2014年 11月 02日

<Episode #70> Loop Classicと晩秋の十勝川のアメマス

f0317993_187164.jpg



柔らかいカーブを描いたS字ハンドルを一番にイメージしてしまうバーミンガムスタイルのクラシックな雰囲気の漂うフライリール、
きっと何かの刷り込みはあるのだろうけれど、僕はやっぱりどんなデザインのフライリールよりも好きだろうか。
少し前にUsedでLoop社のClassic79というディスクブレーキ搭載のリールを手にいれた。
スカジットキャストがこれほどポピュラーではなく、僕がまだRio社のウィンドカッターというショートベリーのスペイラインで、
本流でのシングルスペイを楽しんでいた頃、何を間違ったのかLoop社のClassic1013という一番大口径のリールを買ってしまったことがある。
そのリールは今ではすでに手放してしまったけれど、Loop社のClassicというリールを手にしたのは、これで2台目ということになる。


f0317993_1874093.jpg



個性的なラチェットサウンドを耳にしながら届いたばかりの新しいリールにバッキングライン、ランニングライン、
それにスカジット・コンパクトのインター(540gr)と巻き込み、さて週末はどこのフィールドに足を運ぼうかと頭を悩ませる。
テレメーターで支流の水位変動の経過を見ながら、金曜日の夜には友人と十勝川へと足を運ぶことにした。
まずは十勝川下流域のアメマス、そして時期尚早であれば中流域のレインボーという贅沢な釣行プランである。
薄っぺらいプラスチック製のフライケースに、チャートリュースカラーのフライを慌てて詰め込んだ。


f0317993_19263837.jpg



早朝の気温はグッと冷え込んでいたけれど、フリース地のグローブを必要としない晩秋の十勝川。
そこには幻想的な朝靄に包まれた広大なフィールドが目の前に広がっていた。
早朝の湿りっ気のある独特のフィールドの匂いに優しく包み込まれる。
遠くからかすかに響く渡り鳥の羽音を耳にしながら、川底がぬかるんだ本流へとゆっくりとウェーディングした。
十勝川の下流域としては水位、それに濁度とフィールド・コンディションは申し分なかったと思う。


f0317993_193825100.jpg



十勝のフィールドに吹く風は秋の長閑さのように穏やかだったけれど、2.5号フロロ製のティペットの奏でる糸鳴りは何度か耳にした。
フィールドに静かにディープウェーディングし、ラインニングラインを少しずつリトリーブしてフライのスイングスピードを補っていると、
2キャスト目にはコーンヘッド・ゾンカーへのコツ、コツというショートバイトの後に、アベレージサイズのアメマスが顔を出してくれた。
さらに数m程ステップダウン。着水したフライにランニングラインを引いてテンションを加えると、いきなりズドンと鈍重なパワーでストライク。
水面から出た大きな団扇のような尾びれとバットからグンニャリと曲がる#6/7のMKSに掛かる負荷からは、経験的に3Lサイズオーバー。
でも、残念ながらこれは静かなまるで鏡のような十勝川の川面に大きな波紋を残しつつフックアウト。
きっとフッキングが浅かったのだろう。


f0317993_19582025.jpg



Type8のティップでは根掛かりが多いので、途中からはType6のティップに交換した。
さらに10mほどキャスト&スイングを続けながらステップダウンする。
下流へと釣り下っていったmoriさんの姿が少しずつ小さくなっていった。
リトリーブを加えたスイングの終わりかけ、僕のMeiser Rodにいきなり鈍重な衝撃が訪れる。
ロッドにセットしたLoop社のClassic79からパリ、パリ、パリと独特の音色を持ったスクリーミングサウンドが奏でられる。
ティペットが奏でる糸鳴りはしばらく鳴り止むことはなかっただろうか。
3Lサイズにはあと数cm足りないドーナツ状の白い斑点を身に纏った十勝川らしいアメマスだった。
アメマスはしばらく流れの中にステイしたあと、ゆっくりと少し濁った十勝川の流れの中へと消えていった。


f0317993_20152063.jpg



結局、中流域のレインボーへと移動することなく、土曜日という1日を下流域でのんびりと過ごすことになった。
午後も時間が過ぎるとブーツの中の指先がジンジンと冷えて痺れ始めたから、もしかしたら少し水温が下がったのかもしれない。
そろそろネオプレーンウェーダーの中に着用するインナーウェアーにも冬の釣りの準備が必要なようだ。
十勝川の本格的なアメマスシーズンが始まるのはもう少し先だろうけれど、寒さが厳しくなる12月中旬までフィールド通いは続くことになりそう。
                                                         2.10→1.96

f0317993_2024482.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-11-02 20:29 | Fishing Reports | Comments(18)
Commented by パジェミニ at 2014-11-02 21:36 x
こんにちは、十勝もいよいよ、始まりましたね!3Lサイズは残念でしたが、良いアメマスですね^_^十勝もいってますので、お会いした際はよろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by kuni at 2014-11-02 21:44 x
ため息が出るほどの良い景色と、とてもバランスの取れた絵になるタックルに心躍ります。
いつも疑似体験させていただいて、ありがとうございます。
次の釣行記も楽しみに待ってますね。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-02 23:05
パジェミニさん、こんばんは。
下流域でも足を運んだのはひとつのエリアだけなので、全体的なことは分かりませんが、
経験的におおよそこの時期が下流域のシーズンインのようです。
でも、この時期は行きたいフィールドがたくさんあるので、迷ってしまいますよね(笑)。
こちらこそ、お会いしました際は宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-02 23:11
kuniさん、こんばんは。
札幌はシトシトと秋の雨が降っています。
十勝川の下流域、毎回いかにも道東らしい広大な景色が出迎えてくれるのが楽しみのひとつだったりします。
これから本流が厚い氷に閉ざされるまで、しばらくの間は通うことになりそうです。
Commented by mooly at 2014-11-03 00:24
Yunさん、こんばんは。
毎年のことですが、北の本流レインボー釣りから、十勝アメマスにシフトする時、ありがたい気持ちになりうれしくなります。
なんたって、この釣りがあるおかげで年の瀬近くまで楽しめるのですから、ありがたいです。
それにしても最近のYunさん、絶好調ですね。うらやましい限りです。
でも、絶不調の私はYunさんが釣っているのを見て、おかげで釣りするテンションを保ててます。
あと一ヶ月半、どうなるか楽しみですね。
また、よろしくお願いします。
Commented by 110-ken at 2014-11-03 07:24 x
どーも、チン110です笑

いやー泳ぎました!バタ足しました(笑)
結構焦りましたねー

いよいよ一年のラストを飾る釣りがスタートしましたね!
去年は厳しい釣りになりましたので、自分的にはサイズはどーでもいいので数を釣れればいいかなと!
誕生日プレゼントに買ったリール、一度も使わず転売するのだけはやめておきます(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-03 09:19
moriさん、おはようございます。
土曜日はお疲れ様でした。
今回はmoriさんの車での長距離ドライブとなりましたが、私の車とはまったく別物の印象でしたね(笑)。
風も比較的穏やかで、目の前にはいつもの広大な風景、私もありがたい気持ちでいっぱいでした。
この日は下流域の様子見のつもりでしたが、ふたを開けてみると、意外と悪くはなかったように思います。
次回この地を訪れる際は、別もポイントも探ってみたいものですね。
こちらこそ、宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-03 09:30
110-kenさん、おはようございます。
とうとう沈されてしまいましたか。
川底に横たわる倒木などのストラクチャーだけでなく、ところどころ急深になるので、
お互いにディープウェーディングは慎重にしたいものですね。
私も数年前の雪降る早春に、一度だけ沈してしまいました。
ちなみに私の場合、バタ足ではなく平泳ぎでしたが・・・笑。
今度からは予備のウェーダーも用意されてくださいね。
P.S.誕生日プレゼントに買われた素敵なリール、使われないのでしたら、私が代わりに使いますよ(笑)。
Commented by dollyvarden731 at 2014-11-03 12:20
Yunさん、こんにちは。
十勝の風景がとても暖かく美しく見えるのは、北で私が見た風景が寒々しかったからでしょうか(笑)
始まったのですね十勝。早速良いサイズに出会われたようで羨ましいです。私も次の釣りに備え準備します!
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-03 17:50
dollyvarden731さん、こんばんは。
北の本流は濁りが残っていて、コンディションとしては厳しかったようですね。他の友人からもそんな話を聞きました。
十勝ではたっぷりと歩いたので、インナーのフリース地のジャケットも脱ぎたくなるぐらいでした。
日中は風が穏やかだとほんのりと暖かくさえ感じました。
十勝川の下流域では、まだ釣人の姿も少ないように感じました。
きっとこれからが本格的なシーズンインなのでしょうね。
dollyvarden731さんにも素敵なグッドサイズが待ってくれていると思いますよ。
Commented by andieloop at 2014-11-03 18:25
Yunさん、こんばんは!
土曜日はお邪魔をいたしました。
私のフライにはアメマスはヒットしてくれませんでしたが、Yunさんとお話できて、あのような流れの緩いポイントでのタクティクスをお聞き出来、ある意味サカナを釣るより大きな収穫だったと思っています。
LOOPのリール、すぐに気が付きましたよ(笑)、アレ?『懲りた』と仰ってたのにと思いましたが、なるほどそういう訳だったのですね。
フルシンク・スカンジSHでのペリーポークキャスト、今度是非教えてください。そして私のロッドを振って頂いて650grはイケそうかどうかも、感想を聞かせてください。
Commented by bolocyan at 2014-11-03 20:30
yunさんこんばんは
やっぱりね 雨のあとには、のパンチのある選曲のあとだったでしょう。
Salty Heaven River のニジ達はちょーすごいですね。
僕も先週に十勝に行きましたが、ドライブ中の音楽は少しパンチのきいたサウンドでした。
おかげで少し大きめのニジに遊んでもらいましたが、
十勝川の流れに足をすくわれて危うく十勝川のカッパになるところでしたよ W
中流域の流れは、とにかくデンジャーだよね W 今、思い出すと、ちょっとゾッとします。
yunさんのお友達もカッパになられるところだったのですね。
今回のLoop Classicと晩秋の十勝川のアメマスの記事の選曲も、ちょーパンチがあるから次回の釣行は、
かなり大きな魚が釣れると思いますから覚悟しておいたほうがいいよ W
おnewのリールもかっちょよいですね。でも僕は、dj yunちゃんの方がもっとかっちょよいと
思ってしまいます。それでは、また・・・
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-03 21:34
andieloopさん、こんばんは。
土曜日は、お疲れ様でした。朝のうちは大きなアメマスも岸寄りしていて意外と反応がよかったのですが、
人の気配を感じてか、時間と共に少しずつ岸から離れていった感じでした。
あのエリアはなかなかバックスペースが取りにくいのですが、晩秋から初冬のシーズンはお勧めでしょうか。
潮の干満の影響を受けるので、状況によって使用するラインの変更が必要になります。
でも、いろいろなポイントを探ってみると案外面白いかもしれませんよ。
私の周りではフルシンクのスカンジSHをペリーポークでキャストする友人が多いです。
キャスティングに慣れると、皆さん意外と十勝のフィールドでは手放せないようですね(笑)。
ちなみに、アトランティックサーモンSHとすでに販売終了したフルシンク、タイプ4のAFS、それにVISIONのフルシンク、S2/S4のスカンジSHを使っている人が多いでしょうか。
LoopのClassicにはいくつか不満もあるのですが、かなりタフに使えそうなので、案外と気に入っています(笑)。
キャスティングの件、了解しました。次回お会いした時にでも。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-03 21:49
bolocyanさん、こんばんは。
選曲を気に入っていただけたようで、嬉しい限りです。
このグループはシカゴのWAX TRAXというレーベルのグループなんですが、20代の頃は好きでよく聴いていました。
バンドのプロモーションでシカゴに行った時は、このレコード会社にも立ち寄ったので、
もしかしたら彼らも近くにいたかもしれません。そうですか、次回の釣行の際は気をつけるようにしますね(笑)。
十勝川の中流域は結構流れが速いので、足をすくわれないようにお互い注意しましょう。
私は万が一のために予備のウェーダーと着替えだけは、毎回車に積むことにしています(笑)。
すでに50を過ぎたおじさんですから、照れてしまいますのであまりイジらないで下さいね・・・笑。
Commented by fountain828 at 2014-11-04 18:06
YUNさん、こんばんは。
土曜日は途中からご一緒させて頂きましてどうもありがとうございました。とても勉強になりました!!
YUNさんとロッドは一心同体といいますか・・・
極端に例えると、手がスルスル~っと伸びてロッドになった様な・・・
うまく伝えられませんが、見惚れてしまうキャストでした。

アメマスキャンプ、楽しみにしています!
よろしくお願い致します!
Commented by maximizer828 at 2014-11-04 19:47
yunさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
そして貴重な午後の時間を僕と相棒に割いてくれて本当に感謝しています。ありがとうございました。
土曜日の早朝、北の本流に見切りをつけ東の本流へと走りましたが、お陰様で向かっている途中のyunさんからの釣れてるメールで5時間のロングドライブも苦になりませんでした。
十勝ではバックの取れない所でディープウエーディング、フライの流し方など勉強になりまくりでした。
そして、後ろの木に引っかけてしまう僕の腕ではフライが50個位は必要な事も思い知りました(笑)
これからアメマスキャンプに向けフライを量産したいと思います。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-04 21:04
fountain828さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
こちらこそ、土曜日はバックスペースのあまりない窮屈なポイントにご案内して、申し訳ありませんでした(笑)。
でも、あのようなポイントですから意外と釣り人が少なく、のんびりと釣りが出来るんですよ。
キャスティング、頑張っておられましたね。翌日は筋肉痛ではありませんでしたか?
余計なアドバイスかもしれませんが、ロッドをただ振るのではなく、
バットを曲げるというかバットを前に押し出すことをイメージすると、さらに飛距離が延びると思いますよ。
こちらこそアメマスキャンプ、宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-11-04 21:12
maximizer828さん、こんばんは。
土曜日はロングドライブ、お疲れ様でした。それにしても一日で凄い長距離を車で走られましたね。
何度も釣れてるよメールをお送りして、申し訳ありませんでした(笑)。
バックスペースのほとんどない窮屈なポイントでしたが、次に向けてのいい経験になるのではと思い、一度はお連れしたかった次第です。
フライはたくさんある方がきっといいですね。
十勝川の下流域は濁ることが多いので、長めのシルエットで存在感をアピールするフライがいいように思います。
タイイング、是非頑張って下さいね。


<< <Episode #71...      <Episode #69... >>