2016年 09月 26日

<Episode #286> ambivalent

f0317993_21241685.jpg



手にしたMeiserの"Solar Eclipse"がフロントグリップを含めたバット付近からグンニャリとしなり、
レインボーが下流へと疾走する度に、ディスクブレーキをかなり効かせたサラシオーネのMk.IVから、
ジジー、ジージージジーと間欠的にランニングラインが引き出されていく。
なんなんだろう。この心臓の痛さと極度の緊張感は。
この瞬間をずっと待ち焦がれていたにもかかわらず、僕の中で早く終わりにして楽になりたいという気持ちと、
このままずっとこの瞬間が続いて欲しいという気持ちとが同時に並存しながら複雑に入り混じる。

ジジーというリールのスクリーミングサウンドと共に、今度はレインボーがゴボッという音と共に水面で大きくていびつな波紋を立てた。
そしてまた僕の心臓がギュッと強い力で握られたように痛くなる。


f0317993_21451998.jpg



f0317993_21453857.jpg



週末を北の本流"Salty Heaven River"で過ごした。
気温は数日前の秋分の日よりも数℃は高く、先日よいりも少しは過ごしやすかったかもしれない。
早朝のフィールドは低く垂れ込めた白い靄で覆われている。
空に秋の青空が顔を出し始めたのは2ヶ所目のポイントを移動のために離れた頃だっただろうか。
9月の太陽は眩しく輝きながらギラギラと川面を照らし続けていた。
秋風の心地良さを感じながら3ヶ所目の岩盤の深瀬のポイントでLサイズ位のアメマスが顔を出してくれた。


f0317993_21562672.jpg



f0317993_21571181.jpg



ポイントをいくつも彷徨い、午後になって訪れたポイントでレインボーとの素敵な出合いに2度も恵まれた。
河畔林を抜ける際も獣道以外に他のアングラーの踏み跡は見当たらないから、きっと他のアングラーはあまり訪れないポイントなのだろう。
先日のリサーチでもチェックする時間がなかったポイントだった。
台風による増水の影響で砂が堆積するなどポイントの川底の様子がかなり変わっていた。
そんなバックスペースのほとんどない深瀬のポイントをスカジットコンパクト・インターと15フィートのT-11の組み合わせで探っていく。
フロロ3号のティペットの先には1インチのブラスパイプを使ったコーンヘッド仕様の"Snaelda"のバリエーション、ブラック&オレンジ。
深瀬をゆっくりとステップダウンしながら、今日もレインボーはお留守かなと思っていたら、
深瀬のランの後半に差し掛かった際に、何の前触れもなくいきなり「ズゥン」と最初のテイクが訪れたのだった。
"Snaelda"を気に入ってくれたのはどちらもLサイズの本流レインボー。
惚れ惚れするぐらい体高もあってパワフルなこの上なく美しいボディに思わずため息が出た。
レインボーたちがまた深瀬に戻っていくのをしっかりと見届ける。
いつしか僕の中で先ほどまでのあのアンビバレントな思いがひとつとなり、余韻残る心地良いものとなっていた。
                                                       68.05→68.00

f0317993_21573259.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-09-26 22:24 | Fishing Reports | Comments(14)
Commented by mr,hoo at 2016-09-26 23:10 x
yunさんこんばんは。Lサイズ2本のレインボーとアメマスとはさすがです。snaeldaパターンのフライはレギュラー入り決定でしょうかね?私はこの一週間で40本追加しました(笑)
Commented by sugi-51 at 2016-09-27 00:31
yunさん、こんばんは。
週末はお疲れさまでした。初日の皆さんズルくない?LINEの直後、立て続けの50アップ。
yunさん!ズルくない?(笑)
立て続けのLサイズには御見それいたしました。文中のこの状況から解放されたい気持ちとこのまま継続していたい、という対局な境遇は未だにあるんですね。私もいつしか味わってみたいものです。10月も半ばを迎えると朱鞠内も気になります。さてさてどうしたものか、場所が近いからダブルヘッダーでしょうか?
次回も宜しくお願いします。
Commented by masa1st1956 at 2016-09-27 11:37
Yunさん、こんにちは。
1日目のLサイズ連発LINEは流石としか、ブラスチューブの効果でしょうかどんどん本流フライが進化していますね。
私の場合、あの場所のアドバイスが無かったら・・・・ぞっとします(笑)
また是非ポイントに迷った時は宜しくお願いします。
Commented by abu-z4 at 2016-09-27 14:34
こんにちは、Yunさん。
先日は、お疲れ様でした。
誰もが厳しい状況に苦しむ中、2匹のLサイズはお見事でした。
Yunさんでも早く終わってほしいと思う気持ちと、このまま続いてほしいという気持ちが入り交ざることがあるんですね。
良くわかるような気もしますが、経験の少ない僕の場合、早く終わってほしいという気持ちの方が勝ってしまいます。
長く続いた本流の荒れ模様も、ようやく落ち着きを取り戻したようですね。
今後の釣りが益々楽しみになりました。
またアドバイス、宜しくお願いいたします(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2016-09-27 20:54
mr,hooさん、こんばんは。
それにしても40本とはたくさん巻かれましたね。
以前に巻いたアメマスロケットもSnaeldaパターンのひとつでしたが、
テイルにスードゥーヘアを使って失敗しました。
スードゥーヘアがテイルフックに絡んでしまうんですよね(笑)。
でも、今回のフライはトラブルも少なくレギュラーフライに仲間入りのようです。
Commented by slowfishing-yun at 2016-09-27 21:03
sugiさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
いくつかのポイントを巡って、やっとの出合いでした。
それでもまだまだ足を運べていないポイントがたくさんあります。
LLサイズまではこのような心境でいられるのですが、
それ以上のサイズとなると、とんでもないのを掛けてしまったという心境のほうが勝ってしまいます。
もちろんすべてアディオスで終わっていまうのですが・・・笑。
これからは朱鞠内湖などの止水も気になりますね。
私の場合は基本的に本流、雨などでコンディションが良くない時は湖と決めています。
Commented by slowfishing-yun at 2016-09-27 21:08
masaさん、こんばんは。
最近はSnaeldaをアレンジしたパターンのフライを使っていますが、やはり新しく巻いたフライなのでつい・・・笑。
でも、やる気のあるレインボーさえいれば、フライのパターンはあまり関係ないようなきがしています。
日曜日はmasaさん、ABUさんお二人とも素敵なレインボーに出合えて良かったですね。
私はどこのポイントにも先行者の車があり、アタリが1回で終了でした。
Commented by slowfishing-yun at 2016-09-27 21:16
ABUさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
アドバイスとは言えませんが、日曜日の皆さんのホッとした笑顔にちょっぴりは貢献出来たかなと・・・笑。
私の場合、グッドサイズのレインボーとのやり取りの時はいつもこんな心境です。
ですので気持ちを少しでも落ち着かせようとロッドを握りながらタバコに火をつけたりしたりします。
Commented at 2016-09-27 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by andieloop at 2016-09-28 05:30
Yunさん、おはようございます。
ここ一連のエピソードを読むと進む季節を感じてしまいます。フィールドは秋の最高潮に向けて上がり始めたとういう感じなのでしょうか?
今年の秋も良い出会いがあればいいですね!
あ、ところで、フォールディングネットの携行方法等は解決しましたか?
Commented at 2016-09-28 12:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2016-09-28 17:55
鍵コメのKAZUYAさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
フィールドでもご一緒出来ればよかったのですが、リサーチの続きが残っていたもので・・・笑。
2枚目のTシャツ、ありがとうございました。さっそく日曜日に着させていただきましたよ。
またこちらのお越しの際は、ご一緒させていただければと思っています。
Commented by slowfishing-yun at 2016-09-28 18:00
andieloopさん、こんばんは。
北の本流も少しずつですが秋の気配が感じられるようになってきました。
おそらく本流のモードもこれから少しずつ変化していくと思われます。
また北の本流でご一緒出来るといいですね。
フォールディングネットの携行方法はなかなか良いアイデアが思いつかず保留中です。
相変わらずくたびれたベストからぶら下げていますが、オフシーズンの課題にしようと思っています(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2016-09-28 18:03
鍵コメのタッドさん、こんばんは。
足を運ばれる際はフィールドのコンディションが落ち着いているといいですね。
フィールドのモードが刻々と変わるので、良いアドバイスが出来ませんが、
支流の合流や橋周辺がアプローチしやすいと思われます。
くれぐれもヒグマには注意されてくださいね。


<< <Episode #28...      <Episode #28... >>