2014年 11月 09日

<Episode #72> バウンドするロッド / 晩秋の十勝川

f0317993_21305697.jpg



指先に伝わる衝撃の後に、ガバッ、ガバッとヘッドシェイクにシンクロしながら川面が大きく炸裂し、僕には大きな尾びれが目に焼きついた。
ティップはType8だったけれど、きっとコーンヘッド仕様のイントルーダーはそれほど深く沈んではいなかったかもしれない。
ほぼクロス気味にキャストし、下流に向かってゆっくりと膨らむスカジットコンパクト・インター。
フライがラインに引かれてスイングし始めると、衝撃は僕から下流に向かっておおよそ斜め45度の角度で訪れた。


f0317993_21413060.jpg



早朝の気温は氷点下だった。
河畔林の木立の間から鳥達の囀りが聞こえてくる。
透明感のある白い霜が輪郭を彩ったパリパリに乾いた枯草や枯葉を踏み分けながらゆっくりと本流を目指す。
きっと今日も11月としては暖かな一日となるのだろう。アングラーとして何となくそんな予感がした。


f0317993_21522985.jpg



f0317993_21524492.jpg



ブルーの空とのコントラストからも、フィールドの秋はゆっくりと深まっているように感じられる。
鏡のような川面にも、柔らかく秋の乾いた風が吹くと、生命感のような淡い小波が息づき始めた。
ぬかるんだフィールドに足を踏み入れると、思っていたよりも本流の流れはあったかもしれない。
そういえば、夜空には大きな丸い月がポッカリと浮かんでいたから、きっと午前中はそういう潮周りなのだろう。
土手の上に登ると、対岸にウェーディングした友人ふたりの姿が小さく見えた。きっと彼らも素敵な釣りをしているに違いない。
午前中にはmoriさんに3Lサイズのアメマスが微笑み、
そして僕とandieloopさんには、それぞれにアベレージサイズのアメマスと少し大きめのアメマスが顔を出してくれた。


f0317993_22144648.jpg



ガクン、ガクンとアメマスの振幅の大きなヘッドシェイクにシンクロしつつ、バットからグンニャリと曲がった僕のMKSが大きくバウンドする。
そして今度は一気に下流へと疾走し、#6/7番のMKSにセットしたClassic79から激しいスクリーミングサウンドを奏でた。
一瞬、遡上したてのフレッシュなサーモンかと思えるようなトルクフルなパワフルさ。
大きな尾びれと野太いボディ。
これがもしも道東の海だったらと思うと、この釣りに魅了され、大海原めがけてキャストするアングラーの気持ちも分からないでもない。
何とか無事に大きなアメマスをランディングすると、僕にはなぜかあの海アメ独特の匂いがしたような気がした土曜日の午後だった。
                                                      2.04→1.97→2.01

f0317993_22325519.jpg



Today's BGM : ヴィム・ヴェンダース監督の映画「WING OF DESIRE (邦題)ベルリン・天使の詩」より。久しぶりに聴いたかな(笑)。


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-11-09 22:37 | Fishing Reports | Comments(4)
Commented by mooly at 2014-11-10 12:33
Yunさん、お疲れ様でした。
今週も穏やかな一日で、のんびり楽しめましたね。
数こそ出ませんでしたが、みなさんグッドサイズに巡り合えて良かったです。
やっぱり十勝のLeft Sideはサイズがいいですね。
週を重ねるごとにドンドン魚が溜まってきて、12月には凄いことになる!
なーんて、都合のいい妄想をして一人でニヤニヤしております。(笑)
Commented by andieloop at 2014-11-10 20:34
Yunさん、こんばんは!
最後の一走りでのロッドのバウンドとリールの逆転音は迫力がありました。
ネットインの時は、心の中で『ダメよ、アミーゴはダメよ!』とハラハラしちゃいましたが、私が下流に行ってネットで掬うか、撮影を続行するかで葛藤し、撮影にしました(笑)。
良いところにガッチリとセットフックしていましたので心配は無用でしたね(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-10 21:25
moriさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。2週連続で穏やかな天候に恵まれましたが、もうすぐ寒さが厳しい季節がやってきますね。
そうなると、シーズンもいよいよ本番といったところでしょうか。
グッドサイズに出合えて、何となく余裕を感じさせるmoriさんでしたね(笑)。
根掛かりなのか、それとも3Lのグッドサイズなのか、ロッドに尋ねているmoriさんの姿を上流から見ていて、
思わず笑ってしまいそうになってしまいました。
秋の十勝川のLeft Side、キャストするには厳しいポイントばかりですが、やっぱり私は好きですね。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-10 21:37
andieloopさん、こんばんは。
写真に動画と、今回はありがとうございました。
出合えたことでかなり気分が高揚していたのか、カメラを首から吊り下げていたにもかかわらず、
すっかり車に置き忘れたと思っていました(笑)。
今回のアメマスはパワーといい、かなり迫力がありました。もしかしたら先週に出合ったアメマスよりもコンディションが良かったかもしれません。
数年前ならもっとたくさんのアメマスに出合えていたのでしょうが、やはり噂通り数が少なくなってきているのかもしれませんね。
moriさんと話していたのですが、あのポイントはバックスペースの無さといい、
スカジットキャストには修行のようなポイントかもしれません。
きっとあのポイントで釣りが成立したら、おそらくどんなポイントでもスカジットキャストが出来るようになると思いますよ。


<< <Episode #73...      <Episode #71... >>