2016年 06月 13日

<Episode #204> 6月の天塩川

f0317993_2139482.jpg



f0317993_2152246.jpg



最後に僕が天塩川へと足を運んだのが昨年の11月だから、かれこれ7ヶ月ぶりに北の本流、天塩川へと足を運ぶこととなる。
テレメーターで確認すると、水位は少し落ち着き、気になる濁度もそう悪くはないようだ。
きっとこの時期の本流ではワサワサと羽化したばかりのヒゲナガが飛び交っているのだろう。
僕は魚とは違ってなかなか動きの予測の出来ないヒゲナガがどうも苦手なのである。
それでも、念のためにヒゲナガを模したCDCセッジを何本かだけフライボックスに追加しておくことにした。


f0317993_21532434.jpg



f0317993_21535576.jpg



車の中でこれまでのことを思い返しながら、最初に入るポイントをいくつかに絞り、最終的にヒゲナガの多そうなポイントに決める。
どうも表層を意識した初夏の釣りには苦手意識が付きまとうから、フライとラインシステムはサワヤカサワデーさんのを参考にする。
取り敢えずバックスペースがあまりないので、ロッドは12フィート6インチ、7/8番のMKSを使うことにした。
Farlexにはスカジットスイッチ540gr、ティップは15フィートのType3。初めて01X、9フィートのテーパーリーダーを使ってみる。

速い流れにウェーディングし、ヒゲナガが飛び交う中、背後の河畔林を気にしつつ、キャスト&スイングを繰り返す。
スイングの終わりかけにコツンとバイトがあるが、やはり最初の魚は定番のウグイさんだった。


f0317993_22255521.jpg



f0317993_22261877.jpg



今度は瀬頭まで遡行し、そこからステップダウンをすることにする。
3度目のキャスト&スイングの途中で、スイングするCDCセッジがまるで根掛かりのようにグゥンと止まる。
そしてフライフィッシングの教科書通りにロッドを岸側へと傾けた。
まるで一瞬のアイドリングの間があったかと思うと、レインボーはアクセル全開で下流に向けてロケットスタート。
レギュレーターを絞ったFarlexから、金属系の激しいスクリーミングサウンドと共に一気に白いバッキングラインが引き出されていく。
流れが速いので、そんなラインを巻いては引き出されをヒヤヒヤしながらアディオスを覚悟しつつ何度も繰り返えした。

お相手はオスのLサイズ半ばの本流レインボーだった。


f0317993_22451384.jpg



f0317993_22453883.jpg



ティップをType3から15フィートのT-11に交換し、ティペットは3号のフロロを2m程直結する。
そしてフライをCDCセッジから前夜に巻いたコーンヘッドチューブフライ"Interaction"ブラック&オレンジに結び替えた。
もう一度、瀬頭からステップダウンを繰り返していると、今度は5回目のキャスト&スイングの途中でフライがゴンと強い衝撃と共に止まる。
そして先ほどのレインボーと同様に、一気に流れに乗って下流へとロケットダッシュ。
ミシミシとバットがきしむ音がする中、ロッドに掛かる負荷とスピード感から先ほどのレインボーよりもサイズが数段大きいことは容易に想像出来た。
長いやり取りを繰り返し、これは多分キャッチ出来るかなと思ったのが僕の油断だったのだろうか。
そんな油断もつかの間、最後の疾走と共にフッとロッドに加わるテンションが軽くなった。

残念ながらLLサイズを予感させるレインボーとはこの時点でアディオス。
計り知れない脱力感に包まれながらラインとフライを回収してみると、5号のチヌ針が伸ばされていた。
このチヌ針は長年愛用してきているけれど、根掛かり以外で引き伸びたのはこれが初めてだった。

新緑に包まれたフィールドの雰囲気を感じるまでの余裕が僕に戻るまでに、少しの時間を要しただろうか。


f0317993_238959.jpg



f0317993_238262.jpg



今度はロッドを14フィート、7/8のMKSに持ち替え、気になるポイントをいくつか彷徨ったけれど、ノーバイトの時間が長く続く。
日が高くの昇ると、フィールドはエゾ春ゼミの賑やかな鳴き声に包まれていった。
久しぶりの川歩きだったせいか、途中のポイントで石に滑りお尻の骨を強打したので、しばらくは歩くの不自由するような痛みが続く。
痛みを我慢しながら、軽いランチとお昼寝で午後の釣りに備えることにした。


f0317993_23203147.jpg



f0317993_23205146.jpg



オールブラックの3 3/4" Saracione Mk.Vにはスカジットコンパクトのインターと15フィートのType3のティップの組み合わせ。
本格的なイブニング前だったけれど、9フィートの01Xのテーパーリーダーの先には、CDCセッジを結んだ。
Saracione Mk.VはFarlexとは少し異なった存在感のあるスクリーミングサウンドを奏でてくれる。
イブニングを前に、ヒゲナガたちの動きも活発になってきたようだ。
水面下をスイングするフライに不意に衝撃が訪れ、サラシオーネの逆回転音がフィールドにプロローグのように響き始める。
ロッドを岸際に倒し、本格的な次の疾走に備えていると、予想通り一気にラインが下流へとリールから引き出されていった。
ドキドキしながらも、思わず心酔してしまいそうな音色は、本当に気持ちが良かった。
そんなサラシオーネから美しいサウンドを響かせてくれたのは、Lサイズのメスのグラマーな本流レインボー。
彼女の持ち合わせる力強さで、VARIVASのフックはやはり少し引き伸ばされていた。

彼女の右顎からフックを外し、宝石のような美しさが流れに戻るのをしっかりと見届けた。
どうやらフィールドには飛び交うヒゲナガの数が増えたようだ。
フィールドはいよいよ僕が苦手とする時間が始まろうとしていた。
                                                         68.15→67.98

f0317993_235362.jpg



f0317993_23532610.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-06-13 23:57 | Fishing Reports | Comments(20)
Commented by sawayakasawade at 2016-06-14 08:25
Yunさん おはよう御座います。

一日でLサイズ2本とは恐れ入りました。
YunさんのLINE情報のおかげで土曜日はまったく落ち着きませんでしたw
貴重な情報ありがとう御座います。
それにしてもこの時期のレインボーのファイトは圧倒的で私は全然余裕がありませんでしたwその中でも写真やリールの音を楽しむYunさんは流石だなと思った次第です。
私もYunさんの釣具は良く参考にさせて頂いております。
エアフロにマイザーとかなり影響を受けております。
リールは高くて手が届きませんがw
どこかの本流でお会いした際は宜しくお願いします。




Commented by abu-z4 at 2016-06-14 08:30
Yunさん、おはようございます。
土日は、お疲れ様でした。
今回の天塩川は、全体的には厳しいものだったと思います。
そんな中でもLサイズ2匹に出会いLLサイズを1匹掛けたのですから、素晴らしいとしか言いようがありません。
一緒にロッドを振る機会がなく、Farlexのサウンドを聴くことが出来なかったのが残念です。
多分、今シーズンいやと言うほど聴くことになるとは思いますが(笑)
次回もまた北でしょうか、それとも東でしょうか?
また、宜しくお願いいたします。
Commented by Yusuke at 2016-06-14 15:58 x
こんにちは。先日は珍しく釣れたので朝からメールしてしまいましたが、yunさんもLサイズを釣られたと返信いただき、流石と感心しながら興奮していました。夜もとても楽しかったです。お仲間に加えていただきありがとうございました。
今年もあまり回数多くはいけませんが、また釣れたらメールますね(笑)。
Commented by masa1st1956 at 2016-06-14 19:37
Yunさん、こんばんは。
車中泊、お疲れ様でした。
それにしても一日目のLINE連絡網は流石に圧倒されました。
何が違うのかジレンマに陥り悪循環のフルコースでした・・・後で納得しましたが(笑)
今度はおそらく十勝あたりかなと思いますが、その時は宜しくお願いします。
PS.マイザー12.6かFarlex悩みます(笑)
Commented by andieloop at 2016-06-14 21:19
Yunさん、こんばんは!
この日はFBでのアップトゥデートな情報も楽しませて頂きました。
でも、ブログで読む味わい深い文章もやっぱりイイですね(笑)。
今後とも面倒がらずにブログ・FB両方ともお願いします(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-14 21:30
サワヤカサワデーさん、こんばんは。
日曜日はお会い出来ず、残念でした。
苦手な初夏の本流ですが、偶然でもこういうことがあると、やはり本流通いはやめられませんね(笑)。
仰るように、この時期のレインボーのスピード感には舌を巻いてしまいます。
今回もいつアディオスしてしまうかと、ヒヤヒヤの連続でした。
写真は決して余裕があるわけではなく、いつアディオスしてもいいように記念に撮っているだけですよ。
本当はiPhoneで撮りたいところですが、防水ケースの反応が悪くて実現しないでいます(笑)。
今度は本流の初夏のポイントに是非ガイドしてくださいませ・・・笑。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-14 21:40
ABUさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
土曜日はちょっと出来過ぎの一日だったと思います。
もちろんその反動で、日曜日はSサイズが1尾と、さっぱりでしたが・・・笑。
でも、気持ちの良い初夏の日差しの下で、キャスト&スイングが出来ただけで楽しかったです。
あのアディオスしてしまったLLサイズアップのレインボーの感触が今でも記憶に残っています。
あのレインボーは是非ともその姿を目に焼き付けておきたい一尾でした。
Farlexのサウンドは、是非近いうちにお聞かせ出来る事を願っております。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-14 21:45
Yusukeさん、こんばんは。
突然の魚釣れたよ写真添付迷惑メールに、ちょっと驚いてしまいました(笑)。
今回は久しぶりにフィールドでご一緒させていただき、夜の部も本当に楽しかったです。
Yusukeさん特製の煮込みホルモンやジンギスカンは本当に美味しかったですよ。
お仕事がお忙しいようですが、また機会があればフィールドでご一緒出来るのを楽しみにしております。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-14 21:50
masa1st1956さん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。今回もなかなか楽しい夜の部でしたね。
以前はメールによる連絡網でしたが、最近はすっかりLINE連絡網になってしまいましたね。
これも時代の流れなのでしょうか?便利なようですが、実はまだ馴染めていなかったりします(笑)。
masa1st1956さん、新しいタックルですね。それは是非両方とも・・・笑。
フィールドでは、また宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-14 21:58
andieloopさん、こんんばんは。
最近はフィールドでの様子をFBにアップしていますが、これがなかなか釣りの方に集中出来なくって・・・笑。
スマホの画面を見ながら、私はフィールドに何をしに来たのかと、思わず悩んでします(笑)。
でも、案外これも楽しんでいるのですよ。
ブログは特に面倒というわけではないのですが、今でもこちらがメインだと思っています。
何しろこちらの方が記録として残るものですから・・・笑。
Commented at 2016-06-14 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-15 00:08
鍵コメのKAZUYAさん、こんばんは。
新緑の眩しい、北の本流でした。
残念ながらKAZUYAさんの推測は、良いところをついてはいますが、どれも不正解でした(笑)。
詳しいことは、今度お会いした時にでも・・・笑。
リクエストの件、了解しました。
こちらこそ、お会い出来る日を楽しみにしております。
Commented by sugi-51 at 2016-06-15 00:57
yunさん、こばんは。
7カ月ぶりの天塩川十分堪能されたようですね。水曜日あたりからLINE上でヒートアップして行く皆さんのやり取りが楽しいやら、恨めしいやら…。土日も早朝からのLINEのやり取りが
臨場感があり、釣り場に行けなくてもエキサイティングで楽しく拝見しておりました。
便利な世の中になりましたね~。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-15 14:02
sugiさん、こんにちは。
せっかくのお休みのところ、迷惑LINEは大変申し訳ありませんでした(笑)。
流れのあるフィールドも、少しずつ雰囲気が良くなってきたようですよ。
そろそろ、フィールドでご一緒できるのを楽しみにしております。
Commented by kawanami at 2016-06-15 22:37 x
Yunさん、こんばんは。
先月朱鞠内でご一緒させて頂いたkawanamiです。
土曜日は僕も同じ川で一日ロッドを振っておりました。そしてLサイズのレインボーを釣り上げた事も、ほぼリアルタイムでサワヤカサワデーさんより聞いておりました笑
いつも結果を残すYunさんは、さすがの一言に尽きます。とても美しいレインボー 羨ましいです。
僕の方はLサイズのレインボーを実力不足でラインブレイクしてしまい、悔いの残る一日となりました。それでも広大な流れの中を疾走するレインボーとのやり取りは病みつきになりますね。笑
すっかり魅了されてしまいました。
いつか「天塩ブランド」のレインボーに出会える日を夢見て通い続けようと思います。
また、ご一緒させて頂ける機会を楽しみにしております。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-16 21:39
Kawanamiさん、こんばんは。
朱鞠内湖ではお世話になりました。
サワデーさんから来られている事は聞いていたので、お会い出来るかなと思っていたのですが・・・笑。
ラインブレイクはとっても残念でしたね。
私は3号のフロロを使っていますが、もっと太いティペットを使われている方もいると聞いたことがありますよ。
きっとそのうちにKawanamiさんにも素敵な出合いが巡ってくると思いした。
またフィールドでお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by maximizer828 at 2016-06-16 23:12
Yunさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
何時もですが狙い通りのLサイズ2匹、アディオスは残念でしたがLLサイズと流石過ぎます。
写真の中でも2枚目のマイザーロッドがバッドから曲がっている写真はとても臨場感があって良いですね!
川の音をBGMにサラシオーネのスクリーミングサウンドが聞こえてきます。

今週末は雨が気になりますね。僕は先週の反省を終え、結果、結局チューブフライを巻くことにしました(笑)
僕は土曜日の夜中からしか釣りに行けませんが、お会いできた際はまた宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-16 23:30
maximizer828さん、こんばんは。
先週末はお疲れ様でした。
早朝のコーヒー、美味しくいただきました。いつも気遣い、ありがとうございます。
苦手な初夏の釣りですが、今回は廻り合わせが良かったようです。
きっと我慢してセッジ系のフライを結んだのが良かったのでしょうね(笑)。
Saracioneはもちろんですが、Farlexの音色はそれとはまたちょっと違って素敵でしたよ。
maximizer828さんこそ、グッドサイズのアディオスは残念でしたね。
今週末の天気といいますか、雨の影響が気になりますが、ご一緒出来ました際は宜しくお願いいたします。
P.S.私はまたCDCセッジを巻いていました(笑)。
Commented by akiranspey at 2016-06-18 20:46
YUNさん、こんばんは。
先日はお世話になりました。
本流も朝や夕方はもう少し賑わってもいいのかなと思いましたが、比較的静かな時間だったと思います。
鱒は至るところにいるとは思うのですが、ひょっと行ってなかなか釣れるものではないですね~(^^♪
YUNさんはさすがです!!
またお伺いの際はよろしくお願いします!!
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-19 20:19
akiranさん、こんばんは。
少し長めの北海道釣行、お疲れ様でした。
相変わらずakiranさんはタフですね。

あれだけの数のヒゲナガが飛んでいてもライズはなし。
もう少し魚の数が増えるとといいですね。
そうするともう少しレインボーとのスリリングなやり取りを楽しめるのですが・・・笑。
今回は素敵なリールを見せていただき、ありがとうございました。
また近いうちにお会い出来るのを楽しみにしております。


<< <Episode #20...      <Episode #20... >>