2015年 12月 20日

<Episode #160> ひとり十勝 / solo tokachi

f0317993_182931100.jpg



風が強い一日だった。
夜明けまでにはあと数時間はかかるであろう道東道は、最高速度が50km/hに規制されている。
追分ICを過ぎた辺りから横なぐりの猛吹雪となった。
ヘッドライトに照らされる雪はまるで白いカーテンのよう視界を遮る。
おまけに追い越し車線でトラックに追い越されると、巻き上げられた雪煙が白いスクリーンとなり、視界はホワイトアウト寸前。
危ない、危ない。
清水ICを過ぎると積雪は少なくなったけれど、十勝川に着いた時にはすっかり運転でヘトヘトになってしまっていた。

今シーズンの最後の釣り旅は、アメアスの群れの薄さが気がかりだけれど、やっぱりどうしても十勝川。
さらに今回はのんびりと気ままにひとり釣り旅である。


f0317993_18451626.jpg



気温-5℃の氷点下の中、キリっと引き締まった空気感の中で鼻歌混じりにタックルの準備をする。
頭上には12月の十勝晴れの青空が広がり、時折り十勝特有の上流から強い寒風が吹き降ろした。
S3/S4のフルシンク・スカンジSHの先にはコーンヘッド仕様の"Interaction"、チャートリュース&オレンジ。
下流域らしいゆったりとした流れにキャスト&スイング。
そしてスイングの後半からゆっくりとリトリーブ&小刻みなアクションを加えてフライを動かしてみる。

期待をこめて水深のあるポイントを数ヶ所巡ってみたけれど、残念ながらノー・バイト。
例年なら対岸にたくさんのアングラーの姿を見かけるけれど、今日はツーハンドロッドを振るのひとりのアングラーだけ。
ちょっぴり寂しい僕にとってはシーズンラストの十勝川下流域だったかな。

午後からはtoritoriさんのガイドで少し上流域へと移動する。
前日にtoritoriさんがLサイズの本流レインボーに出合ったというから、僕も思わず期待したけれど、
残念ながら本流レインボー用のエッグパターンのフライが収まったケースは、自宅の引き出しの中。
カリ、カリ、カリとリールから引き出したラインは、スカジットコンパクト・インターに15フィートのT-14のティップの組み合わせ。
ティペットの先には、派手なカラーのフライが並んだケースから取り敢えずコーンヘッド仕様の"Interaction"、ブラックを結ぶ。

toritoriさんに案内してもらったポイントは、シーズン最後を締めくくるには理想的な流れだったかもしれない。
強風が川面をなぞる中、ことさら丁寧にキャスト&スイング、そしてステップダウンを繰り返す。
流芯付近でラインとフライが馴染んだ頃に一度ゴンとバイトがあり、そして岸際近くでもう一度コ、コンとバイトがあった。
でも残念ながらフライをテイクするまでには至らず。

そんな訳で今シーズンの最後の釣り旅は、ひとり十勝川。
本流アメマス、それに本流レインボーも相手にはしてくれなかったけれど、太陽に照らされた河畔林がオレンジ色に染まり、
冬の青空とのコントラストがとても鮮やかだっただろうか。

P.S. そろそろ今シーズン酷使したマイザーロッドの何本かを、グリップのモディファイとメンテナンスのために、
    オレゴンの工房へと里帰りさせようかと思っている。それに写真のCD-Rも送らないと・・・笑。
                                                                2.00

f0317993_1921228.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2015-12-20 19:29 | Fishing Reports | Comments(8)
Commented by masa1st1956 at 2015-12-20 20:29
Yunさん、こんばんは。
十勝シーズンラストお疲れ様でした。
アメマスの薄さに加え風の強い一日だった様で厳しさが増してる様な・・・
上流域、気になりますが、来春の状況が好転するのを祈るばかりですね。
Commented by slowfishing-yun at 2015-12-20 21:49
masa1st1956さん、こんばんは。
今日は一日、マイザーさんのところに送る写真の整理と、里帰りするロッドの梱包に忙しくしていました。
水温も下がり始め、ちょっとは期待していたんですが、なかなか厳しいですね(笑)。
ロッドのガイドも凍りつき、リールを水に浸けないように注意しながら、ロッドの先端付近のガイドの氷を取ろうとしていたら、
左腕の筋をちょっと痛めてしまったようです。そんななかなか痛い思いのシーズンラスト釣行でした(笑)。
今週末の忘年会、それに新年会でお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by abu-z4 at 2015-12-21 10:16
Yunさん、おはようございます。
今年最後の釣行、お疲れ様でした。
シーズンを締めくくる十勝川のアメマスは、厳しい日々の連続でしたが、やり切った感はあるんじゃないですか?
どんな状況でも最後まで諦めないYunさんの釣りに対する姿勢は、きっと来春実を結ぶ事になると思います。
今週末の忘年会では、今年1年を振り返り皆で語らう事ができればと思っています。
楽しみですね。
Commented by MAD at 2015-12-21 17:49 x
YUNさん、お久しぶりです。今週も十勝でしたか。
私は土曜日が秋シーズン初日でした。釣果も風も厳しかったですが、何とか1回来られてなぜかホッとしました。

あまりの強風に午前で退散して東へ向かいましたがどこも魚少なく、釣れても小さいアメマスばかりでした。
YUNさんはもう今年のラストだったでしょうか。河口橋から見ても上下流両岸、一片の氷もなかったですよ。
私は・・・う~ん・・・、天気予報見て、です。

ちょっと早いですが、YUNさんの来年も健康で楽しい釣りが出来ますようお祈りいたします。
Commented at 2015-12-21 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2015-12-21 21:53
ABUさん、こんばんは。
岸際から氷が張り出すこともなく、まだまだシーズンは続きそうでしたが、取り敢えず今回で初冬シーズンは終了でしょうか。
風がめっぽう強く、ガチガチにロッドのガイドは凍りつき、
おまけにめぼしいポイントでもアメマスからの反応も皆無でしたが、この時期独特の十勝らしい雰囲気だけは楽しめました。
そういえば久しくアメマスのライズを見ていないような気がします(笑)。
私の場合は、ただ単に諦めが悪いだけですから、きっと来春もこんな感じだと思いますよ・・・笑。
実は十勝川のアメマスではなく、十勝川の本流レインボーで今シーズンを締めくくれるかなと期待したのですが・・・残念(笑)。
こちらこそ、今週末の忘年会では宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2015-12-21 22:04
MADさん、こんばんは。
おそらく対岸にひとりおられたアングラーがMADさんですね。
遠くから見ていても、110-kenさんばりの力強いキャストでしたよ。
天気予報では、今週は日中プラス気温のようですから、もしかしたらまだいけるかもしれませんね。
それにしてもアメマスの魚影が薄い十勝川、来シーズンがちょっと心配だったりします。
こちらこそ、MADさんの来年の釣りが素敵なものであることを願っております。
Commented by slowfishing-yun at 2015-12-21 22:10
鍵コメのやすこうさん、こんばんは。
いえいえ、釣れない事はよくあることです(笑)。
今年は北海道への出張が多いようですね。1月の件、了解です。
おそらくどこかへ行くとしましたら、道南の小さな漁港か凍っていなければ後志利別川ぐらいでしょうか。
ご連絡、お待ちしております(笑)。


<< <Episode #16...      <Episode #15... >>