2015年 07月 05日

<Episode #124> 初夏の尻別川

f0317993_18464153.jpg



尻別川は、やはり変わらずいつもの尻別川だったねと笑い、
そして三幸のジンギスカンも、相変わらずいつもの三幸のジンギスカンだったねと大笑いする。

金曜日の夜、テレメーターの数字を幾度も見ながら週末に足を運ぶフィールドの選択にたっぷりと迷い、
そして、それほど雨の影響がなさそうな、初夏の香りがするであろう尻別川へ足を運ぶことにした。
タックルボックスに空のペットボトルを入れ、そこにミネラルが豊富な真狩の湧き水をたっぷりと汲むことにしよう。
きっとコンビニランチの後でも、美味しいコーヒーが淹れられるに違いない。


f0317993_1905159.jpg



f0317993_1914078.jpg



まず足を運んだのは僕がスペイやスカジットを覚えた昆布のスリー・セクション・エリア。
偶然車で通りかかられた農家のご主人と軽く会釈を交わす。
ちょっと懐かしい気がする畑の脇に1本だけぽつんと立ったサクランボの木は、
どうやら今年の赤くて美味しいサクランボの実がなる時期を少しばかし過ぎていたようだ。
そういえば見慣れた蕎麦畑のいくつかも、今年は蘭越米が育つ水田に変わっていた。
久しぶりに野生のカモミールを見つけて指で触ってみると、何だかとても懐かしい気分になった。
毎年のようにスリー・セクションの流れは少しずつ変わるようだ。
相変わらずいつもの流れが緩いポイントでは、フライにはまったく無関心のサクラマスが派手に跳ねる。
でも、第1セクションの中間を過ぎた辺りで、初夏のアメマスがやっと僕の黒のインタラクションを見つけてくれた。


f0317993_19573714.jpg



f0317993_19572623.jpg



昆布のスリー・セクション・エリアの次に、蘭越の放水口エリアを訪れた。
早朝の尻別の空は曇り空だったけれど、やがてブルーの初夏の青空が頭上に訪れる。
ローウォーターのこの時期、ここまではフローティングのスカジット・コンパクトにType6のティップを組み合わせたラインシステム。
フライは少しウェイトを多めに巻きこんだコーンヘッド仕様のストリーマーフックに巻いた黒のインタラクション。
ゆっくりとステップダウンを繰り返しながら、こんな初夏の明るい青空だからフライのカラーも、
黒からもう少しコントラストの控えめな淡いオリーブに結び変えようかなと思っていると、
対岸近くに着水して間もない黒のインタラクションが、グンと強い力でひったくられた。
一瞬その重さから悪くない本流レインボーかなと思ったけれど、リールからラインを一気に引き出すようなスピード感はなく、
流芯の強い流れの中で僕のロッドを曲げてくれたのは、思っていたよりもプロポーションの良い初夏のアメマスだった。
初夏の日差しを浴びて、アメマスのシルバーボディがギラギラと眩しかった。


f0317993_20284044.jpg



f0317993_20285181.jpg



お手軽なコンビニランチと羊蹄山の湧き水で淹れたイタリアンローストのコーヒーの後は、
栄橋エリアのヌカカ・ポイントと少し下流の視界がパッと広がるエリアへと足を運ぶ。
ヌカカ・ポイントでは、ラインシステムをインターミディエイトのスカジット・コンパクトにType8のティップに交換した。
昨年の秋のレインボーとの偶然の出合いもあるので、少しは期待はしたけれどなかなかそうは上手くはいかない。
でも、イブニングにはもう一度フローティングのスカジットコンパクトにType6のティップのラインシステムに交換しよう。
ティペットの先にはいつものCDCセッジというお手軽なウエットフライ。
きっと流れの速いポイントだから、ターンの終わりにはウエットフライがゆっくりと浮上し始めるはず。
いかにも怪しいいでたちのヌカカ対策で僕はイブニングの釣りに準備は万端。
辺りが暗くなり、小さな虫が出始めると、水面が少しずつザワザワとし始める。
薄明かりの中でのブラインドキャスト。そしてランニングラインをホールドした指先が次に訪れるであろう衝撃に備える。
空腹を感じ始めた僕の頭の中でもジワジワと三幸のジンギスカンのイメージが出来上がるように、
おそらく川底やストラクチャーの脇にステイしている大きな本流レインボーもそろそろディナータイムのはず。
イメージ通り、スイングの終わりかけに、グゥンとランニングラインをホールドした指先に衝撃が走る。
深瀬の水音に混じってサラシオーネから響く心地良いスクリーミングサウンド。
期待していたLサイズオーバーのレインボーではなかったけれど、Mサイズのレインボーが今日のお相手だった。

でもやはり、尻別川はいつもの尻別川だったかな。
以前よりもアメマスの姿が多くなった印象の尻別川。
また、お気に入りのロッドとリールをもって遊びに来ようと思う。
                                                           9.36→9.35

f0317993_21114479.jpg



f0317993_2111575.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2015-07-05 21:19 | Fishing Reports | Comments(8)
Commented by satoruer at 2015-07-05 21:31
yunさま。金曜日に栄橋の下で釣りしました。Cループ?だと少し飛ぶようになりました。対岸まで届きました。ウエイトを巻いたウーリーバガーにするとピックアップがうまく出来なくて苦労しました。暗くまでいました。たまたま来たルアーマンに恐いので一緒にやりませんか?って笑。知らない人でも近くにいると安心します。釣果はゼロです。練習含め10回竿振ってるんですけどね〜色々揃った頃に釣れるかもしれませんね。タイプ6とかを使うんですね〜
Commented by slowfishing-yun at 2015-07-05 22:00
satoruerさん、こんばんは。
金曜日に尻別川に行かれていたんですね。
栄橋周辺も大水が出るたびに流れが変わり、なかなか難しいです。
確かに暗いとちょっと怖いですね。でも、あまり熊の話は聞いたことがありません。
ルートさえ覚えておけば何とかなるような。でも、ヌカカだけは嫌ですね(笑)。
かなり前ですが、誰かが栄橋の下でサックスのアドリブの練習をされておられました。
サックスの音色を聞きながらイブニングの釣りをするのも、まんざら悪いものではありませんね(笑)。
スカジットキャストのバリエーションには興味がないというか、あまり詳しくはないんですよ。
私の場合、左岸ではペリーポーク、右岸ではスネークロールから一度ラインを置きなおしてキャストする2種類だけです。
きっと面倒臭がり屋というか、ものぐさなんですね(笑)。
重いフライの場合は、一度ロールキャストしてからピックアップすると意外と楽ですよ。
尻別川によく足を運んだ頃は、ティップはType6かType8ばかりでした。
フライはしっかりと沈めた方が良いと思っていますが、実は思ったよりも沈んでいない事が多いようですよ。
当時は根掛かりすると、ホッとしていました(笑)。
Commented by abu-z4 at 2015-07-06 08:47
Yunさん、おはようございます。
土曜日は、お疲れ様でした。
変わらぬ尻別川に立って変わったことといえば、レギュラーサイズのレインボーでは満足できなくなった僕たちの心でしょうか(僕はスモールサイズでしたが)。
だけど、10年前より魚の数が減ったとはいえ、変わらず楽しく1日を過ごせることに感謝しなければなりませんね。
次に尻別川に足を運ぶのは、1年後、それとも2年後・・・・
Commented by slowfishing-yun at 2015-07-06 20:41
ABUさん、こんばんは。
こちらこそ、土曜日はお疲れ様でした。
ABUさんと尻別川にご一緒したのは何だか久しぶりなような気がします。
2005年にABUさんやSHUさんと尻別川に初めてご一緒してから、随分と長い月日が経ってしまいました。
当時はほとんど週末ごとに通っていましたからね(笑)。
最近はめっきり足を運ばなくなってしまいましたが、尻別川には尻別川の魅力があるように思います。
また機会があれば足を運んでみましょう。その際は、宜しくお願いいたします。
Commented by maximizer828 at 2015-07-07 06:54
Yunさん、おはようございます。
土曜日はお疲れ様でした。
やはり尻別川は尻別川でしたね(笑)
そこそこに釣れたし、初めてのイブニングも楽しかったのですが、釣りに集中し過ぎたのかヌカ蚊に喰われているのに全く気づきませんでした。
翌日、数えたら16ヵ所も喰われており現在、かゆみと闘っています。やはりYunさんのように完全防備が必要ですね。
また宜しくお願い致します。
Commented by slowfishing-yun at 2015-07-07 20:30
maximizer828さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
確かに、尻別川はやはり尻別川でしたね(笑)。
何と16ヶ所もヌカカに咬まれていましたか。私ならきっと痒くて仕事にならないでしょうね(笑)。
おかげさまで怪しい姿の完全防備が功を奏したのか、私は1ヶ所も咬まれずに済みました。
咬まれた痕の腫れには市販のステロイド入りの痒み止め軟膏が効くと思いますが、しばらくは我慢ですね。
私はヌカカに対してあまり免疫がないのか、1週間は痒みと腫れが引かないようです。
どうかお大事にされて下さい。
Commented by andieloop at 2015-07-07 20:58
Yunさん、こんばんは!
のんびりと楽しそうな一日だったようですね。
川での一日をじっくりと味わっているような雰囲気が伝わってきます。
湧き水で淹れたイタリアンローストはどうでしたか?好天の空、釣友、懐かしい景色・・・気分の問題っておおいにありますから、さぞかし美味しかったのではないでしょうか?
尻別川はこの時期でもアメマスが釣れるんですね。そのうち私もコチラのエリアに足を運んでみたいと思います。ジンギスカンに興味津々(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2015-07-07 21:31
andieloopさん、こんばんは。
三幸のジンギスカン、病み付きになること間違い無しです(笑)。
今回は定番野菜のモヤシ、タマネギだけでなく、旬のアスパラも添えられていました。
是非今度機会があればご一緒しましょう。
イタリアンローストはもちろん例外なく美味しかったですよ。
追加のコーヒー豆のストックがないので、ホーローポットの湧き水を若干少なめにして濃い目に淹れてみました。
たまたまお話をさせていただいた年配のルアーの方も、最近アメマスが多いんだよねと話されていました。


<< <Episode #12...      <Episode #12... >>