2017年 03月 20日

<Episode #315> タイミング

f0317993_17391042.jpg



f0317993_17392624.jpg



f0317993_17394021.jpg



100均のピルケースを使ったチープなプラスチック製のフライボックスに、新しく巻いたフライを何本か強引に収納した。
もしかしたら雪代も混じり始めているかもしれないから、カラーにはチャートリュースだけでなく黒もいくつか選ぶことにする。
晴れの日が続いていたから、おそらく道東へと続く早朝のハイウェイはどこまでもドライ・コンディションに違いない。
アクセルを無理に踏み込まなくても、何とか朝の7時までには十勝川のフィールドに着けるといいのだが。


f0317993_17402555.jpg



f0317993_1741713.jpg



早朝は乾燥しきった冷たい風とともにフィールドに溶け込むように佇んでいた。
川の奏で続ける音色以外は不思議と僕の耳には届かない。
ロッドのガイドが凍りつき、ネオプレーンウェーダーのブーツの中の僕の足は水の冷たさで次第に感覚を失い始める。
十勝川の透明度はおおよそ30~40cmといったところだろうか。

フィールドの選択にはずいぶんと迷ったと思う。
結局は帯広の友人からの素敵な情報を頼りに春の連休を道東で過ごすことにしていた。


f0317993_17533863.jpg



f0317993_188186.jpg



行動を共にした友人二人には、十勝川でそれぞれバイトが1度ずつあったようだけれど、
僕が期待を込めてスイングさせるフライには、なぜかストラクチャーとのコンタクトしか訪れない。
本流の濁り具合からすると、やはり訪れるタイミングが少し遅かったのかもしれないと僕は思う。

予想通り時間と共に山からの吹きおろしの風が強まり始める。
道東の青空は僕が顔を向けた視線の遙か向こうまでずっと続いていた。
                                                  1.88

Today's BGM(1) :




f0317993_18154040.jpg



f0317993_18155240.jpg



翌日は十勝川をあとにし、天馬街道を越えて静内川へと移動する。
途中で日高幌別川の様子も見たけれど、残念ながら雪代流入が遅れているようで、水位がかなり低かった。
それにしても静内川へと足を運ぶのは何年振りだろうか。
おそらく僕がまだスペイを始めた頃の冬の時期に何度か足を運んだぐらいだから、かれこれ10年以上は経っているのかも。
いやいやその後も確かABUさんと夏の時期に一度だけ足を運んだことがあったような・・・。

相変わらず春の日差しを浴びて川面がキラキラと輝く美しい流れだった。
お気に入りのフライを流れに馴染ませてスイングさせる。
これでゴツンと生命感を伴ったアタリでもあれば気分も違う方へと変わるのだけれど、
今回は2日間を通して一度も生命感を感じることはなかっただろうか。
まあ、こんな春の連休もあるということで・・・。
                                                 7.95
                                                 3.18

f0317993_18325916.jpg



Today's BGM(2) :


[PR]

by slowfishing-yun | 2017-03-20 18:40 | Fishing Reports | Comments(2)
Commented by abu-z4 at 2017-03-21 08:11
Yunさん、おはようございます。
十勝・静内の2日間、お疲れ様でした。
状況は厳しかったようですが、久しぶりに多くの仲間と過ごすことができたのは楽しかったのでは・・・・・
去年の台風以降、ほとんどの本流河川はいつも通りとはいかないようですが、来月予定のベカンもちょっと心配ですね。
それまでに状況が好転することを願っています。
Commented by slowfishing-yun at 2017-03-21 21:13
ABUさん、こんばんは。
風が強くて、何だかとっても疲れた春の連休だったと思います。
これで少しでも鱒の顔が見られていれば気分も違っているのでしょうが・・・笑。
まさかABUさんに静内川のポイントを遠隔ガイドしてもらうとは思ってもいませんでした。
でも、なかなか素敵な流れでしたね。
確かに対岸の深みには素敵な鱒がついていそうでしたから。


     <Episode #31... >>