2017年 07月 23日

<Episode #336> 盛夏の釣り

f0317993_16335843.jpg



時折ムッとした熱気のこもった空気の塊とそれとは別にどこかひんやりとした冷気の塊とが交互に上流の方から流れてきた。
雲と夏の青空とが50%ぐらいずつで混在した早朝の空が頭上には広がっている。
きっと昨夜から降り出した雨は峠を越したのに違いない。
早朝のインレットの湖面の上を覆っていた白い靄の存在感が少しずつフェードアウトしていく。
これから気温がグングンと上がり、この日が夏ゼミの鳴き声が賑やかな湿度の高い盛夏の釣りになることを予想するのは僕にとってとても容易なことだった。


f0317993_16335419.jpg


f0317993_16334763.jpg

金曜日の夕方から道北本面を中心に降った雨の影響もあり、今回はABUさんとサホロ湖へと車を走らせることにする。
実のところ今回は初めて訪れるサホロ湖での釣りもそうだけれれど、それ以外に新得町は屈足地区にある「たこや」で久しぶりにジンギスカンを食べるのも楽しみのひとつ。

それにしてもサホロ湖は僕がイメージしていたよりもずいぶんと小さくてコンパクトな湖だっただろうか。
おまけに解禁日当初は釣り人で賑わっているのだろうけれど、解禁日から日数が少し経過したことや土曜日の天候もあってか釣り人はほとんど見かけないから、さらに湖がこじんまりと感じたのかもしれない

この暑さで釣りの方もそうそう簡単ではなかったけれど、他のフィールドで出合うレインボーよりも不思議とどこか少し目が大きいと思えるレインボー達がこの暑さの中で少しだけ顔を出してくれた。

これからもなかなか訪れる機会には恵まれないだろうけれど、他のフィールドが釣りにならない時に「たこや」のジンギスカンと清水町の韋駄天の豚重との組み合わせでまた訪れても面白いかもしれないと思う・・・笑。


f0317993_16340122.jpg


f0317993_16335162.jpg

Today's BGM : 僕が20代前半の頃に聴いていた極上のブリティッシュ・エレクトロニクスが4年前に新しいアルバムをリリース。



[PR]

by slowfishing-yun | 2017-07-23 17:38 | Comments(4)
Commented by abu-z4 at 2017-07-24 13:32
Yunさん、こんにちは。
土曜日はお疲れ様でした。
期待したほどは釣れませんでしたが、雨にも当たらずまずまずの一日でしたね。
蒸し暑い中でインレットに座り込みのんびりとキャストができたのも、他に誰もいなかったからできたようなもので、珍しい経験でした(笑)
釣りと、たこや・韋駄天等々どちらがメインになるのか分かりませんが、機会があったらまた行ってみましょうか。
今度は解禁直後に・・・・
一番最初の写真、ジオラマのように見えますね。
Yunさんが、作り物の人形のようです(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2017-07-24 22:55
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れさまでした。それにしても雨上がりのせいか蒸し蒸しと暑い一日でしたね。
仰るようにインレットで座り込んでのキャストも、流れてくる水の冷たさがとても気持ちが良くって、なかなか新鮮な経験でした(笑)
一時はどうなるかと思いましたが、何とか目の大きなレインボーの顔も見ることが出来ましたから、とりあえずホッとしております。
それにしてもコンパクトなダム湖でしたね。物腰の柔らかな管理人さんもなかなかユニークな方でしたし・・・笑。
また宜しくお願いいたします。
Commented by sugi-51 at 2017-07-26 00:54
yunさん、こんばんは。
yunさんが初めて訪れるなんて意外でした。コンパクトだけれど、武利ダムより大きく、透明度も高かった様に記憶してます。
blogを見ていると、無性に止水の釣りがしたくなってしまいました。
今回はグルメが主体のようでしたが、たまにはウエイトを変えた釣りもアリかと、心の中に新しい風が吹き抜けた様に感じました。
Commented by slowfishing-yun at 2017-07-26 21:30
sugiさん、こんばんは。
近くは何度も通っているのですが、実際に訪れるのは初めてでした。
今回は風もほとんど無風でしたから、止水での釣りとしてはなかなか厳しいコンディションだったと思います。
それに一日を通して確認することが出来た釣り人は、私たちを含めて5人ととても少なかったですね。おそらく解禁当初は賑わっているに違いないと思います。
このダム湖にも昨年の台風による大水の影響があったようです。
今度機会があれば一緒に訪れてみましょう。


<< <Episode #33...      <Episode #33... >>