2016年 08月 03日

<Episode #218> Slim Profile とグリップのコーティング

f0317993_21165097.jpg



ロッドを正式にオーダーする前に、Bobにこの写真をメールに添付して送ってみた。
右が工房のNic作で、僕の予想としては左がおそらくBob作のフロントグリップだと思う。
僕の拙い英語でも、やっと伝えたいことが伝わったのかもしれない。
その後になって送られてきたインボイスには、フロントグリップとリアグリップに関して、Slim Profileとの注釈が書き込まれていたから。
やっぱり僕としてはマイザーロッドはマイザーロッドらしく、グリップはギュッとブランクギリギリにまで細くくびれていなくてはね・・・笑。

オフシーズンの楽しみに取っていた新しいロッドのオーダーだったけれど、やはり我慢が出来ず、とうとうオーダーすることにした。
オーダーしたのはS2H12667MKS-4という12フィート6インチ、6/7番のMKSというスペック。
MeiserのHPのラインナップにはないスペックだけれど、HPをしばらく更新していないだけで、ブランクのストックはあるという。
今回はブラックアルミのリールシートをダウンロック仕様で装着してもらう。
フェザーインレイに関しては、サーモンフライの"Black Doctor"をモチーフにしてコスメ全般を施してもらうことにする。
もちろんグリップのコルクは、お気に入りのBurnt Corkをメインにあしらった仕様。

さらに今回のロッドオーダーに関しての僕からの特別な注文は、
フロントグリップ全体をリアグリップと同じようにコーティングしてもらうこと。

リアグリップのコーティングされたBurnt Corkはコーティング剤が染み込んでとてもダークな濃い色になるのだけれど、
それをフロントグリップのBurnt Cork全体にも同じように施してもらいたかった。

Bobからの返答はOK。
ナチュラルコルクにはコーティング出来ないけれど、Burnt Cork仕様のフロントグリップなら、
リアグリップと同じようにコーティングは出来るよとの事。

そんな訳で、今回オーダーしたロッドはほんの少しのフェザーインレイが施された真っ黒のスウィートな魔法の杖、いやいやロッド(笑)。
そんな訳で、これから届くロッドがどんな仕上がりになって届けられるのか、今からとても楽しみだったりする次第・・・笑。

P.S.オーダーの際に国際郵便為替でロッドの代金を送金される方は、事前に郵便局で用紙をもらい自宅で記入しておくと、
手続きがスムーズに済むかもしれません。ちなみに今回は15分程度で終了(笑)。


f0317993_21561597.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-08-03 21:58 | Custom Spey Rods | Comments(4)
Commented by masa1st1956 at 2016-08-04 14:06
Yunさん、こんにちは。
"black Doctor"黒の魔法の杖、響きがいいですよね、魚も引き寄せられるの間違いなしですね(笑)
Bobさんとの細かいオーダーやり取り参考にしたいのですがやはり英語力が・・・細いグリップはSlim Profileですか(汗)
届いたら是非拝見させてください。只、触らずに見るだけにします(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2016-08-04 20:50
masaさん、こんばんは。
どんなロッドに仕上がって届けられるのか、今から楽しみだったりします。
最近は12フィート6インチぐらいの長さのロッドが振りやすくて、思わず6/7番をオーダーしてしましました。
14フィートほど飛距離が出ないのがちょっと残念ではありますが・・・笑。
私も今度オーダーすることがあれば、必ずSlim Profileと明記しようと思います。
さらに写真も添付すると間違いないですね(笑)。
触らなくても、きっと見ただけでオーダーしたくなりますよ・・・笑.
ちなみに今回のロッドは、送料込みで780ドルでした。
Commented at 2016-08-06 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2016-08-06 22:46
鍵コメのKAZUYAさん、こんばんは。
確かに郵便局での国際郵便為替への受取人の記入には緊張しますよね。
緊張のあまり、何度かスペルを書き間違えたことが何度か・・・笑。
次はPAYPALでの支払いにチャレンジしてみよようかなと。もちろんいつになるかは分かりませんが(笑)。
ロッドのオーダーは予定よりも少し早くなってしましました。
どんなロッドになって仕上がってくるのか、今からとても楽しみだったりします。


<< <Episode #21...      <Episode #2... >>