2016年 04月 03日

<Episode #191> 強風の中で / 後志利別川

f0317993_18153055.jpg



僕の中で1年に一度ぐらいは訪れたいフィールドがある。
それは時々TVの釣り番組でも鮎釣りのフィールドとして紹介される、道南を流れて日本海へと注ぐ後志利別川。
魚の数はそれほど多くはないけれど、タイミングさえ良ければ海アメのようなコンディションの良いアメマスに出合えることがある。
とにかくこの本流で出合うアメマスは、道東など他のフィールドで出合う顔の比較的大きなアメマスとは違って、
流線型で筋肉質なボディとは対照的に顔が全体的に小さいのである。
理由は定かではないけれど、もしかしたら餌が豊富な海とを何度も行き来しているからなのかもしれない。


f0317993_1830965.jpg



f0317993_18542866.jpg



流線型の筋肉質なアメマスも素敵だけれど、やはりこの地を訪れたくなるのは、少しだけ早く春の訪れを感じることが出来るからかな。
芽吹き始めた新黄緑色のフキノトウにどこかのどかな春を感じるヒバリの囀り、それに岸際を泳ぐ鮭稚魚。
もちろんそれだけではないのだろうけれど、毎年訪れる度に何かしかの春の兆しを感じることが出来るのが楽しみのひとつ。
それにしても、今年初めて訪れた道南のフィールドだったけれど、風速10m/s以上の風がずっと吹き続けていた。


f0317993_18414784.jpg



f0317993_18525171.jpg



新しいオールブラックのサラシオーネに同じく新しいスカジットコンパクト540grを巻いた。
やはり卸し立て新品のラインはフレキシブルで滑りも良くって気持ちがいいものだ。
ティップはさしずめ15フィートのT-14、2.5号のフロロのティペットは少し長めに2mほど。
フライはグレーオリーブのコーンヘッドチューブフライ"Interaction"。
今年の鮭稚魚シーズン、僕のメインになりそうなフライで、相変わらずラビットストリップの波動のような動きは魅力的。


f0317993_18531014.jpg



f0317993_18532126.jpg



ウェーディングしていても、前にのめりそうになるぐらい上流からの突風が吹き付ける。
キャストの際にロッド操作に支障が出るぐらいの強風。
きっと明日は右腕が筋肉痛になっているだろう。
何しろフィールドでは僕の他にツーハンドのフライロッドを振っているアングラーには出合わないぐらい風が強かったから。

朝から数えて4ヶ所目のポイントにウェーディングする。
午後からさらに風が強まり、風の吹き方はまるでリズムがつかめない息遣いといった感じ。
2ヶ所目のポイントでは岸際を泳ぐ鮭稚魚の姿を見たから、少しだけアメマスへの期待感が高まったけれど、
強風の中でキャストし続けながら「今日は厳しいなあ」とポツリと独り言のように出た自分の声に、ちょっと驚いたりもした。
そろそろ、今日アメマスに出合えなかったいい訳でも考え始めようかとしている時、
対岸近くに着水したフライがスイングを始めてしばらくすると、不意にラインを通して躍動感が伝わってきた。
決して激しくはないけれど、ロッド全体が心地良くバイブレーションする。
小振りなアメマスだったけれど、このコンディションの中で僕のフライを見つけてくれただけで嬉しかった。
ネットを差し出す前にヘッドシェイクでこのアメマスとはアディオスしてしまったけれど、
おかげで最後にカーゴルームカフェで淹れたいつものイタリアンローストのコーヒーが、すこぶる美味しく感じられた。
早春の後志利別川、風は相変わらず強いままである。
                                                           3.33→3.28

f0317993_1951633.jpg



Today’s BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2016-04-03 19:55 | Fishing Reports | Comments(6)
Commented by abu-z4 at 2016-04-04 08:15
Yunさん、おはようございます。
強風の中、お疲れ様でした。
早春の後志利別川の印象は、いつも気温より寒く感じることが多かったように記憶しています。
最後には逃げられてしまったとは言え、元気なアメマスに出会うことが出来たようでなによりです。
これからしばらくの間、本流の釣りは厳しい時期に入りますが、今年は雪解けが早いので、GWの頃にはどこかで楽しむことが出来るのではないでしょうか。
でも、その前に極東の口黒アメマスがありましたね。
僕は行けないですが・・・・・・
ご一緒できる日を楽しみにしています。
Commented by slowfishing-yun at 2016-04-04 19:50
ABUさん、こんばんは。
1年振りの道南の本流でしたが、とにかく風が強くてキャストにも苦労しました(笑)。
釣りの方は厳しかったですが、やはりここにはちょっと早い春があるようです。
また近いうちにご一緒出来るといいですね。
お会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by masa1st1956 at 2016-04-04 19:52
Yunさん、こんばんは。
強風の後志利別川お疲れ様でした。
アディオスのアメマスは残念というより、よくフライを捉えてくれましたという感謝が伝わります。
今週末はどうしようか悩んでます・・・(笑)
PS.強風のリアウィンドウに映る影が何かを連想してしまいます???
Commented by slowfishing-yun at 2016-04-04 21:21
masa1st1956さん、こんばんは。
強風に髪の毛が逆立ち、面白そうなのでシャッターを押してみました。
本当は風の強さをフィールドの写真でお伝えしたかったのですが、なかなかイメージ通りに写真が撮れなくって・・・笑。
この時期はフィールド選びに悩みますよね。
コンディションが良いともう少しフィールドの春らしさが感じられるのですが・・・笑。
Commented by maximizer828 at 2016-04-05 19:54
Yunさん、こんばんは。
道南の本流お疲れ様でした。
車のリアガラスに映った画像で風の強さ加減が良く伝わりました。そうとうな風だったのでしょうね。
昨年、この時期にご一緒させていただいたあの時も風が強く、僕のキャスト技術では全く歯が立たなかった事を思い出します。
5枚目の画像のフライは色合いが絶妙で凄く釣れそうですね。
僕も創作意欲が沸いてきました(笑)
P.S.今週末は行けそうですが、どこに行ったら良いのかわかりません・・・
Commented by slowfishing-yun at 2016-04-05 20:50
maximizer828さん、こんばんは。
強風の中でのキャスト、ロッドが風に煽られて、とてもストレスフルな一日でした(笑)。
日高もそうでしたが、道南にも春が近づいているようでした。
FBに登場してくるフライにインスパイヤーされながら、少しずつアレンジを加えて巻いています。
maximizer828さんの新作フライ、今度見せて下さいね。
週末は土曜日あたりにどこかのフィールドに足を運びたいのですが、雪代も入り選択に迷いそうですね(笑)。


<< <Episode #19...      <Episode #19... >>