2016年 12月 04日

<Episode #300> 先週の忘れ物

f0317993_14154229.jpg



少しすき間の空いたプラスチック製のチープな僕のフライボックス。
そんなフライボックスは100円ショップで売っているピルケースにぶつかり防止用の薄いウレタン製シートを貼ったものだったりする。
最近は歳のせいか遠近感がなかなかつかめず、対岸の枝にフライを引っ掛けてしまうことが多いようだ。
だからVARIVASの6番のストリーマーフックにLサイズのブラスビーズを通し、オリーブのウーリー仕立てのストリーマーを数本巻き足す。
週末に足を運ぶフィールドは道南の後志利別川にすることする。
先週のフィールドで感じたアメマスの躍動感とフッと消え去る生命感とが、まだしっかりと記憶の中に残っている。
そんなフィールドに置き忘れてきた忘れ物を探しに、土曜日の早朝には車を道南に向けて走らせていた。


f0317993_14322860.jpg



f0317993_14324230.jpg



峠の下り坂や木立に覆われたカーブのアイスバーンに、何度も車のテイルが滑ってヒヤッとする。
あともう少しでプラットホームに届いてしまうスタッドレスタイヤは、そろそろ履き替え時なのかもしれない。
白波の立つ島牧海岸にアングラーの姿は皆無。
北西の強い風を受けて海岸沿いに立ち並んだ風車の羽根が勢いよく回っていた。

先週に訪れた時にあった雪はすっかりフィールドから姿を消していた。
初冬の青空が頭上には広がり、小さな雲が北西の風に吹かれて泳いでいく。

今回はロッドをマイザーの13フィート、5/6番のMKSにすることにした。
リールシートにセットしたFarlexの3 3/4"S-Handleには480grのスカジットコンパクト(F)が巻き込んである。
そしてティップには自作の15フィートのT-11を繋げた。


f0317993_14484694.jpg



気になっていたランの2ヶ所を2回も流してみたけれど、ゆっくりとスイングするフライに何も違和感を感じることはなかった。
今日も結局先週の忘れ物を見つけることは出来ないのかと、ブツブツと独り言を思わず呟いている自分にハッと我にかえる。
風に揺れた木立の幹が擦れ合い、キーキーと鳴き声のように響いてきた。
日が陰ると一気に体感気温が下がってしまい初冬の釣りの様相を呈していく。

最後に訪れたランでやっと僕は2尾のアメマスの躍動感を感じることが出来た。
決して大きくはないサイズだけれど、僕にとってはあっけなくもあり、反面どこか報われたような嬉しい出合いでもあった。

まだ15時半だというのにフィールドに映った僕の影が長く伸びている。
そんな影は夏の影とは違ってどこか物寂しいもののように僕には思えた。
                                                        2.95

f0317993_155829.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-12-04 15:07 | Fishing Reports | Comments(4)
Commented by masa1st1956 at 2016-12-04 19:30
Yunさん、こんばんは。
先週の忘れ物、無事回収おめでとうございます。
私は何を忘れたかも解らぬほど迷宮入りです(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2016-12-04 21:28
masaさん、こんばんは。
先週にコンタクトがあったポイントは、アメマスさんがどうやらお留守のようでした。
小さな漁港も見てきましたが、まだ時期尚早のようです。
おかげさまで先週よりも少しサイズダウンしましたが、やっと出合えてホッとしています。
masaさん、迷宮入りですか・・・笑。
Commented by sugi-51 at 2016-12-06 02:00
yunさん、こんばんは。
冬道の長距離お疲れ様でした、この度はマイカーで快適に移動出来たのでは?(笑)
荒涼とした風景に落とされた、初冬の西陽に映る弱い影…。何処と無く淋しげで結構好きな感じです。小さな漁港はまだまだ早い様ですね、シーズンには訪れて見ようと思います。これからは雪道が多くなります、安全運転を‼︎。おっと免許の更新に行かなくては!。
Commented by slowfishing-yun at 2016-12-06 21:12
sugiさん、こんばんは。
路面がドライのところもあったので、前回よりも移動時間が短かったかもしれません(笑)。
やはり道南といいますか、ご一緒した際にあった堤防の雪はほとんど消えていました。
でも風が強くて日陰になるとちょっと寒かったですね。
日が傾き影が伸び、今日も出合えないかと思いましたら、最後のポイントで顔を出してくれました。
やはり粘ってみるものですね(笑)。
sugiさんの免許更新が終わりましたら、またご一緒出来るのを楽しみにしております。


<< <Episode #30...      <Episode #29... >>