2014年 11月 30日

<Episode #78> BurkieとTokachi River

f0317993_17324541.jpg



少し長すぎてロッドピースを取り出しにくいブルーグレーのロッドソックスから、Deep Cedar Greenのロッドを取り出す。
なんとなく新鮮な気分を味わいたくなり、土曜日の十勝川ではいつものMeiserではなくC.F. Burkheimerを使ってみることにした。
ロッドのスペックは、14フィート1インチの#7番、リールシートをウッドインサートに変更してもらった"Classic"のカスタム仕様
使い慣れた#6/7番のMKSと比べると、アクションだけでなくその軽さがやはり僕にはとても新鮮に感じられる。
そう言えばSpey Pagesのウェブサイトを久しぶりに訪れてみると、
新しく追加されそうなMeiser Rodのスペックやブランクに関してマイザー氏本人がこんなインフォメーションを・・・。


f0317993_17445991.jpg



濃淡のほとんどない淡いグレーの雲が十勝のすべて空を覆いつくす。
フィールドには晩秋の細かくて冷たい雨が降っていた。
12月近くともなると、さすがにフィッシングスタートの時間は遅くなり7時をゆうに過ぎていただろうか。
先着の友人達と簡単な挨拶を交わし、僕もゆっくりとタックルの準備を開始する。


f0317993_17511516.jpg



本流に沿って走る小道の轍が車のタイヤで踏み固められ、フィールドはいよいよ本格的なシーズンインの様相を呈する。
もちろんそれはおそらくアングラーの期待が先走っているからであって、現実のフィールドの状況はというと、
残念ながらいささかその期待に反するものなのかもしれないなどと思う。
広大な川幅を保ちながら、音もなく静かに流れる十勝川下流域の流れ。
この日も寒さが苦手なアングラーにとっては歓迎するべきものかもしれないけれど、
久しぶりに手にしたバーキーのガイドが凍りつくということは一度もなかった。


f0317993_1845310.jpg



一度だけスカジットコンパクト・インター(540gr)+Type8のティップのラインシステムを使ったけれど、
後はずっとAtlantic Salmon SH、#9/10(590gr)、S3/S4で一日を通した。
キャスト時にラインの重さでバットにグッと負荷がかかるのが分かるけれど、水を含むと少し重たくなるコーンヘッド仕様のチューブフライでは、
これぐらいのラインの重さでちょうどいいように感じる。
もう少し軽めのフライをティペットの先に結ぶのなら、ラインを一番手下げてもよいのかもしれないけれど・・・。
アメマスの群れがステイしそうな水深のあるハイウォールのポイントで岸際を張り出した木の枝を潜りながらアクロバチックに探ったけれど、
残念ながらいいサイズのなかなか重量感のあるバイトはあったものの、それから続く長いやり取りまでには繋がらなかった。
上流側から響いてくる友人のHardy Marquis Salmon No.1の逆回転サウンドにちょっぴり焦りを感じ、
なんだかいつものキャスト&リトリーブのリズムが乱れてしまうと、僕もまだまだだなあと思ってしまう今日この頃・・・笑。

12月ともなると寒さも一段と厳しくなるのだろう。あとはもう少し沖合いにいるアメマスの群れが、ほんの少し岸に近づいてくればと思うのだが・・・。
                                                      1.94→1.82→1.87

f0317993_183151.jpg



Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-11-30 18:34 | Fishing Reports | Comments(16)
Commented by mooly at 2014-11-30 20:22
Yunさん、こんばんは。
4枚目の写真。奥に溺れかけてる人がいる!
と、思ったら自分の姿でした。笑
入り過ぎですね。ちょっと気をつけます。
なかなか厳しい状況が続いてますね。
たぶん今年は一ヶ月時期がずれてる感じですので、
12月、来週からがシーズンインになるのでは・・・。
そう信じて、ポジティブフィッシングで今年の残りを楽しみたいと思います。
Commented by やすこう at 2014-11-30 21:16 x
今年は、まだ、雪が少ないんでしょうか・・・
でも、寒そうですね。
BurkieにThe St,John
いいですね。
なんとか、黒鉛仕様のSt.Johnは手に入れましたが、バーキーに手が出なくて・・・・
タックルは楽しいけど魔物ですねwww
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-30 22:57
moriさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
確かに深く浸かり過ぎですよ。十勝川温泉はここではなく、他の場所ですからね(笑)。
私はウ様以外はノーフィッシュでした。でも期待感たっぷりの中、曇り空の十勝川で過ごした時間は思ったよりも悪くはなかったです。
ポジティブな私は、今日も新しいパターンでフライを巻いていましたから・・・笑。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-30 23:10
やすこうさん、こんばんは。
今年はまだ雪が少ないようです。でもきっと帳尻は合うのでしょうが・・・。
今回は曇り空だったこともあり、プラス気温の中での釣りでした。
現在の為替レートでは、海外のロッドをオーダーするにはなかなか勇気が要りますね。
私がオーダーした時は、1ドルが80円前後。それでもバーキーは高かったです。
個人的にはコスメが一番シンプルな"Classic"がバーキーらしくて好きだったりします。
黒鉛塗装のSt.Johnを手に入れられましたか。
かなり勇気が要りますが、是非コンパウンドで磨いて、ピカピカにされてみて下さい。もちろん冗談ですよ(笑)。
Commented by 110-ken at 2014-12-01 09:10 x
なかなか厳しい釣りが続いていますよね…
そして昨日はものすごい人でした!

でもyunさんが釣れていないんだから諦めがつきます(笑)

そうそう、昨日久しぶりにチャリンコポイントを見てきました!
上流がめっちゃ浅くなっていて川の2/3ぐらいまで入れましたw
Commented by masa1st1956 at 2014-12-01 11:12
Yunさんこんにちは。
あの後、上流へ移動したり、元に戻ったりしましたが、何も無しでした。
オマケに昼に食べたおにぎりの海苔が悪かったのか胸やけで・・・
でも、韋駄天の豚丼は食べて帰りましたけど(笑)

Commented by andieloop at 2014-12-01 19:57
Yunさん、こんばんは!
"持ってる男"は地味にmoolyさんかもしれませんね(笑)。
来週はきっと状況も良くなるとポジティブに考えたいのですが、釧路では本日夕方から十勝川の状況が心配になるほどの雨が降っています・・・。
この時期の雨がどの程度の影響を及ぼすのか分かりませんが、水位を睨みつつも、万が一に備えてBプランも考え始めています。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-01 21:49
110-kenさん、こんばんは。
2週連続のお泊り、お疲れ様でした。
日曜日はそんなに賑わっていましたか。アングラーにとってはいよいよ十勝川もシーズンインのようですね。
いくら十勝川とはいえども、私にはなかなか厳しい状況が続いています。確かに数年前よりは出合える数が減ったような・・・。
ハイバンク→ハイウォールのポイントでは、何かしらの予感めいたものがあったのですが、アメマスの顔は見れませんでした。
次回以降に期待ですね(笑)。
自転車ポイントに行かれましたか。すっかり浅くなってしまったようですね。
でも、その浅いところの下流にはきっと深みが待ち構えていると思うのですが・・・。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-01 21:55
masa1st1956さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
雰囲気はよかったのですが、朝のポイントではどうもパッとしませんでしたので、少し上流に移動してみました。
そういえば、帰り支度をしている際、堤防を走るmasa1st1956さんの車をお見かけしましたよ。
十勝川のシーズンも、いよいよ後半になりましたね。
今年はあと何回、韋駄天の豚重を食べれるでしょうか・・・笑。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-01 22:03
andieloopさん、こんばんは。
2週ほどandieloopさんの姿が見れないと、何だか寂しい気分でしたよ(笑)。次回はandieloopさんのCafe、楽しみにしております。
今回はmoriさんの日だったようです。朝からふたりで仲良く〇〇〇だったのですが・・・笑。
さすがに濁ると厳しいのですが、経験的に濁度が40位までなら何とかなるかなと。でも群れに遭遇しないと厳しいかもしれませんね。
濁るとフライのカラーはチャートリュースからやはり黒でしょうか。
Commented by maximizer828 at 2014-12-01 22:30
Yunさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
この日僕は釣れるような気がして「ガツン」を期待して十勝に臨みました。が、それはやはり気のせいだったようです。
どうも近頃「ガツン」から遠ざかり、感覚を忘れそうです。
忘れないために、つい、ウ様でも良いかなと(笑)
翌日からもう少し釣れそうなフライを作ろうと毎晩4本のノルマを課しました(笑)
また宜しくお願い致します。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-01 23:06
maximizer828さん、こんばんは。
こちらこそ、土曜日はお疲れ様でした。どうやら私達は期待感だけが空振りしたようですね。
大きなアメマスのフライへの鈍重なテイクは、次回以降に期待しましょう(笑)。
十勝川の特大ウ様は嫌いではないのですが、そこはウ様、最初だけだったりします(笑)。
毎晩4本のフライですか。きっとさらにタイイングが上達されるのでしょうね。でも夜更かしは翌日の仕事に差し支えますので禁物ですよ。
Commented by kuni at 2014-12-03 17:46 x
C.F. Burkheimerですか、格好良いロッドですね。
Yunさんがフィールドで使っていらっしゃるような写真だと、実にしっくりきますがボクが万が一にも手に入れて使ったとしても浮いてしまいそうです。(笑)

今回の寒波で、かなり雪が降っているのでしょうね。
こちらでも日本海側では積雪があったようです。
ボクはタイイングのシーズンに突入といったところ。
Commented at 2014-12-03 20:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-03 23:06
kuniさん、こんばんは。
そちらは、いよいよタイイングのシーズンですか。
きっとkuniさんの巻かれるフライなら、バンブーのスペイロッドかバークハイマーのロッドにピッタリなのかもしれませんね。
私の巻くフライといったら・・・笑。
最近はスードゥーヘアとラビットストリップを使ったチューブフライをいろいろとアレンジしながら巻いているのですが、
フィールドでテストしつつ、いつか折を見て紹介できればなと思っています。
バークハイマーは私にとってかなり高価なカスタムロッドのひとつなのですが、
フィールドでは躊躇なく使いますから、一度キャストの際にバットを折ってしまったことも・・・笑。
マイザーのMKSほど癖のあるアクションではなく、とてもオーソドックスな印象のロッドなんですよ。
こちらはまだ本格的に雪は降っていませんが、いよいよ冬の釣りがスタートするといった感じです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-12-03 23:12
鍵コメのyanbaidesuさん、こんばんは。
さすがにディープウェーディングに関してはmoriさん以上の方にはお会いしたことがありません(笑)。
十勝も別寒辺牛も、下流域ではついついディープウェーディングしがちなので、私も平泳ぎしないように気をつけないと・・・笑。
前回はなかなか厳しい釣りだったようですが、次回はまた大勢で集まれるといいですね。
こちらこそ、宜しくお願いいたします。


<< <Episode #79...      <Episode #77... >>