2014年 08月 06日

<Episode #50> Pink Salmon Zonker

f0317993_21295246.jpg



今年もまだその声は小さいけれど、ショアからのピンクサーモン(カラフトマス)の便りが僕の耳にも届き始めた。
去年までに少しずつ巻きためていたけれどフィールドで使いきれずに余ったりして、
透明のジプロックに収納しておいた赤いフライのストックをチェックしてみると、
どうやら今年も少しは巻き足さないといけないのかもしれない。
なので、重い腰を上げて夜な夜な苦手なタイイングに勤しむ今日この頃。
今年はこれまでの赤いゾンカーのタイイングのやり方の手順に少しだけアレンジを加えて、
2014年バージョンとして巻いてみた。 ← タイイングはこちらから。


f0317993_21414371.jpg


f0317993_21415367.jpg



心地よい海風を感じていると、目の前の海をカラフトマスの群れが横切っていく。
逸る気持ちを抑えて、ラインニングラインをさらにスローにリトリーブ。
フッという何かしらの違和感のあと、手にしたロッドはバットからグンニャリと曲がり、
ソルト用のシャンパンゴールドのリールからは猛烈なコルクパッドのミュートサウンドが奏でられる。
今年もシーライスのついたフレッシュな銀鱗眩しいピンクサーモンに出合えるだろうか。
そんなことを考えながら、ご機嫌なリズムとメロディーを聴きつつフライを巻くことにした。
ちなみに僕の巻くフライはいたってシンプル(笑)。

次の気ままな私的フライタイイングの愉しみは、
最近お気に入りの、CDCセッジ/クイルウイングのタイイングが苦手な貴方へ/を予定(予告でした・・・笑)。


f0317993_21485819.jpg



Today's BGM :




[PR]

by slowfishing-yun | 2014-08-06 21:53 | 私的FlyTyingの愉しみ | Comments(2)
Commented by やすこう at 2014-08-06 23:49 x
ハハハ、予告でしたねwwwびっくりしました。早すぎwww
さっそく、Yunさんのレシピどおりに、フライを巻きます。心は遠く知床に・・・
ところで、月末の知床旅程に続き、山上湖に単身で行ってみようかと思い、宿もその方面の鄙びた温泉宿をとりました。
また、サジェッション方よろしくお願いいたします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-08-07 21:01
やすこうさん、こんばんは。
やすこうさんにはタイムリーなエントリーの内容でしたね(笑)。
いろんなバリエーションで巻かれてみて下さい。
#2番フックに巻くとシャム・サーモンにもいけると思いますよ。
山上湖は、オホーツクの小さな山上湖のことでしょうか。
沈める釣りならテイルのマラブーを長めに巻いたビーズヘッド仕様の黒かオリーブのウーリーがあれば大丈夫でしょうかね。
浮かべるなら、大きめのドライフライや引き波を立てるウェーキングフライも面白いかも。
メインはインターのスカンジSHですが、フローティング、S1/S2のスカンジSHがあるとさらに良いかもしれませんね。


<< <Episode #51...      <Episode #49... >>