2015年 05月 17日

<Episode #112> 朱鞠内湖MAX / 2度のうたた寝

f0317993_1758963.jpg



今シーズン2度目の朱鞠内湖MAX。
北のフィールドへと向かうにつれて、5月の冷たい雨が深夜のアスファルトを黒く濡らし始めた。
隙間の出来たフライケースには、水曜日に取り敢えず5本だけシンプルなオリーブゾンカーを巻き、隙間を埋めておいた。
Meiserからサンプルをいただいた、魚のイラストの描かれた淡いブルーのHead Wrap Buffを首に巻いて、あわただしく渡船に乗り込む。
本当は日焼け止めの意味もこめて顔の下半分を隠すアイテムなのかもしれないけれど、
僕にはどうも西部劇に出てきそうな銀行強盗のような怪しげな風貌に見えて違和感を覚えるので、やっぱりグシャっと首にだけ巻くことにする。


f0317993_1813378.jpg


f0317993_18131416.jpg



厚い雨雲が幾重にも低く覆いかぶさるように朱鞠内湖の空を覆っていた。
パラパラと細かい雨が湖面には降り注ぎ、まるで小魚が表層を泳いでいるかのように騒がせ続ける。
モスグリーン色の湖水は、少しずつではあるけれど、徐々に本来の色を取り戻しつつあるのだろうか。
雨滴の作り出す波紋は湖面いっぱいに広がるけれど、トラウトの生命感は不思議と皆無だったような気がする。
そんな朱鞠内湖は北大島で友人達とまるで湖面から突き出た杭のようになり、キャスト&リトリーブをひたすら続けた。


f0317993_1825861.jpg


f0317993_18251625.jpg



その存在を消し去るかのように穏やかだった風も、時間と共にジワジワとその存在感を感じ始める。
やがて雲のすき間から5月の日差しが差し込むと、湖面に明るさが戻ってきた。
湖面から突き出た杭のようなアングラーは、風裏を求めて北大島をぐるりと徘徊する。
VARIVASのストリマーフック#2番に巻いたシンプルなオリーブゾンカーに初めて躍動感が訪れる。
久しぶりに出合う銀鱗の眩しいランドロックのチェリーだった。


f0317993_2126340.jpg


f0317993_21261665.jpg



朱鞠内湖のMAXで2度もうたた寝をしたのは初めてだろうか。
穏やかな日差しの下でのうたた寝ならとても気持ちが良いのかもしれないけれど、雨上がりの風はとにかく冷たく、身体が冷え切っていた。
友人の淹れてくれたコーヒーが温かくて、気の利いた自家製のシナモンロールとすこぶるマッチしていて、とてもありがたく思える。
10カウント後の5回目のリトリーブで訪れた鈍重な衝撃に、無意識に僕の身体が反応していたのは、2度目のうたた寝から覚めてからだった。


f0317993_21394345.jpg


f0317993_21395769.jpg



ロッドに伝わるバイブレーションと、テンションを保とうとランニングラインを手繰る指先に伝わるトルクフルなパワーに、
おそらくこれはイトウだろうと90%ぐらい確信する。
友人の差し出すネットに収まったのは、まだ若いイトウだった。
#2番フックに巻いたシンプルなオリーブゾンカーはすべて根掛かりでロストし、残っていた#4番フックに巻いたオリーブゾンカーを見つけてくれた。
寒さでこわばった僕の身体にやっと出合えたという安堵感が訪れる。
それにしても今回も何回ぐらいキャスト&リトリーブを繰り返しただろうか。
そしてしばらくすると、僕の横でキャストしていたmasa1st1956さんのマイザーが大きくしなる。
岸寄りしたワカサギの姿はまだまばらだったから、北大島のベストタイミングは、きっともう少し先になるのだろう。でも、タイミング次第では・・・。

フィールドには徐々に夕暮れ時が迫ろうとしていた。
静けさの遠くから迎えの船のエンジン音がかすかに響いてくる。
次のキャスト&リトリーブで今日の釣りを終えようと思った。


f0317993_21563298.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2015-05-17 21:59 | Fishing Reports | Comments(10)
Commented by masa1st1956 at 2015-05-19 09:28
yunさん、こんにちは
MAXお疲れ様でした、流石に私も疲れました(笑)
写真ありがとうございました、初MAXで朱鞠内初イトウ出来過ぎでした(笑)
又、宜しくお願いします。
Commented by sugi-51 at 2015-05-19 12:21
yunさん、こんにちは。2週に渡りMAXお疲れ様でした。
やはり普段釣る人はキッチリと結果を残すものなんですね、yunさんが釣れないのだから、自分が釣れなくても当たり前なんて
自分に言い聞かせロッドを振っていました。私の逃げ口は最後の最後で封じ込められてしまいました。
あの日味よしで弱音を吐きましたが、週末に向けてロスとしたフライの補充に取り組む、未熟な釣り師です。
Commented by andieloop at 2015-05-19 18:52
Yunさん、こんばんは!
その節は大変お世話になりました。
『湖面から突き出た杭』というには、昼寝や休憩の多い私でした。今度来るときは、もっと食べ物やお菓子を用意して、更に質の良い休憩を取ろうかなと思っています(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-05-19 20:20
masa1st1956さん、こんばんは。
初MAX、お疲れ様でした。私も月曜日ぐらいまで疲れを引きずってしまいます。無理は禁物ですね(笑)。
また機会があれば、宜しくお願いいたします。
それにしても、太くて重そうなグッドサイズのイトウでしたね。
Commented by slowfishing-yun at 2015-05-19 20:26
sugiさん、こんばんは。
とんでもありません。私はsugiさんの集中力と粘り、黙々とキャストを続ける姿には脱帽です。
きっと次こそはsugiさんに幸運の女神が微笑みそうな予感がしますよ。
私も次こそは朱鞠内湖の90クラスに出合ってみたいものです。
週末に向けて、フライを補充するか現在検討中です(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2015-05-19 20:32
andieloopさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
そうですね。いっそのこと、まったりとリラックス出来そうなグッズを用意して、楽しむのも面白いかもしれませんね。
今回も美味しいコーヒー、ごちそうさまでした。
またお誘いしますので、宜しくお願いいたします。
Commented by maximizer828 at 2015-05-19 22:39
yunさん、こんばんは。
先週末もMAXお疲れ様でした。
そしてイトウおめでとうございます。
僕は仮眠をとって臨んだ2度目のMAXでしたが、やはり疲れが残ってしまいました。
またMAXがあれば、もう少し昼寝時間を延ばそうと思います。
現在、今週末のフライは何を巻こうかと悩み中ですが…とりあえずピンク巻いてみます(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2015-05-19 23:24
maximizer828さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。このところ、心地良い疲れが抜けるのに時間がかかってしまいます(笑)。
おそらくピンク色のフライはタイミング的にまだ少し早いかもしれませんよ。
本流もそろそろでしょうが、取り敢えず明日にでも数本だけオリーブゾンカーを巻いておこうかなと思っています(笑)。
Commented by タッド at 2015-05-21 11:33 x
銀行強盗姿、アップして欲しかったです:)
Commented by slowfishing-yun at 2015-05-21 20:24
タッドさん、こんばんは。
洗面所の鏡の前でやってみましたが、それを見ていた家族の猛反対にあってしまいました。
ご期待にこたえられず、申し訳ありません(笑)。


<< <Episode #11...      <Episode #11... >>