぱりウェーダーの選択を間違えたとちょっと後悔もしたりしたかな。




f0317993_21253235.jpg



f0317993_21254640.jpg



f0317993_21252184.jpg



浮島峠を越えたあたりで車の外気温計は写真の2℃よりもさらに下がって1℃を表示していた。
右の急カーブで十分に徐行はしていたけれど濡れた路面で一瞬テールが滑って思わず僕はヒヤッとする。

土曜日の朝にまず足を運んだのは、ススキの穂が風に吹かれてなびき、コスモスの花が咲くかなり減水が進んだ初秋の湧別川だった。
まだそれほど多くは産卵行動に至っていないようだけれど、偏光グラス越しにも時折数尾の群れでゆっくりと遡上していくチャムサーモン達の姿が見える。
この日はマイザーの12'6"、6/7wtのMKSとFarlexの組み合わせにスカジット・スイッチ480grと15フィートのシンクティップのラインシステムで一日を通す。
小さなレインボーが2尾ほど顔を出してくれたけれど、ドキリとするような鈍重なテイクが訪れるということもなかった。



f0317993_21251248.jpg




f0317993_21253937.jpg



f0317993_21261234.jpg



翌日は友人たちと湧別川から渚滑川へと移動することにした。
渚滑川ではマイザーの13'、5/6wtのMKSにSaracione 3 1/2"の組み合わせにスカジット・スイッチ420grと15フィートのシンクティップのラインシステムで通す。
渚滑川では湧別川ほどのたくさんのチャムサーモンの姿を見なかったけれど、それでも流速の緩いポイントでは群れで泳ぐチャムサーモンの姿を見た。
渚滑川の流れは僕が初夏に訪れた時よりも透明感の高い青味を帯びた美しい流れだった。
もしかしたら雲一つない初秋の青空が川面に映っていたことも美しい青色を描く一因なのかもしれないけれど、色づき始めた木々の色合いとのコントラストもあってか、とにかく言葉を失うぐらいに美しかった。
ただ残念のはとにかく風が強かったということ。
風が強まり始めるとおびただしい数の枯れ葉が流れの中に漂い、フライにひっかるなど釣りの方にまったく集中出来なくなったりする。
それでも流れの中をゆっくりと漂うとても小さなビーズヘッド仕様の黒のウーリーを、少し赤く色づき始めたレインボーが流れの中を漂うおびただしい数の枯れ葉の中から見つけてくれて、僕としてはホッと胸をなでおろした次第。



f0317993_21260101.jpg



Today's fishing movie :



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-10-02 22:30 | Fishing Reports | Comments(11)
Commented by mooly at 2017-10-02 23:53
Yunさん、こんばんは
なかなか厳しい秋本流でしたね
保険の渚滑川もダメだとどうしようもないです。
ここ最近は不完全燃焼な週末を過ごしていたので、
本流に立てただけでも幸せだったなと思うことにします。
でも、ムリに行っていたら、ダムに行ってれば、釣れてたかもしれま・・・
おっと、釣りに たら れば は、禁物ですね。笑
Commented by masa1st1956 at 2017-10-03 12:56
Yunさん、こんにちは。
週末はお疲れさまでした。
厳しさは湧別の覚悟はできますが、まさか渚滑川も厳しいとは思いもしませんでした(笑)
それでもあの後キッチリ結果を出されているとは流石ですね、それも随分レッドバンドが綺麗なニジマスですね。
今更ですが私のフライボックスにはウーリーバガーは入っていませんでした(笑)
次回もよろしくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2017-10-03 21:55
Moriさん、こんばんは。
今回は遠軽の菊池精肉店さんからの肉の調達など、準備していただきありがとうございました。美深の宮岡精肉店と同様に美味しかったです。
秋の気配が伝わってくる綺麗な動画、ありがとうございました。毎回観る度に新鮮な気分にさせてもらっています。でももう少し風が弱かったら、もっとたくさん動画が撮れていたかもしれませんね。
確かに釣りに関して「たら」、「れば」は禁物ですよね(笑)
それにしても今回はかなり際どいスレスレのコメントでしたね…笑
Commented by slowfishing-yun at 2017-10-03 22:00
masaさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。中湧別の道の駅は車中泊するのにもなかなか快適ですよね。
おそらく今年放流されたレインボーなのでしょうか、胸ビレがとても小さかったです。でも赤さがとても目立ったレインボーでした。
#8番のストリーマーフックに巻いたビーズヘッドの黒のウーリーでしたが、1本だけフライボックスの中に残っていたので、たまたま結んでみました。
そろそろ本流レインボーのシーズンも残り僅かですが、また宜しくお願いいたします。
Commented by abu-z4 at 2017-10-04 08:40
Yunさん、おはようございます。
先週末は、お疲れ様でした。
あんな厳しい状況の中でも、二つの本流でしっかりニジマスに出会われていたんですね。
渚滑での写真やmoolyさんの動画を見ていたら、僕もあそこで振ってみたかったな、と少しだけ後悔してしまいました。
次回は北の本流でご一緒したいですね。
ただ、雨の影響が心配ですが・・・・
また宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2017-10-04 21:08
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。今回は夜の道の駅でご一緒できなくて残念でした。鼻水をすすりながらワインを飲み、Moriさんに湯たんぽを借りたりするなど、とても寒かったのですがなかなか楽しかったんですよ。
秋の天気は移り変わりやすくなかなか安定しませんが、次回は北の本流でご一緒できるといいですね。
Commented by タッド at 2017-10-05 18:20 x
いつもながらグッドチョイスですね:) 私は川選びの段階からいつも失敗してますが...
まぁ、今回の十勝川はまずまずでしたが...
天塩川の落ち葉が出て釣りにならないのは、いつ頃だと思いますか?
今、13n日頃からか、26日頃からか、迷ってます:(
Commented by slowfishing-yun at 2017-10-05 20:42
タッドさん、こんばんは。
十勝川はすっかり濁っているのかと思いましたが、もしも本流でダブルハンドが振れたのでしたら素敵な話ですね。
天塩川は川幅があるのでこれまであまり落ち葉が釣りにならないと思ったことはありませんが、風が強くなければきっと大丈夫だと思います。落ち葉が落ち着いていて、サーモンの産卵ポイントを探し出せたらいいですね…笑
Commented by 西川と申します。 at 2017-10-07 10:04 x
初めまして。いつもブログ拝見させております。画像がとても綺麗ですね!
ご質問なんですが、かなり以前のブログですが、ハーディーのパーフェクトの黒鉛塗装を落としていたのを拝見しました。
私もパーフェクトを所有しておりまして、黒鉛を落としたいのですが、どのような塗装はがし剤を使用すれば良いのかぜひお教えいただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。
Commented by slowfishing-yun at 2017-10-08 19:07
西川さん、こんばんは。コメント、ありがとうございます。
私の所有していたパーフェクトはエナメル塗装だったので、ホームセンターで購入したリムーバー(塗料はがし剤、値段は500円でおつりが来たと思います)を使い塗装を落としてみました。
もしも黒鉛塗装だったらもったいなくって塗装は落としていなかったと思います(笑)
一応以前の記事のアドレスを載せておきます。
http://dyun5.exblog.jp/18061043/
Commented by 西川 at 2017-10-09 10:38 x
ありがとうございますm(_ _)m
早速試してみます!


<< <Episode #34...      <Episode #34... >>