2017年 04月 02日

<Episode #318> 雪代

f0317993_16535092.jpg



早朝のハイウェイ、それにR275と北のフィールドへと続くアスファルトは、そのほとんどがドライコンディションだったと思う。
久しぶりに朝日の眩しさを感じる気持ちの良いドライブだった。
おまけに車の外気温計は出発からずっとマイナス表示のまま。
この気温ではきっと本格的な雪代もまだ始まっていないはずと僕はすっかりたかをくくっていた。
そして天塩川に架かる最初に橋を渡った時、僕の中での安易な期待感はどこかへと吹き飛んで行ってしまう。


f0317993_17105232.jpg



f0317993_1711422.jpg



テレメーターの濁度計は7前後だったけれど、橋の上から見る流れはどう見てもロッドを振りたくなるようなコンディションではなかった。
でも、久しぶりに風が穏やかでここまで好天に恵まれた早春の一日はまだ始まったばかり。
せっかくここまで来たのだからと、何とか新しく届いたロッドを振りたくなるようなポイントを探すことにした。

ロッドは先日届いたばかりのR.B.Meiser S2H14078MKX-4 "Copenhagen Wintergreen"。
ロッドの各ピースを繋ぎ、透明のビニールテープでまるで儀式のようにこのロッドにとって最初となるテーピングをしっかりと施す。


f0317993_1723329.jpg



f0317993_17235226.jpg



そしてロッドに600grのスカジットコンパクトが巻き込まれた4インチのSaracioneをセットした。
MKXとなってMKSよりも少しは軽くなったと思うのだけれど、ロッドにラインが巻かれたリールをセットして手にしても、
正直比較するものが無いからあまり軽量化の恩恵は感じなかっただろうか。

でも、ブランクが変わってやはりリカバリースピードはMKSよりも少し速くなっているように思う。
僕としてはMKSの時よりもキャストアウト時のループが少しタイトになったような気がするのだが・・・。

相変わらず春の風はその存在感をどこかに置き忘れたまま。
くっきりと二つに分かれたツートーンの流れと岸際に厚く積もった雪とがずっと下流まで延々と続いている。
雪でシールドされたフィールドはこれまで経験したことがないぐらいに静かだっただろうか。
まるで知らないフィールドにでも迷い込んだような不思議な気分になれたのがとても新鮮だった。
こんな感覚をまた味わえるのなら、来シーズンにも懲りずに足を運んでみようかなと僕は思った。
                                                 68.12

f0317993_17485949.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-04-02 17:54 | Fishing Reports | Comments(8)
Commented by masa1st1956 at 2017-04-02 21:00
Yunさん、こんばんは。
やはり天塩行かれましたね。
私も気になっていましたが雪代濁りには勝てませんよね、ただ今回は天塩メインロッド候補MKXのキャストフィーリングの確認ではと・・・・(笑)
次回、お会いした時に詳しい感想聞かせてください。
Commented by slowfishing-yun at 2017-04-02 21:53
masaさん、こんばんは。
かなり期待していたんですが、こればかりはどうしようも出来ません(笑)。
でも春のイメージが少し分かったので、来年以降のお楽しみにとっておきますね。
MKXはなかなか良かったですよ。
スカジットラインはもう少し重くても大丈夫だと思います。
Commented by タッド at 2017-04-03 12:42 x
いいですね!新調した竿に好きなリールに組み合わせで、春に初めて訪れる川、何もかもが新鮮に感じられたことでしょう。最近、私の周りには、このようなこだわりを持つ人間がいなくなりまして、まったく話が噛み合わない。竿やリールを新調した話をすると、「どうでもいい」とか、未開拓の川に行った話をすれば、「あの川は今の時期はダメだ、、、ほら見たことか」という言われ方をされる。ほんと、そんな連中ばかりで、楽しくない。また、アンチアメリカ産も多くなった。これは玉突きもそう。国産がいい、というわけです。もちろん、時代が変わったことは肌で感じます。でも、何だろう?ビリヤードのキューでも竿でも、リールでも、、、車や鉛筆に至るまで、良い部分の伝統を受け継いでいるものは、単に機能性やコスパだけでは比較に...長くなりそうなんで、この辺にしておきますw
Commented by kawanami at 2017-04-03 21:28 x
Yunさん、こんばんは。
宣言通り天塩に行かれたんですね。濁りが入り中々厳しいコンディションだった様ですが新しいロッドが振れただけでも土日共に仕事だった僕からすれば羨ましい限りです。
僕も新しいロッドとリールの組み合わせで週末はフィールドに立ちたいなと思ってますが今週は気温が高い上に週末は雨マークが…笑
今日もリールをカリカリしながら、ひっそりと楽しんでいます。笑
本当に素敵なリールですね。無理して買った甲斐がありました。色々相談に乗って頂き本当にありがとうございます!
Commented by slowfishing-yun at 2017-04-03 22:03
タッドさん、こんばんは。
ロッドを新調して今まで以上にワクワクした気分でフィールドへと足を運びましたが、
残念ながら少しタイミングが遅かったようです。
でもとりあえずロッドも振れましたし、もしかしたらとワクワクもしましたから、とっても楽しかったですよ。
タッドさんもいろいろと感じることがあるんですね。
私はこだわりを持った人の話を聞くのが好きだったりします。
こだわりといっても、これでなきゃいけないというのは好きではありませんが・・・笑。
とにかく、そういうこだわりの話をされている人の目が好きだったりしますね。
Commented by slowfishing-yun at 2017-04-03 22:13
kawanamiさん、こんばんは。
リールはすでに届いたみたいですね。
思わずカリカリしたくなるぐらいに良いリールでしょ。おまけに音色も素敵ですから・・・笑。
私の方はというと、あれから一向に連絡がなかったのでしびれをきらしてJoeさんにメールしたら、
今週には発送するよとメールが来ました。もしかしたらまた延びるかもしれませんが・・・笑。
ロッドはオレゴンの工房に里帰りさせないことにしたんですか?
道南の本流を検討していましたが、このままだと今週末の本流は厳しそうですね。
厳しさを覚悟しつつ、そうなったら支笏湖でしょうか(笑)。
Commented by kawanami at 2017-04-03 23:08 x
ロッドの里帰りは辞めにしました。
僕だけのカスタムロッドを作ったんだというマイザーさんの職人魂を感じた事と、全くのオーダー通りだとYunさんのロッドと丸かぶりになる事。笑
確かに、それではカスタムロッドの意味が無いなと納得してしまいました。笑
届いたロッドも中々カッコイイかなと。大事に使う事にします。先の話にはなると思いますが次にオーダーする時は、きっちりかっちりとオーダーするのでは無く自分なりのイメージをふんわりと伝えて仕上がりを楽しみに待つのもカスタム仕様ならではの楽しみかなと。今更ですね。笑
そういえば、コーティング剤はやはり変更した様ですがオーダーの際に伝えれば以前の様な艶やかなコーティングを施してもらえる様ですよ。
支笏湖ですか。笑
一度もまともな魚を掛けた事が無いので、あまり良いイメージは無いですが、それくらいしか選択肢は無さそうですね。笑
Commented by slowfishing-yun at 2017-04-04 20:07
kawanamiさん、こんばんは。
写真で見る限り、ロッドの仕上がりはなかなかのように見えましたが・・・笑。
やはり海外へのカスタム仕様のオーダーはなかなか難しいです。
国内の感覚とはまたちょっと違いますからね・・・笑。
コーティングの件、ありがとうございます。
次回からは、艶やかな方を指定してみますね(笑)。


<< <Episode #31...      <Episode #31... >>