2017年 05月 14日

<Episode #325> キャスト&リトリーブとエリーゼの幌

f0317993_14394344.jpg



茜色に染まり始めた朱鞠内湖の夕暮れ。
迎えの船の黒いシルエットが少しずつ大きくなりながらエンジン音と共に静かに近づいてくる。
日が傾くにつれ野鳥の囀りが賑やかに響いてき始めた背後の白樺林には、ゆっくりと漆黒の夜の闇が訪れようとしていた。
朱鞠内湖のイトウのまるで動く根掛かりのようなずっしりと重くてトルクのあるテイクには出合えなかったけれど、
心地良い疲労感と共に北大島で過ごした今日という一日が夜の闇と共に静かに閉じようとしていた。


f0317993_14554479.jpg



f0317993_14562192.jpg



久しぶりに助手席と小さなトランクルームにタックルやウエーダーを押し込み、深夜にエリーゼのハンドルを握ることにした。
イタリアの先端まで白樺林の中を歩こうかとも思ったけれど、やはりここは無理をせず4時出船の渡船を利用することにする。
北東の風が吹く予報の土曜日の朱鞠内湖だった。
ゆっくりとウェーディングした北大島のかけ上がりは、ちょうど風裏になるのか一日を通して穏やかな表情を変えなかったように思う。
リトリーブしながらふと遠くの景色に目をやると、太陽の位置と角度によって遠くの山々の頂に残された雪の白さが変わっていった。
北大島から見る朱鞠内湖の風景、僕はやっぱり朝が好きかな。


f0317993_15132866.jpg



f0317993_15141174.jpg



薄っすらとモスグリーンカラーに染まる朱鞠内湖の湖水の色が一面に広がる。
先週よりも1m以上は水位が上がり、僕が知っている満水域に至るまであと2m以上は水位が上がるのだろう。
北大島では岸際を泳ぐワカサギの姿を少しだけ見たけれど、本格的なワカサギの岸寄りはきっとこれからに違いない。
チェリーのものだろうか?それともイトウのものだろうか?
少し大きめのウロコが波間に浮かんでいたのでそっと手のひらで拾ってみる。
普段なら目にも留めないようなものかもしれないけれど、この日は不思議なぐらい綺麗なものに映った。
きっと5月の日差しを浴びてまるで宝石のようにキラキラと輝いていたからだろうか。


f0317993_15291017.jpg



f0317993_15292629.jpg



何回キャストしただろうか?そして何回リトリーブしただろうか?
まるでマラソンのような一日を通した長丁場の朱鞠内湖MAXだから、実のところ僕はあまり考えないようにしている。
キャストもリトリーブもそれほど嫌いなわけではないからね…笑。
残念ながら僕は期待していた朱鞠内湖のイトウとの出合いには恵まれなかったけれど、幸運にも2尾のアメマスが顔を出してくれた。

巻き溜めておいたほとんどのオリーブゾンカーをGWにロストしてしまったので、今回はオリーブではなく新たにライトオリーブで巻いてみた。
ライトオリーブは波間に浮かんでいたワカサギの背中の色にも似ていなくはないかな。

今回は湖で初めてFarlexのリールを使ってみる。
個性的なデザインだけでなく、心地よいサウンドも僕がとても気に入っているリールのひとつ。
静かな湖ではサウンドがちょっと大き過ぎるかもしれないけれど、ワイドスプールなのでなかなか使いやすかっただろうか。
Farlexのリールは、Paypalに登録すればこちらからも購入は可能。
僕は当時まだPaypalのアカウントを持っていなかったので、国際郵便為替で購入。
最近は国内にも代理店が出来たので直接購入よりもちょっとお高いけれど、こちらからも購入は可能。

朱鞠内湖からの帰り道は久しぶりにエリーゼの幌を外して走ったけれど、ヒーターは全開なもののさすがに寒くて途中で断念。
でも、寒さのおかげで釣りの後の睡魔と眠気はどこへやらだったかな。
頭上を流れていく星空はとにかく綺麗だったけれど…笑。

Rod : R.B.Meiser 14' 7/8 MKS "Autumn"
Reel : Farlex 3 3/4" S-handle
Line : Atlantic Salmon SH 9/10 S1/S2


f0317993_1685682.jpg



f0317993_1691024.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-05-14 16:05 | Fishing Reports | Comments(2)
Commented by sugi-51 at 2017-05-14 21:46
yunさん、こんばんは。
昨日はお疲れさまでした。カラスがうるさかったけれど、湖に響き渡る鳥の囀り、ポカポカした陽気、釣果は期待できないけれど昨日のような静穏な朱鞠内湖が実は一番お気に入りです。エリーゼの全高とシートポディションの低さに驚き、後方で聞こえるエンジン音、フルバケットの座り心地に久しぶりに血が騒ぎました。
次回もあのポーズを実行すべく一生懸命遊ぼうと思っています。
また宜しくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-15 21:11
sugiさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
1年ぶりの北大島MAX、天気も穏やかでなかなか楽しかったですね。
それにしてもちょっと姿が見えないなと思ったら、イトウとの2回のコンタクトとは、羨ましすぎでした(笑)。
是非次回こそは黒田さんとのお約束のあのポーズ、楽しみにしております。
こちらこそ、また宜しくお願いいたします。
いつもコーヒー、ごちそうさまです。


<< <Episode #32...      <Episode #32... >>