2014年 07月 27日

<Episode #48> 恵みの雨 / Tokachi River・・・2度のラインブレイク

f0317993_1523311.jpg


f0317993_1634930.jpg



やはり居ましたか。それは残念でしたね。きっとレ大きな本流インボーは他にもまだ居ますよ。
ロッドを7/8番のMKSに換えて、ティペットをフロロカーボンの3号にして下さい。頑張って・・・。
雨足が強くなる中、そんな励ましの内容のメールがまだ興奮冷めやらぬ僕の携帯電話にmoriさんから届く。
ラインを回収すると交換したばかりの真新しい2.5号のフロロカーボンのティペットが、途中からブツリと切れていたのはこれで2回目。
僕がこれまであまり経験してこなかった、いわゆるラインブレイクと言うものだ。
雨の中、一度車まで戻ろうかとも考えたけれど、車からここまでの距離を考えると、同じタックルシステムでこのまま釣り下ることにした。


f0317993_15414725.jpg



午後からは前線の通過でしっかりとした雨の予報。
いつ雨が降り出してもおかしくない濃淡のない淡いグレーの曇り空が十勝の空を覆い尽くす。
ヒゲナガが乱舞するまだ薄明るい早朝の上流域で静かにウェーディングしキャストした。
真新しい2.5号のフロロカーボンのティペットの先には、VARIVAのDEEP WIDE WETというフックの#4番に巻いたCDCセッジ。
3キャスト目にスイングするフライがいきなりガツンと強い衝撃と共に引っ手繰られて、一瞬にしてフッとテンションが軽くなった。
6/7番のMKSの曲がり方は尋常ではなかったけれど、ラインを回収してみるとティペットが途中でプツリと切れていた。
これがこの日1回目のラインブレイク。きっと僕にとってはグッドサイズのスプリンターだったに違いない。
でも、久しぶりに早朝の時間帯にブグレーの壊れんばかりのけたたましいスクリーミングサウンドが聞けたように思う。


f0317993_164667.jpg


f0317993_1641767.jpg


f0317993_164286.jpg


f0317993_1643954.jpg



久しぶりにSHUさんと十勝川の中流域を彷徨ってみた。
少し離れていたけれど、ふと何気なく違和感のような気配を感じて上流にいたSHUさんの方を見ると、
彼の手にしたバンブーのスペイロッドがバットからグンニャリと曲がり、AFSのラインが鋭角的に水面へと突き刺さっていた。
レインボーの疾走と共にSHUさんがバンブーにしがみつきながら川原を走る。そして僕は彼のネットでランディングのお手伝い。
久しぶりに見るLサイズの十勝川レインボーは体高もあり、メタリックで美しかった。


f0317993_1623177.jpg



午後からはSHUさんと別れ、ひとりで未知の中流域を彷徨ってみた。
ポツリポツリとフロントガラスに雨滴が浮かび上がる中、堤防をゆっくりと車で走りながら、ポイントを探してみる。
以前から気になっていたポイントに辿り着くと、ゆっくりとした雨足が次第に強まり始め、やがて本降りとなってしまった。
Meiserの14フィート、6/7番MKSに540grのスカジットコンパクト(インター)。ティップは15フィートのType3。
スプールから切り出した真新しい2.5号のフロロカーボンのティペットの先には、僕の中でパイロットフライとも言っても過言でない
VARIVASの#6番のストリーマーフックに巻いたビーズヘッド仕様の黒のウーリー。

ポイントのちょうど中間に差し掛かった頃、中層をスイングしていたフライがガツンと引っ手繰られ、
続けざまに大きな本流レインボーがドバーンと大きくジャンプする。
北の本流での経験と手にしたロッドから伝わる重量感、それについさっき見た視覚的情報を頭の中で統合すると、
レインボーのサイズはさしずめLLサイズといったところか。もちろん僕にとっては十勝川で出合うトロフィーサイズ。
ギャーン、ギャーーーン、さらに一呼吸置いて、ギャーーーーーーンと、
レインボーがもの凄いスピードで下流へと疾走すると、ロッドにセットしたパーフェクトからは恐怖感すら感じるスクリーミングサウンドと共に
オレンジ色のランニングライン、そして白いバッキングラインととてつもないスピードでいっきに引き出されていった。


f0317993_1651262.jpg



ラインを巻いては、またリールから引き出され、雨降る中のスリリングなやり取りは本当に長く感じられた。
ブルーのシャツが雨でビショビショに濡れていることなんてまったく意識の外だったと思う。
2度目の大きな跳躍を何とかこらえたところで、おそらくフックアウトはしないだろうと確信した。
パーフェクトにオレンジ色のランニングラインを少し巻き取り、レインボーとの間合いが少し縮まったところでレインボーは3度目のジャンプ。
そしてそれを境にロッドとライン全体からプツリとテンションが失われた。
もしかしてフックアウトかとラインを回収してみると、2.5号のフロロカーボンのティペットかブツリと途中で切れていた。
これが今日2回目のラインブレイク。


f0317993_1735557.jpg



ABUさんからは、もしかしたら恵の雨かもというメールが届いた。
まだスリリングなやり取りの興奮は冷めないけれど、気を取り直してスプールから新しい2.5号のフロロカーボンのティペットを切り出し、
その先にもうひとつのパイロットフライを結んで、ゆっくりとステップダウンを繰り返しながら、ポイントの後半を釣り下る。

そして何かがスイングするフライにタッチする感覚の後、指でホールドしたラインに鈍重な加重が加わった。
レインボーはまたしても流れに乗っていっきに下流へと疾走する。
僕が足を運んだ中流域でパーフェクトの激しいスクリーミングサウンドを耳にするのは、今日これが2回目。
パーフェクトのハンドルフェイスがもの凄い速さで逆回転する。
雨降る中、ヒヤヒヤしながらも僕が何とかランディング出来たのは十勝川の美しいLサイズのレインボー。
エナメル塗装を落としたパーフェクトのハンドルフェイスのように、本流レインボーはメタリックに輝いていた。

レインボーをリリースしホッと息をつくと、雨でビショビショに濡れた体がいっきに冷えてきた。
ABUさんが言うように、僕にとっては本当に恵みの雨だったかもしれない。
さて、心地よい疲労感と共に車まで戻ることにしますか・・・笑。
                                                  59.98→60.00

f0317993_17273629.jpg



Today's BGM :






[PR]

by slowfishing-yun | 2014-07-27 17:30 | Fishing Reports | Comments(14)
Commented by toritori at 2014-07-27 20:06 x
yunさん  お疲れ様でした。
スリリングな一日になりましたね!
いつもyunさんの釣りスタイルを見て感心させられてます。(顔じゃないよ!)
私もトロフィーサイズを夢見て川に立ちます。
また、来られるときは声掛けて下さいね。
それと一日に二回もラインブレイク、十分にandieloopさんと私とアミーゴの資格ありだと思います!(笑)

Commented by slowfishing-yun at 2014-07-27 20:33
toritoriさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。ご近所のMさんにも宜しくお伝え下さい。
午後からひとりで中流域を彷徨い、おかげさまで点と点が少しは線で結ばれたような気がします。
本当に変化に富んでいて面白い流れですよね。
そういえば、toritoriさんがトロフィーサイズにフックアウトされてしまったポイントの対岸にも行ってみましたよ。
フィールドにはまだまだ知らないポイントがありますので、これからがちょっと楽しみだったりして・・・笑。
アミーゴの資格ありですか?フックアウトではなくラインブレイクだったのですが・・・笑。
Commented by ShuCraft at 2014-07-27 21:05
Yunさんこんばんは!
久しぶりの釣行と書き込みになりますね。

久しぶりに楽しい釣りになりました。有難う御座いました。
午後にはいいサイズが出た様でおめでとう御座います♪
あそこのポイントは夕方にとっておいたんですね。やっぱり流しておけば良かったかな~(笑)
昼寝の後、目が覚めたら大雨でヤル気がうせました。またお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-27 21:21
SHUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。グッドコンディションの本流レインボーでしたね。
バンブーがグンニャリとバットから曲がっていましたよ(笑)。
今度お会いした時にでも、シンキングリーダー、宜しくお願いいたします・・・笑。
結局昼寝もしないで、午後からはまだ足を運んだことがない対岸を彷徨っていました。
気になっていたポイントも入り方が分からなくって、ここかなと思ったら違ったりと、
たっぷりとヤブこきしてしまいましたし・・・笑。でも、お陰でスリリングな午後となりました。
Commented by mooly at 2014-07-27 21:44
Yunさん、こんばんは。
頂いたメールは短い文章でしたが、ラインブレイクの単語ひとつで、
どのようなやり取りだったか即座にイメージできました。
ロッドがバットから弧を描いていたことも、
スクリーミングサウンドが、すさまじい音で十勝平野に鳴り響いていたことも。
ラインからテンションがなくなって、がっくり肩を落としているYunさんの後ろ姿も・・・(笑)
う~ん、残念です。
でも、逆に次につながる楽しみは増えたのではないでしょうか。
Commented by andieloop at 2014-07-27 21:49
Yunさん、こんばんは!
実に楽し悔しい週末だったようですね。メガ盛サイズのニジマスとファイトの件(くだり)は、文章ながらコチラまで唾を飲み込んでしまいました。
一日に一度あるかないかの機会が三度も訪れるとは、これは最早、腕前のなせる業と断定するよりほかありません。
その内、一尾をキャッチしたのですから、全然アミーゴじゃないやい(笑)。
なお、私は通常3.5号を使用し、2.5号もポッケに入れているのですが、2.5号は結ばないでおこうと決めましたよ、今から(笑)。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-27 23:35
moriさん、こんばんは。
土曜日は励ましメール、ありがとうございました。
おかげさまで気を取り直して何とかポイントの後半を釣り下ることが出来ました。
でもまさか本当にmoriさんの予想通り、別のレインボーに出合えるとは思ってもいませんでしたよ(笑)。
中流域で出合った最初のレインボーは、本当に強かったです。
流れも速くさらにトルクフルなので、北の本流で出合うLLサイズよりも強烈だったかもしれません(笑)。
何とかC&R出来ると思ったのですが、まさかラインブレイクとは・・・。
こんなことがあるから、やっぱり本流での釣りは止められませんね(笑)。
ライトはスペイロッドだったらどんなことになっていたかと思うと、ちょっと怖かったりしてして。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-27 23:50
andieloopさん、こんばんは。
北の本流ではもっぱらフロロカーボンの3号を使っていますが、東の本流では2.5号にしていました。
ラインブレイクは残念ですが、この流れの中で出合えただけでも感謝ですね(笑)。
北の本流ではディスクブレーキ搭載のリールでもどうすることも出来ないレインボーとやり取りしたことがありますが、
バッキングラインをほとんど出されて、最後はフックアウトでした。
実はこれまでラインブレイクの経験がほとんどなかったもので・・・笑。
いつまでたっても技量が身につかないので、きっとポイントが良かったんだと思いますよ。
ポイントにまで辿り着く苦労した甲斐がありました(笑)。
Commented by abu-z4 at 2014-07-28 08:33
Yunさん、おはようございます。
土曜日は、お疲れ様でした。
結局、Yunさんshuさんtoritoriさん何方ともお会いできませんでしたが、皆さん楽しく過ごされたようで何よりです。
それにしても残念でしたね。
北の本流のレインボーに勝るとも劣らない、十勝のモンスターとのやり取りを楽しめたのは、良い経験だったのではないでしょうか。
Yunさんのことだから、きっと次回のチャンスには見事なレインボーがネットに収まることでしょう。
確かに僕にとっても「恵みの雨」だったようです。
但し、SサイズがMサイズになっただけですが(笑)
Commented by aichan at 2014-07-28 12:04 x
今回の十勝遠征はスリリングだったんですね。十勝川は早速濁りが...。グットタイミングでしたね。ちなみに僕はフロロの4号しか使ってません。(笑)
Commented by maximizer828 at 2014-07-28 20:07
Yunさん、こんばんは。
雨の予報でしたが、やはり行かれたのですね。
それにしてもラインブレイクしてしまう程のレインボー・・・
恐怖感すら感じるスクリーミングサウンド・・・
十勝でSSサイズ専門の僕には、とても想像がつきません(笑)
今回は残念でしたが、Yunさんのリベンジ 期待しています!
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-28 21:17
ABUさん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。今回はフィールドでお会い出来ませんでしたが、この次は宜しくお願いいたします。
ABUさんが仰ったように、私にとっては恵みの雨になったようです。
レインジャケットを羽織っていなかったので、すっかりずぶ濡れになってしまいましたが・・・笑。
私ももっぱらSサイズ専門ですね(笑)。でも時にはこんな出合いがありますから、
本流釣りはまったく予想が出来ません。
それにしても、今度はいつスリリングな出会いに巡り合えます事やら・・・笑。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-28 21:23
aichanさん、こんばんは。
おかげさまで以前のアドバイスが功を奏しました(笑)。ありがとうございます。
なかなかスリリングでドキドキのやり取りでした。これまでの十勝川ではめったに出合えないサイズだったもので・・・笑。
ショアからのチャム・サーモンではフロロの4号を使いますが、本流では使ったことがありませんね。
普段はフロロの2.5号や3号ですが、こまめにティペットの傷はチェックするようにしているんですよ。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-28 21:31
maximizer828さん、こんばんは。
やはり予報どおり午後からは本格的な雨になってしまいました。
レインジャケットを羽織って雨さえしのげていれば、もう少し粘ったのですが、さすがにずぶ濡れだとそうともいかず・・・笑。
ギャーン、ギャーーーンと雨の中のスクリーミングサウンドは凄まじかったです。
以前こんな感じでパーフェクトのスプリングが折れてしまったことも・・・。
もともとパーフェクトのブレーキはマーキスと同様に強くはないのですが、まさかラインブレイクしてしまうとは・・・笑。
またいつかこんな出合いのチャンスが巡ってくるといいのですがね。


<< <Episode #49...      <Episode #47... >>