2016年 05月 29日

<Episode #200> 春のオホーツク本流巡りと赤い管付チヌ針

f0317993_21415644.jpg



大雄橋の駐車スペースに車を止めてドアを開けると、いきなり大音量の春ゼミの鳴き声が僕の耳に飛び込んできた。
それは予想以上に大きくて、早朝の清々しいフィールドの空気感もどこかへ吹き飛んでいってしまうぐらいのものだった。
朝日に輝く新緑につつまれて、それでも眩しいオホーツクの日差しが照り続ける。
途中で通り過ぎた浮島峠ではまだほんの少しではあるけれど冬の置き土産のような残雪が残っていたというのに・・・。
セミの鳴き声に混じって、今シーズン初めてフィールドに立つという友人の鼻歌が聞こえてくる。
心地良い気分で迎えた朝、今日はもしかしたら5月末とは思えない暑い一日になりそうな予感がした。


f0317993_2156094.jpg



f0317993_21561033.jpg



少し水位の高い渚滑川のC&R区間は、まだ雪代の影響でほんのりとミルクを薄めたような淡いグリーン色に染まっていた。
本流そのものはまだ本来の落ち着いた姿に戻っていないようだったけれど、河畔にはたくさんの生命感で満ちていたと思う。
賑やかなセミシグレを耳にしながらマイザーの13フィート、5/6番、MKSを手にしてゆっくりと釣り下ることにする。
残念ながら越年したと思われるレインボーには出合えなかったけれど、心地良い新緑に包まれながら、
まだ放流されたばかりのスレていないレインボー達に遊んでもらっただろうか。


f0317993_22104431.jpg



f0317993_22114675.jpg



渚滑川の春ゼミの鳴き声をあとにして、今度はもうひとつのオホーツクの本流、湧別川へと移動することにする。
湧別川もまだ水位が平水よりも若干高めだけれど、雪代の影響は渚滑川よりも少しだけ影を潜めていただろうか。
湧別川ではロッドのスペックを少しだけ上げて、マイザーの14フィート、6/7番、MKS。
ラインはスカジットコンパクト・インター540grに15フィートのT-14の組み合わせ。


f0317993_22192556.jpg



今年はオフ期間がずいぶんと長かったMoriさんの巻いたコーンヘッド仕様のチューブフライを見せてもらう。
それにしても相変わらず独創的でユニークなフライがぎっしりと並んでいてちょっと新鮮な感じ。
そんな僕は、ティペットの先に少し小さく巻いてみたブラック&オレンジの"Interaction"を結んでみた。
ただいつもと違うのは、お気に入りのハリミツの管付チヌ針ではなく、カツイチの赤い管付チヌ針にしたことぐらい。


f0317993_22253924.jpg



f0317993_22255572.jpg



お気に入りのランも雪代の影響で水量が多いせいかいつもよりも流速が速い印象がする。
それでも数キャスト目にはスイング中のフライにほんの数秒ほどのテイクが訪れただろうか。
ロッドを通して感じる長くは続かない躍動感はその後も何度か続くので、何ともいえない緊張感が僕の中で膨らんでいく。
そしてそこからさらに数歩ほどステップダウン。
今度はスイングの途中でグゥンとラインごと強く引き込まれた。
おそらくフライはボトム付近をユラユラと泳いでいたと思うけれど、お相手は一度水面まで浮上して大きな波紋を作り、そしてそこから一気に下流へと疾走。
僕は初めてオールブラック仕様のサラシオーネからスクリーミングサウンドが奏でられるのを聞いた。
そんなスクリーミングサウンドを何度か耳にし、今度は水面下で反転するレッドバンド見た瞬間、さらに緊張感が増す。
サイズこそMサイズ後半だけれど、僕にとっては今シーズン初めて本流で出合うレインボーにちょっと嬉しくなる。
赤いチヌ針をABUさんのフォーセップで外すと、レインボーは雪代の混じった冷たい流れの中にまた戻っていった。
カツイチのキラキラと輝く赤いチヌ針が良かったのかどうか、その真相は今でも分からないけれど、
僕の中で好感度が増したことは確かなようだ。
やがて5月の湧別川に冷たい雨が降り始める。
早朝は初夏を印象付ける青い空だったけれど、いつの間にか空は厚い雨雲で覆われていたのだった。
                                                              36.12
                                                              51.03
f0317993_2310856.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-05-29 23:13 | Fishing Reports | Comments(12)
Commented by mooly at 2016-05-30 12:16
Yunさん、こんにちは。
渚滑、湧別、よし乃の オホーツクセット。
リハビリフィッシングの私にはちょうど良かったです。
車中では久しぶりに、オヤジギャガーYunさんのセンスあるギャグも聞けましたし。(笑)
でも久しぶりにフィッシングウェアに身を包んだ自分の姿を写真で見たときは、
かっぷくがいいどこのオッサンだ? と自分の姿を疑ってしまいました。
それにしても、あのタイミングでのレインボウ さすがです。
今年もYunさんに全部もってかれるかと思いま おっと違う違う! もとい
今年もYunさんは楽しまれるのだなーと思いました。(笑)
まだまだ私はチューバーになりきれてませんが、今年は積極的にチューブフライを使おうと思います。
早く自分の中で信頼できるチューブパターンを見つけたいものです。
さてさて、今年の本流どうなりますか。楽しみです。
あと、そうそう、今回のよし乃 なぜかいつもより数倍おいしく感じました。
Commented by masa1st1956 at 2016-05-30 16:32
Yunさん、こんにちは。
とうとう本流始まりましたね、幸先よくグットサイズのレインボーおめでとうございます。
赤のチヌバリ効果でしょうか?私も効果のほど確認したいのですが中々行く機会に恵まれない状況です(泣)
ご一緒出来る時は宜しくお願いします。
Commented by yaskhoo at 2016-05-30 20:11
オホーツク側の河川は3年前からのよい思い出のある河です。本当に大好きな河!!そこでもレインボーを釣られるとは、さすがYunさんですね・・・早く、白いシルバーマーチブラウンを巻かないと・・・すぐにでも、北の地にお邪魔したいのですが、7月第一週になりそうです。
こちらは梅雨だと思いますが、そちらが晴れているといいのですが・・・ところで、Moolyさんのフライも魅力的です!!よろしくお願いします!!
Commented by abu-z4 at 2016-05-30 20:35
Yunさん、こんばんは。
土曜日は、お疲れ様でした。
渚滑ではかなりの数のレインボーと遊び、湧別ではグッドサイズ、やはり「今日もまたYunさんの日」でしたね(笑)
Yunさんにはレインボー、moolyさんにはアメマス、僕はアレですから・・・・・・・
嫌いな魚じゃないけれど、喜べませんね(笑)
それでも思う存分遊んだせいか、一日があっという間に過ぎたように感じました。
今回も楽しい釣り、ありがとうございました。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-30 22:11
Moriさん、こんばんは。
Moriさんにとっては半年振りのリハビリ釣行になりましたね。お疲れ様でした。
それにしてもMoriさんの高揚した気分、鼻歌も混じったりして、とても楽しそうでした。
そうそう、MoriさんのフライボックスをFBで紹介したら、海外の方からもっぱら"Killers"とすこぶる好評でしたよ(笑)。
わたしのオヤジギャグはまったくセンスがありませんが、これからもMoriさんのセンスで楽しませて下さいね。
これから毎回車中ではMoriさんのディープウェーディングについて話題にさせていただきますので、
宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-30 22:16
masa1st1956さん、こんばんは。
いよいよ今年の本流シーズンのスタートですね。
もう少し水温が上がりましたら、さらにコンディションが良くなるのではと思いました。
赤いチヌ針はもしかしたら効果的なのかもしれませんが、ボトムにタッチすると直ぐに地金が出てしまうようです。
近いうちに本流へご一緒出来るのを楽しみにしております。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-30 22:22
やすこうさん、こんばんは。
これからオホーツクの本流も少しずつコンディションが良くなっていくのではないでしょうか。
湧別川はやすこうさんのお好きな本流のひとつでしたものね(笑)。
MoriさんのKillersと評されるチューブフライはなかなか独創的でしたよ。
特にフラッシャーとラバーレッグの使い方がとってもユニークです。
お仕事の方が落ち着かれましたら、7月にお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-30 22:27
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。久しぶりにご一緒できて楽しかったです。
特に車中でLINEのスタンプの話題になった際には、私の知らないABUさんの一面を見れたような・・・笑。
おかげさまで今回もあっという間に過ぎた楽しい一日でした。
また近いうちにご一緒出来るのを楽しみにしております。
Commented by sugi-51 at 2016-05-30 22:37
yunさん、こんばんは。
オールブラック仕様のサラシオーネからスクリーミングサウンド、想像するとちょっと刺激的です。いよいよ本流シーズンがスタートしたようですね。滑り出しも好調なようでさすがですね~。
近いうち是非、ご一緒願います。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-30 22:57
sugiさん、こんばんは。
ほんの短い時間だけ素敵なサウンドを耳にすることが出来ました。
いよいよ本流シーズンも始まり、毎週末どこのフィールドに足を運ぶのか迷うことになりそうです。
また近いうちにご一緒出来るのを楽しみにしております。
Commented by maximizer828 at 2016-06-02 07:56
Yunさん、おはようございます。
オホーツク本流釣行とよし乃味噌ラーメン良いですね!
最強の3人が集まったのはかなり久しぶりですね。
きっと1日中、笑いが絶えなかったのではないでしょうか。
moolyさんのフライも凄く良い感じで僕も実物を見てみたかったな・・・
この日釣りに行けなかった僕はFacebookを見て妄想ばかりしていました(笑)
その反動でフライの創作意欲が増したので逆に良かったと自分に言い聞かせていますが、今週末こそと思ってます。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-02 20:50
maximizer828さん、こんばんは。
今回はMoriさんのテンションの高さに引っ張られて、かなり面白い一日でした。
それにABUさんの普段のキャラクターとは異なる意外な一面も見れましたし・・・笑。
Moriさんのチューブフライはラバーレッグにフラッシャーがふんだんに使われていて、とてもユニークでしたよ。
ご本人はまだまだ検討の余地ありと仰っていましたが・・・笑。
maximizer828さんの巻かれたフライも見せていただくのを楽しみにしております。
今週末はご一緒出来るといいですね。


<< <Episode #20...      <Episode #19... >>