2015年 11月 04日

<Episode #152> 湧別川の強面レインボー

f0317993_19444760.jpg



少し黒くサビの入った太くて体高のあるボディ。
レッドバンドは鮮やかで、赤く染まった胸ビレはとにかく大きかった。
でも、それ以上に印象的だったのはオスのレインボーのその顔つき。
下顎はしゃくれ、上顎には多くの傷が残されていた。
こんなタフでいかつい顔をしたオスの本流レインボーに出合うのは、もしかしたら僕は初めてかもしれない。


f0317993_19541735.jpg



11月3日は文化の日の祝日、ABUさんとずいぶんと行き先に迷った挙句、車をオホーツクの本流へと向ける。
峠の気温はやはり0℃近くまで冷え込んでいたけれど、フィールドに辿り着くと風はほとんど無風で、それほど寒さを感じない。
針葉樹のオレンジがかった紅葉が、朝日を浴びて美しさを増しながら輝いている。
ユニクロのフリース地のパンツの上にくたびれたネオプレーン製のストッキングウェーダーを履き、シューズの紐をしっかりと締めた。
ゆっくりと本流にウェーディングすると、やがてジンジンと足先のシビレを感じ始め、本流の水温が少しずつ下がっていることを感じる。
ティペットの先にはコーンヘッド仕様のエッグパターンのチューブフライ。
そんなフライをゆっくりとスイングさせていると、最初のお相手はMサイズの白い斑点を身に纏ったアメマスだった。


f0317993_2072775.jpg



f0317993_208032.jpg



岸際では時折りバシャっと尾ビレや背ビレが見えるなどサーモン達の遅い産卵行動の真っ最中。
そんなサーモン達のすぐ後ろにフライをキャストし、少し水深のある流れにフライを馴染ませ、ゆっくりとスイングさせていると、
不意にグゥアンという重い衝撃がラインに伝わり、一気にラインに張り詰めた緊張感が広がる。
グゥアン、グゥアンとロッドに伝わる振幅幅の広いヘッドシェイクと下流へと走ろうとするそのスピード感から、
フライをテイクしたのが紛れもなくグッドサイズの本流レインボーだと僕は確信した。


f0317993_20214317.jpg



f0317993_20215451.jpg



フロントグリップのコルクをモディファイしてもらった"Trouty Orange"のMeiserはバットから気持ちよいカーブを描き、
ブレーキノブを絞っておいたSaracione MkV 3-3/4"から奏でられる早朝の美しい音色が僕の耳に届けられた。
レインボーが水面近くで暴れるたびにヒヤヒヤしながら2度ほどセルフランディングに失敗し、
もう少しラインをリールに巻いておくべきだったと、ちょっと反省(笑)。
3度目はABUさんのサポートに甘えることにして、無事にランディング。
LLサイズには2cm足りない、でも僕にとっては十分グッドサイズの顎のしゃくれたオスの本流レインボー。
フッキングポイントは決して悪くはなかったから、おそらくアディオスすることはなかったと思うけれど、やり取りはかなりスリリング。
冷たい流れの中でホールドした手を緩めると、強面の老練の彼はゆっくりと流れの中へと帰って行った。


f0317993_20363311.jpg



f0317993_2036534.jpg



晩秋のフィールドで、他のアングラーに出合うということはほとんどなかった。
同じ日に北の本流へと足を運んだ友人達のことがちょっと気になったりもする。
そしてイブニングまでの残された時間、まだ足を運んだことがないいくつかのポイントをABUさんと巡ってみた。
日が傾くと吐息が白くなり始め、気温が一気に下がり始めた。
寒さで体がジワジワと冷え始めると、何だかとてもよし乃のみそラーメンが食べたくなった。
そんな訳で、ダイエット中の僕はMoriさんからHARADYの新しいステッカーをいただく(笑)。
                                                               50.65

f0317993_20492781.jpg



Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2015-11-04 20:50 | Fishing Reports | Comments(17)
Commented by mooly at 2015-11-04 21:58
Yunさん、こんばんは。
とうとうこの本流でも釣っちゃいましたね。
北の本流、オホーツクの本流と、
これで秋のサーモン時期のレインボーフィッシングの選択肢に幅が出来ましたね。
来年の10月が今から楽しみです。
一瞬、同じ魚?と思いましたが、模様が微妙に違いましたし、こちらの魚のほうが悪そうです。笑
今回のHARADYステッカーは上品にできたかな。ただのパクリなんですけども・・・。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-04 22:25
Moriさん、こんばんは。
ステッカー、ありがとうございました。
最初のステッカーは少しずれてしまったので、こんな性格ですから2枚目を貼り直しました。
これでも、意外と几帳面なんですよ(笑)。
初夏にMoriさんと訪れた時の読みどおり、サーモン遡上の時期は楽しみなフィールドになりましたね。
来シーズンはどこの本流に足を運ぶのか、たっぷりと迷うことになりそうです。
それにしてもランディングしてみたら、かなり強面のワルそうなオスのレインボーでした。
ちょっと目を細めてジロっと睨まれたら怖そうです(笑)。
Commented by abu-z4 at 2015-11-05 09:06
Yunさん、おはようございます。
火曜日は、お疲れ様でした。
朝のLサイズ強面レインボーお見事でした。
あらためて、おめでとうございます。
僕も続けて、と思ったもののそう上手くはいきませんでしたが、湧別川の可能性を十分に感じられる1日ではありました。
今ジーズンのレインボー釣りの最後を、Yunさんとご一緒できたことは何よりでした。
アメマスキャンプの際も、また宜しくお願いいたします。
Commented by underson923 at 2015-11-05 09:53 x
Yunさん、おはようございます。
Yunさん、またナイスサイズのオスをつりましたね。羨ましい限りです。
先週末から、北の本流でyunさんの気配がないなぁと思ってたら、オホーツクでしたか。
私達は、北の本流のコンディションが悪かったので、2週続けて十勝に行ってSサイズと遊んでましたが、3日は水位が下がったので北に行きました。水の色は良かったのですが、水位は、ベストより20cmほど高く、相棒が岩盤ポイントでグッドサイズを瞬間アミーゴで終わりました。
今週はYunさん、Moriさんの投稿を見て、オホーツクに行きたくなりました。でも、 Yunさん、Moriさん、Abuさんの釣ったポイントを避けて狙ってみたいと思ってます。笑
Commented by masa1st1956 at 2015-11-05 10:01
Yunさん、おはようございます。
湧別とうとうキャッチしましたね、それにしても厳つい顔で風格充分な♂グットレインボーおめでとうございます。
羨ましい限りです、私も何とかあやかりたいのですがこればかりは・・・・(笑)
今週末は何処に行こうかまだ悩んでます(笑)
Commented by underson923 at 2015-11-05 10:09 x
Yunさん、失礼しました。アミーゴ(✕) → アディオス(〇)でした。笑
Commented by Mikiko underson at 2015-11-05 10:11 x
Yunさんおはようございます!ナイスレインボー(^◇^)!!
文化の日、我々は北の本流へ行って来ました。
2度ほど、コンッ、ググググゥーッと、鮭とは違う?引きを感じました。
そのうち1度は魚を掛け、水面にギラリと魚体を見せてくれ「釣れた~!」と叫んだ瞬間、アディオス(オット、アミーゴと間違っていますね↑)
「あれっ、大きかったんじゃない?!」とオットに言われたものの、悔しさで「いや、多分、鮭だよ…。」と、鮭だと思うことにしています。
通っている割に、全く釣れない私たち…
今週末こそはと、鼻息を荒くしております!

Commented by mr.hoo at 2015-11-05 11:34 x
yunさんこんにちは。この日も北の本流はな〜んにも無く心配ご無用ざんす(笑) だからオホーツク本流に行こうって言ったのに!(爆)) そろそろフライの色も変えてシフトチェンジですね
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-05 20:31
ABUさん、こんばんは。
先日はお疲れ様でした。さすがに翌日は疲れが残ってしまいますね(笑)。
朝は出だしが良かったのでこれはもしかしたらと思ったのですが、やはりそうは長く続かなかったようです。
ABUさんのブログの私が無理をしたランディング姿勢、しっかりカメラに収まっていたので、ちょっと恥ずかしいような・・・笑
それにしても午後のABUさんは好調でしたね。対岸のLサイズはちょっと残念でしたが、また来シーズンということなのでしょうね。
本流レインボーのシーズンもいよいよ終盤。私はあと1回ぐらいはと・・・笑。
こちらこそ、アメマスキャンプでは宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-05 20:48
underson923さん、こんばんは。
北の本流も気になっていたのですが、水位の高さもあり、2回連続で初夏から気になっていた湧別川に足を運んでおりました。
北の本流も水位が高いと、どうしてもポイントが制約されてしまいますものね。こちらはかなり減水しているようです。
相棒のMikiko undersonさん、岩盤ポイントで瞬間アディオスでしたか。
スイングの後半だと、フックセットがちょっと難しいかもしれませんね。私も何度も悔しい思いを・・・笑。
あのポイントには大きいのがいますから、きっと相棒の方もとても残念がられているのでしょうね。
週末は気温が下がりそうですが、北の本流、オホーツクの本流と最後まで迷いそうです。
でも、やっぱりシーズンラストは北の本流でしょうか(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-05 20:56
masa1st1956さん、こんばんは。
今シーズンのオホーツクの本流では、何度か残念な思いをしているのですが、やっとこのサイズに出合えることが出来ました。
サーモンの産み落としたイクラをたくさん食べているのか、とても厚みがあり体高のあるレインボーでした。
MoriさんがLLサイズに出合ったのと同じポイントでしたから、もしかしたら結構ポテンシャルは高いのかもしれません。
こうなると先週末にアディオスしてしまったレインボーのサイズが気になって仕方がない私だったりしますが、
こればかりは妄想が膨らむばかりです(笑)。
そろそろ十勝アメマスも気になるところですが、まだなかなかモードのシフトチェンジが出来ないでいたりします。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-05 21:43
Mikiko undersonさん、こんばんは。
フィールドやショップでは何度もお会いしていますが、初コメントをいただき、ありがとうございます。
北の本流では2度もバイトがありましたか。きっとそれはサーモンではなかったのでしょうね。
次回こそは是非グッドサイズに出合われることを願っております。
あまり鼻息荒く気負われますとそれがフライに乗り移りますし、テイク後のやり取りでも慌ててしまいますから、
是非とも穏やかな平常心でキャスト&スイングをお願いいたします(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-05 21:50
mr.hooさん、こんばんは。
オホーツクの本流にいながらも、北の本流に足を運ばれた皆さんのことが気になっていました(笑)。
水温が下がると、やはりレインボーの活性も下がるのでしょうか。
北の本流も気になっていましたが、ここ最近のMoriさんのレポートで、今回もつい浮気心でオホーツクへと(笑)。
でも、あの広々としたフィールドでキャスト&スイングさせているだけでも気持ちが良いものですよね。
本当は久しぶりの火曜日の祝日でしたからmr.hooさんにもお会い出来るかなと思っていたのですが・・・。
次回お会い出来るのは昨年に引き続き忘年会、それとも新年会?楽しみにしております。
Commented by サワヤカサワデー at 2015-11-05 22:35 x
Yunさん こんばんは。
本当に強面のニジマスですねw
おめでとうございます。
そして心の底から羨ましいですw
川・時合・ポイント・ライン・フライすべてがグットチョイスだったようでさすがの判断力に脱帽です。
同じ日に北の本流に行っておりましたが何もございませんでした(泣)
年内できる限り懲りずに通ってみようと思います。

Commented by slowfishing-yun at 2015-11-05 23:35
サワヤカサワデーさん、こんばんは。
こんな強面のレインボーに出合ったのは、私も初めてでした。実はもっと恐そうな写真もあったのですが、そちらはさすがに差し控えました(笑)。
北の本流に行かれていたんですね。同じ日に行っていた友人達も、やはり厳しかったようです。
でも、今朝入った友人にはLサイズ後半が微笑んだようですから、もしかしたらまだ出合えるチャンスは残っているかもしれませんね。
どうやらまだアメマスモードにはシフト出来なさそうです(笑)。
Commented at 2015-11-06 12:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2015-11-06 13:47
鍵コメのKAZUYAさん、こんにちは。
確かにホオジロザメのような顔立ちかもしれませんね。噛みつかれないように気をつけないと(笑)。
BGMは80年代に英国の4ADというレーベルからリリースされていたバンドのもので、今でも現役のようです。
東欧や中近東、それにケルトミュージックといったさまざまな民族音楽の要素がミックスされた個性的なバンドでした。
女性ボーカルの方はとても透き通った声で、大御所のテクノ系のグループともコラボレーションされているようです。
マイザーロッドのスタンダードとカスタムの違いはコスメだけです。
スタンダードはジャングルコックがシンプルに1枚で、スレッドのカラーも選べませんが、
カスタムになると豪華なフェザーインレイとなり、スレッドのカラーもある程度は選べます。
リールシートの標準はブラックアルミですが、ウッドインサートのリールシートにすると別料金がさらに発生します。


<< <Episode #15...      <Episode #15... >>