2015年 06月 07日

<Episode #116> オホーツクの肌寒い一日

f0317993_16332617.jpg



僕の吐く息が暦の上では6月だというのに、まるで3月にでも逆戻りしたかのように薄っすらと白かった。
淡いグレーの空が頭上を覆い、しとしとと存在感の薄い細かい雨が降り続くと、寒さで身体がどことなくこわばり始める。
週末にライトなスペイロッドを携えて訪れたふたつのオホーツクの本流、車の示す外気温は5℃前後。
おそらく日中でも10℃を越えることはなかったんじゃないだろうか。


f0317993_16434516.jpg



f0317993_16562680.jpg



渚滑川では、流れの中をスイングするフライがいきなりランニングラインごと引き込まれて、リールが逆回転し始める音を何度か聞いた。
それでも外気温が先週と比べて20℃以上も下がると、初心なトラウトの活性にもジワジワと影響を及ぼしているのか、
渚滑川の初心なトラウトからの反応は、どうやら先週ほどではなかったように思う。
時折り越年したと思われるグリーンバックのレインボーが、僕が手にしたライトなスペイロッドをグイグイとバットから引き込んでくれた。


f0317993_16564836.jpg



先週の朝こそPatagoniaのライトなディープウェーディング・ジャケットを羽織ったけれど、
この日は朝からSIMMSのすっかり色落ちしてくたびれたオレンジ色のガイドジャケットを羽織った。
さすがにフリース地のグローブははめなかったけれど、インナーにはユニクロの薄手のフリースジャケットで寒さをしのぐことに。
そして、久しぶりに僕にとっては2代目となる昨年購入したモンベルのネオプレーン製のストッキングウェーダーに足を通してみた。
僕としてはこの雪代が収まった時期と晩秋の本流で、寒さ対策としてとても重宝しているアイテムだっただろうか。
かなりタイトで細身に仕上がっているから、外見的に少しスリムに見えそうだったので僕としてはかなりお気に入りのアイテムだったけれど、
初代、それにまだそれほど使用していないこの2代目といい、やはりソックス部分の縫い目というかシームに弱点があるようだ。
これまでも何度か自分なりにアクアシールで補修しているけれど、今回もソックス内への浸水がひどく、
数時間も本流にウェーディングしてると、靴下が絞れるぐらいまで水浸しになってしまった。
おそらく次にモンベルのネオプレーン製のストッキングウェーダーを購入することはないけれど、取り敢えず何かしら対策を講じないと。
あらかじめ浸水を想定した上で、靴下の上に履く、防水のプラスチックかゴム製の薄いカバーなどがあると便利なのだが・・・。


f0317993_16572813.jpg



午後からは久しぶりに湧別川へと足を運ぶことにした。
時折り冷たい風が本流を吹き抜けていき、相変わらずしとしとと6月の冷たい雨が降り続いている。
撥水機能がほとんど失われた僕のSIMMSのオレンジ色のジャケットも、どうやらこの雨が少しずつ染み込み、色が濃くなったようだ。

もしかしたら先日巻いたジャバラ・コーンヘッドチューブフライは以外とイケるのかもしれない。
湧別川のお気に入りの長いランを友人たちと釣り下る。
先行していた友人の後だったので、あまり期待はせずにランの前半を流し終えた。
ロッドを試し振りさせてとMoriさんにロッドを手渡すと、数キャスト目で突然何か来ましたとロッドがグンニャリと曲がるハプニング。
リールからランニングラインがすべて引き出され、さらに20m以上もバッキングラインが引き出された時点で、残念ながらアミーゴ。
ロッドはまったく立てることすら出来なかったから、重量感と下流への疾走からして、おそらく推定Lサイズ後半の本流レインボー。
数年前の同じ時期に同じポイントでMサイズの本流レインボーに出合った時のことを思い出す。
さすがにお気に入りのマイザーの5/6番のスペイロッドでも、この流れの強いトルクのある本流の流れの中では、
あのサイズの本流レインボーとなるとちょっと厳しいのかも。
何だかちょっと複雑な気分の冷たい雨が降り続く6月最初の土曜日だっただろうか。
でも、あのLサイズの本流レインボーの姿はちょっと見てみたかったかな(笑)。
                                                         36.00→35.99
                                                         50.63→50.61

f0317993_17471750.jpg



Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2015-06-07 17:57 | Fishing Reports | Comments(12)
Commented by mooly at 2015-06-07 20:26
Yunさん、こんばんは。
6月にしてはまれな寒い一日でしたね。
ですが、私個人的な心境は、暖かい一日でした。
何せ、去年から先週までパッとしない釣行が続いていましたので。
もちろん釣れたことは嬉しかったですが、マイナスな出来事の魚がバレちゃった事や、上川店が気まぐれ休店してた事も、
悪い事でもハプニングがあると一日が楽しくなります。
単純に、面白かったー と思える一日が過ごせたような気がします。
でも、あのレインボーの姿は見たかったな~・・・。

さてさて、いよいよ本流レインボーの前半戦が始りますが、どうなりますでしょうかね。
結果はともあれ、おもしろおかしく楽しくなればいいなと思っております。

PS:前回のポストの3本目の動画。ユーモアのセンスが最高ですね。私の好みです。
道北の本流で苦しんでいる時に、"7WT"に出会ってしまったら、
私も UNDERWORLD の STREAMER JUNKIE になってしまうでしょう。(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-07 20:59
moriさん、こんばんは。
土曜日は雨交じりの肌寒い一日でしたが、お疲れ様でした。
でもmoriさん、何だかとても楽しそうでしたね(笑)。
前のポストで紹介した動画はなかなか面白かったでしょ。私もお気に入りです。
3本目はユーモアたっぷりですが、1本目を観ると何だか釣りへのテンションが上がるような気がします。
moriさんはすでにSTREAMER JUNKIEですよ。それに私の周りは、皆さんMeiserのMKS JUNKIEですから(笑)。
あの湧別川の本流レインボーは私も見てみたかったです。きっと素晴らしいコンディションだったのでしょうね。
Commented by satoru at 2015-06-08 14:04 x
こんにちは。ご無沙汰してます。
ウェーダーの水漏れは永遠のテーマですね。
低水温でこれやられたらげんなりしちゃいますよね。

僕はSealSkinz(シールスキンズ)という透湿防水ソックスを替えのソックスと共に荷物に入れておき、浸水したら、それらに履き替えるようにしています。(予備のウェーダーがあればベストですけど)

昔買ったオフロードバイク用のゴアテックスソックスは伸びが無く釣りで使うことはありませんでしたが、SealSkinzは表地がメリノウールのためなのか、そこそこフィットします。
お守りに1ついかがですか。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-08 20:14
satoruさん、こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。
透湿防水ソックスの情報、ありがとうございました。これは便利かもしれませんね。お守りとして検討してみます。
この日は、予備の夏用ウェーダーを持参していたので、何とか午後の釣りは快適に過ごすことが出来ました。
やはり想定内とはいえ、ウェーダーのソックス内の浸水は辛いものがありますよね。
Commented by maximizer828 at 2015-06-08 20:59
Yunさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
僕は先週泣かされましたが、あの寒い日にウェーダーのトラブルは厳しいですよね。でも、そんな水漏れも想定内でササッと着替えて釣りを続けるなんて流石です。
僕の場合、釣果も寒かったですが、渚滑川と湧別川の2河川+よし乃の贅沢コース、とても堪能できました。ありがとうございました。
P.S. 希少なLサイズ惜しかったですね。僕は間近でパーフェクトの逆転音を聞けたので、臨場感MAXでした!
僕も早くそうなりたいです(笑)
Commented by andieloop at 2015-06-08 21:31
Yunさん、こんばんは!
北極イワナバージョンのマイザーの5/6番は、大活躍のようですね。
早速、本流ニジマスでアミーゴのようですが、何だか皆さんとても楽しそうです(笑)。段々と良い季節に入ってきましたね、これからもアミーゴレポート、楽しみにしています(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-08 21:59
maximizer828さん、こんばんは。
土曜日のオホーツク・フルコース巡り、お疲れ様でした。
雨に寒さと、なかなか釣りをするにはコンディションの厳しい6月の釣りになりましたね。
かなり前のことですが、3月初めの十勝川でウェーダー(確かリバレイ)のブーツに亀裂が入り、
とても辛い思いをしたことがあるので、それ以来は出来るだけ予備のウェーダーを持参するようにしているんですよ(笑)。
荷物はかさばりますが、備えあれば憂い無しですからね(笑)。
確かにアミーゴは残念でした(笑)。あのままひと休みせずに自分で釣り下っていればとも思いますが、
もしかしたらツキのあるmoriさんにロッドを持ってもらっていた方が良かったかもしれませんね。
ちなみにパーフェクトのブレーキは、マックスに効かせていたんですが・・・笑。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-08 22:12
andieloopさん、こんばんは。
おかげさまで最近一番のお気に入りロッドとなっております(笑)。
andieloopさんもMKS JUNKIEといいますか、MKS フリークの仲間入りでしょうか?(笑)。
まったくアミーゴするつもりはなかったのですが、あの尋常ではない下流への疾走からすると、経験的に十中八九アミーゴの確率大です。
北の本流で70クラスのレインボーに何度も同じような感じでアミーゴされているので、ロッドを握りながらこれはきっとアミーゴかなと・・・笑。
やっぱり予感は的中でした。
そろそろ本流での車中泊を楽しむシーズンですね。
またのんびりと楽しみましょう。
Commented by masa1st1956 at 2015-06-09 09:41
yunさん、こんにちは。
湧別川、残念でしたね、この時期週末に中々時間の取れない、MKS JUNKIEの私は今、悶々としています(笑)
しかし、moolyさん、察する条件の中で魚を出すとは流石ですね、向こうに用事作ろうかな(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-09 21:02
masa1st1956さん、こんばんは。
湧別川の本流レインボー、きっといいサイズだったと思いますが、予想通りのアミーゴでした(笑)。
確かにこの時期の週末に仕事でお休みが取れないと、MKSフリークとしては悶々としてしまいますよね。
これから本流のコンディションも少しずつ良くなると思いますから、またフィールドでお会い出来るのを楽しみにしております。
Commented by sugi at 2015-06-09 21:55 x
yunさん、こんばんは。
いよいよ本流の釣が盛期を迎えるようですね、それにしても滑骨、湧別と相変わらずアクティブさには脱帽ものです。
コメントでアミーゴの文字が目立ちますが、経験豊かな釣師から発せられる余裕のジョークなのでしょうね。
Commented by slowfishing-yun at 2015-06-10 00:15
sugiさん、こんばんは。
こちらこそ、物静かなsugiさんが何度も朱鞠内湖MAXに通われる熱意というか粘りには脱帽ですよ。
でもそのお気持ち、陰ながらしっかりと察しておりますよ(笑)。
湖にも気持ちは向くのですが、やはりどうしてもこの時期からは本流へと気持ちがシフトしてしまいます。
きっと今年の晩秋には、また朱鞠内湖でお会い出来るかなと思っております。
グッドサイズに逃げられてしまった時に、ついアミーゴと呼んでしまうようになってしまいました。
もちろん余裕などこれっぽっちもないのですが、あくまでも自愛の気持ちをこめてですよ・・・笑。


<< <Episode #11...      <Episode #11... >>