2014年 09月 28日

<Episode #62> パニック / Salty Heaven River

f0317993_2011466.jpg



コーンヘッド仕様のBlack&Orangeのチューブフライが川底から水面へと突き出た岩盤の脇をスイングしながらかすめる。
やがてそのスイングスピードがゆっくりとしたものになりかけた時、グゥンという鈍重な衝撃と共にラインの動きが止まった。
経験的に、思わず「おっ、デカイ」と心の中で呟く。
グゥアン、グゥアンと大きな振幅のヘッドシェイクに続き、一気に下流へと猛スピードで疾走する。
数m程疾走したところでガツンと強い衝撃と共にラインが止まり、Meiserの7/8番、MKSがバットの付け根からグンニャリとのされてしまった。
あれ?どうして?まったくラインがリールから出て行かない。一瞬何が起こっているのか、その状況が僕にはさっぱり理解できなかった。
その間も僕がパニックを起こしていることなんてまったくお構い無しに凄いパワーでロッドがのされてしまう。
ふとリールのハンドル側を見ると、あろうことかオレンジ色のランニングラインがお気に入りのリールのS字ハンドルにくるっと1回転絡まってる。
急いでハンドルからランニングラインを外したけれど、時すでに遅し。
シュートのあとにランニングラインがハンドルに絡まっていないか確認するのをすっかり忘れてしまっていた。
悔やんでも悔やみきれない僕の痛恨のミス。
もしもレインボーなら、久しぶりに出合うLLサイズだったのにと・・・。


f0317993_2023568.jpg



f0317993_20232461.jpg



コーンの収穫や稲刈りも始まり、季節は秋の中をゆっくりと進んでいる。
早朝のR275を北上し、朱鞠内湖を過ぎたあたりで車の外気温計は1℃を示していた。
日中は20℃近くまで気温が上がるから、これぐらい寒暖の差が出始めると、広葉樹の葉もジワジワと色付き始めるに違いない。
秋の始まりの北の本流、フィールドのコンディションは決して悪くはなかったと思う。
9月の太陽が頭上高く昇ると、フィールドは心地よい秋の清々しさに包まれた。


f0317993_2030128.jpg



f0317993_20302534.jpg



2日間北の本流にステイし、パンパンの瀬、ヒゲナガの瀬、80ポイント、kenちゃんポイント、産卵床の瀬、それに岩盤ポイントなどなど、
僕が思いつくいくつのものポイントを慌しく巡る。
そして最後はyusukeさんポイント、今度からは熊の足跡ポイントに呼び名を変更しようかな(笑)。
ここも毎年のようにポイントの形状が変わっていくようだ。
少し水深のある流れにゆっくりとフライとラインを馴染ませていく。
スイングするフライにイレギュラーなアクションを加えていると、グゥンと指でホールドしたランニングラインに負荷が掛かった。
サイズとしてはMサイズだけれど、少しブレーキを絞ったKINEYAのリールから。流れに乗って心地よいラチェットサウンドを奏でてくれる。
ギラギラとメタリックに輝くレインボーが奏でた雨降る中のラチェットサウンドは、どことなくしっとりと濡れていたように僕には感じられた。
                                                         67.96→67.91

f0317993_21173649.jpg



Today'BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-09-28 21:22 | Fishing Reports | Comments(10)
Commented by mooly at 2014-09-28 22:36
Yunさん、お疲れ様でした。
久しぶりの北の本流。そして、皆さんとお酒を飲めたこと。
やはりこの地で過ごす週末は格別です。気持ちが晴れます。
私もいろいろポイント巡りしましたが、どこもさっぱりでした。まぁ、いつものことですが・・・
私的には80ポイントが好きな場所です。ここで魚が釣れるとなんかうれしいです。
Yunさんはどこが好きですか? やっぱり産卵床の瀬ですかね?
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-28 23:16
moriさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。キャンプ場での夜の部、なかなか楽しかったですね。
それほど飲んだつもりはないのですが、日曜日はお昼近くまで頭痛と肩こりが辛かったです(笑)。
moriさんは80ポイントでしたか。あそこは上も下もいい雰囲気ですものね。
私はやっぱり産卵床の瀬でしょうか。いろんな思い出がありますから・・・笑。
もちろん長いランも好きですよ。最近はさっぱりですが、ディスクブレーキ搭載のリールでもどうにもならないレインボーに、
何度かこっぴどくやられましたから。時々夢に出てきます(笑)。
Commented by masa1st1956 at 2014-09-29 11:22
yunさん、こんにちは。
早速のリンクありがとうございます。
これからも、宜しくお願いします。
Commented at 2014-09-29 19:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-29 20:43
masa1st1956さん、こんばんは。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。
それにしても国道ですれ違ったのには、本当にビックリしました(笑)。
またフィールドでお会いしました際は、宜しくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-29 20:51
鍵コメのandieloopさん、こんばんは。
アメマスキャンプは残念ですが、また機会があると思いますので、お誘いしますね。
ロッドは完全にのされていましたので、もしもレインボーだったらとちょっと残念ではありますが、
こればかりは私の不注意ですから仕方がないですよね。ロッドが無事で何よりでした(笑)。
ランニングラインの絡み、S字ハンドルのリールではよくあるんですよ。
Commented by maximizer828 at 2014-09-29 21:20
yunさん、こんばんは。
週末はお疲れ様でした。
先週末と同じく僕はキャスト練習で終ってしまいましたが、とても楽しく過ごせました。
釣れなくても皆さんと過ごす夜の部が癖になりそうです(笑)
また次回を楽しみにしています!

Commented by slowfishing-yun at 2014-09-29 21:28
maximizer828さん、こんばんは。
こちらこそ、週末はお疲れ様でした。
なかなか厳しい本流での釣りですが、秋の一日をのんびりと過ごすのもいいものですね。
もちろん人もまばらなキャンプ場で過ごす夜の部も・・・笑。
クリックかそれともディスクかというリール談義も面白かったです。
それにしてもmoriさんのリールコレクションには驚きでした(笑)。
もう少し上手くキャスティングのアドバイスが出来ればいいのですが、いつももどかしく感じています。
Commented by matsu at 2014-09-30 22:35 x

Yunさん、こんにちは。丁度、先日、私もランニングラインがリールのハンドルに絡まってしまい、右往左往している間にかかったサーモンが逃げてしまったことがありました。それって、よくあるんですよね。(笑)ところで熊の足跡、結構でかいですね。一昨日、キャンベルリバーへ出かけたのですけど、川の向こう岸にいきなり出てきました。小型のブラックベアでほとんど恐怖感は無かったですね。地元のフィッシャーも人に向かってくることはほとんどないので気にしないと言ってました。
Commented by slowfishing-yun at 2014-10-01 19:54
matsuさん、こんばんは。
いつもはランニングラインがハンドルに絡まっていないかどうか確認しているのですが、
今回はたまたまタイミングが悪かったようです。ホント、よくあるんですよね(笑)。
ショアからのサーモンの時は、過去にモノフィラのランニングラインがスプールとボディの間に滑り込んでしまったことも・・・笑。
どちらの場合も結末は同じ場合が多いようです。
熊にはフィールドでは出来れば出会いたくないものですよね。何しろ心臓によくありませんから。
確かにこれだけ大きな熊の足跡を見たのは初めてかもしれません。
近くには農家があったり国道も走っているのですが・・・。


<< <Episode #63...      <Episode #61... >>