2015年 11月 08日

<Episode #153> シンクロ

f0317993_15143482.jpg



シンクロとは英語 synchronizeの「同期する、タイミングをあわせる、同時に起こる」 に由来する語で、
英語 sync に相当する略語。 「シンクロする」のように動詞として使う。   ウィキペディアより参照

ちなみに僕としては、シンクロに「同調する」という意味合いも加えたいところ。

おそらくシンクロの反対の意味合いとして「ずれる」という言葉があると思われるが、大きくずれるのは別として、
反復させる微妙なずれというのは、不思議なグルーブ感というか「うねり」のようなものを産み出すことがあり、
ずいぶんと昔に曲作りに夢中になってた頃は、そんなリズムやビートのグルーブ感がとても心地が良かったのを思い出した。
             

f0317993_15314236.jpg



f0317993_1532340.jpg



おそらく土曜日の僕はフィールドの奏でるリズムとうまくシンクロ出来なかったのだろう。
ヤフーの天気予報では、早朝のフィールドの予想気温は-8℃。
すっかり真冬仕立ての服装を準備して天塩川のフィールドに向かったけれど、予想に反して早朝の気温は-1℃。
こればかりは嬉しい誤算だっただろうか。
もちろんフリース地のグローブは必需品。
でも、ランニングラインをリトリーブすると少しシャーベットが出来る程度で、ロッドのガイドが凍るということはほとんどなかった。


f0317993_1543096.jpg



f0317993_15431197.jpg



遡上していたサーモン達はすっかり白くなっていたから、レインボー達がサーモンが産み落としたエッグに夢中になるシーズンも、
そろらく終わりに近いのだろう。
それにシンクロして、僕の今年の本流レインボーのシーズンもフィニッシュを迎えることになる。

晩秋のフィールドではほとんどポイントで、スカジット・コンパクトのフローティングとタイプ8のティップの組み合わせで通した。
スイングするエッグパターンのチューブフライには2度ほどバイトが訪れる。
1度目は友人からのメールに返信をしている時に、ゴン、ゴン、ゴン。
2度目は水深のある流れをフライがスイングしている時に、ゴン、ゴン。
産卵床の瀬の下の岩盤エリアでフライをテイクしたのがMサイズのアメマスだったから、きっとどちらもアメマスだったのだろう。
土曜日の晩秋の雰囲気が漂う天塩川では、最後まで本流レインボーと僕はシンクロ出来なかった。
何となく2週間以上前に天塩川にロングステイした時の後半の厳しかった印象が、ずっと最後まで拭い去れなかったように思う。


f0317993_162334.jpg



f0317993_1621975.jpg



でも今回ご一緒したMoriさんは、僕とは違って晩秋の天塩川と上手くシンクロしたのかもしれない。
先行する僕の後ろからフライを流していたMoriさんから興奮冷めやらぬ声で電話がかかってくる。
2週も連続して湧別川でLLサイズの本流レインボーに出合った彼に、この日はフィールドこそ違うものの、
3週連続となるLLサイズのメスの本流レインボーが微笑む。
Moriさん、コングラチュレーション。ワイドスプールのパーフェクトを使うと、なんか良いことがあるみたいだね(笑)。

そんな訳で、そろそろ僕は来シーズンのためにリールなどのタックルのメンテナンスでもしてみようかと。

最後の写真は、湧別川の強面レインボーの別アングルの写真。ちなみに僕のカメラのシャッターを押したのはABUさん(笑)。
                                                          67.93→閉局

f0317993_16152889.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2015-11-08 16:19 | Fishing Reports | Comments(16)
Commented by mooly at 2015-11-08 19:00
Yunさん、こんばんは。
ありがとうございました。
よくわかりませんが、ありがとうございました。
最近、良いことばかりすぎなので、全てのことにありがとうと常に感謝の気持ちでいっぱいでございます。笑
この幸せな気持ちも今回で終了だとは思いますが・・・
予想してたよりは過ごしやすかった環境でしたね。そして、この本流でのキャストの気持ちよさを改めて認識した次第です。
14ftロッドをおもいっきり振れるレインボーフィールドは貴重ですし、なんせロケーションが最高です。(いまさらですが・・・)
さて、今年の本流も追い込みですね。残り5回?6回?いい思い出になればいいですね。
残りの釣行、よろしくお願いします。
そして、最後にもう一度、ありがとうございました。笑
Commented by abu-z4 at 2015-11-08 20:27
Yunさん、こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
どうやらYunさんも今年のレインボーに区切りがついたようですね。
今シーズンも天塩・十勝・湧別・尻別と大いに楽しまれましたね。
シーズンインからシーズンエンドまで何処でもコンスタントに結果を出す様は、いつもの事ながら流石だなと思いました。
その内の何度かの場面に僕が居合わせることができたのは、良い思い出になりました。
これからのシーズン僕の釣行回数は減ると思いますが、まずは2週間後の十勝アメマスキャンプでは、宜しくお願いいたします。
Today's BGM の「But Not For Me」は、moolyさんのLLサイズ極太の娘さんのことでしょうか?(笑)


Commented by matsu at 2015-11-09 03:58 x
Yunさん
こんにちは。そちらもトラウトのシーズンが終わりなのですね。こちらもサーモンの釣りはほぼ終わったようです。カウチンにブラウンを釣ろうにいこうとしましたが、雨で川はブロウアウト。その雨の数日前に釣りに行った知り合いの話では、川には終盤のチャムがまだ沢山残っていたとか。カウチンの下流は15日からオープンしコーホーが狙えるのですけど、水位を見て判断です。12月のスティールのシーズンまで、私もウィスキーをちびりつつ、チェット・ベーカーでも聞きながらフライを巻きましょうかねぇ。秋の終わりから冬の前のこの時期、チェット・ベーカーって妙にフィットます。Yunさんのコーンヘッドの黒っぽくて赤やオレンジのキラキラした奴が序盤のスティールに効くような気がします。ブログを参考に巻いてみたいと思います。
Commented by masa1st1956 at 2015-11-09 10:32
Yunさん、こんにちは。
今シーズンの最終天塩お疲れ様でした。
寒いのを覚悟してましたが拍子抜けしたぐらい暖かですごし易かったかなと流石にグローブは必要でしたが、私もYunさん同様終始シンクロ出来ませんでしたが思いっきりキャストをしたせいか気分だけは爽快でした(笑)
そんなわけで湧別の心残りは有りますが何となくアメマスにシフト出来そうです。
Commented by andieloop at 2015-11-09 19:38
Yunさん、こんばんは!
天塩を選択したお三方は、お一人を除いて厳しかったようですね。
U別川の強面(シャケ顔)虹鱒に続いての朗報があるかと期待していましたが・・・。
それにしても、Moriさんの川とのシンクロ率は恐るべしですね。
交通事故に会う前に、お祓いでもしたほうが良いんじゃないかと心配になるほどです(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-09 20:58
Moriさん、こんばんは。
グッドコンディションのLLサイズ、おめでとうございました。T-20というヘビーシンクのティップがマッチしたのかもしれませんね。
あのサイズとの出合いの後だったら、その後のキャストの気持ち良さといったら容易に想像がつきますよ(笑)。
2度あることは3度とよく言いますが、それにしてもお見事でした。
本流のコンディションとしては、まだまだアメマスモードにシフト出来なさそうに思ってしまいます。
アメマスキャンプまで、あと1回ぐらいは本流レインボーでしょうか(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-09 21:06
ABUさん、こんばんは。
残念ながら土曜日は迷惑メールを送ることが出来ませんでした。これでも期待はしていたんですよ(笑)。
そろそろ厳冬期には使わないリールのメンテナンスでも施そうかと思いましたが、まだ何となく使うような予感が・・・笑。
どうやらまだ区切りはついていないようです。
歌詞までは分かりませんが、BGMの曲名は今回の私にピッタリだったようです。
Moriさんを初めて案内したポイントだったのですが、私が先行していたにもかかわらず、彼の方にLLサイズ極太の娘さんが微笑んでくれました(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-09 21:15
matsuさん、こんばんは。
こちらはそろそろ本流レインボーから本流アメマスへとシフトして行くことになりそうです。
道東のアメマスフィールドは、独特の趣と風情があって訪れるのが毎年の楽しみだったりします。
でも出合ったアメマスが泥だらけになるのは、思い通りに写真が撮れなくってちょっと残念ではありますが・・・笑。
チェット・ベーカーのけだるい歌声が好きで、確かにこの時期の気分に妙にフィットするかもしれませんね。
そちらはそろそろコーホーやスティールのシーズンでしたか。これからのmatsuさんのブログも楽しみですね。
コーンヘッド仕様の"Fascination"は毎回いろいろとアレンジを加えているので、オフシーズンにでもタイイングを紹介できればと思っています。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-09 21:24
masa1st1956さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。masa1st1956さんはアメマスキャンプまでお休みでしたね。
私はまだまだアメマスモードに切り替えられず、人気の少ない本流でもう少しキャストしてみようかと思っています。
なかなか本流レインボーとシンクロ出来ませんが、やはりあのフィールドでキャスト&スイングしていると気持ちがよくって・・・笑。
岩尾内ダムからの放水も始まり、水温もジワジワと低下、ウウム、迷いどころです(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-09 21:33
andieloopさん、こんばんは。
この時期の本流での釣りが厳しいのは想定内ですが、やはり好きですから、ついつい期待してしまいます(笑)。
今回も湧別川に続き「Moriさんの日」でした。
交通事故はシャレにはなりませんが、道中はたくさんの鹿が出てきて、何度もヒヤッとしたんですよ。
きっと彼が新しく手に入れたワイドパーフェクトとの相性が良いんでしょうね。
十勝でも使うといっていましたが、スプールが凍るとハンドルのシャフトが折れるので、それだけはやめるようにとアドバイスしておきました。
Commented by タッド at 2015-11-10 14:01 x
SYNC: なぜ自然はシンクロしたがるのか スティーヴン・ストロガッツ(著),蔵本 由紀 (監修),長尾 力 (翻訳) が面白いです。流行までシンクロとしてとらえて解説してます。

この時期、チェットベッカーいいですね! 私は歌の方が好きで、初めて聞いた時、女性かと思いました。レコードを卓上プレイヤーで流すと、まるで彼がそこで歌っているかのように錯覚します。どんなにクリアな音の時代になても、チェットベッカーはそう聴きたいです。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-10 20:51
タッドさん、こんばんは。
おすすめ情報、ありがとうございます。最近は活字から少し離れ気味ですが、機会をみて探してみますね。
私もチェット・ベーカーを最初に聴いたのはアナログ盤でした。今でも1枚だけ自宅のレコード棚に残っています。今度久しぶりに針を落としてみようかな(笑)。
私も彼のトランペットよりも歌の方が好きで、確かに彼の声はどこか中性的ですよね。
この時期に聴くのはチェット・ベーカーがお勧めですが、雪が積もって寒さが厳しい冬になると私はジョニー・ハートマンを聴きたくなってしまいます。
Commented by maximizer828 at 2015-11-10 23:58
Yunさん、こんばんは。
週末はシンクロ出来なくて残念でしたね。
でも写真を見ると北の本流はやはり気持ちよさそうですね!
行けなかった僕の週末は家の片づけがシンクロ出来たので、まぁそれで良かったのかなと・・・。
反動なのか次の週末はニジマスorアメマスでフライ作りに迷いが生じて困っています(笑)

Commented by slowfishing-yun at 2015-11-11 18:55
maximizer828さん、こんばんは。
北の本流は、予想していたよりも過ごしやすかったです。相変わらず本流レインボーには相手にしてもらえませんが・・・笑。
タイイングを頑張られていましたか。確かに週末は気温が少し上がりそうで、フィールド選びに迷ってしまいますよね。
私の机の上はレインボー用とこれまでに巻いたアメマス用のフライが散乱しています。さてどのフライをボックスに詰めようかな(笑)。
Commented by やすこう at 2015-11-12 20:25 x
yunさん、こんばんわ
moolyさんの颯爽とした写真がとてもかっこいいですねwwwなんだか、映画のような決まりかたwww
今の時期も、ずっと、いい釣りをされてますね。特に、いまは、北海道に在住の人だけが楽しめるような気がします。紅葉も終わりかけた人気のない河で、ニジマス釣りを楽しめるところがとてもうらやましく思います。
そろそろ、アメマスの準備でしょうか・・・・・
また、よろしくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-12 20:54
やすこうさん、こんばんは。
特にMoriさんに決めの爽快なポーズを取ってもらったわけではないのですが、シャッターを押したタイミングが良かったようです。
ちょっとスリムに写っているかもしれません(笑)。
晩秋の小春日和の穏やかな一日に、人気が少ないフィールドでロッドが振れるのは、やはり気持ちが良いものですね。
でもやはりこの時期になると、レインボーのご機嫌、それに変わりやすい天気といい、タイミングがなかなか難しいようです。
アメマスの準備もそろそろ重い腰を上げて取り掛かり始めました。
是非やすこうさんも晩秋から初冬の十勝川のアメマスを楽しめると良いですね。


<< <Episode #15...      <Episode #15... >>