2014年 06月 30日

<Episode #42> 初夏の忘れ物

f0317993_21305792.jpg


f0317993_21352498.jpg



心地よい初夏の風が開け広げた車のリアゲートから吹き込む中での極上のお昼寝タイム。
刈り取られたばかりの牧草ロールのどこか青い草原の香りが初夏の風にほんのりと混じり、
ゆっくりと迫ってくる睡魔の波と共に意識の遠いところで鳥達の囀りに包まれる。
最近お気に入りのベルギービール風味の冷たいものをすっかり乾ききった渇いた喉に注ぎ込み、
そんなこの時期ならではのまどろんだお昼寝の後に僕が訪れたポイントだった。


f0317993_21412917.jpg


f0317993_21414389.jpg



土曜日の太陽はかなり傾いたところで輝いてはいたけれど、沈んでいく山の稜線にはまだまだ距離があって、
おそらく本格的なイブニングのプライムタイムにはもう少し時間が必要なのだろう。
タイプ3のティップに続くフロロ3号のティペットの先に結んだコーンヘッド仕様のブラック&オレンジのイントルーダーのひと流し目。
流芯を横切るようにゆっくりとスイングするフライにコン。またフライを追いかけるようにコンと続けざまに2度のバイトがあった。
何度訪れても思うのだが、やはり未知のポイントや経験値のないポイントでフライをスイングさせるというのは、
毎回有り余るほどの期待感と限られた時間の中で本当にここで良いのかという不安感とに包まれてしまう。


f0317993_2155590.jpg


f0317993_21552066.jpg



何の根拠もなく、もうすぐイブニングだからという単純な理由だけで、ティペットの先に結んだフライを、
VARIVASのDEEP WIDE WETというフックの#6番に巻いた3枚の白のCDCを使ったセッジ系のフライに結び換えた。
スイングの終わりかけにチョンチョンと少しだけ誘うようなアクションを加えてみると、グゥンと押さえ込むようなテイクが訪れる。
決して強力なブレーキを搭載しているわけではないけれど、下流へと疾走するレインボーはブレーキをフルに絞ったKINEYAの705から
強烈なスピードでランニングラインを引き出していき、そして下流の流芯で水面を割って大きくジャンプ。
KINEYA705の心地よいスクリーミングサウンドと共に、僕としては久しぶりにスリリングなレインボーとの長いやり取りだっただろうか。
背中からオリーブ、サテンゴールド、そしてオレンジと続く美しいグラデーション。そしてLサイズのグラマラスなパーフェクトボディ。
やり取りの最中から、実はカメラとランディングネットを車の中に置き忘れていたことには気付いていた。
こればかりはいまさら悔やんでも仕方がない。
しっかりと記憶に焼き付けて、ゆっくりとレインボーをリリースする。
初夏のフィールドはゆっくりとイブニングのプライムタイムを迎えようとしていた。
                                                      68.05→67.95


f0317993_22264368.jpg


f0317993_22265467.jpg


Today's BGM :


[PR]

by slowfishing-yun | 2014-06-30 22:29 | Fishing Reports | Comments(8)
Commented at 2014-06-30 22:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sugi at 2014-07-01 19:50 x
yunさん、こんばんは。
毎週の遠征お疲れ様です。アクティブさとタフさには脱帽してしまいます。
美しいグラデーション、グラマラスな…
マリリン・モンローを想像させられました。それにしても相当な大物だったようで悔やまれますが、またそれが次回の釣行を更に掻き立てるバイブルになったりしているんでしょうね。
Commented by やすこう at 2014-07-01 21:38 x
東京は、梅雨の不安定な天気です。
Yunさんのブログでは、夏らしい気持のよさそうな写真が続くので、ほんとにうらやましい限りです。新緑のさわやかな緑と青い空を見ると、フィールドへの思いがつのります。
梅雨明けには、遠出しようと思っていますが、北海道にお邪魔できる余裕がなく・・・・残念ながら、ダブルハンドロッドを出せません・・・・
8月には、きっと、お邪魔するので、よろしくお願いします。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-01 21:57
鍵コメのyanbaidesuさん、こんばんは。
北の大地は、いよいよ今週ですね。
釣りの方はなかなか厳しいんですが、このロケーションの中でワクワクしながらロッドが振れるだけでも・・・笑。
アドバイスというほどのものではありませんが、PCの方にメールしておきました。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-01 22:06
sugiさん、こんばんは。
脱帽といいますか、きっと呆れておられるのでしょうね(笑)。
さすがに高速代とガソリン代が厳しかったりします。
初夏の本流釣りはあまり得意ではないのですが、たまにはこんな出合いもあるので、
ついつい懲りずに期待感たっぷりで出掛けてしまいます。
イブニング前に出合えたのは、グラマーなコンディションの良いメスのレインボーでした。
訪れたのはこれまでまったく出合いのなかった何度目かのポイントでしたが、
なるほどこういう風に出るのかと、少しだけ経験値が増えたような気がしています。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-01 22:12
やすこうさん、こんばんは。
次回お会い出来るのは知床の辺境の地になりそうですね。楽しみにしております。
北海道も先週ぐらいからやっと初夏らしい好天に恵まれていますが、さすがにちょっと気温が高いかもしれません。
でも朝夕は結構涼しいので思ったよりも過ごしやすいです。
フィールドといいますか釣りの方は年を追うごとに難しくなってきているように思いますが、
もしかしたらこれが本来の本流での釣りなのかもしれませんね。
Commented at 2014-07-02 06:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by slowfishing-yun at 2014-07-02 21:39
鍵コメのnuranさん、こんばんは。
こちらこそ、はじめまして。コメントをいただき、ありがとうございました。
カメラや写真の方はまったくの素人ですが、楽しみながら続けています。
こんなブログですが、お暇な時にでもまた覗いてみて下さい。


<< <Episode #43...      <Episode #41... >>