2015年 11月 15日

<Episode #155> クラシック(ビンテージ)・マイザーと天塩ブランドの本流レインボー

f0317993_18194474.jpg



平日の夜には、これから始まる晩秋から初冬の本流アメマス・シーズンに向けてフライを少しずつ巻きためていた。
そうなるとやはりどうしても僕の気分は徐々にアメマスモードへとシフトし始める。
何しろ新作フライというものは、是非ともフィールドで真っ先に試してみたいものだからね。
でも、ここ3週間ほど絶好調というかLLサイズの本流レインボーとの相性がすこぶる良いMoriさんと相談して、週末は天塩川へ。
今回はMoriさんの車の助手席に乗せていただき、深夜の道央道、そしてR275を北上する。
テレメーターによる天塩川の水温は3~4℃。
これはちょっと釣りとしては厳しいかもと予想しながら、今シーズン最後の天塩川でのキャスト&スイングを楽しめればと。


f0317993_19132623.jpg



f0317993_19133855.jpg



ちょっとした気分転換にと、今シーズンのフィールドではまだ使っていないクラシック(ビンテージ)・マイザーのMKSを使うことにする。
ロッドに記された製造年月日は2007年10月とかれこれ8年前に製造されたロッドで、僕にとっては記念すべき最初のマイザーロッド。
スペックは14フィートの#7/8番。ブランクは現行モデルの日本製とは違い、当時はNZ製。
グリップのデザインも現行モデルと異なり、かなりスリムな仕上げ。
リールシートはストラブル社のニッケルシルバー製、ウッドインサートはココボロ。
カスタム仕様のコスメのフェザーインレイは、マイザーのHPから"Autumn"をチョイス。
ここ最近の派手なコスメとは違ってなかなか控えめなコスメだけれど、当時はとても斬新に思えたのがちょっと懐かしいかな。

そんな久しぶりに使うロッドのジョイント部分に透明なビニールテープでテーピングを施そうとすると、
切り出したビニールテープはすっかり本来の柔らかさを失っている。
何しろ早朝の気温は-6℃。もちろんフリース地のグローブは必需品。
晩秋から初冬へと移り変わろうとするフィールドには白い霜がたくさん降りていた。


f0317993_19351681.jpg



f0317993_19354323.jpg



先週のMoriさんが天塩川のグッドサイズに出合ったフライは、確かステンレス製のワイドゲイプ&ショートシャンクの
フックに巻かれたビーズヘッド仕様のE.S.L.(エッグ・サッキング・リーチ)。
だから僕も先週は慌てて2本だけコーンヘッド仕様のインタラクション・スタイルのチューブフライでE.S.L.を巻く。
ちなみにUOSO社のコーンヘッドのサイズはC3、さらに沈下速度を速めるためにレッドワイヤーを少量巻き足している。
結局この日はスカジット・コンパクトのフローティングにタイプ8のティップ、それにこのE.S.L.の組み合わせで一日を通しただろうか。


f0317993_19491678.jpg



f0317993_19493365.jpg



この日の最初に出合った薄化粧のパールピンクの本流レインボーは、まるで透き通った宝石のように美しかった。
最初に選んだ岩盤スリットのポイントをキャスト&スイングを繰り返しながら少しずつステップダウンし、
狭い流れから少し開けた流れに差し掛かってからの出合いだった。
川底に一生を終えたサーモン達の亡き骸が横たわる浅瀬の岸際では、残ったサーモン達が最後の力を振り絞っている。
川幅が広がりゆったりとし始めた流れをフライがスイングしていると、グゥンという衝撃と共にランニングラインが引き込まれた。
サイズこそMサイズ半ばだけれど、少しグラマラスな乱れのないバランスの取れた美しい本流レインボーだった。
水温の低さが彼女本来のスピード感溢れるパワーをもしかしたら少し封印したかもしれないけれど、それでも十分力強かった。


f0317993_20321825.jpg



スペイやスカジット・キャストを始めるようになって、道内のさまざまなフィールド、特に本流へは足を運んだだろうか。
そんな本流で出合えるトラウトの中で、やはり本流レインボーに僕は一番魅了されているのかもしれない。
最初は尻別川に始まり、渚滑川、湧別川、十勝川、それに天塩川などとフィールドはますます広がっていく。
そんなさまざまなフィールドで出合える本流レインボーはどれも美しく素晴らしいのだけれど、
天塩川の本流レインボーには、他のフィールドで出合う本流レインボーとは、またちょっと違う思い入れがあるのかもしれない。
そんな思い入れを、友人のひとりが「天塩ブランド」と表現した。
もしかしたらあまり適切な表現ではないかもしれないけれど、僕には上手く言い当てているなと思える。
スティールヘッドを釣りに僕は北米へと足を運んだことはないけれど、もしかしたらスティールヘッダーにとっての
トンプソン・リバーへの思いに近いものがあるのかもしれないなどと思う。
フィールドの雰囲気、広大な流れ、そしてそこで出合えるかもしれないグッドサイズ、グッドコンディションの本流レインボー、
おそらくどれをとっても本流好きのアングラーにとって魅力的なフィールドだと僕は思う。


f0317993_2064315.jpg




流れの冷たさで厚手の靴下を履いていてもネオプレーン製のストッキングウェーダーの中で足先がジンジンと痺れていた。
簡単なランチとイタリアンローストの深煎りコーヒーで身体を温めるブレイクタイムを挟みながら、
いくつかのポイントをめぐるも相変わらずノーバイト。
午後からは少し気温が上がったのか、指先にシャーベット状の氷も出来なくなり、ロッドのガイドが氷ということも無縁なものになった。
さて、辺りが暗闇に包まれるイブニングまでの最後の時間をどこでキャスト&スイングするかということになり、
相談の結果、取り敢えずコンタクトのあった朝一番に入った岩盤スリットのポイントへともう一度戻ることにする。

グゥゥンという重い衝撃はスイング中に不意に訪れた。
まるで音でも響いてきそうなガツンという鋭角的な衝撃ではないので、サーモンのスレ掛かりではない事は確実だった。
バットからグニャっとのされたロッドに伝わるバイブレーションから大きな魚がフライをテイクしたことを確信する。
ロッドに伝わる振幅の広いヘッドシェイクが間欠的に続いた。
でも、ロッドグリップを握りしめ、リールにラインを慎重に巻き取りながらも気持ちの中では半信半疑。
ジワジワと距離が縮まり始め、ロッドのバットに力を入れて魚を少し浮かせる。
流れの流芯の中に浮き上がった大きな魚体。
その少しサビの入った大きな魚体に走るレッドバンドが見えた瞬間、僕の心拍数の数値が一気に上がった。

そこから友人たちが見守る中、レインボーとの長いやり取りがスタートする。
一度ランディングを試みようと強引に浅瀬へと寄せた瞬間、驚いた本流レインボーのエンジンに火がつき対岸めがけて猛烈ダッシュ。
ブレーキを効かせた4インチのサラシオーネの悲鳴と共にロッドがのされ、フッとアディオスしたかとテンションが失われ慌てたけれど、
フッキングしたポイントが良かったのか、大きな本流レインボーとのランデブーは何とか続いたまま。
もしも僕ひとりなら否応無しにランディングにトライするけれど、今回はMoriさんにランディングのサポートをお願いする。
そして浅瀬へと本流レインボーを誘導し、無事にMoriさんのネットでランディング。
もしかして、ネットに入りきらず危なかった?(笑)

ウェーディングジャケットの袖口から冷たい水が染み込むのを忘れてレインボーをホールドすると、ずっしりとした重量感。
LLサイズ、68cmの本流レインボーはもちろん僕にとってトロフィーサイズに他ならない。

もう少し水温が高ければ、本来のスピード感溢れたパワーでランディング出来なかったかもしれないと思う。
フォーセップで5号のチヌ針をそっと外し、流れの中でホールドした指先から力を抜くと、ゆっくりと流れの中へと戻っていった。
冷たい流れの中から僕のフライを見つけてくれた本流レインボー、それにアシストしてくれた友人達にグラシアス。
そして何よりも、あの本流レインボーをしっかりとリリース出来た事が僕には嬉しかった。
                                                               67.91

f0317993_20323651.jpg



f0317993_21254149.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2015-11-15 21:26 | Fishing Reports | Comments(16)
Commented by mooly at 2015-11-15 22:24
Yunさん、おめでとうございます。
劇的すぎ、素晴らしすぎ、羨ましすぎ、の三拍子です。笑
ランディング、ようしまかせろ!と、意気込んでかってでたものの魚体が水面に出てきたときは、ヤバ!デカすぎ!ネットに入らないわ!・・・汗
真面目に沈してもいいから、尾びれの根元掴んで抱え込みランディングしないと無理じゃないかと思いましたから。運よく一発でネットインしましたが、奇跡的でしたよ。
とにかくキャッチできて良かった。あれでバレてたら来年の春まで引きずってしまいますね。良かった、良かった。
それにしても素晴らしい魚体でした。全てが太くて分厚かったです。尾びれの根元は僕の手首より太かったと思います。顔つきはメスでしたが、体つきはオスのようでした。
まさに、天塩ブランドのスーパーレインボーです。
そこで、今回この魚をみて思ったのですが、
天塩川のトロフィーサイズのレインボー、オスを 「アレキサンダー」、メスを 「エリザベス」 との通称名にしてはどうかなと・・・。
たぶんオスは大王のようだと思うし、メスは女王の用な風貌だと思いますので・・・。
というわけで、今年のYunさんは、アレキサンダーにも会えたし、最後にはエリザベスにも出会えましたね。
今年の天塩、厳しい時期もあったかもしれませんが、最終的には上出来だったのではないでしょうか?
私にはうらやましい限りです。笑
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-15 22:49
Moriさん、こんばんは。
今回は無事にランディングしていただき、ありがとうございました。それにしてもヒヤヒヤでしたね。
ネットのサイズよりも大きくて、ちょっと金魚すくい状態だったかも(笑)。
今回はMoriさんの好調さをすっかり吸い取ってしまったかもしれません(笑)。

相変わらずMoriさんの発想はユニークというか面白すぎます。思わずコメントを読みながら笑ってしまいました(笑)。
屈斜路湖では「ダイアナ」と呼んだそうですから、天塩川では「アレキサンダー」に「エリザベス」ですか。
ということは、先週Moriさんが出合ったレインボーは「エリザベス」でしょうか。
今回ランディングしていただいたレインボーは、本当にビックリするぐらい太くて分厚かったです。いやいや本当にずっしりと重かった。
来シーズンも素敵な風格のある天塩ブランドの「アレキサンダー」や「エリザベス」に出合えると良いですね。
いろいろとありがとうございました。
お仕事がお忙しいようですが、アメマスキャンプにご一緒出来るのを楽しみにしております。
Commented by sawayakasawade at 2015-11-15 23:11
Yunさん こんばんは
昨日はお疲れ様でした。それにしても物凄い虹鱒です。
おめでとうございます。
良いものを見せて頂きありがとうございました。
そしてうらやましい限りです。
彼女がもしオスに生まれてきていたら70オーバーに育っていた事は確実ですねw
これで心置きなく雨鱒にシフトでしょうか?
「天塩ブランド」僕にもしっくりくる表現だと思います。
またお会いした時はよろしくお願いします。
Commented by fishytaddy at 2015-11-16 14:22
ラストを飾った後に聴くハートマンは格別でしょうね...いいな
Commented by abu-z4 at 2015-11-16 20:20
Yunさん、こんばんは。
Yunさんには、まったく頭が下がる思いです。
水位・濁度は良好、でも水温4℃でしたよね。
今回はさすがに厳しいだろうと思っていたら・・・・・・・
本当に凄いの釣っちゃいましたね。
おめでとうございます!
トロフィーサイズが「アレキサンダー」「エリザベス」だったら、Lサイズは「アレッサンドリーニョ」と「リサ」ですか?
「リサ」より「エリーゼ」のほうが良いかも。
せいぜい僕に縁がありそうなのはLサイズまでですから、そちらの方も決めておいて下さい(笑)
いよいよ次は十勝アメマスキャンプですね。
また一緒に楽しみましょう。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-16 21:18
サワヤカサワデーさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。こちらこそ、久しぶりにお会い出来て嬉しかったです。
それにしても少し気温が高めとはいえ、この時期に車中泊をされるとは脱帽です。風邪など引かれませんように(笑)。
いやいや私自身も驚きです。まさか天塩川へのラスト釣行で、あのサイズに出合えるとは思ってもいませんでしたから・・・笑。
来シーズンといいますか、いつか私も70サイズの本流レインボーに出合ってみたいものです。
でも、土曜日に出合ったレインボーも、とにかくすべてが分厚くて素晴らしい魚体でした。
きっと来シーズンは70クラスに成長して、誰かのロッドをバットからグンニャリと絞り込んでくれるんじゃないかと思っています。
「天塩ブランド」、確かに私も天塩川のレインボーには特別な思いを持っていしまいます。
彼らのルーツはもしかしたら放流鱒かもしれませんが、それにしても魅力的なフィールドと鱒達です。
こちらこそ、またお会いしました際は宜しくお願いいたします。
取り敢えず、忘年会か新年会ではお誘いしますね(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-16 21:22
タッドさん、こんばんは。
最初にハートマンを聴いたのは、「Solitude」という札幌のJazz Barでした。
チェット・ベーカーとはまたちょっと違った落ち着いた渋い声ですよね。
コルトレーンのサックスも素敵ですが、時々この声を不思議と聴きたくなってしまいます(笑)。
余韻にひたるにはピッタリの声かもしれません。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-16 21:31
ABUさん、こんばんは。
なかなか厳しいコンディションでしたが、最後に素敵なレインボーが私のフライを見つけてくれたようです。
何度もロッドを握りながら「ヤバイ、ヤバイ」とつぶやいた末、無事にMoriさんがランディングしてくれました。彼には本当に感謝です。
LLサイズが「アレキサンダー」に「エリザベス」なら、Lサイズが「アレッサンドリーニョ」に「リサ」ですか。
ということは、ABUさんが数年前に出合われた天塩川の70オーバーは何と呼びましょうかね(笑)。
きっとMoriさんがグッドアイデアを考えてくれると思いますよ。
週末は皆さんにお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by maximizer828 at 2015-11-17 22:18
Yunさん、こんばんは。
天塩ブランド認定&記録更新おめでとうございます!
素晴らしいニジマスですね!大きくなるとこんなに太くなるなんて・・・。
見たことが無いので想像になってしまいますが相当な迫力だったのではないでしょうか。
それにしても、あの低い水温で釣ってしまうなんて流石です。
僕はすっかりニジマスを諦めていましたので、ちょっと後悔です(笑)
週末のアメマスキャンプ、楽しみにしています。
Commented by yaskhoo at 2015-11-17 22:25
YUnさん、こんばんわ、毎回とてもいい魚に出会えていますね。うらやましい限りです。
私もとても「天塩ブランド」に惹かれます・・・もっとも、Yunさんのような達人ではありませんが、荒涼とした冬が始まりそうな(寒そうな)感じでも、とても、いいシチュエーションだと思います。ただ釣れるのではなく、情景が大事wwww
思えば、Yunさんが、多くのフライフィッシャーマンが憧れる「天塩ブランド」を確立されたんでしょうね・・・
来月からは、また別の情景でのアメマスでしょうか・・・・厚岸のマーディな大河の様子が浮かびます。
いまから準備しないと・・・
あ、私の15fのクラシックマイザーは、石川県の鮭釣りで活躍できましたwww
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-17 23:05
maximizer828さん、こんばんは。
maximizer828さんこそ、グッドサイズの十勝川アメマスは幸先の良いスタートでしたね。
私はおかげさまで「思い出に残る今シーズンの天塩川での出合い」という嬉しい締めくくりとなりました。
それにしてもビックリするぐらい分厚くて体高のあるレインボーでしたよ。
おそらく体高は、4インチのサラシオーネの2倍以上の幅があったと思います(笑)。
まさか最後の最後に出合えるだなんて夢にも思ってもいませんでしたから、本当にラッキーでした。
いつかまたこんなレインボーに出合えるように、今年もまた放流活動に微力ながら協力したいですね。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-17 23:20
やすこうさん、こんばんは。
毎回というわけではありませんが、通っていると時にはこんな出合いもあるようです。それにしても良いコンディションのレインボーでした(笑)。
そうなんですよ。フィールドのロケーション、シチュエーション、情景は、同じ釣りをするにしてもとても大事にしたい要素ですよね。
このブログでは、少しでもフィールドの雰囲気とその魅力が伝わればなどと思いながら写真を撮ったりしています。
北海道のさまざまなフィールドでレインボーには出合うことが出来ますが、やはり天塩川のレインボーには特別な思いを持ってしまいます。
あの広々としたロケーションの中でグッドコンディションのレインボーに出合ってみたい、きっとそんな思いが友人の言った「天塩ブランド」なのでしょね。
今週末からは写真が道東の広大な風景になるかと思います。また来シーズンに向けて楽しんでいただければと・・・笑。
Commented by akiranspey at 2015-11-17 23:22
YUNさん、こんばんは。
今年最後の虹鱒釣旅本当におめでとうございます。
友人たちが各地で結果をだされている中、天塩3人衆は敗北ムードに包まれていましたが
最後の最後で素晴らしい虹鱒に出逢えましたね!
おかげさまで充実した本流の時間を過ごすことができました。
今週はおうかがいできませんが、またお会いできる日を楽しみにしております♪
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-17 23:43
akiranさん、こんばんは。
今週末は残念ながらお会い出来ませんが、来シーズンにまたフィールドでお会い出来るのを楽しみにしております。
今日はこれからのリールが凍りつく晩秋~初冬シーズンには使う事がないサラシオーネの分解清掃&グリスアップを施していました。
ちなみにこれで2回目です(笑)。
これできっと来シーズンも心地良い音色と共に活躍してくれるんじゃないかと期待して・・・笑。
それにしても最後は素敵なレインボーでした。これで来シーズンに向けてのモチベーションが保てそうです。
これからの十勝川では、少し低番手のロッドで楽しんでみようかなと思っています(笑)。
Commented by mr.hoo at 2015-11-18 10:45 x
素晴らしい魚体ですね!有終の美 おめでとうございます。こちら一姫一太郎で終わりを告げました(笑) いいえ終われません(爆笑)))
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-18 21:16
mr.hooさん、こんばんは。
それほど期待はしてしていなかったのが良かったのかもしれません。ちょっとしたサプライズでした(笑)。
mr.hooさんの北の本流はまだシーズンオフではないんですね。もしかしたらさらにサプライズが待っているかもしれませんよ(笑)。
昨年同様に、忘年会&新年会でお会い出来るのを楽しみにしております。


<< <Episode #15...      <Episode #15... >>