2014年 09月 07日

<Episode #56> rainy and sunny

f0317993_17404553.jpg



国道R275のアスファルトがところどころ雨で黒く濡れていた。
強い風に吹かれて幾重にも重なった厚いダークグレイ色の雨雲が凄いスピードで頭上を流れていく。
時折り強く降りだしたいくつもの雨粒が、僕の着込んだPatagoniaのブルーのディープウェーディングジャケットを、
さらに濃い色へと濡らしていった。

徹夜のドライブに疲れて、朱鞠内湖の展望台で2時間以上も深い眠りに落ちてしまった。
だから、そんな僕は土曜日の早朝のプライムタイムというものをすっかり寝過ごしてしまったようだ。
取り敢えず、MeiserのMKS(7/8番)にスカジットコンパクト・インターが巻き込まれたSaracioneをセットする。
リールからラインを引き出すと、久しぶりに角のとれた幾分丸みのある心地よいラチェットサウンドを耳にした。


f0317993_17544277.jpg



例年のシーズンともなると遡上してきたチャムサーモン達の産卵場所となるポイントに、チャムサーモン達の姿はもちろん皆無。
そして、いくら僕がキャスティングを猛練習しても到底対岸までには届きそうもないぐらい川幅の広い本流にウェーディングした。
この日のテレメーターの濁度計が示すSalty Heaven Riverの濁度は4~6。
けれども、もしかしたら濁度計の表示が壊れているんじゃないかと思えるぐらい薄いオリーブカラーに濁っていたし、
透明度にいたってはおそらく50cmぐらいだろうから、濁りのない支流の流れとのコントラストがよりいっそう際立っていただろうか。


f0317993_19134186.jpg



木曜日の夜に色違いのコーンヘッド仕様のチューブフライを数本だけ巻いた。
タックルマックのブラス製のコーンヘッドはリーズナブルなプライスで嬉しいのだけれども、
とにかく薄くて他社のコーンヘッドよりも軽量なので、少しだけリードワイヤーをチューブの先端に巻いて重量のバランスを取ってみる。

先日の道北地方に降った大雨で本流の様子は少し様変わりしていたようだ。
本流のポイントへとアプローチするための小道や林道が崩れたり通行止めになっていたし、
いくつかのポイントの川底の様子も変化している。
堤防を歩きながら太いイタドリの茎がなぎ倒されているのを見ると、ここまで水位が上がったんだとちょっと驚いた。
それにしても自然の力って凄いなぁ。

やがて雨雲は頭上から流れ去り、夏の終わりらしい日差しが夏ゼミの鳴き声と共に本流へと戻ってきた。
僕の方はというと、いつくるか、いつくるかと緊張感と期待感を胸に秘めてキャスト&スイングを繰り返す。
新しいフライをティペットの先に結び、今日の水位で思いつくポイントのいつくかを巡ってみたけれど、残念ながらノーコンタクト。
これから始まる本格的な秋のシーズン、いつかまた大きな本流レインボーとヒヤヒヤしながらランデブーしているイメージが、
夏の終わりのような日差しの下、ジワジワと僕の中で膨らんでいった。
                                                   68.16→68.10

f0317993_19413151.jpg






Today's BGM : 20代の頃はDerek Jarmanという映画監督のフイルムがとくかく耽美的で好きだった。
同時期に「薔薇の名前」というタイトルの中世をモチーフにした映画があり、ストーリーはともかくそのサウンドトラックがなかなか素敵で、思わずLPを買ってしまった。


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-09-07 20:06 | Fishing Reports | Comments(12)
Commented by やすこう at 2014-09-07 22:27 x
お疲れ様でした。かなり水量が多いようですね・・・・
10月のお邪魔するときには、いい状態だといいのですが・・・
今年は、雨が多くて、なかなかいいコンディションは期待できないですね。こればかりは、運次第ですが・・・
そろそろ、フライを巻かないと・・・またまた、Yunさんのチューブフライをまねさせていただきたいと思います。
では、時節柄ご自愛を
Commented at 2014-09-08 06:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-08 20:58
やすこうさん、こんばんは。
上流のダムからの放水も少なくなり、水位は少しずつ下がっているようです。
でも、釣りの方はなかなか厳しくって・・・笑。
コンディションはこれからの降雨量と濁り次第でしょうか。
相変わらずスケールの大きな本流に立ちこみ、キャストをするのは気持ちがいいものです。
フライのタイイング、頑張って下さいね。
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-08 21:01
鍵コメのABUさん、こんばんは。
早く体調が回復されて、また一緒にフィールドへと足を運べるのを楽しみにしております。
そのうちに本流レインボーとのスリリングな出合いが訪れてくれるといいのですが・・・笑。
Commented by andieloop at 2014-09-08 21:46
Yunさん、こんばんは!
いろんな色が濡れて交じりあい、何とも妖しい生命感を醸し出しているチューブフライですね。
私も時を同じくして東の本流中流域に足を運びましたが、思った以上に水が多く、知っているいくつかのポイントには入川できませんでした(夏にYunさん御一行を見かけたあのポイントもいきなり手前が深く速い流れになっており、呆然と眺めるのみでした。)。
Yunさんは、しばらく北の本流通いでしょうか、東の方へもいらっしゃるのでしょうか、いずれにせよ秋の本流においてYunさんとご友人が良い魚と出会えることをお祈りして、ワクワク更新を楽しみにしております(笑)。
Commented by bolocyan at 2014-09-08 21:52
yunさんこんばんは
僕は先週に十勝のニジに挑戦してきましたが残念な結果に終わりました。
それでもあの流れで大きなニジがかかったとなるとさぞかし面白いのでしょうねW
dj yunちゃんも今回のSalty Heaven Riverでは大きなニジとは遊べなかったようですね。
これからの秋のシーズンに期待ですね。
そうそう博士、聞きたいことがあります。リールのエナメル塗装を落とすときには、どのリムーバーを
お使いでしょうか?またまた教えて博士のコーナーです W。
どうぞよろしくお願いいたします。それではまた・・・
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-08 22:18
andieloopさん、こんばんは。
先日の氾濫寸前の大雨で天塩川のポイントも少し様変わりしていたかもしれません。
十勝川の流れも大水が出ると毎回雰囲気が変わりますものね。
以前お会いしたポイントも流れが変わっていましたか。
気になるポイントなだけに、少しアプローチを考えないといけませんね(笑)。
フィールドの状況次第ではまたそちらに邪魔しますので、その際は宜しくお願いいたします。
私の巻くチューブフライは、だんだんとワンパターン化しています(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-08 22:25
bolocyanさん、こんばんは。
十勝川本流、なかなか魅力的な流れです。
確かのあのトルクフルな流れで大きなレインボーに出合ったらと考えると・・・笑。
北の本流は最近なかなか手厳しくって・・・笑。
全然遊べてもらっていませんが、それでも時間が経つのも忘れて夢中になっていました。
今年の秋のシーズンはどうなのですかね。
きっと今年も手厳しいのでしょうが、期待感だけはたっぷりとあります(笑)。
お尋ねのリムーバーは確かホーマックで買ったニッペホームペイントの塗料はがし材だったと思います。
Commented by maximizer828 at 2014-09-11 09:37
yunさん、おはようございます。
先日はご連絡ありがとうございました。
僕はタイイングに手間取り結局、日曜日に行ってきました。
ほぼ1か月ぶりに竿を振ったのですが、上手くいかず、とうとう自分が釣れてしまいました(笑)
そんな事で、ここのところ公園で針なしキャス練にハマっています(笑)
今度の連休にリベンジできたらと思っていますが、昨夜の雨で北の本流は厳しいでしょうか…


Commented by mr.hoo at 2014-09-11 19:25 x
yunさんこんばんは。春の部は行く機会を逃してしまい秋の部 火曜日行ってきましたが濁度5??…水量と水温は良い感じなのですが。大きな支流との合流だけ流して帰路に着きました(笑) 今週もぱっとしない天気が続きそうですので行き先に困ります!
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-11 21:25
maximizer828さん、こんばんは。
やはり日曜日に行かれたんですね。お疲れ様でした。
私は最近になって、やっと自分を釣らなくなりました(笑)。
maximizer828さん、病院の救急外来にお世話にならないように、是非気をつけて下さいね。
キャストミスを繰り返していると、何となくミスしそうな時の感覚が分かると思います。
そんな時は、途中で止めて、キャストを最初からやり直すのがいいようですよ。
フックを結ばずにキャスト練習ですか。そういえば最近読んだ釣り関係の雑誌に、
究極のキャッチ&リリースはバーブレスではなくフックレスだという記事が載っていました。
欲深い私にはちょっとハードルが高いかもしれません(笑)。
この雨で北も東も本流は厳しそうですね。私はもしかしたらオホーツク方面になるかもです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-09-11 21:32
mr.hooさん、こんばんは。
ご無沙汰しております。火曜日に足を運ばれましたか。
確かにテレメーターの濁度の数字は本当かなと思ってしまいますよね(笑)。
先日もクリアーの支流の流れと本流の色との違いに、私もちょっとビックリしました。
そんな支流との合流部でしたが、リールの予期せぬトラブルのため、やむなく帰路へと着いた次第です。
なかなか天気がパッとしませんが、秋のシーズン、是非良い釣りをされて下さい。


<< <Episode #57...      <Episode #55... >>