2014年 12月 07日

<Episode #79> 冬の気配 / 十勝川

f0317993_20415138.jpg


お気に入りの#6/7番MKSのガイドは瞬く間に凍りつき、ラインが通るロッドガイドとしての機能を果たさなくなる。
濡れたフライの柔らかなファイバーは氷点下の気温の中でしばらくすると、本来の柔らかさを失いゴワゴワとしたものになっていった。
12月の釣りらしい指先の痺れというかチリチリ感にフライを交換するもどかしさを感じる。
そんな冬の気配を身近に感じる十勝川で過ごした土曜日だっただろうか。


f0317993_19125751.jpg



Talexのレンズが入った長年愛用している偏光グラスを自宅に置き忘れてきたことを後悔した。
ニット帽の下につばの長いSIMMSのキャップ帽を被っていたけれど、川面から照り返す初冬の眩しい日差しだけは避けられなかった。
上流から流れてくる薄氷の帯が朝のうちは途切れることがなかっただろうか。
水位が下がるにつれ、岸際の氷が割れるパリ、パリという音が印象的だった。
絶え間なく流れてくる薄氷の帯、そして沈まないラインにフライ、釣りへの集中力が僕の中で次第に萎んでいくのを感じる。



f0317993_18384015.jpg



上流から流れてくる薄氷の存在感が気にならなくなったのは10時頃だっただろうか。
ゆっくりとスイングするフライが不意の違和感と共に一瞬止まる。
すでに新しく巻いたコーンヘッド仕様のチューブフライを2個も根掛かりでロストしていたから、またしてもストラクチャーかと思ったら、
やがてそれはゆっくりとした振幅の大きな生命感を伴うバイブレーションへとシフトしていった。


f0317993_19402132.jpg



これが土曜日に僕が出合った十勝川のアメマスとの唯一のコンタクト。
ほとんど無風に近い中でピーンと張り詰めたティペットから久しぶりに糸鳴りを聴いた。
少し痩せ気味のボディ、おそらく産卵後の下りのアメマスなのだろう。
大きな尾びれと、側線付近にたくさん散りばめられた穴の開いたドーナツ状の白い斑点が印象的なアメマスだった。
数日前に巻いたラビットストリップとスードゥーヘアを使ったゾンカータイプのコーンヘッド仕様のチューブフライを気に入ってくれたことが、
きっと偶然だろうけれど僕としてはとにかく嬉しかった。


f0317993_2082160.jpg



初冬のフィールドで過ごす時間はあっという間に過ぎていき、午後も2時を過ぎるとストップ・フィッシングの時間が気になりだしてしまう。
少しでも風が吹くとロッドのガイドは凍りつき始め、ラインから滴った水が冷えてかたまり、リールのハンドルやスプールが回りづらくなった。
きっとこれから夜にかけて岸際には新しい氷が張り出すのだろう。
空には渡り鳥の群れがV字を描きながら飛んでいる。
フィールドには確実に今年の冬が訪れようとしているように僕には感じられた。
                                                         2.01→1.98

f0317993_20204838.jpg

                                                   

Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-12-07 20:25 | Fishing Reports | Comments(9)
Commented by andieloop at 2014-12-07 21:12
Yunさん、こんばんは!
この日は、凍るガイドと回らなくなるリールには閉口しましたね。もし、ご助言頂かなかったら、無理矢理ハンドルを回して、ハンドルノブを折っていたかもしれません。
冬のアメマス釣りの為にアウトスプールのリールがあったらいいなと思い始めました。
それにしても、あれだけ厳しい状況下、しかも『沈』した後(笑)で、価値ある一尾をキャッチしたのは、やっぱり流石です。
ただ、帰り支度をする皆さん(私を含め)の少し肩を落とした感じが、厳しいシーズンの到来をより強く感じさせました。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-07 21:30
andieloopさん、こんばんは。
冬のアメマス釣り、アウトスプールのリールでも油断は禁物ですよ。
なにしろマーキスのハンドルを一度折っていますから・・・。
対策としては、こまめにスプールを外して固まり始めた氷を指で取り除くしかないようです。
朝の数キャスト後にウェーダーの中に水が入ってしまったのには参ってしまいました。
偏光グラスを忘れたので、岸際の水深を見誤ってしまったんですよ。
予備のウェーダーと着替えを持参していて本当に助かりました(笑)。
それにしてもなかなか厳しいフィールドコンディションでしたね。
アメアスの群れに出合えるタイミングが本当に難しいです。
Commented by mooly at 2014-12-07 23:17
Yunさん、こんばんは。
張り詰めた空気、流れる氷、凍るガイド。
過酷な十勝本来の厳しい状況に、逆にワクワクして望みましたが、
すっかり空振りしてしまいました。
厳しいですね。できればもう一回望みたいものです。心残りなので・・・
今回思ったのですが、柔軟なマラブーやスードゥーでも、
氷点下のになるとさすがに水の中でも動きが悪くなってる気がしました。
一度、ゴム素材ふんだんのスクイドロに変えてみたら寒さ関係なくピロピロしていました。
この時期はこのゴム素材パターンのほうがいいかも。
確か過去にも12月にスクイドロが調子良かった記憶もなくもないような気がします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-07 23:51
moriさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。さすがに12月ともなるとフィールドは寒かったですね。
毎回訪れるエリア、今回こそは好転しているかなと期待しましたが、やはり期待に反して空振りでしたね(笑)。
次回はもう少し上流域にでも足を運んでみましょうか。
ラバーレッグの動きは良かったですか。私もフライケースの中に何本かは忍ばせていますよ。
マテリアルの動きは私もチェックしましたが、ラビットストリップの動きは悪くないように思いました。
Commented by rainbow_t at 2014-12-08 09:47
Yunさん こんにちは。
釣りは期待外れでしたが凍れる十勝は期待通りでしたね。久しぶりにご一緒させていただき楽しい時間を過ごさせていただきました。まあ、欲をいったらきりがないので今回は、寒風鍋焼きに豚丼という王道を味わえただけで大満足です(笑)
Commented by abu-z4 at 2014-12-08 18:59
Yunさん、こんばんは。
昨日は、お誘いありがとうございました。
僅かな時間でしたが、久しぶりにお会いでき楽しい時間を過ごす事ができました。

僕は前回の十勝川釣行で、全く魚からの反応を得られなかったので、機会があれば年内にもう一度、とも考えていましたが、
Yunさんでも手こずるような状況と厳しい寒さをお聞きして、
今年はもう諦めようと思いました。
あとは忘年会だけが楽しみです(笑)
Commented at 2014-12-08 21:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-08 23:11
horiさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。とても寒かったですが、やっと初冬の十勝川らしい姿が見れたように思います(笑)。
海外釣行の話、なかなか面白かったです。昨日、ABUさんにhoriさんの出合ったキングサーモンの写真を見せてもらいましたが、
あのサイズで小さい方とのこと、大きいのが掛かったら#8番ロッドでは到底太刀打ちできそうもありませんね。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-08 23:16
ABUさん、こんばんは。
昨日は突然お誘いして申し訳ありませんでした。
なかなかフィールドへはご一緒出来ませんが、お元気そうで何よりでした。
今年はあと何回ほどフィールドに足を運べるか分かりませんが、チャンスがあれば宜しくお願いいたします。
でも、道東のフィールドは本当に寒いですね。本格的な寒さはきっとこれからなのでしょうが・・・笑。
P.S.忘年会でお会い出来るのを楽しみにしております。


<< <Episode #80...      <Episode #78... >>