2016年 05月 04日

<Episode #195> GWの釣り / 十勝川

f0317993_16304067.jpg



東の空が白々と明るくなり始めた頃、僕の車はスムーズに道東道を走る。
車の中では、久しぶりにJack Johnsonのサーフサウンドが流れていた。
特にこれといった理由がある訳ではないのだが、不思議と彼のサウンドが聴きたくなることがある。
もしかしたら天気予報が語っていたように、今日の気温が初夏を思わせるぐらいにまで上がることが予想されたかもしれない。


f0317993_16381131.jpg



f0317993_16382461.jpg



水の色といい、フィールドのコンディションはすこぶる良かったと思う。
遠くを見ると山々の頂には、まだまだたくさんの冬の白い忘れ物が残されていた。
そんな山々から流れてくる本流だから、水温はまだベストよりも低かったのかもしれない。
Patagoniaの赤いジャケットを着たmr.hooさんとフィールドでお会いしたのは初めてかな。


f0317993_16444925.jpg



f0317993_1645082.jpg



2日前からタイイングバイスの前に座り、少しずつではあるが数本ずつのフライを巻いておいた。
ヒゲナガが飛び始めるのはまだだけれど、川底のラーバを意識しつつ、黒系の"Interaction"と"E.S.L."をいくつか。
まだ僕がタックルの準備も終わらないうちに、mr.hooさんのロッドが曲がる。
残念ながらアディオスしてしまったようだけれど、フライは8番フックに巻いた小さなウエットフライ。
確かにフィールドでは小さなカディスがハッチしていたから、ちょっとフライの用意を間違えたかなと・・・笑。


f0317993_16555068.jpg



f0317993_1656199.jpg



グングンと上がり始めた気温はやがて20度を超える。
まるで初夏のような十勝らしい日差しと水の冷たさとのアンバランスさが不思議と気持ちが良かった。
耳を澄ますと、ヒバリやウグイスの囀りが耳元に届けられる。
これだけの野鳥の囀りを耳にしたのはしばらくぶりで、そんなのどかな時間がとても新鮮に感じられた。


f0317993_1733195.jpg



f0317993_1735269.jpg



タックルはMeiserの14フィート、6/7番、MKSとSaracione Mk.V 3 3/4"の組み合わせ。
ラインはSkagit Compact(I) 540grと15フィートのT-14の組み合わせ。
こんなラインシステムでボトム付近を意識しながらフライを送り込んだりスイングさせたいのだけれど、
十勝川の流れは予想以上に速かったりする。

昼食のランチタイムをはさみつつ、いつくかの思いつくポイントを徘徊した。
イメージ通りの、レインボーが反転すると同時にランニングラインに伝わってくる、ひったくるような強烈なテイクを期待したけれど、
それがフィールドで過ごした一日の最後までかなうことはなく、スイング中に2度ほど小さなバイトがあっただけ。

まあそれはそれでよいのである。
GWに流れのあるフィールドでキャスト出来て、フライをスイングさせることが出来たのだから。
さて、小さなウエットフライでも巻き足しておくことにしますか・・・笑。
                                                               60.12

f0317993_17224961.jpg



f0317993_1723569.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-05-04 17:25 | Fishing Reports | Comments(12)
Commented by mr,hoo at 2016-05-04 20:27 x
yunさん昨日はお疲れ様でした。いきなりのアディオスを見せられてなによりです(爆笑) あの後に徐々にポイントを上流側に移動しましてフライをイントルーダータイプに替えましたが フライのほうがデカイんじゃないのサイズが顔を出してくれました(笑) フライの選択って本当に難しいですね。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-04 21:03
mr.hooさん、こんばんは。
火曜日はお疲れ様でした。
Patagoniaの赤色のジャケットが素敵でした。
私のSIMMSのオレンジジャケットは、すっかりくたびれて色落ちしていますが・・・笑。
開始早々のグッドサイズは残念でしたね。でもまあ、魚には優しいリーリスの仕方だったかもしれませんよ(笑)。
近々、久しぶりに小さなウエットフライを巻いておくことにしますね。
またよろしくお願いいたします。
Commented by sawayakasawade at 2016-05-04 22:41
Yunさん
こんばんは。十勝川は厳しかったようですね。私の釣り仲間が7人ほど行ってましたが文句ばかり言ってましたw
流れが速くて底石が比較的小さい流域が多いので難しい川だなと思っています。その分魚は最高すぎてデカイの掛けても私は取れませんがw

Commented by slowfishing-yun at 2016-05-04 23:36
サワヤカサワデーさん、こんばんは。
期待したんですが、これがなかなか厳しくって・・・笑。
流速も速いですし、大きい本流レインボーはいつもアディオスしてばかりです。
でも、久しぶりに流れのあるフィールドで一日を過ごせて、不思議な充足感に包まれました。
それにしても、サワヤカサワデーさんが出合ったレインボーは素敵でしたね。
今度是非、ガイドをお願いします(笑)。
Commented by maximizer828 at 2016-05-05 08:44
Yunさん、おはようございます。
3日はお疲れ様でした。
朝一のポイントではお先に失礼しました。
頭の中はスイングで釣れるイメージが満載だったのですが、、、流れが速く思うように沈められなくてお手上げでした。
僕の場合フライやシステムについてもそうですが、キャスト技術がまだまだなので当然ですね(笑)
次はバラシオーネでも良いから魚とやり取りしたいと思っています。
また宜しくお願いいたします。

P.S.相方のレスキューありがとうございました。


Commented by abu-z4 at 2016-05-05 09:16
Yunさん、おはようございます。
火曜日は、お疲れ様でした。
確実なバイトにつながらないのは、やはり活性が低いのでしょうね。
釣果はともかく、本流でのスイングを楽しまれたようでなによりです。
次に十勝を訪れる際は、是非ご一緒したいと思っています。
よろしくお願いいたします。
Commented by akiranspey at 2016-05-05 09:22
YUNさん、おはようございます♪
水の色はいい感じに見えますが、まだ水温が冷たいのでしょうか?
もう少しで本流も開幕して川面が賑わいそうですね♪
素晴らしいレインボーのアップお待ちしております!!
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-05 11:49
maximizer828さん、こんにちは。
レスキュー、どういたしまして(笑)。3日の十勝川、お疲れ様でした。
早朝はポイントに一番乗りと意気込んだのですが、すでにそこには赤い車が・・・笑。
釣りとしては厳しかったですが、キャストそれにスイングと気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。
あと、サラシオーネの黒のサイドプレートは汚れが目立つので、是非ともお手入れをお願いします(笑)。
次回も宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-05 11:54
ABUさん、こんにちは。
先日は早朝からお電話してしまい、申し訳ありませんでした。
なかなかダンスのお相手には出合えませんが、一日を通して次こそはとワクワク出来たので楽しかったですよ。
そういえばアミーゴポイント、夕方からたくさんの地元のアングラーが集まられていました。
近いうちにご一緒出来るのを楽しみにしております。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-05 11:59
akiranさん、こんにちは。
いつものGWは湖などの止水へのフィールド釣行が多いのですが、
今年のGWは初めて本流でのスイングの釣りが楽しめました。
本流のコンディションは良かったですよ。あともう少し水温が上がれば、虫もハッチし始めて、さらに活気づくのでしょうね。
近いうちにお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by sugi-51 at 2016-05-05 19:56
yunさん、こんばんは。
GWの本流は珍しいパターンでしょうか?。
今年は雪解けが早く本流の時期も例年に比べ速そうですね。それに比べ朱鞠内は解氷が遅くヤキモキしております。
東の山上湖は止水ではなく、ベカンのようでした。
Commented by slowfishing-yun at 2016-05-05 20:10
sugiさん、こんばんは。
GWに何度かベカンに足を運んだことはありますが、大抵は湖などの止水パターンが多かったような気がします。
今年は雪融けが早そうなのでGW中に朱鞠内湖にも行けるかなと思い、オリーブのゾンカーをたくさん巻きましたが、
漁協の中野さんよると解氷はGW明けのとのことで、せっかく巻いたフライも使うのは少し先になりそうです(笑)。
もしかしてオホーツクの小さな山上湖、雪融けで濁っていましたか?


<< <Episode #19...      <Episode #19... >>