2015年 06月 28日

<Episode #122> 十勝川のレインボー

f0317993_15151451.jpg



十勝川の上流域の水位は、僕が予想していたよりも少し高かったかもしれない。
インターミディエイトのティップの先に少し長めにとった2.5号のフロロカーボンのティペットを繋ぎ、その先にCDCセッジを結ぶ。
対岸めがけてクロスにキャストしたラインが流れに乗って下流へと膨らみ始めると、CDCセッジも水面直下でスイングを始める。
やがて指先でホールドしたランニングラインにガツンとひったくるような強い衝撃が訪れると、届いたばかりのお気に入りのリールから、
まるでクリック式のリールのような激しくて心地の良い、とても官能的なサウンドと共に、凄い勢いでランニングラインが引き出されていった。
それにしてもこのSaracioneのスクリーミングサウンド、これまで僕が耳にしたことのあるリールの逆回転音の中で一番ノイジーで派手だろうか。
HardyのMarquis Salmon No.1やNo.2のラチェットの爪を2個とも立てて効くようにした時に響く歪んだサウンドよりも大きい音のような気がする。


f0317993_15423724.jpg



それにしても小顔に似合わず、不釣合いなぐらいにとても体高があって硬い筋肉質なボディの本流レインボー達なのである。
きっと自然の豊かさだと思うのだけれど、いったいどこからこのパワーが育まれるのだろうか、とさえ思えてしまう。
もうすぐ7月だというのに8℃という気温の低さで冷たくなった指先でフォーセップを握り、
顎からフックを外すと、レインボーの姿は冷たい流れの中へとあっという間に吸い込まれていく。
今年も何とか無事に十勝川上流域のスプリンターに出合うことが出来て、僕はホッとする。
十勝川の上流域、そこにはまだ早朝にしか味わうことが出来ない青白い光に包まれた静寂さがあった。


f0317993_15454548.jpg


時折り霧雨のような小雨が降る曇り空の十勝川、上流域から中流域へと移動し、若干気温が上がったような気がするけれど、
一日を通してインナーに着込んだユニクロのフリース地のジャケットが手放せないぐらいに寒かった。
ところで、川原に横たわりうたた寝をしていると、何かの拍子にフッと深い眠りから目が覚めてしまうことはよくあるけれど、
セットした目覚まし時計のアラームのように、意識の遠くから響いてくるどこか聞き覚えのある音色で目が覚めたのは初めてかもしれない。
その音色はmasa1st1956さんのマイザーMKSにセットされたサラシオーネから響くスクリーミングサウンド。
それは早朝の上流域で僕が耳にした音色とほとんど同じだったから、不思議とまったく違和感がなかった。
確かに僕のリールとmasa1st1956さんのリールとではシリアル番号が少しだけ違うだけだから、違和感を感じないのにも納得がいく。


f0317993_162425.jpg



今にも霧雨が小雨に変わっていきそうな薄曇の空の下、複雑に蛇行を繰り返す緑鮮やかな十勝川の中流域をのんびりと彷徨った。
スカジットコンパクト・インターにType6のティップの組み合わせで、対岸の際めがけてフライをキャストする。
相変わらずトルクの強い流れだけれど、先週末に訪れた時よりもウェーディングするアングラーには、ほんの少しだけ優しかっただろうか。
それでも速い流れに逆らいながら長時間ウェーディングを続けていると、両足がヨタヨタになるぐらい疲労が蓄積してしまうようだ。
なるほど、こんな流れの速い中で育つトラウトは強いはずである。


f0317993_21495997.jpg



f0317993_215019100.jpg



f0317993_21503472.jpg



3枚の写真は、andieloopさんから。

ストリーマーフックに巻いたコーンヘッド仕様のインタラクション(ブラック&オレンジ)が、
木の枝が張り出した対岸近くに着水した瞬間、強い力で一気にひったくられる。
白いバッキングラインが少し出たところでレインボーの疾走は止まり、ディスクブレーキを効かせたリールにラインを巻き込む。
次の疾走に備えて僕の中で緊張感がジワジワと高まる。
予想通り次の疾走でリールからラインが引き出されると、ガバガバっと大きな波紋と共にフックアウト。
僕にいたっては思わず苦笑いだけれど、やっぱり楽しかったかな。

アミーゴが続いてばかりの僕だけれど、タイミングを見ながら、また近いうちに友人達と十勝川に足を運んでみようと思っている。
きっと十勝の澄み切った初夏の青空には、心地良いBossa Novaがお似合いだと思うのだが・・・。
                                                             60.02

f0317993_16281993.jpg


Today's BGM : ABUさんに紹介してもらったClara Moreno、このBossa Novaテイストも悪くはないね。






[PR]

by slowfishing-yun | 2015-06-28 16:30 | Fishing Reports | Comments(10)
Commented by masa1st1956 at 2015-06-28 19:43
yunさん、こんばんは。
ポイント案内ありがとうございました、おかげで何とか昼寝の邪魔をした久しぶりの十勝ニジがキャッチでき感激してます(笑)
また、よろしくお願いします。
Commented by nobu0038 at 2015-06-28 20:15
hide Yunさん お久しぶりですね。 此方の上流域にいらしてたんですね! 私は最近そこには余り行かなくなってしまいました。 釣りの熱が冷めた訳ではないのですが本流域の方にばかり行ってます。 昨日と今日の虹鱒の写真をお送りしますので見てみて下さい。 掛かった時大変ですよ(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-28 20:44
masa1st1956さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
フィールドでぐっすりと眠っていたところを、リールの逆回転音で目を覚ましたのは初めてでした(笑)。
早朝、masa1st1956さんがリールに巻かれたラインを交換されていた時も、
フィールドにかなり大きな音が響いていたんですよ。あの音なきっと熊も驚いて逃げていくと思います(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-28 20:49
hideさん、こんばんは。お久しぶりです。
今シーズンも、いよいよそちらにお邪魔する季節がやってまいりました(笑)。
本流レインボーの写真、楽しみですね。
きっといろんなポイントご存知のhideさんのことですから、素晴らしい本流レインボーなのでしょうね。
十勝本流は本当に流れが速いので、グッドサイズがテイクした後の大変さ、少ない経験ながらも容易に想像がつきますよ(笑)。
また、フィールドでお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by abu-z4 at 2015-06-29 10:18
Yunさん、おはようございます。
土曜日は、お疲れ様でした。
下ろしたてのサラシオーネのスクリーミングサウンドを堪能されたようで何よりです。
僕は、修繕したはずのウエーダーが以前より悪い状態になり、季節外れの寒さと膝から下の冷えに耐え切れず、つらい釣行になってしまいました。
それでもサイズはともあれ午前中、思い描いた釣りができたのは幸いでした。
もう少し十勝を探ってみたい気もしています。
またご一緒できる機会がありましたら、宜しくお願いいたします。
Commented by andieloop at 2015-06-29 19:33
Yunさん、こんばんは!
土曜日はお疲れ様でした。そして、桃源郷のようなエリアに連れて行って頂き、更にYunさんの下流に入らせて頂き、ありがとうございました。
最高に楽しい時間でした。次の日は朝寝坊というか夜寝坊というのか、機会を逸してしまいましたが(笑)。
中流域は、若干早かったのかもしれませんね。水量が多く、更に冷たかったので、魚も活発にフライを追わないのでしょう。でも、そんな状況下でも対岸から良型のニジマスを引き出して、私達の目の前でアミーゴしてくれるYunさんは全てにおいてサスガです、一度で二回ビックリしました(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-29 22:17
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。帰りの車の中ではすっかり寝入ってしまい、申し訳ありません。
今回の釣り旅は睡眠不足がなかなか辛かったです(笑)。
ABUさんのお気に入りだったパタゴニアのウェーダーの水漏れはちょっと大変でしたね。
新しいウェーダーにも期待ですが、パタゴニアのウェーダーもしっかりと補修されて予備として使われてみてはと・・・。
こちらこそ、またよろしくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-29 22:24
andieloopさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。久しぶりにお会い出来て楽しかったです。
早朝の上流域、andieloopさんにどうぞと下流に入っていただいてからというもの、私の方はどうもサッパリでした(笑)。
でも、楽しんできただけたようで良かったです。
紹介してくださったポイントでは、まったくアミーゴする気はなかったんですが、やっぱりいつものアミーゴでしたね。
あのタイミングでアミーゴしてくれるレインボーに感謝です(笑)。
Commented by maximizer828 at 2015-06-30 08:01
Yunさん、おはようございます。
土曜日はお疲れ様でした。
朝一番の熊ポイント、Yunさんが川に立ったと思ったら、直に聞こえてきたサラシオーネのスクリーミングサウンド、魅力的ですごく良かったです。
あの未だ暗いフィールドで川の流れる音をバックに良い感じで響いてましたね。
僕は間近で聴いて、一瞬、コンサートホールにでも居るかのような錯覚をおぼえました(笑)
僕にとって土曜日は、皆さんとご一緒できて長く中身の詰まったとても楽しい一日になりましたが、睡眠不足のダメージもなかなかでした。次回はキャスト技術の向上と電池切れ対策をしっかりしたいと思ってます。
また宜しくお願い致します。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-30 20:07
maximizer828さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。今回は、かなりハードな釣り旅になってしまいましたね。
車の運転、ありがとうございました。
帰りの車中ではすっかり寝入ってしまい、何だかとても申し訳なく思っております。
サラシオーネのスクリーミングサウンド、きっと十勝のレインボーがパワフルだからでしょうか、
私が予想していた以上にノイジーで甲高いサウンドでした。おかげさまで、すっかりお気に入りです(笑)。
きっと手持ちのリールで一つだけ残すとしたら、このリールになると思います。
デザイン、ブレーキの効き、サウンドと3拍子そろっていますが、せめてプライスが1/3になってくれると、さらに申し分ないのですが・・・笑。
こちらこそ、またよろしくお願いいたします。


<< <Episode #12...      <Episode #12... >>