2016年 05月 08日

<Episode #197> 春遠い朱鞠内湖

f0317993_18373284.jpg



プラスチック製のフライボックスにオリーブゾンカーをぎっしりと詰め込む。
そして例年より1週間ほど遅く、数日前に湖面が解氷した道北の朱鞠内湖に足を運ぶことにした。
雨のパラつく道央道をひたすら走り、さらにR275を北上する。
車の外気温計は徐々に下がり始め、やがて路面凍結の警告等と共に2℃を示した。
sugiさんとの待ち合わせは、イタリア半島の付け根の小さな駐車スペースだったりする。


f0317993_18523244.jpg



f0317993_1852529.jpg



パラパラと存在感の薄い小雨が降る中、何台かの車とsugiさんの車が止まっている。
程よい湿度を伴ったひんやりとした空気感の中、早朝の静寂さに混じって野鳥の囀りが響いてきた。
数日前に届いたというsugiさんの初めてのマイザーを見せてもらう。
婚姻色が出始めたイトウのイメージというコスメは、僕が予想した以上に美しい仕上がりだった。
グリップの形状からして、おそらく工房のNic作のロッドだと思われる。
そして僕は、グリップをリビルドしてもらったロッドに久しぶりにSiskiyouのリールをセットしてみることにした。
ちなみにラインはAtlantic Salmon SH S1/S2。


f0317993_1943587.jpg



期待に反して早朝のイタリア半島の付け根は、まだ氷で閉ざされていただろうか。
少し離れた湖面が出始めた場所でロッドを振るが、ノーリアクションの時間が長く続いた。
沈んだ切り株にフライが引っ掛かると、一瞬過去のイトウとの出合いが思い出されてドキリとする。
そういえば産卵に集まったワカサギの姿は一度も見ることはなかったかな。

この減水した時期だけ歩いて渡れるカラス島というポイントに初めて足を運んでみた。
カラス島は前浜のすぐ横にあるのだけれど、個人的にはロケーションとしてつまらないものだった。
やはり渡船を利用しないのであれば、イタリヤ半島や取水崎の方がその雰囲気が好きだろうか。
湖の北に位置するブトカマベツにはもう何年も足を運んではいない。


f0317993_19174715.jpg



f0317993_19175736.jpg



やがて風が強まり始めた。
午後からはsugiさんともう一度イタリア半島、今度はその先端部分まで足を運んでみることにする。
減水時期の朱鞠内湖らしい景色を見ながら、ヌルッと滑りやすい足元に注意しつつ、先端部分を目指した。

それから風がさらに強まり始める中、キャストとリトリーブを繰り返していると、不意にロッドに生命感を伴ったバイブレーションが訪れる。
まだ小さかったけれど、宝石のように眩い湖沼型のサクラマスだった。
解禁前なので、写真を撮りすぐにリリースする。

それにしてもブルーともグリーンともいえない背中の色をした美しいプラチナカラーのサクラマスだった。
このサクラマスにフライフィッシングで出合いたくって、ルアーの釣りからフライフィッシングの釣りに転向したのが思い出された。
そんなサクラマスの背中の色がシスキューのディープグリーンととてもマッチしていたようにも思える。

残念ながら期待していたイトウの気まぐれな回遊とはクロスすることはなかったけれど、
何だかフライフィッシングを始めた初心に立ち戻れたような気分の一日だったかな。


f0317993_20493798.jpg


Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-05-08 20:53 | Fishing Reports | Comments(6)
Commented by bolocyan at 2016-05-08 23:00
yunさん今晩は
朱鞠内おつかれさまでした。
Farlexをオーダーされたそうで届くのが楽しみですね。
やっぱり魅力的ですよね(笑)
ご相談にのってもらったウッドハンドルのマイザーが
この間届きまして、なかなか素敵な仕上がりでした。
ありがとうございました。
それと、12ftのロッドとスイッチラインのレポートも楽しみしています。それではまた。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-09 20:59
bolocyanさん、こんばんは。
朱鞠内湖は春のシーズンが始まったばかりです。これからが楽しみですね。MAXはさすがに身体が持ちませんが・・・笑。
Farlexのリールが届くのはもう少し先ですが、実物を見るのが楽しみだったりします。
Timは日本までの送料を調べていたので、もしかしたら日本に入る最初のリールになるのかもしれませんね。
bolocyanさんのところに2本目のマイザーが届きましたか。羨ましい限りです(笑)。
bolocyanさんがお気に入りのウッドハンドルのコスメを見せていただくのを楽しみにしています。
エアフロのスカジットスイッチのレポートは、もう少々お待ち下さい(笑)。
Commented by andieloop at 2016-05-09 21:53
Yunさん、こんばんは!
この日は例の朱鞠内MAXではなかったのですね(笑)。
手練のSugiさん&Yunさんが行っても簡単には釣れないのがイトウという魚なんですねぇ。
あっ、それとFB見ましたが最近スマホにしたんですね、裏切り者~!(笑)

Commented by slowfishing-yun at 2016-05-09 22:56
andieloopさん、こんばんは。
Moriさんにも同じ事を言われてしまいましたよ。申し訳ありません。ガラケーBros、勝手に卒業してしまいました(笑)。どうしてもテレメーターがチェック出来なかったもので・・・。
今思うと、あそこでもう少し粘ればもしかしたら・・・と思いますが、こればかりは仕方がないですよね。
今年も渡船が始まりましたら、是非朱鞠内湖MAX、チャレンジしてみましよう(笑)。
Commented by sugi-51 at 2016-05-09 23:02
yunさん、こんばんは。
土曜日は少ない仮眠時間の中、お疲れさまでした。当日は右往左往しましたが、インレット、インレットから先端まで、体力的に結構キツイものがありましたが、新たなポイント・減水期の湖底の状況を把握することができました。何か引出しが増えた様で、結果はともあれ得した気分でした。
また近いうちにご一緒して下さいね。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-10 00:04
sugiさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
荷室のDIY、ご苦労様です。これでこれからの車中泊も快適に楽しめますね(笑)。
それにしても今回は本流並みにたっぷりと歩きました。久しぶりに良い運動になったと思います。
新しいマイザーはとても素敵でした。ループ・クラシックとの組み合わせも良い感じですし・・・笑。
おそらくまだロッドのアクションに慣れないと思いますが、きっとそのうちに、sugiさんの身体の一部になるのではと思っています。
こちらこそ、また宜しくお願いいたします。


<< <Episode #19...      <Episode #19... >>