2017年 05月 06日

<Episode #324> 小さなイトウと動く根掛かり

f0317993_21415678.jpg



風と波でサンドカラーに濁った岸際の湖水の中に、イトウのやけに黒くて大きな瞳が静かに浮かび上がっていた。
まだまだあどけなさが全身にちりばめられた小さなイトウ。
おそらく人で例えるなら小学生の高学年といったところだろうか。
いつの間にかランディングネットの中でバーブを潰したゾンカーのフックが顎から外れていたようだ。
ストラップで首から掛けておいたiPhoneで数枚だけ写真を撮り、イトウの姿が湖水の色の中にゆっくりと同化していくのを見届ける。


f0317993_21564288.jpg



f0317993_21565527.jpg



お気に入りのサウンドをBGMとして大音量で聴きながら深夜のR275をゆっくりと北上する。
屈斜路湖にするかとも迷ったけれど、今年もやっぱりGWの前半を朱鞠内湖で過ごすことにした。
ただいつもと違うのはカーゴルームにシュラフなど車中泊セットを積み込んでいることだろうか。

そんな道中のBGMはサウンドに奥行きと透明感のある美しいディープなミニマルテクノのLulu Rouge
サウンドはどちらかというとこれから僕が足を運ぼうとしている朱鞠内湖の風景ような北欧系だろうか。
そんな訳で僕がハンドルを握る車の中はちょっとした居心地の良いパーソナルスペースとなる次第。


f0317993_22154953.jpg



f0317993_2216664.jpg



f0317993_22162274.jpg



朱鞠内湖の早朝らしいしっとりとした静寂さに包まれながら、木立の間から響いてくる野鳥やカッコウの囀りを耳にする。
たっぷりと残された残雪とオフホワイトの白樺の木立の向こうに朱鞠内湖の鏡のような波ひとつない湖面が広がっていた。
朝は風の存在感をまったく感じないようなフィールドだけれど、気温が上がると風の存在感を否応無しに感じるようになるらしい。
キャストに苦労しそうな風速8m/sぐらいの風が吹く予報。
やがて強まりはじめる風の存在を、頭上の引きちぎられたような形をした雲がすでに暗示していたように感じる。


f0317993_22375584.jpg



f0317993_22381454.jpg



f0317993_22382859.jpg



まるで違う惑星のオブジェのような点在する大きくて朽ち果てた切り株の間を抜けてイタリア半島の先端を目指す。
毎年のように目にはする減水した朱鞠内湖らしい独特の光景ではあるのだけれど、やっぱり毎回どこか異質な雰囲気を感じてしまうだろうか。

さてさて釣りの方はというと、初日には僕がリトリーブするシンプルなオリーブのゾンカーに4度のバイトが訪れ、
まだあどけない表情をした小さなイトウが顔を出してくれた。
イブニング前にも少しサイズアップしたイトウが僕のフライを見つけてくれたけれど、残念ながらフックアウト。
2日目の午後には、久しぶりに動く根掛かりを感じることが出来たけれど、こちらも残念ながら途中でフックアウト。

それにしても水面下に沈んだ切り株への根掛かりが多くて、せっせと巻きためたフライを2日間で20個ぐらいはロストしただろうか。
次に出合うかもしれない動く根掛かりのために、また少しずつフライを巻いておかないとね。

そんな訳で、湖畔でsugiさんの淹れてくれたコーヒーとイブニングのsugiさんの叫びとが印象に残ったGWの朱鞠内湖だったかな。


f0317993_23162328.jpg



Today' BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-05-06 23:20 | Fishing Reports | Comments(6)
Commented by sugi-51 at 2017-05-07 08:22
yunさん、おはようございます。
先日はお疲れさまでした。連日徒歩MAXは流石に疲れましたね。
初日の半島約二往復と暴風は相当に厳しいものがありました、帰路の湖岸が比較的乾燥していたのが救いでした。
いよいよ本格的なシーズンの幕開けとなりました、今シーズンも止水、本流とよろしくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-07 17:19
sugiさん、こんにちは。
2日間のMAXだけでなく、さすがにあれだけの距離を湖畔を歩くと、
こんな私もしばらくは筋肉痛が消えませんでした(笑)。
それに日中はあの強風ですものね。
確かに湖面が波立つと気配が消えてイトウに少しは近づけるのかもしれませんが、
GW初日はちょっと風が強すぎました。
何しろキャストしてもフライにライン、どちらもこちらに戻ってきますからね(笑)。
でも、この時期ならではの朱鞠内湖らしいロケーションが見れてよかったです。
コーヒー、ごちそうさまでした。いつもお気遣いしていただきありがとうございます。
また次回も宜しくお願いいたします。
Commented by masa1st1956 at 2017-05-07 17:30
Yunさん、こんにちは。
車中泊イタリア徒歩MAXお疲れ様でした。
朝一の目覚めの少し赤らんだYunさんの顔から前日の厳しさが想像できました。
それにしても片道2k位有るのでしょうか?それも初日に2往復、私は皆さんが疲れているお陰で歩き回らず助かりました(笑)。
次週末も動く根掛かりを求めて徒歩MAXでしょうか?私は再来週になりそうです、その時は宜しくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-07 20:40
masaさん、こんばんは。
私が留守をしている間のグッドサイズ、おめでとうございました(笑)。
今回はたっぷりと日焼けをしたのもあって、すっかり疲れ果ててしまいました。
この時期にこんなに日焼けをしたのは初めてかもしれません。
きっと直射日光を浴びたお昼寝が良くなかったのだと思います(笑)。
徒歩MAXは少々躊躇してしまいますが、でもあのロケーションはやっぱり捨てがたいです。
また宜しくお願いいたします。
Commented by abu-z4 at 2017-05-08 12:21
Yunさん、こんにちは。
連休中の釣りを楽しまれたようで何よりです。
Yunさんはもとよりmasaさんsugiさんも疲れる釣行は、やはり僕には無理があります(笑)
僕は、レインボーの時期まで静かに過ごします。

P.S 昨日は、退屈な連休を過ごしていた僕にとって、楽しい最終日となりました。
ありがとうございました。
Commented by slowfishing-yun at 2017-05-08 21:31
ABUさん、こんばんは。
こちらこそ、昨夜はありがとうございました。おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました。
さすがに朱鞠内湖の渡船MAXも徒歩MAX、どちらも疲れますね。
でも今年は雪融けが早いので本流のシーズンインが例年よりも早そうですよ。
ABUさんと本流へご一緒出来る日も、そう遠くないのかもしれませんね。
その際は宜しくお願いいたします。


<< <Episode #32...      <Episode #32... >>