2014年 07月 07日

<Episode #44> 北のレインボー

f0317993_22311195.jpg



北の本流へと足を運ぶ数日前のことになるだろうか。
ずいぶんと前に買った先割れのしたC級のジャングルコックを使い、このフライからインスピレーションを受けて、
色違いで数本のタングステン製のコーンヘッド仕様のチューブフライを巻いておいた。
いつものコーンヘッド仕様のイントルーダーではなくチューブにした訳は、シュートの際にいつの間にか
イントルーダーフックで結ばれたテイルのフックがボディのUVポラーシェニールなどのマテリアルに絡んでいることがあったからだ。
キャストやリトリーブの際に何となく違和感を感じてフライをチェックしてみると、時々そんなトラブルがあるものだから、
そんなトラブルを少しでも減らせないかと、ボディが少々スリムではなくなるけれど、チューブフライにアレンジした次第。
もちろんチューブフライにしたからといって、キャストの際にフックがいつの間にかティペットに絡んでいるということが
ない訳ではないのだが・・・。


f0317993_22485085.jpg


f0317993_2249072.jpg


f0317993_22491318.jpg



水位がずいぶんと下がった北の本流だった。
おそらく水温は一日を通してそれほど大きくは変化はしないのだろうけれど、早朝のうちは生温く感じた本流も
初夏の日差しが容赦なく照りつける日中ともなると、やはり心地よい冷たさに感じられたのが不思議だった。
朝と夕の気温はおそらく13℃前後、日中は30℃近い気温だったと思う。
岸際ではウグイの稚魚がたくさん群れになって泳いでいた。
本流の川面にヒゲナガの姿はほとんど見かけることはなく、その代わりにモンカゲロウがフワフワと風に揺られながら飛んでいた。

今年の北の本流、Salty Heaven Riverでの釣りは、僕にとって相変わらず難しい釣りだったけれど、
やはりこれだけのスケール感のある流れのフィールドに佇み、少なからずともでレインボーとの出合いに期待感を持ちながら
キャスト&スイングを繰り返すのは、僕にとって何よりのリフレッシュなのかもしれない。
相変わらず今回もフィールドのめぼしいポイントを転々とした。


f0317993_2364640.jpg



レインボーとの出合いは、まったく期待感さえもてない、日曜日ののんびりとした時間帯だったと思う。
数日前に巻いたゴールドを少し加えたブラック&オレンジのチューブフライを本流の流れにスイングさせる。
スカジットコンパクトと15フィート、Type3のティップのラインシステムが流れに乗ってゆっくりと下流へと膨らみ始めて数秒後に、
予想に反していきなりグゥーンと根掛かりのように負荷がかかる。
そして間歇的な生命感に溢れる躍動感へと続いていった。
お気に入りのMeiser、14フィート、#7/8番、MKSはバットからグンニャリと曲がり、
ラインは鋭角的に水面へと突き刺さったまま、ザ、ザ、ザーと水面を切るように下流、そして上流へとスピード感たっぷりに移動した。
KINEYA705から心地よいスクリーミングサウンドを奏でたレインボーは、一度も華麗にジャンプすることはなかったけれど、
ヒレが赤く染まったレインボーは、ボディの角度によってそのレッドバンドがよりいっそう鮮やかなものに僕の目には映った。
グッドプロポーションの初夏の北のレインボー、さてさて今度はいつ出合えるだろうか。
                                                          67.80

f0317993_23214246.jpg



Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-07-07 23:25 | Fishing Reports | Comments(16)
Commented by mooly at 2014-07-08 12:25
Yunさん、こんにちは。
週末はお疲れ様でした。
グッドプロポーションレインボーでしたね。
体系、色味ともに素晴らしい魚体でした。
厳しいのは承知の上で向かった北の本流、
このレインボーを見れただけで満足気分でした。
(まともなレインボーを見たのは、一年半ぶりぐらいなので。)
そんなにたくさん釣れたわけではありませんが、
なんかとても気分がリフレッシュされた週末でした。
思わぬビッグ外道にも出会えましたし・・・。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-08 20:21
moriさん、こんばんは。
週末は、お疲れ様でした。今回はランディングに写真と、ありがとうございました。
相変わらず北の本流でお釣りは厳しいのですが、何とか最終日にレインボーに出合えてラッキーでした。
ヒレの赤いレインボーはなかなかパワフルだったりします(笑)。
それにしてもmoriさんは、予想外のグッドサイズの本流イトウでしたね。おめでとうございます。
時にはこんな出合いがありますから、本流での釣りはやめられませんね(笑)。
Commented by 110-ken at 2014-07-08 21:46 x
こんばんわ!
グッドサイズのレインボーおめでとうございます(≧∇≦)
どうも厳しそうなので少しばかり浮気をしたところ,この情報やMoriちゃんの情報・・・やっぱり行けばよかったかなと思ったりもしていましたw
でもやっぱり夏は厳しそうなので少し休憩かななどとも思ったり・・・でもきっと行くんでしょうけどね(笑)

さてさて,一応・・・
全く更新をしていない自分のブログですがアドレスを変更しました。一応お知らせでした!!
Commented by maximizer828 at 2014-07-08 21:46
yunさん、こんばんは。
週末はおつかれさまでした。
そして色々とお世話になりました。ありがとうございました。
皆さんと過ごした2日間はとても勉強になり、とても楽しい時間でした。
「キャスト音がしないように」の教えを守り精進したいと思います。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
PS:早速、昨日スカジットコンパクトを買い求め、家に帰るなりリールに巻き込みました!次が楽しみでなりません(笑)
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-08 22:27
110-kenさん、こんばんは。
ブログのアドレス変更の件、了解しました。
今回の釣行は厳しいかなと思っていたのですが、偶然にも出合うことが出来ました。
それにしても年を追うごとに釣りの方は厳しくなっていますね。難しさが増すばかりです(笑)。
それでも、時々次世代をになうような小さなレインボーに出合えますから、今後に期待ですね。
私もついつい浮気心が芽生えてしまいますが、でもきっとまた足を運んでしまうのでしょうね。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-08 22:37
maximizer828さん、こんばんは。
こちらこそ、週末はお疲れ様でした。
筋肉痛の方は大丈夫ですか?最初は誰しもが通る道ですから、あとは練習しかありませんね(笑)。
きっとキャスト時に上手く力が抜けるようになると、さらに上達されると思いますよ。
拙いアドバイスで申し訳ありませんでした。もう少しアドバイスが上手くなるといいのですが・・・笑。
ロッドを力で振るとブーンと大きな風切り音がするような気がします。
ロッドを振るのではなく、バットを曲げることを意識すると、意外と良いかもしれませんよ。
何となく、砲丸投げのイメージとでも言うのでしょうか・・・笑。
初心者といいながらも、しっかりとレインボーに出合われているのですから、
きっとポイントの読みはしっかりと出来ておられるのでしょうね。流石です。
スカジットコンパクトを購入されましたか。きっと15フィートのティップも購入されたのでしょうね(笑)。
Commented by andieloop at 2014-07-09 18:20
Yunさん、こんばんは!
実にキレイなニジマスですね。メタリックなニジマスも悪くないですが、オリーブ色の背中とレッドバンドは本当に憧れます。
参考までに教えて頂きたいのですが、イントルーダーやチューブフライを結ぶときは、ドロッパーを追加することはありますか?
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-09 21:18
andieloopさん、こんばんは。
釣りの方はなかなか厳しい北の本流ですが、久しぶりにワイルドな雰囲気の漂うレインボーとの出合いでした。
諦めかけた時に不意を疲れたようで、メチャメチャ嬉しかったです(笑)。
あまり参考にならないかもしれませんが、
私の場合、イントルーダーやチューブフライを結んでドロッパーを追加すると、
フライ同士が絡んだりするトラブルが多いので、滅多にドロッパーを追加することはないですね。
海外のスティールヘッド関連のの動画サイトを見ても、ほとんどドロッパーシステムにはしていないような気がしています。
きっと私の場合はキャストがあまり上手ではないので、最後にラインが失速して、
きちんとティペットがターンオーバーしないからだと思っているのですが・・・笑。
もしも2本のフライを結びたい状況に遭遇したとしたら、ドロッパーではなくトレーラーにするかもしれません。
参考になれば、幸いです。
Commented at 2014-07-12 00:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-13 15:20
鍵コメのKAZUYAさん、こんにちは。こちらこそ、はじめまして。
system two 89の回転方向の変更ですが、私も購入後に左巻きから右巻きに変更しました。
説明書がないので、しばらく悩みましたが・・・笑。
リール本体のギアをひっくり返す必要があります(右巻きになった場合、ギアにR Hの刻印が刻まれています)。
そのアプローチとしてはディスクブレーキ側の2本のマイナスネジを外す必要があるようです。
Commented by KAZUYA at 2014-07-14 00:16 x
Yunさん。今晩は、さっそく回転方向の変更やってみました。なんとか出来ました。有難うございました。始めての操作でよく解らず鍵コメントにチェックしていた様です。笑。また何か有りましたら連絡します。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-14 21:09
KAZUYAさん、こんばんは。
無事に回転方向の変更が完了されたようで何よりでした。
とてもシンプルなアドバイスで、上手く伝わるったかななとちょっと心配だったもので・・・笑。
私の方はKAZUYAさんに説明しようと、自分のリールを分解したのはいいのですが、
戻す場所がよく分からない2個の黒いゴム製のOリングがポロっと出てきまして、ちょっと困ってしまいました。
何とか組み立て直しましたが、リールのブレーキ機能は問題ないので、多分大丈夫だと思います(笑)。
Commented by KAZUYA at 2014-07-15 17:53 x
Yunさん、こんにちは。
ブレーキ部分の分解、マイナスねじを外してからギアを外すのに逆さにしたとたん、全部一度に外れたので焦りました。
ところで、Yunさんのシステム2は外観が綺麗ですね?塗装をやり直したりしたのでしょうか?私のリールはソルトでの使用が多かったらしくスプールの内側、バランサーのリベット止め部分からの腐食が目立ちます。補修方法などご存知でしたら教えて頂けると助かります。それでは失礼致します。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-15 21:17
KAZUYAさん、こんばんは。
私も2度目にブレーキ部分を分解した時、ボロッと全部外れてきてバラバラになり、ちょっと焦ってしまいました。
そんな時に見た事もない黒いOリングが2個も出てきたので、しばらく頭を悩ませてしまいました(笑)。
リールはたまたま使用頻度が少なかったようで、塗装も綺麗に残っていました。
ですので再塗装したわけではありません。
実はリム部分の塗装を落とすことも考えましたが、やっぱり止めておく事にしたんですよ。
腐食部分の補修方法、あまりよいアイデアがないので、申し訳けありません。
Commented by KAZUYA at 2014-07-16 12:40 x
Yunさん、こんにちは。色々有難う御座いました。
私は関東の者ですが、20数年前足蹴く道北に通った時期が有ります。アップされる画像を見るたびSalty Hevn Riverの上流域での虹鱒や、水源が朱鞠内の北の山から流れ細かい支流を集め日本海へ流れ込む川でのアメマス釣り(間違ってチェリーサーモンが掛かる事が・・・笑い)等など思い出よみがえります。今は遠征にはいけないのでアップされる情報を楽しみに拝見している次第です。又、こちらにお邪魔する機会が有りましたら宜しくお願い致します。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-16 20:44
KAZUYAさん、こんばんは。
わざわざご連絡いただき、ありがとうございました。
そうでしたか。KAZUYAさんは以前こちらにも頻繁に足を運ばれていたのですね。
きっと当時の素敵な釣り旅の思い出がたくさんおありなのでしょうね。
こちらこそ、その際はよろしくお願いいたします。


<< <Episode #45...      <Episode #43... >>