2016年 11月 07日

<Episode #295> 白鳥の声を聞くと

f0317993_21315783.jpg



2日前に訪れた文化の日よりも北のフィールドには白の多さが際立っていた。
雪が少し深く積もった堤防の上を走り、まだ車のタイヤの踏み跡がない2つ目の降り口から記憶を頼りに雪道をさらに進む。
11月の風はとても穏やかで、小さな雪の塊が何の迷いもなく一直線に冬の空から降り続けていた。
急いでネオプレーン製のウェーダーに履き替えシューズの紐をきつく縛る。
タックルの準備を済ませて本流へと雪の上を歩き始めると、パウダースノーが敷き詰められた雪面には小さな足跡。
どうやら僕よりも先を行くポイントの先行者は、足跡の大きさからすると天塩川のキタキツネのようだった。


f0317993_21582334.jpg



f0317993_2144295.jpg



f0317993_21444620.jpg



雪の降るフィールド特有の静寂さの中で、僕もそれに同調するかのように静かにロッドを振った。
この日のロッドはMeiserの14フィート、7/8番のMKS。
このロッドは僕が初めて購入したMeiserのロッドで、カスタム仕上げのイメージは"Autumn"。
昨年の11月にもこのロッドで印象に残る素敵なレインボーにも出合えたから、もしかたらとちょっとした期待を込めてロッドにリールをセットした。
ある意味「験担ぎ」のようなものだけれど、それほど結果が伴っていないのも事実なのだが・・・。


f0317993_21571563.jpg



f0317993_21574592.jpg



水温が2℃台の中、キャスト&スイングとステップダウンを繰り返し、ちょうどランの中間辺りにさしかかる頃だった。
ゆっくりと流れを横切るコーンヘッド仕様のチューブフライ"Interaction"のESLパターンがスイングの途中で不意にゴンと止まる。
大きな振幅のヘッドシェイクのあと、お相手は一瞬下流へと走ろうとするけれど、走るということを止めヘッドシェイクを繰り返す。
その時点で僕はお相手がレインボーではないことを直感するのだけれど、それにしてもパワフルかつトルクフル。
流れの強さも加わり、ランディングまでにちょっとヒヤヒヤしたけれど、最初のお相手は尾びれの大きさが印象的なアメマスだった。


f0317993_22111160.jpg



f0317993_22112739.jpg



2日前に出合ったアメマスの群れがまだそのポイントには残っていてくれたようで、
ランの終わりまで僕がステップダウンを続けても、なかなかパワフルなアメマスとのコンタクトが途絶えることはなかったと思う。

そしてこの日も天塩川の雪が降り止むということはなかった。
午後になると降り方も強まり、風景は色調のトーンを下げた雪の白さで霞むようなものとなる。

この日の最後に天塩川での一番のお気に入りのポイントでロッドを振ることにした。
ここで初めてティップを15フィートのT-14から15フィートのT-11に替え、水面下の岩盤にフライが根掛かりしないようにする。
最初にフライを見つけてくれたのは、やはりアメマス。
一瞬下流へと疾走しようとするから、僕もそれに同調するかのようにドキリとしてしまった。
さらにキャスト&スイングとステップダウンを繰り返す。
スイングを終えて岩盤の脇でフライがそのままステイしていると、いきなりグゥンという強い力でロッドがのされてしまった。
手にしたロッドが数回バットからバウンドする。
お相手は一気に下流へと疾走しようとするけれど、そこで不自然にゴンと止まる。
ふとリールに目をやると、ランニングラインがS-ハンドルに絡まってるのが目に入った。
まさしく万事休すなのである。
慌ててランニングラインを外したけれど、すでにあの強烈なテンションはどこかへと消え去ってしまっていた。
フィールドにまた静寂さが何事もなかったかのように舞い戻る。

頭上を群れで飛ぶ白鳥の鳴き声がまるで掛け声のように一定のリズムで響いていた。
この鳴き声を聞くとフィールドにもいよいよ本格的な冬が訪れる。
本当はもう少しこの静けさを楽しんでいたいのだけれども・・・。
                                                        68.13→68.27

f0317993_22425351.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-11-07 22:46 | Fishing Reports | Comments(10)
Commented by akiranspey at 2016-11-07 23:02
YUNさん、こんばんは。
たしか昨年の11月は半ばでも全く積雪はなかったような・・・。
すっかり北の本流は冬景色ですね。
もう少しかの本流に足を運びたい気もしますが、今年はそろそろモードチェンジでしょうか?
ひそかにもっと下流域で遡上虹鱒釣りなんかに挑みたい・・・
なんて考えてました(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2016-11-07 23:08
akiranさん、こんばんは。
そうですね。確かに去年の11月にお会いした時はほとんど積雪はなかったと記憶しています。
水温は2℃と去年よりも早く下がっているようですが・・・笑。
今年のシーズンラストはどうやらアメマスさんたちに好かれてしまったようです。
まあ、こんなシーズンもあるのでしょうね(笑)。
もっと下流域に関しては私には未知の世界ですが、ちょっと興味ありです。
Commented by masa1st1956 at 2016-11-08 11:03
Yunさん、こんにちは。
土曜日の天塩報告ありがとう御座いました。
今年は台風の影響で十勝、湧別は厳しいのに早い雪の影響で天塩もラストでしょうか?
入れ食いのアメマス、バットをのした巨大レインボー?Yunさんの事だからまだ通われる様な気がしますが????(笑)
Commented by fishytaddy at 2016-11-08 19:43
お疲れ様でした。すっかり、アメマスに川に変わったという印象でした。それでも、ここ数年、満足のいくアメマスに釣りをしていなかったので、私もつい本命の虹鱒のことを忘れ、、、というか、雪で行く手も阻まれてしまいました。結局、今年も一度しか行けなかったのですが(これまででも、竿を出したのが、これで2度目という初心者ですが)、来年は通うぞ!という思いを確かめ、帰ってきました...とは言え、いかにせん、遠い! 来年もよろしくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2016-11-08 20:53
masaさん、こんばんは。
シーズンの後半はレインボーとのご縁がない釣りが続いています(笑)。
でもフィールドに足を運ぶと、疲れはしますが、やはり気分が一新しますね。
雪の天塩川もロケーション的にはとても好きでした。
風も穏やかだったので、雰囲気はなかなか悪くはなかったです。
積雪量と水温、それに濁り次第ですが、出来ればもう少しこの雰囲気を楽しみたいですね(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2016-11-08 20:57
タッドさん、こんばんは。
今度こそしっかりと北の本流でロッドを振られたようですね。
今年は雪が思ったよりも早い時期から降り、ポイントも限られてしまいましたから、ちょっと厳しかったかもしれません。
お疲れ様でした。
是非来シーズン、フィールドのコンディションが良い時にでも足を運ばれてみて下さい。
Commented by sugi-51 at 2016-11-09 01:43
yunさん、こんばんは。
先週末は寒い中お疲れ様でした。
思っていたより暖かく、初冬としては穏やかで、雑音が雪に吸収されて何時もより静かな天塩川に感じました。早めの雪に多少ガッカリですね。yunさんのアシストのおかげで、充実した2日間を過ごせました。
静寂な初冬の天塩川、新たな側面を見つけました。次回もまたよろしくお願いします。


Commented by slowfishing-yun at 2016-11-09 21:02
sugiさん、こんばんは。
先週末は雪の中、お疲れ様でした。
それにしてもこの時期に車中泊をされるとはビックリしましたよ(笑)。
静寂さに包まれた雪の天塩川はなかなか趣がありますよね。
初夏の活気に満ちた時とはまた違った雰囲気です。
残りのシーズン、また宜しくお願いいたします。
Commented at 2016-11-10 12:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2016-11-10 19:47
鍵コメのKAZUYAさん、こんばんは。
先日はメールのタイミングがバッチリでした(笑)。
ポイントはビンゴですね。
雪の降る天塩川も寒いですがなかなか趣があって素敵ですよ。
さすがに水温が1℃台になると厳しいかもしれませんね。
出来ればもう少し暖かくなって欲しいものです(笑)。


<< <Episode #29...      <Episode #29... >>